Set-SPServiceApplication

サービス アプリケーションのプロパティを設定します。

構文

Set-SPServiceApplication
   [-Identity] <SPServiceApplicationPipeBind>
   [-DefaultEndpoint <SPServiceEndpointPipeBind>]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-IisWebServiceApplicationPool <SPIisWebServiceApplicationPoolPipeBind>]
   [-ServiceApplicationProxyGroup <SPServiceApplicationProxyGroupPipeBind>]
   [-Confirm]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットを Set-SPServiceApplication 使用して、既定のエンドポイントやサービス アプリケーションで使用されるアプリケーション プールなど、サービス アプリケーションのさまざまなプロパティを設定します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

--------------------- 例 ----------------

$serviceapp = Get-SPServiceApplication "My Service App"
Set-SPServiceApplication $serviceapp -DefaultEndpoint https

この例では、サービス アプリケーションの既定のエンドポイントを https に設定します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

Prompts you for confirmation before executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DefaultEndpoint

サービス アプリケーションの既定のエンドポイントのアドレスを指定します。

Type:SPServiceEndpointPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

更新するサービス アプリケーションを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、購読設定サービス アプリケーションの有効な名前 (SubSettingsApp1 など) であるか、有効な SPServiceApplication オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:SPServiceApplicationPipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-IisWebServiceApplicationPool

サービス アプリケーションで使用されるアプリケーション プールの名前または ID を指定します。

IisWebServiceApplicationPool パラメーターは、Web サービス アプリケーションにのみ適用されます。

Type:SPIisWebServiceApplicationPoolPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ServiceApplicationProxyGroup

使用する Web アプリケーションのカスタム サービス アプリケーション プロキシ グループを指定します。 Web アプリケーションは、このプロキシ グループのプロキシを使用して、サービス アプリケーションに接続します。 ServiceApplicationProxyGroup パラメーターが指定されていない場合は、ファームの既定のプロキシ グループが使用されます。

Type:SPServiceApplicationProxyGroupPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition