Upgrade-SPSite

サイト コレクション上でアップグレード処理を開始します。

構文

Upgrade-SPSite
       [-Identity] <SPSitePipeBind>
       [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
       [-Confirm]
       [-Email]
       [-QueueOnly]
       [-Unthrottled]
       [-VersionUpgrade]
       [-WhatIf]
       [-Priority <Byte>]
       [<CommonParameters>]

説明

コマンドレットは Upgrade-SPSite 、サイト コレクションでアップグレード プロセスを開始します。

コマンドレットは Upgrade-SPSite 、指定した SPSite オブジェクトのアップグレード プロセスをアクティブにします。 このコマンドレットを使って、失敗したアップグレード処理を再開することもできます。 このコマンドレットを使って SPSite オブジェクトのアップグレードを開始する場合、ビルドからビルドへのアップグレードとバージョンからバージョンへのアップグレードのどちらかを指定できます。

既定では、コマンドレットは Upgrade-SPSite ビルドからビルドへのアップグレードとして動作します。 これによって、このコマンドレットを修正プログラム適用操作の後に使う場合に、サイト コレクションのバージョン アップグレードを予期せず行うことはありません。 バージョンからバージョンへのアップグレード モードでは、サイト コレクションの正常性チェックを修復モードで実行し、サイト コレクションが正常で正しくアップグレードできることを確認します。 問題がなければ、アップグレードの残りの処理を行います。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------- 例 1 ----------

Upgrade-SPSite https://<site name>/sites/testsite

この例では、ビルドからビルドへのアップグレードアクションのみを使用して、既存の https://<site name>/sites/testsite サイト コレクションをアップグレードします。 この操作で SPSite.CompatibilityLevel は変更されません。

------------- 例 2 ----------

Upgrade-SPSite https://<site name>/sites/testsite -VersionUpgrade

この例では、ビルドからビルドへのアップグレードアクションのみを使用して、既存の https://<site name>/sites/testsite サイト コレクションをアップグレードします。 この操作で SPSite.CompatibilityLevel は変更されません。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Email

サイト コレクションのアップグレードが完了したときに、メールを送信するかどうかを指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

アップグレード処理を実行する SPSite オブジェクトを指定します。

Type:SPSitePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Priority

サイトをアップグレードする優先度を指定します。

有効な値は次のいずれかです。

  • 128 から 255 (低優先度)

  • 11 から 127 (標準優先度)

  • 0 から 10 (高優先度)

Type:Byte
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-QueueOnly

タイマー ジョブによって管理される遅延アップグレードのキューにサイトを配置することを指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Unthrottled

ファームの管理者を指定して、スロットルをバイパスします。これにより、スロットル内にあるアップグレード対象のサイト コレクションが "多すぎる" 場合でも、サイト コレクションをアップグレードできます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-VersionUpgrade

Specifies to perform a version-to-version upgrade on the SPSite object. When this parameter is set, it internally triggers all available build-to-build actions that are associated with the current site collection operating mode. Version-to-version actions follow to bring site collections to the next site collection operating mode inclusive of all new build-to-build actions that are associated with the new site collection operating mode. When this parameter is not set, it triggers only available build-to-build upgrade actions that are associated with the current site collection operating mode.

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition