Set-SPServerScaleOutDatabaseDataSubRange

指定したスケール アウト データベースの部分範囲を作成します。

構文

Set-SPServerScaleOutDatabaseDataSubRange
   -ConnectionString <String>
   -IsUpperSubRange <Boolean>
   -Range <SPScaleOutDataRange>
   -SubRangeMode <SPScaleOutDatabaseSubRangeMode>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-IgnoreSubRangePointOnBoundary]
   [-IsAzureDatabase]
   [-SubRangePoint <Byte[]>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
Set-SPServerScaleOutDatabaseDataSubRange
   -Database <SPDatabasePipeBind>
   -IsUpperSubRange <Boolean>
   -Range <SPScaleOutDataRange>
   -SubRangeMode <SPScaleOutDatabaseSubRangeMode>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-IgnoreSubRangePointOnBoundary]
   [-SubRangePoint <Byte[]>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットには、複数のパラメーター セットが含まれています。 使用できるのは、1 つのパラメーター セットのパラメーターだけであり、異なるパラメーター セットのパラメーターを組み合わせることはできません。 パラメーター セットの使用方法の詳細については、「[コマンドレット パラメーター セット] (https://msdn.microsoft.com/library/dd878348(VS.85).aspx).

-------------------- 例 ---------------------

$databases = Get-SPServerScaleOutDatabase -ServiceApplication $serviceApplication
$database = $databases[0]
$state = Get-SPServerScaleOutDatabaseDataState -Database $database
Set-SPServerScaleOutDatabaseDataSubRange -Database $database -Range $state.Range -SubRangePoint $state.Range.RangeEnd -SubRangeMode ReadOnly -IsUpperSubRange $false

この例では、指定したサービス アプリケーションの最初のスケールアウト データベースで、データ範囲の始点から始まりデータ範囲の終点で終わる読み取り専用の部分範囲を作成します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

注: Global パラメーターを使用すると、すべてのオブジェクトがグローバル ストアに格納されます。 Stop-SPAssignment コマンドを使用してオブジェクトの使用または破棄を直接行わないと、メモリ不足のシナリオになる場合があります。

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ConnectionString

新しいデータ部分範囲を作成するスケール アウト データベースの接続文字列を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Database

データ部分範囲を作成するスケール アウト データベースを指定します。

Type:SPDatabasePipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-IgnoreSubRangePointOnBoundary

新しいサブ範囲の始点と終点が同じ場合に、エラーなしで完了するかどうかを指定します。 このパラメーターを指定した場合、エラーは表示されません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-IsAzureDatabase

SQL Azure でホストされているデータベースかどうかを指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-IsUpperSubRange

データ部分範囲をデータ範囲の下側と上側のどちらに作成するかを指定します。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Range

この操作より前の時点で予想されるスケール アウト データベースの現在の範囲を指定します。

Type:SPScaleOutDataRange
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SubRangeMode

Type:SPScaleOutDatabaseSubRangeMode
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SubRangePoint

作成するデータ部分範囲の始点または終点を次の基準で指定します。

-- データ部分範囲をデータ範囲の上側に作成する場合は、始点。 -- データ部分範囲をデータ範囲の下側に作成する場合は、終点。

最大値は NULL です。

Type:Byte[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドレットが実行されるとどうなるかを示します。 コマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

入力

Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPDatabasePipeBind

Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPAssignmentCollection

出力

System.Object