Share via


App-V を使用して Microsoft Office 2013 を展開する

適用対象: Application Virtualization 5.0, Application Virtualization 5.0 SP1, Application Virtualization 5.0 SP2, Application Virtualization 5.0 SP3

この記事の情報を参照し、Microsoft Application Virtualization 5.0 以降のバージョンを使用して、Microsoft Office 2013 を仮想化アプリケーションとして組織内のコンピューターに配布します。App-V を使用して Office 2010 を配布する方法の詳細については、「App-V を使用して Microsoft Office 2010 を展開する」をご覧ください。App-V を使用して Office 2013 を正常に展開するには、Office 2013 と App-V について理解しておく必要があります。

このトピックには、次のセクションが含まれています。

  • 事前に確認が必要な事項

  • Office 展開ツールを使用した App-V 用 Office 2013 パッケージの作成

  • App-V 5.0 用の Office パッケージの公開

  • Office App-V パッケージのカスタマイズと管理

事前に確認が必要な事項

App-V を使用して Office 2013 を展開する前に、次の計画情報を確認します。

サポートされる Office のバージョンと Office の共存

次の表を参照し、サポートされる Office のバージョンおよび共存できる Office のバージョンの実行に関する情報を取得します。

確認する情報 説明

Supported versions of Microsoft Office

  • サポートされる Office のバージョン

  • サポートされる展開の種類 (たとえば、デスクトップ、個人用仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI)、プールされた VDI など)

  • Office のライセンス オプション

Planning for using App-V with coexisting versions of Office

同じコンピューターに異なるバージョンの Office をインストールする際の考慮事項

パッケージ作成、公開、および展開の要件

App-V を使用して Office を展開する前に、次の要件を確認します。

タスク 要件

パッケージ作成

  • ユーザーに展開するすべての Office アプリケーションは単一のパッケージである必要があります。

  • App-V 5.0 以降では、Office 展開ツールを使用してパッケージを作成する必要があります。Sequencer を使用することはできません。

  • Microsoft Visio 2013 および Microsoft Project 2013 を Office と共に展開する場合は、これらを Office と同じパッケージに含める必要があります。詳細については、「Visio 2013 および Project 2013 と Office の展開」をご覧ください。

公開

  • 各クライアント コンピューターには Office パッケージを 1 つだけ公開できます。

  • Office パッケージはグローバルに公開する必要があります。ユーザーに対して公開することはできません。

共有コンピューターに対する次のいずれかの製品の展開 (たとえば、リモート デスクトップ サービスを使用するなど):

  • Office 365 ProPlus

  • Visio Pro for Office 365

  • Project Pro for Office 365

共有コンピューターのライセンス認証を有効にする必要があります。

次のようなボリューム ライセンス製品を展開する場合は、共有コンピューターのライセンス認証を使用しないでください。

  • Office Professional Plus 2013

  • Visio Professional 2013

  • Project Professional 2013

パッケージからの Office アプリケーションの除外

次の表では、特定の Office アプリケーションをパッケージから除外する場合の推奨方法について説明します。

タスク 詳細情報

Office 展開ツールを使用してパッケージを作成するときに ExcludeApp 設定を使用する。

  • Office 展開ツールでパッケージを作成するときに、特定の Office アプリケーションをパッケージから除外できます。たとえば、この設定を使用すると、Microsoft Word だけを含むパッケージを作成できます。

  • 詳細については、「ExcludeApp 要素」をご覧ください。

DeploymentConfig.xml ファイルを変更する。

  • パッケージの作成後に DeploymentConfig.xml ファイルを変更します。このファイルには、App-V クライアントを実行しているコンピューター上のすべてのユーザーの既定のパッケージ設定が含まれています。

  • 詳細については、「Office 2013 アプリケーションの無効化」をご覧ください。

Office 展開ツールを使用した App-V 用 Office 2013 パッケージの作成

次の手順を実行して、App-V 5.0 以降用の Office 2013 パッケージを作成します。

重要

App-V 5.0 以降では、Office 展開ツールを使用してパッケージを作成する必要があります。Sequencer を使用してパッケージを作成することはできません。

Office 展開ツールを使用するための前提条件の確認

Office 展開ツールのインストール先コンピューターが次のものを備えている必要があります。

前提条件 説明

前提条件となるソフトウェア

.Net Framework 4

サポートされるオペレーティング システム

  • 64 ビット バージョンの Windows 8

  • 64 ビット バージョンの Windows 7

注意

このトピックで "Office 2013 App-V パッケージ" という場合は、サブスクリプション ライセンスとボリューム ライセンスを指しています。

Office 展開ツールを使用した Office 2013 App-V パッケージの作成

Office 展開ツールを使用して Office 2013 App-V パッケージを作成します。以下の手順では、ボリューム ライセンスまたはサブスクリプション ライセンスの Office 2013 App-V パッケージを作成する方法について説明します。

64 ビットの Windows コンピューターで Office 2013 App-V パッケージを作成します。Office 2013 App-V パッケージは、作成すると、32 ビットおよび 64 ビットの Windows 7 コンピューターと Windows 8 コンピューターで実行されます。

Office 展開ツールのダウンロード

Office 2013 App-V パッケージは、Office 展開ツールを使用して作成されます。このパッケージは、App-V Sequencer を使用して作成または変更することはできません。パッケージの作成を開始するには、次の操作を実行します。

  1. クイック実行に対応する Office 展開ツールをダウンロードします。

  2. .exe ファイルを実行し、その機能を目的の場所に抽出します。このプロセスを容易にするために、その機能の保存先となる共有ネットワーク フォルダーを作成できます。

    例:\\Server\Office2013

  3. setup.exe ファイルと configuration.xml ファイルが存在し、指定した場所に格納されていることを確認します。

Office 2013 アプリケーションのダウンロード

Office 展開ツールをダウンロードすると、このツールを使用して最新の Office 2013 アプリケーションを取得できます。Office アプリケーションを取得したら、Office 2013 App-V パッケージを作成します。

Office 展開ツールに含まれている XML ファイルは、含まれている言語や Office アプリケーションなど、その製品の詳細を指定します。

  1. サンプルの XML 構成ファイルをカスタマイズします。Office 展開ツールでダウンロードしたサンプルの XML 構成ファイルを使用して、Office アプリケーションをカスタマイズします。

    1. サンプルの XML ファイルを、メモ帳または使い慣れたテキスト エディターで開きます。

    2. 開いて編集可能な状態になったサンプルの configuration.xml ファイルでは、製品、言語、および Office 2013 アプリケーションの保存先のパスを指定できます。configuration.xml ファイルの基本的な例を次に示します。

      <Configuration>
         <Add SourcePath= ”\\Server\Office2013” OfficeClientEdition="32" >
          <Product ID="O365ProPlusRetail ">
            <Language ID="en-us" />
          </Product>
          <Product ID="VisioProRetail">
            <Language ID="en-us" />
          </Product>
        </Add>  
      </Configuration>
      

      注意

      この構成 XML は、サンプルの XML ファイルです。このファイルには、ファイルがコメント アウトされた行が含まれています。これらの行を "コメント解除" して、ファイルで追加の設定をカスタマイズできます。

      上の XML 構成ファイルは、Visio ProPlus を含む Office 2013 ProPlus の 32 ビット エディションが、Office アプリケーションの保存場所となる \\server\Office 2013 に英語版でダウンロードされることを指定します。アプリケーションの製品 ID は Office の最終的なライセンスに影響しないことに注意してください。後の段階でライセンスを指定することにより、さまざまなライセンスの Office 2013 App-V パッケージを同じアプリケーションから作成できます。次の表には、XML ファイルのカスタマイズ可能な属性と要素をまとめています。

      入力 説明

      追加要素

      パッケージに含める製品と言語を指定します。

      該当なし

      OfficeClientEdition (追加要素の属性)

      使用する Office 2013 製品のエディションを指定します。32 ビットまたは 64 ビットOfficeClientEdition が有効な値に設定されない場合、操作は失敗します。

      OfficeClientEdition="32"

      OfficeClientEdition="64"

      製品要素

      アプリケーションを指定します。アプリケーションに含まれる追加製品として、ここでは Project 2013 と Visio 2013 を指定する必要があります。

      Product ID ="O365ProPlusRetail "

      Product ID ="VisioProRetail"

      Product ID ="ProjectProRetail"

      Product ID ="ProPlusVolume"

      Product ID ="VisioProVolume"

      Product ID = "ProjectProVolume"

      言語要素

      アプリケーションでサポートされる言語を指定します。

      Language ID="en-us"

      バージョン (追加要素の属性)

      省略可能です。パッケージに使用するビルドを指定します。

      既定値はアドバタイズされている最新ビルドです (Office ソースにある v32.CAB に定義されています)。

      15.1.2.3

      SourcePath (追加要素の属性)

      アプリケーションの保存先となる場所を指定します。

      Sourcepath = "\\Server\Office2013”

      configuration.xml ファイルを編集し、必要な製品、言語、さらに Office 2013 アプリケーションの保存先となる場所を指定したら、その構成ファイルを Customconfig.xml などとして保存できます。

  2. アプリケーションを指定した場所にダウンロードします。管理者特権で開いたコマンド プロンプトと 64 ビットのオペレーティング システムを使用して、後で App-V パッケージに変換する Office 2013 アプリケーションをダウンロードします。コマンドの例を詳細な説明と共に次に示します。

    \\server\Office2013\setup.exe /download \\server\Office2013\Customconfig.xml
    

    この例の場合:

    \\server\Office2013

    Office 展開ツールとカスタム Configuration.xml ファイル (Customconfig.xml) が格納されるネットワークの共有場所です。

    Setup.exe

    Office 展開ツールです。

    /download

    customConfig.xml ファイルで指定した Office 2013 アプリケーションをダウンロードします。これらのビットは、ボリューム ライセンスの Office 2013 App-V パッケージを使用して後で変換できます。

    \\server\Office2013\Customconfig.xml

    ダウンロード プロセスの完了に必要な XML 構成ファイル (この例では customconfig.xml) を渡します。ダウンロード コマンドの使用後、Office アプリケーションは configuration xml ファイル内の指定の場所 (この例では \\Server\Office2013) に配置されている必要があります。

App-V パッケージへの Office アプリケーションの変換

Office 展開ツールを使用して Office 2013 アプリケーションをダウンロードしたら、Office 展開ツールを使用してこれらのアプリケーションを Office 2013 App-V パッケージに変換します。ご使用のライセンス モデルに応じた手順を実行します。

実行が必要な処理の概要:

  • 64 ビットの Windows コンピューターで Office 2013 App-V パッケージを作成します。ただし、パッケージは 32 ビットおよび 64 ビットの Windows 7 コンピューターと Windows 8 コンピューターで実行されます。

  • Office 展開ツールを使用して、サブスクリプション ライセンス パッケージまたはボリューム ライセンスの Office App-V パッケージを作成し、次に CustomConfig.xml 構成ファイルを変更します。

    次の表に、ご使用のライセンス モデルについて CustomConfig.xml ファイルで入力する必要がある値を示します。表の後のセクションにある手順では、必要である正確なエントリを指定します。

製品 ID ボリューム ライセンス サブスクリプション ライセンス

Office 2013

ProPlusVolume

O365ProPlusRetail

Office 2013 と Visio 2013

ProPlusVolume

VisioProVolume

O365ProPlusRetail

VisioProRetail

Office 2013 と Visio 2013 および Project 2013

ProPlusVolume

VisioProVolume

ProjectProVolume

O365ProPlusRetail

VisioProRetail

ProjectProRetail

Office アプリケーションを App-V パッケージに変換する方法

  1. メモ帳で CustomConfig.xml ファイルを再度開き、ファイルに次の変更を加えます。

    パラメーター 変更後の値

    SourcePath

    前にダウンロードした Office アプリケーションをポイントします。

    ProductID

    次の例に示すように、ライセンスの種類を指定します。

    • サブスクリプション ライセンス

      <Configuration>
         <Add SourcePath= "\\server\Office 2013" OfficeClientEdition="32" >
          <Product ID="O365ProPlusRetail">
            <Language ID="en-us" />
          </Product>
          <Product ID="VisioProRetail">
            <Language ID="en-us" />
          </Product>
        </Add>  
      </Configuration> 

      この例では、次のような変更を加えて、サブスクリプション ライセンスでパッケージを作成しています。

       

      SourcePath

      前にダウンロードした Office アプリケーションをポイントするようにパスを変更しています。

      Product ID

      Office については O365ProPlusRetail に変更しています。

      Product ID

      Visio については VisioProRetail に変更しています。



    • ボリューム ライセンス

      <Configuration>
         <Add SourcePath= "\\Server\Office2013" OfficeClientEdition="32" >
          <Product ID="ProPlusVolume">
            <Language ID="en-us" />
          </Product>
          <Product ID="VisioProVolume">
            <Language ID="en-us" />
          </Product>
        </Add>  
      </Configuration>

      この例では、次のような変更を加えて、ボリューム ライセンスでパッケージを作成しています。

       

      SourcePath

      前にダウンロードした Office アプリケーションをポイントするようにパスを変更しています。

      Product ID

      Office については ProPlusVolume に変更しています。

      Product ID

      Visio については VisioProVolume に変更しています。



    ExcludeApp (省略可能)

    Office 展開ツールで作成する App-V パッケージに含めたくない Office プログラムを指定します。たとえば、Access と InfoPath を除外できます。

    PACKAGEGUID (省略可能)

    既定では、Office 展開ツールで作成されたすべての App-V パッケージは同じ App-V パッケージ ID を共有します。PACKAGEGUID を使用すると、パッケージごとに異なるパッケージ ID を指定できます。これにより、Office 展開ツールで作成された複数の App-V パッケージを公開し、App-V サーバーを使用してそれらのパッケージを管理することができます。

    このパラメーターを使用するのは、たとえば、別々のユーザー用に別々のパッケージを作成する場合などです。たとえば、一部のユーザー用に Office 2013 のみを含むパッケージを作成し、その他の一連のユーザー用には Office 2013 と Visio 2013 を含む別のパッケージを作成することができます。

    注意

    一意のパッケージ ID を使用する場合でも、1 つのデバイスに App-V パッケージを 1 つだけ展開することができます。

  2. /packager コマンドを使用して、Office アプリケーションを Office 2013 App-V パッケージに変換します。

    例:

    \\server\Office2013\setup.exe /packager \\server\Office2013\Customconfig.xml  \\server\share\Office2013AppV
    

    この例の場合:

    \\server\Office2013

    Office 展開ツールとカスタム Configuration.xml ファイル (Customconfig.xml) が格納されるネットワークの共有場所です。

    Setup.exe

    Office 展開ツールです。

    /packager

    customConfig.xml ファイルで指定されたように、ボリューム ライセンスの Office 2013 App-V パッケージを作成します。

    \\server\Office2013\Customconfig.xml

    パッケージ作成の段階用に準備された構成 XML ファイル (この例では customConfig) を渡します。

    \\server\share\Office 2013AppV

    新しく作成した Office App-V パッケージの場所を指定します。

    /packager コマンドを実行すると、次のフォルダーがディレクトリに表示されます。これは、パッケージの保存先に指定した場所です。

    • App-V Packages – Office 2013 App-V パッケージと 2 つの展開構成ファイルを格納します。

    • WorkingDir

    注意

    問題のトラブルシューティングについては、%temp% ディレクトリ (既定値) 内のログ ファイルをご覧ください。

  3. Office 2013 App-V パッケージが正常に機能することを確認します。

    1. グローバルに作成した Office 2013 App-V パッケージをテスト コンピューターに公開し、Office 2013 のショートカットが表示されることを確認します。

    2. Excel や Word など、いくつかの Office 2013 アプリケーションを起動し、パッケージが期待どおりに機能することを確認します。

App-V 5.0 用の Office パッケージの公開

次の情報を参照して Office パッケージを公開します。

Office App-V パッケージを公開するための方法

その他のパッケージの場合と同じ方法を使用して、Office 2013 用の App-V パッケージを展開します。

  • System Center Configuration Manager

  • App-V サーバー

  • PowerShell コマンドを使用したスタンドアロン

公開の前提条件と要件

前提条件または要件 詳細情報

PowerShell スクリプトを App-V クライアントで有効にする

Office 2013 パッケージを公開するには、スクリプトを実行する必要があります。

パッケージのスクリプトは App-V クライアントでは既定で無効になっています。スクリプトを有効にするには、次の PowerShell コマンドを実行します。

Set-AppvClientConfiguration –EnablePackageScripts 1

Office 2013 パッケージをグローバルに公開する

Office App-V パッケージ内の拡張ポイントでは、コンピューター レベルでのインストールが必要です。

コンピューター レベルで公開する場合、前提条件となるアクションや再頒布可能パッケージは必要なく、Office 2013 パッケージではアプリケーションがグローバルに有効になってネイティブでインストールされた Office のように動作し、管理者がパッケージをカスタマイズする必要はなくなります。

Office パッケージを公開する方法

次のコマンドを実行して Office パッケージをグローバルに公開します。

  • Add-AppvClientPackage <Path_to_AppV_Package> | Publish-AppvClientPackage –global

  • App-V サーバーの Web Management Console からは、ユーザー グループの代わりにコンピューターのグループにアクセス許可を追加して、対応するグループ内のコンピューターにパッケージをグローバルに公開することができます。

Office App-V パッケージのカスタマイズと管理

Office App-V パッケージを管理するには、その他のパッケージの場合と同じ操作を行いますが、以下のセクションで説明するようないくつかの例外があります。

  • 接続グループを使用した Office プラグインの有効化

  • Office 2013 アプリケーションの無効化

  • Office 2013 のショートカットの無効化

  • Office 2013 パッケージのアップグレードの管理

  • Office 2013 のライセンス アップグレードの管理

  • Visio 2013 および Project 2013 と Office の展開

接続グループを使用した Office プラグインの有効化

このセクションの手順に従い、Office パッケージで Office プラグインを有効にします。Office プラグインを使用するには、App-V Sequencer を使用して、プラグインだけを含む個別のパッケージを作成する必要があります。Office 展開ツールを使用してプラグインのパッケージを作成することはできません。次に、次の手順で説明するように、Office パッケージとプラグインのパッケージを含む接続グループを作成します。

Office App-V パッケージ用のプラグインを有効にするには

  1. App-V サーバー、System Center Configuration Manager、または PowerShell コマンドレットを使用して、接続グループを追加します。

  2. App-V 5.0 Sequencer を使用して、プラグインをシーケンス処理します。プラグインのシーケンス処理に使用するコンピューターに Office 2013 がインストールされていることを確認します。Office 2013 プラグインをシーケンス処理する際は、シーケンス コンピューター上の Office 365 ProPlus(非仮想) を使用することをお勧めします。

  3. 必要なプラグインを含む App-V 5.0 パッケージを作成します。

  4. App-V サーバー、System Center Configuration Manager、または PowerShell コマンドレットを使用して、接続グループを追加します。

  5. Office 2013 App-V パッケージとシーケンス処理したプラグインを、作成した接続グループに追加します。

    重要

    接続グループ内のパッケージの順序によって、パッケージの内容が結合される順序が決まります。接続グループの記述子ファイルでは、Office 2013 App-V パッケージを最初に追加し、次にプラグインの App-V パッケージを追加します。

  6. 両方のパッケージが対象のコンピューターに公開されていること、およびプラグイン パッケージがグローバルに公開され、公開されている Office 2013 App-V パッケージのグローバル設定に一致することを確認します。

  7. Office 2013 App-V パッケージの場合と同じ設定がプラグイン パッケージの展開構成ファイルにもあることを確認します。

    Office 2013 App-V パッケージはオペレーティング システムと統合されているため、プラグイン パッケージの設定が一致している必要があります。展開構成ファイルで "COM Mode" を検索し、プラグイン パッケージのこの値が "Integrated" に設定されていること、および公開した Office 2013 App-V パッケージの設定に "InProcessEnabled" と "OutOfProcessEnabled" の両方が一致していることを確認できます。

  8. 展開構成ファイルを開き、Objects Enabled の値を false に設定します。

  9. シーケンス処理の後に展開構成ファイルに変更を加えた場合は、プラグイン パッケージがそのファイルと共に公開されていることを確認します。

  10. 作成した接続グループが対象のコンピューターに対して有効であることを確認します。作成した接続グループが有効であるときに Office 2013 App-V パッケージが使用中である場合、この接続グループは "保留中" になる可能性が高くなります。このような場合は、接続グループを正常に有効にするために再起動する必要があります。

  11. 両方のパッケージを正常に公開し、接続グループを有効にしたら、対象の Office 2013 アプリケーションを起動し、公開して接続グループに追加したプラグインが期待どおりに機能していることを確認します。

Office 2013 アプリケーションの無効化

Office App-V パッケージの特定のアプリケーションを無効にする場合があります。たとえば、Access アクセスを無効にして、その他すべての Office アプリケーションは使用できる状態のままにしておくことができます。アプリケーションを無効にすると、エンド ユーザーにはそのアプリケーションのショートカットが表示されなくなります。そのアプリケーションを再度シーケンス処理する必要はありません。Office 2013 App-V パッケージの公開後に展開構成ファイルを変更する場合は、その変更を保存し、その Office 2013 App-V パッケージを追加してから、新しい展開構成ファイルと共に再公開し、新しい設定を Office 2013 App-V パッケージのアプリケーションに適用します。

注意

Office 展開ツールで App-V パッケージを作成するときに、特定の Office アプリケーション (たとえば、Access や InfoPath など) を除外するには、ExcludeApp 設定を使用します。詳細については、「クイック実行 configuration.xml ファイルのリファレンス」をご覧ください。

Office 2013 アプリケーションを無効にするには

  1. メモ帳などのテキスト エディターで展開構成ファイルを開き、"Applications" を検索します。

  2. たとえば Access 2013 など、無効にする Office アプリケーションを検索します。

  3. "Enabled" の値を "true" から "false" に変更します。

  4. 展開構成ファイルを保存します。

  5. 新しい展開構成ファイルを使用して Office 2013 App-V パッケージを追加します。

    <Application Id="[{AppVPackageRoot)]\officefl5\INFOPATH.EXE" Enabled="true">
      <VisualElements>
        <Name>InfoPath Filler 2013</Name>
        <Icon />
        <Description />
      </VisualElements>
    </Application>
    <Application Id="[{AppVPackageRoot}]\officel5\lync.exe" Enabled="true">
      <VisualElements>
        <Name>Lync 2013</Name>
        <Icon />
        <Description />
      </VisualElements>
    </Application>
    <Application Id="[(AppVPackageRoot}]\office15\MSACCESS.EXE" Enabled="true">
      <VisualElements>
        <Name>Access 2013</Name>
        <Icon />
        <Description />
      </VisualElements>
    </Application>
    
  6. Office 2013 App-V パッケージを再追加して、新しい展開構成ファイルと共に再公開し、新しい設定を Office 2013 App-V パッケージのアプリケーションに適用します。

Office 2013 のショートカットの無効化

パッケージを非公開にしたり、削除したりする代わりに、特定の Office アプリケーションのショートカットを無効にする場合があります。次の例は、Microsoft Access のショートカットを無効にする方法を示しています。

Office 2013 アプリケーションのショートカットを無効にするには

  1. メモ帳で展開構成ファイルを開き、"Shortcuts" を検索します。

  2. 特定のショートカットを無効にするには、不要な特定のショートカットを削除またはコメント アウトします。サブシステムは存在して有効のままに保持する必要があります。たとえば、次の例では、Microsoft Access のショートカットを削除しますが、サブシステム <shortcut> </shortcut> は保持して Microsoft Access のショートカットを無効にします。

    Shortcuts 
    
    -->
     <Shortcuts Enabled="true">
      <Extensions>
        <Extension Category="AppV.Shortcut">
          <Shortcut>
           <File>[{Common Programs}]\Microsoft Office 2013\Access 2013.lnk</File>
           <Target>[{AppvPackageRoot}])office15\MSACCESS.EXE</Target>
           <Icon>[{Windows}]\Installer\{90150000-000F-0000-0000-000000FF1CE)\accicons.exe.Ø.ico</Icon>
           <Arguments />
           <WorkingDirectory />
           <AppuserModelId>Microsoft.Office.MSACCESS.EXE.15</AppUserModelId>
           <AppUsermodelExcludeFroeShowInNewInstall>true</AppUsermodelExcludeFroeShowInNewInstall>
           <Description>Build a professional app quickly to manage data.</Description>
           <ShowCommand>l</ShowCommand>
           <ApplicationId>[{AppVPackageRoot}]\officel5\MSACCESS.EXE</ApplicationId>
        </Shortcut>
    
  3. 展開構成ファイルを保存します。

  4. Office 2013 App-V パッケージを新しい展開構成ファイルと共に再公開します。

多くの追加の設定は、App-V パッケージの展開構成を変更することで変更できます。たとえば、ファイルの種類の関連付けや仮想ファイル システムなどの設定です。展開構成ファイルを使用して App-V パッケージの設定を変更する方法に関する追加情報については、このドキュメントの最後にあるその他のリソースのセクションをご覧ください。

Office 2013 パッケージのアップグレードの管理

Office 2013 パッケージをアップグレードするには、Office 展開ツールを使用します。以前に展開した Office 2013 パッケージをアップグレードするには、次の手順を実行します。

以前に展開した Office 2013 パッケージをアップグレードする方法

  1. Office 展開ツールを使用して、最新の Office 2013 アプリケーション ソフトウェアを使用する新しい Office 2013 パッケージを作成します。最新の Office 2013 のビットは、常に Office 2013 App-V パッケージ作成のダウンロード段階で取得できます。新しく作成された Office 2013 パッケージには最新の更新プログラムと新しいバージョン ID が含まれます。Office 展開ツールを使用して作成されたすべてのパッケージは、同じ系列になります。

    注意

    Office App-V パッケージには次の 2 つのバージョン ID があります。

    • Office 2013 App-V パッケージのバージョン ID。これは、Office 展開ツールを使用して作成されたすべてのパッケージ全体で一意です。

    • AppX マニフェスト内の x.x.x.x など、App-V パッケージの 2 つ目のバージョン ID。これは、Office 自体の新しいバージョンがある場合にのみ変更されます。たとえば、アップグレードで新しい Office 2013 リリースが使用可能になり、それらのアップグレードを組み込むために Office 展開ツールを使用してパッケージが作成される場合、X.X.X.X というバージョン ID が Office のバージョン自体の変更を反映するように変更されます。App-V サーバーは、X.X.X.X というバージョン ID を使用して、このパッケージを区別し、以前に公開されたパッケージに対する新しいアップグレードが含まれていることを認識します。その結果、これを既存の Office 2013 パッケージに対するアップグレードとして公開します。

  2. 新しい更新プログラムを適用するコンピューターに対して、新しく作成した Office 2013 App-V パッケージをグローバルに公開します。新しいパッケージは以前の Office 2013 App-V パッケージと同じ系列であるため、更新プログラムを伴う新しいパッケージの公開では、新たな変更のみが以前のパッケージに適用され、高速に処理されます。

  3. アップグレードは、グローバルに公開されているすべての App-V パッケージと同じ方法で適用されます。アプリケーションは使用中である可能性が高いため、コンピューターが再起動されるまでアップグレードが遅延する場合があります。

Office 2013 のライセンス アップグレードの管理

新しい Office 2013 App-V パッケージのライセンスが、現在展開されている Office 2013 App-V パッケージのライセンスとは異なる場合があります。たとえば、現在展開されている Office 2013 パッケージはサブスクリプション ベースの Office 2013 で、新しい Office 2013 パッケージはボリューム ライセンス ベースである場合、次の手順に従って、スムーズなライセンス アップグレードが行われるようにする必要があります。

Office 2013 のライセンスをアップグレードする方法

  1. 既に展開されている Office 2013 サブスクリプション ライセンスの App-V パッケージを非公開にします。

  2. 非公開にした Office 2013 サブスクリプション ライセンスの App-V パッケージを削除します。

  3. コンピュータを再起動します。

  4. 新しい Office 2013 App-V パッケージのボリューム ライセンスを追加します。

  5. 追加したボリューム ライセンスの Office 2013 App-V パッケージを公開します。

選択したライセンスの Office 2013 App-V パッケージが正常に展開されます。

Visio 2013 および Project 2013 と Office の展開

次の表では、Visio 2013 および Project 2013 と Office を展開する場合の要件とオプションについて説明します。

タスク 詳細情報

Visio 2013 および Project 2013 と Office をどのようにパッケージ作成して公開するか。

Visio 2013 と Project 2013 は Office と同じパッケージに含める必要があります。

Office を展開していない場合は、「Packaging, publishing, and deployment requirements」に従う限り、Visio や Project を含むパッケージを作成できます。

Visio 2013 と Project 2013 を特定のユーザーにどのように展開できるか。

以下の方法のうちのいずれか 1 つを使用します。

 

状況 使用する方法

2 つの異なるパッケージを作成し、それぞれを別々のユーザーのグループに展開する場合

次のパッケージを作成して展開します。

  • Office のみを含むパッケージ - ユーザーが Office のみを必要とするコンピューターに展開します。

  • Office、Visio、および Project を含むパッケージ - ユーザーがこれら 3 つのアプリケーションを必要とするコンピューターに展開します。

組織全体に必要なパッケージが 1 つのみの場合、またはユーザーがコンピューターを共有している場合

次の手順に従います。

  1. Office、Visio、および Project を含むパッケージを作成します。

  2. このパッケージをすべてのユーザーに展開します。

  3. Microsoft AppLocker を使用して、特定のユーザーが Visio と Project を使用できないようにします。

その他のリソース

Office 2013 App-V 5.0 パッケージ 5.0 のその他のリソース

Office 2010 App-V 5.0 パッケージ

接続グループ

動的構成

APP-V への提案がございますか

こちらから提案を追加するか、提案に投票してください。App V の問題については、「APP-V に関する TechNet フォーラム」を利用してください。

-----
MDOP の詳細については、TechNet ライブラリを参照してください。TechNet Wiki では、トラブルシューティング情報を検索できます。また、Microsoft の FacebookTwitter をフォローすることをお勧めします。
-----