Set-SPWebApplication

指定した Web アプリケーションを構成します。

構文

Set-SPWebApplication
   [-Identity] <SPWebApplicationPipeBind>
   [-DefaultTimeZone <Int32>]
   [-DefaultQuotaTemplate <String>]
   [-ServiceApplicationProxyGroup <SPServiceApplicationProxyGroupPipeBind>]
   [-NotProvisionGlobally]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
Set-SPWebApplication
   [-Identity] <SPWebApplicationPipeBind>
   -Zone <SPUrlZone>
   [-AuthenticationProvider <SPAuthenticationProviderPipeBind[]>]
   [-AdditionalClaimProvider <SPClaimProviderPipeBind[]>]
   [-SignInRedirectURL <String>]
   [-SignInRedirectProvider <SPTrustedIdentityTokenIssuerPipeBind>]
   [-AuthenticationMethod <String>]
   [-Force]
   [-NotProvisionGlobally]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
Set-SPWebApplication
   [-Identity] <SPWebApplicationPipeBind>
   -Zone <SPUrlZone>
   [-SecureSocketsLayer]
   [-HostHeader <String>]
   [-Certificate <SPServerCertificatePipeBind>]
   [-UseServerNameIndication]
   [-AllowLegacyEncryption]
   -Port <Int32>
   [-Url <String>]
   [-NotProvisionGlobally]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
Set-SPWebApplication
   [-Identity] <SPWebApplicationPipeBind>
   -SMTPServer <String>
   [-SMTPServerPort <Int32>]
   [-OutgoingEmailAddress <String>]
   [-ReplyToEmailAddress <String>]
   [-SMTPCredentials <PSCredential>]
   [-DisableSMTPEncryption]
   [-Certificate <SPServerCertificatePipeBind>]
   [-NotProvisionGlobally]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットには、複数のパラメーター セットが含まれています。 使用できるのは、1 つのパラメーター セットのパラメーターだけであり、異なるパラメーター セットのパラメーターを組み合わせることはできません。 パラメーター セットの使用法に関する詳しい情報については、「コマンドレットのパラメーター セット」を参照してください。

このコマンドレットは Set-SPWebApplication 、Identity パラメーターで指定された Web アプリケーションを構成します。 ゾーン固有の設定を構成するには、構成するゾーンを Zone パラメーターで指定します。 既存のゾーンを指定する必要があります。

コマンドレットを使用して IIS Web サイトのバインドを更新するときは、すべての IIS バインド設定を再指定する Set-SPWebApplication 必要があります。 これには、URL、セキュリティで保護されたソケットレイヤーの設定、ポート番号、ホスト ヘッダー、証明書が含まれます。 バインド設定が再指定されていない場合は、既定値に戻ります。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

例 1

$credentials = Get-Credential
Set-SPWebApplication -Identity http://servername -SMTPServer mail.example.com -SMTPServerPort 587 -OutgoingEmailAddress user@example.com -ReplyToAddress replyto@example.com -SMTPCredentials $credentials

次の http://servername 使用例は、SMTP サーバー mail.example.com、SMTP サーバー ポート 587、from address user@example.com、応答先アドレス replyto@example.com、および$credentials オブジェクトに格納されている資格情報を使用するように Web アプリケーションを設定します。

例 2

Set-SPWebApplication -Identity http://servername -SMTPServer mail.example.com -OutgoingEmailAddress user@example.com -ReplyToAddress replyto@example.com -SMTPCredentials $null

次の http://servername 使用例は、SMTP サーバー mail.example.com、既定の SMTP サーバー ポート、from アドレス user@example.com、応答先アドレス replyto@example.com を使用し、SMTP サーバーに匿名で接続するように Web アプリケーションを設定します。

パラメーター

-AdditionalClaimProvider

定義された Web アプリケーションに特定の要求プロバイダーを追加します。

Type:SPClaimProviderPipeBind[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AllowLegacyEncryption

この IIS Web サイトで、古い SSL および TLS プロトコルのバージョンと暗号スイートを使用できるように指定します。 レガシ暗号化は最新の暗号化よりも弱く、推奨されません。

この機能には、Windows Server 2022 以降が必要です。 この機能は、SharePoint が以前のバージョンの Windows Server で展開されている場合は使用できません。

このパラメーターは、SecureSocketsLayer パラメーターと共に使用する場合にのみ有効です。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AuthenticationMethod

Web アプリケーションをクラシック Windows 認証に設定するために使用します。 有効な値は NTLM または Kerberos です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AuthenticationProvider

Web アプリケーションに適用される認証プロバイダーを定義します。

Type:SPAuthenticationProviderPipeBind[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Certificate

この IIS Web サイトのセキュリティで保護されたソケットレイヤー (SSL) バインディング、または電子メールを送信する SMTP サーバーへの認証に使用する証明書を指定します。

この IIS Web サイトの Secure Sockets Layer (SSL) バインディングを構成する場合、このパラメーターは SecureSocketsLayer パラメーターと共に使用する場合にのみ有効です。 SMTP 認証を構成する場合、このパラメーターは DisableSMTPEncryption パラメーターが指定されていない場合にのみ有効です。

Type:SPServerCertificatePipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

Prompts you for confirmation before executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DefaultQuotaTemplate

この Web アプリケーションの新しい既定のサイト クォータ テンプレートを指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DefaultTimeZone

この Web アプリケーションの新しいサイト コレクションの既定のタイム ゾーンを指定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DisableSMTPEncryption

SMTP 暗号化を有効にするか無効にするかどうかを指定します。

既定値は false です。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Force

Web アプリケーションの設定に関連する確認メッセージを抑制します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-HostHeader

この IIS Web サイトのホスト ヘッダー バインドを指定します。 ホスト ヘッダー バインドを使用すると、複数の IIS Web サイトで同じポート番号を共有できます。 共有ポート番号に送信された Web 要求は、クライアントから送信された HTTP ホスト ヘッダーの値に基づいて、正しい IIS Web サイトにルーティングされます。

ホスト ヘッダー バインドが指定されていない場合、クライアントから送信された HTTP ホスト ヘッダーと一致するホスト ヘッダー バインドが別の IIS Web サイトに存在しない限り、このポート番号に送信されたすべての Web 要求はこの IIS Web サイトにルーティングされます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

Web アプリケーションの名前または URL を指定します。

この型は、WebApplication-1212 という形式の有効な名前であるか、http://<サーバー名>/WebApplicaiton-1212 という形式の URL であることが必要です。

Type:SPWebApplicationPipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-NotProvisionGlobally

このコマンドレットで指定された変更を使用して Web アプリケーションをローカル サーバーにプロビジョニングするだけです。 ファーム内の他のサーバー上の Web アプリケーションは、これらの変更ではプロビジョニングされません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-OutgoingEmailAddress

この Web アプリケーションから送信される電子メール メッセージの新しい送信電子メール アドレスを指定します。 この型は、有効なアドレス (someone@example.com など) であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Port

この Web アプリケーションにアクセスできるポートを指定します。 任意の有効なポート番号を指定できます。

割り当て済みのポート番号を指定すると、新しいサイトまたは古いサイトのどちらかのポート番号を変更するまで、IIS は新しいサイトを開始しません。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ReplyToEmailAddress

返信用の電子メール アドレスを設定します。

この型は、有効なアドレス (someone@example.com など) であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SecureSocketsLayer

この Web アプリケーションに対して Secure Sockets Layer (SSL) 暗号化を有効にします。 SSL を使用する場合は、サーバー証明書を SharePoint にインポートし、この Web アプリケーションの IIS Web サイトに割り当てる必要があります。 これが完了するまで、この IIS Web サイトから Web アプリケーションにアクセスできなくなります。

既定値は False です。

このパラメーターを省略するか False に設定すると、この Web アプリケーションは指定したポートに HTTP を使用します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ServiceApplicationProxyGroup

使用する Web アプリケーションのカスタム サービス アプリケーション プロキシ グループを指定します。 Web アプリケーションは、このプロキシ グループ内のプロキシを使用してサービス アプリケーションに接続します。 このパラメーターが指定されていない場合は、ファームの既定のプロキシ グループが使用されます。

Type:SPServiceApplicationProxyGroupPipeBind
Aliases:ProxyGroup
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SignInRedirectProvider

指定された認証プロバイダーで定義されている URL を指すようにサインイン リダイレクト URL を設定します。

Type:SPTrustedIdentityTokenIssuerPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SignInRedirectURL

Web アプリケーションのサインイン リダイレクト URL を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SMTPCredentials

SMTP サーバーに対して認証する資格情報を指定します。 値を$nullに設定して、SMTP サーバーに匿名で接続します。 このパラメーターが指定されていない場合、既存の認証設定は保持されます。

資格情報を指定する前に、 Set-SPApplicationCredentialKey PowerShell コマンドレットを使用してファーム内の各サーバーで同じアプリケーション資格情報キーを設定する必要があります。

Type:PSCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SMTPServer

この Web アプリケーションが使用する新しい送信 SMTP サーバーを指定します。 サーバー設定をクリアするには、$nullに設定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SMTPServerPort

SMTP ポート値を指定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Url

Web アプリケーション ゾーンの負荷分散 URL を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-UseServerNameIndication

この IIS Web サイトの Secure Sockets Layer (SSL) バインドでサーバー名表示 (SNI) を使用することを指定します。 サーバー名表示を使用すると、一意のホスト ヘッダーと一意のサーバー証明書を持つ複数の IIS Web サイトで同じ SSL ポートを共有できます。 サーバー名表示が使用されていない場合は、同じ SSL ポートを共有するすべての IIS Web サイトで同じ SSL 証明書を共有する必要があります。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Zone

ゾーン固有の設定を構成するには、構成するゾーンを指定します。 既存のゾーンを指定する必要があります。

この型は、 Default 、 Intranet 、 Internet 、 Extranet 、または Custom のいずれかの値であることが必要です。

Type:SPUrlZone
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition