Upgrade-SPContentDatabase

失敗したデータベース アップグレードを再開するか、またはビルド間のデータベース アップグレードを開始します。

構文

Upgrade-SPContentDatabase
       [-Identity] <SPContentDatabasePipeBind>
       [-ForceDeleteLock]
       [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
       [-Confirm]
       [-NoB2BSiteUpgrade]
       [-ServerInstance <SPDatabaseServiceInstancePipeBind>]
       [-SkipIntegrityChecks]
       [-UseSnapshot]
       [-WhatIf]
       [-AllowUnattached]
       [-SkipSiteUpgrade]
       [<CommonParameters>]
Upgrade-SPContentDatabase
       [-ForceDeleteLock]
       -Name <String>
       -WebApplication <SPWebApplicationPipeBind>
       [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
       [-Confirm]
       [-NoB2BSiteUpgrade]
       [-ServerInstance <SPDatabaseServiceInstancePipeBind>]
       [-SkipIntegrityChecks]
       [-UseSnapshot]
       [-WhatIf]
       [-AllowUnattached]
       [-SkipSiteUpgrade]
       [<CommonParameters>]

説明

This cmdlet contains more than one parameter set. You may only use parameters from one parameter set and you may not combine parameters from different parameter sets. For more information about how to use parameter sets, see Cmdlet Parameter Sets.

このコマンドレットを Upgrade-SPContentDatabase 使用して、失敗したデータベースのアップグレードを再開するか、SharePoint コンテンツ データベースに対するビルドからビルドへのデータベースのアップグレードを開始します。 コマンドレットは Upgrade-SPContentDatabase 、現在のファームにアタッチされている既存のコンテンツ データベースのアップグレードを開始します。 このコマンドレットは、新しいアップグレード セッションを開始します。このセッションを使用して、コンテンツ データベースの失敗したバージョン間アップグレードまたはビルドからビルドへのアップグレードを再開するか、コンテンツ データベースのビルドからビルドへのアップグレードを開始できます。

データベースのスナップショットの作成と使用をサポートするバージョンのSQL Serverでデータベースがホストされている場合、このコマンドレットは、ビルドからビルドへのアップグレードにデータベース スナップショットを使用できます。 アップグレードの間、ユーザーにはスナップショットが読み取り専用バージョンのデータベースとして提供されます。 アップグレードが終了すると、ユーザーにはアップグレードされたコンテンツが提供されます。

このコマンドレットの既定の動作では、データベースのスキーマがアップグレードされ、必要に応じて、指定したコンテンツ データベース内のすべてのサイト コレクションのビルド間アップグレードが開始されます。 サイト コレクションのビルドからビルドへのアップグレードを防ぐには、NoB2BSiteUpgrade パラメーターを使用します。

このコマンドレットでは、サイト コレクションのバージョンからバージョンへのアップグレードは行われません。

-------------------------- 例 1 ------------------------------

Upgrade-SPContentDatabase WSS_Content

This example upgrades the existing WSS_Content content database schema and then performs only build-to-build upgrade actions on existing site collections if required. This operation does not changed the CompatibilityLevel for existing site collections in this database.

-------------------------- 例 2 ------------------------------

Upgrade-SPContentDatabase WSS_Content -NoB2BSiteUpgrade

This example upgrades the existing WSS_Content content database schema only. No build-to-build upgrade actions are performed on any site collections. This operation does not change The CompatibilityLevel for existing site collections in this database.

-------------------------- 例 3 ------------------------------

Upgrade-SPContentDatabase WSS_Content -NoB2BSiteUpgrade -UseSnapshot

This example upgrades the existing WSS_Content content database schema only while using a snapshot of the database to retain read-only access to the content during the upgrade. No build-to-build upgrade actions are performed on any site collections. This operation does not change the CompatibilityLevel for existing site collections in this database.

パラメーター

-AllowUnattached

現在 SharePoint ファームに接続していないコンテンツ データベースで、アップグレード処理を続行できるようにします。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ForceDeleteLock

アップグレードを開始する前に、データベースのロックを強制的に削除します。

Type:SwitchParameter
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

アップグレードするコンテンツ データベースを指定します。

値は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、有効な SPContentDatabase オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:SPContentDatabasePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Name

接続されたコンテンツ データベースの名前を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-NoB2BSiteUpgrade

ビルド間アップグレードを実行するときにすべての子オブジェクトをアップグレードしないことを指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ServerInstance

接続されたコンテンツ データベースをホストする SQL Server インスタンスを指定します。

Type:SPDatabaseServiceInstancePipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SkipIntegrityChecks

アップグレード プロセスの一部として、不足しているテンプレートや孤立検出などの内部整合性チェックを実行しないようにアップグレード プロセスを指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SkipSiteUpgrade

アップグレードを実行するときにデータベースとその子オブジェクトをアップグレードしないことを指定します。

Type:SwitchParameter
Aliases:NoB2BSiteUpgrade
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-UseSnapshot

スナップショット手法を使用して非接続アップグレードを実行することを指定します。 これにより、現在のデータベースのスナップショットが作成され、データベースに適用されるすべてのアップグレード操作が実行され、必要に応じてその内容に適用されます。

コンテンツ データベースへの既存の接続は、アップグレード中にスナップショットを使用するように設定され、アップグレードが正常に完了した後に切り替えられます。 アップグレードが失敗すると、データベースはスナップショット取得時の状態に戻されます。

このパラメーターは、スナップショットの作成と使用をサポートするバージョンのSQL Server (SQL ServerEnterprise エディションなど) でのみ機能します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WebApplication

接続されたコンテンツ データベースをホストする Web アプリケーションを指定します。

Type:SPWebApplicationPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition