Set-SPWorkflowConfig

指定した Web アプリケーションのワークフロー設定を構成します。

構文

Set-SPWorkflowConfig
   [-SiteCollection] <SPSitePipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-DeclarativeWorkflowsEnabled <Boolean>]
   [-EmailNoPermissionParticipantsEnabled <Boolean>]
   [-SendDocumentToExternalParticipants <Boolean>]
   [-SingleWorkflowEpisodeTimeout <Int32>]
   [<CommonParameters>]
Set-SPWorkflowConfig
   [-WebApplication] <SPWebApplicationPipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-DeclarativeWorkflowsEnabled <Boolean>]
   [-EmailNoPermissionParticipantsEnabled <Boolean>]
   [-SendDocumentToExternalParticipants <Boolean>]
   [-SingleWorkflowEpisodeTimeout <Int32>]
   [<CommonParameters>]

説明

This cmdlet contains more than one parameter set. You may only use parameters from one parameter set and you may not combine parameters from different parameter sets. For more information about how to use parameter sets, see Cmdlet parameter sets.

コマンドレットを Set-SPWorkflowConfig 使用して、指定した Web アプリケーションのワークフロー設定を構成します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 -----------------------

Set-SPWorkflowConfig -webapplication https://sitename DeclarativeWorkflowsEnabled $true -EmailNoPermissionParticipantsEnabled $true -SendDocumentToExternalParticipants $false

この例では、指定した Web アプリケーションのワークフロー設定を設定して、宣言型ワークフローを有効にし、サイトへのアクセス許可を持たない参加者に電子メールを有効にし、外部参加者に添付ファイルとして電子メール メッセージを送信する機能をオフにします。

戻り値はありません。 コマンドレットを Get-SPWorkflowConfig 使用して値を表示します。 イベント配信タイムアウトのファーム レベルのワークフロー設定を設定し、しきい値とバッチ サイズを延期するには、 Set-SPFarmConfig.

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DeclarativeWorkflowsEnabled

Web アプリケーション内で宣言型ワークフローの実行を許可するかどうかを設定します。

この型は、 True を表す 1 、 False の表す 0 のいずれかであることが必要です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-EmailNoPermissionParticipantsEnabled

ワークフローを実行中のサイトへの権限を持たないユーザーに、ワークフローからタスク電子メール メッセージを送信するかどうかを設定します。

型は True の場合は 1、False の場合は 0 である必要があります。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SendDocumentToExternalParticipants

サイトへのアクセス権を持たない参加者や Active Directory ドメイン サービス (AD DS) 以外のリンクされたディレクトリに存在しない参加者に、ワークフローからドキュメントのコピーを電子メールの添付ファイルとして自動的に送信するかどうかを設定します。

この型は、 True を表す 1 、 False を表す 0 のいずれかであることが必要です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SingleWorkflowEpisodeTimeout

実行するワークフローに与えられる時間 (秒単位)。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SiteCollection

サイト コレクションの名前または URL を指定します。

この他に SiteCollection パラメーターと共に使用されるパラメーターは、 DeclarativeWorkflowsEnabled パラメーターのみです。 これら以外のパラメーターは使用されません。

Type:SPSitePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WebApplication

Web アプリケーションの名前または URL を指定します。

この型は、WebApplication-1212 という形式の有効な名前であるか、http://<サーバー名>/WebApplication-1212 という形式の URL であることが必要です。

Type:SPWebApplicationPipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition