Share via


XML スキーマ定義ツールと XML シリアル化

XML スキーマ定義ツール (XML スキーマ定義ツール (Xsd.exe)) は、Windows® Software Development Kit (SDK) の一部として、.NET Framework ツールと共にインストールされます。 このツールは、主に次の 2 つの目的を実現するためにデザインされています。

  • 特定の XML スキーマ定義言語 (XSD) スキーマに準拠する C# クラス ファイルまたは Visual Basic クラス ファイルの生成。 このツールは、XML スキーマを引数として受け取り、XmlSerializer を使用したシリアル化時にそのスキーマに準拠している多数のクラスを含むファイルを出力します。 このツールを使用して、特定のスキーマに準拠するクラスを生成する方法については、「方法 : XML スキーマ定義ツールを使用してクラスと XML スキーマ ドキュメントを生成する」を参照してください。

  • .dll ファイルまたは .exe ファイルからの XML スキーマ ドキュメントの生成。 作成済み、または属性を使用して変更済みの一連のファイルのスキーマを確認するには、このツールに DLL または EXE を引数として渡し、その XML スキーマを生成します。 このツールを使用して、一連のクラスから XML スキーマ ドキュメントを生成する方法については、「方法 : XML スキーマ定義ツールを使用してクラスと XML スキーマ ドキュメントを生成する」を参照してください。

このツールおよびその他のツールの詳細については、「.NET Framework ツール」を参照してください。 ツールのオプションの詳細については、「XML スキーマ定義ツール (Xsd.exe)」を参照してください。 ツールでサポートされているスキーマ構造の詳細については、「XML Schema Binding Support in the .NET Framework」を参照してください。

参照

処理手順

方法 : オブジェクトをシリアル化する

方法 : オブジェクトを逆シリアル化する

方法 : XML スキーマ定義ツールを使用してクラスと XML スキーマ ドキュメントを生成する

関連項目

DataSet

XML スキーマ定義ツール (Xsd.exe)

XmlSerializer

概念

XML シリアル化の概要

その他の技術情報

XML Schema Binding Support in the .NET Framework