Share via


.NET Framework Version 3.5 の新機能します。

[このドキュメントはプレビュー版であり、後のリリースで変更されることがあります。 空白のトピックは、プレースホルダーとして挿入されています。]

ここでは、.NET Framework Version 3.5 の新機能と拡張の機能については説明します。 

.NET Compact Framework

.NET Compact Framework Version 3.5 は分散のモバイル アプリケーションに対するサポートは Windows Communication Foundation (WCF) テクノロジを展開します。 それも追加されます新しい言語機能 LINQ、新しい API コミュニティのフィードバックに基づいておよび更新の診断ツールと機能によるデバッグを向上など。

詳細これらの新機能と機能強化については「.NET Compact Framework Version 3.5 の新機能します。 する」を参照してください。

ASP.NET

.NET Framework 3.5 が ASP.NET および Visual Web Developer の対象となる領域には拡張には含まれます。 最も重要なアドバンスは AJAX 対応 Web サイトの開発強化サポートです。 ASP.NET では、新しいサーバー コントロールと API のセットでのサーバーの中心とした AJAX 開発サポートしています。 フル ページ更新を必要とせず、ページを更新できますよう ScriptManager コントロールと、 UpdatePanel コントロールを追加して AJAX の既存の ASP.NET 2.0 ページを有効にできます。

ASP.NET は、Microsoft AJAX Library と呼ばれる新しいクライアント ライブラリでクライアントから中心とした AJAX 開発もサポートします。 Microsoft AJAX Library は、クライアントで中心とした、オブジェクト指向開発、ブラウザに依存しないのはサポートします。 ECMAScript (JavaScript) で、ライブラリ各クラスを使用してサーバーへのラウンドトリップせず豊富な UI の動作を有効にできます。 アプリケーションのニーズを満たすサーバーの中心としたおよびクライアントで中心としたの開発の程度を併用することができます。 さらに、Visual Web Developer には JavaScript の向上の IntelliSense サポートおよび Microsoft AJAX Library のサポートが含まれます。

ASP.NET および Visual Web Developer 今すぐに ASMX と WCF ベースの Web サービスの両方の作成および Microsoft AJAX Library を使用して Web ページからのいずれかの実装のシームレスな使用をサポートします。 さらに、フォーム認証、役割の管理、およびプロファイルを含むサーバー側のアプリケーション サービスはクライアント スクリプトや Windows フォームのクライアントなど、WCF、互換性のあるアプリケーションで消費されることができます Web サービスとして公開されます。 ASP.NET を使用するとすべての Web ベース アプリケーションでこれら共通のアプリケーション サービスを共有できます。

ASP.NET における強化には他には、新しいデータ コントロール ListView データを表示するためにはが含まれます 新しいデータ ソース コントロールを LinqDataSource ASP.NET のデータ ソース コントロール アーキテクチャ; 経由の Web 開発者に Language Integrated Query (LINQ) を公開します。 新しいツール、ASP.NET Merge Tool (Aspnet_merge.exe)、プリコンパイルされたアセンブリ、マージの IIS 7.0 との緊密な統合 (]) ListView も編集、挿入、および削除操作と、並べ替えやページング機能をサポートしている (テンプレートとスタイルを使用して) 非常にカスタマイズ可能なコントロールです。 ListView には、ページング機能は、 DataPager と呼ばれる新しいコントロールによって提供されます。 結合ツールは展開の範囲のサポートおよび管理シナリオをリリースするのにアセンブリを結合するのに使用できます。 ASP.NET および IIS 7.0 の統合には、認証と、任意のコンテンツ タイプのキャッシュなどの ASP.NET サービスを使用する機能が用意されています。 ASP.NET マネージ コードおよびサポート統合モジュールと構成ハンドラ内のサーバー パイプライン モジュールを作成する機能も含まれています。

Visual Web Developer の強化点の multitargeting のサポート、Web アプリケーション プロジェクトを含める、新しいデザイン ビューを新しいカスケード スタイル シート (CSS) デザイン ツール、およびが含まれます SQL データベースの LINQ のサポートには。 Multitargeting Visual Web Developer を使用して Web アプリケーションを .NET Framework、バージョン 2.0、3.0、および 3.5 を含む特定のバージョンのターゲットの開発をすることができます。

詳細については、「What's New in ASP.NET and Web Development」を参照してください。

追加-アドインおよび拡張

.NET Framework 3.5 内の System.AddIn.dll アセンブリは強力で柔軟性のサポートを拡張可能なアプリケーションの開発者に提供します。 新しいアーキテクチャおよびモデル アプリケーションとその拡張機能が、ホスト アプリケーションの変更作業を続けることを保証して拡張を追加する最初の作業に開発者について説明します。 モデルには、次の機能が用意されています。

  • 発見機能

    簡単に検索および管理できます AddInStore クラスを使用するコンピュータ上の複数の場所のアドインのセットです。 このクラスを使用するを検索し、ためにそれらをロードすることがなく、基本の型からアドインに関する情報を取得できます。

  • アクティベーション

    アプリケーション アドインを選択、した後、AddInToken クラス簡単をアクティブにできます。 だけで、分離と sandboxing レベル [、システムは、残りの処理します。

  • 分離

    ここではアプリケーション ドメインとプロセスの分離のアドインの組み込みサポートです。 分離レベル、アドインでは、ホストのコントロールにです。 アプリケーション ドメインとプロセスの読み込みとそれらのアドインの後をシャットダウンして、システム ハンドルを実行して停止しました。

  • sandboxing

    できます簡単に構成アドインで、既定またはする信頼レベルをカスタマイズします。 サポートがインターネット、イントラネット、Full Trust、含まれていて、ホストがカスタム アクセス許可セットを指定できるオーバーロードと同様、“ 同じ-と-ホスト ” アクセス許可を設定します。

  • UI の [合成]

    アドイン モデルではアプリケーション ドメインの境界にまたがる Windows Presentation Foundation (WPF) コントロールの直接の構成ができます。 簡単にできますアドインの分離、アンロードする機能、sandboxing、およびバージョン管理の利点も保持中に、ホストの UI に直接投稿します。

  • バージョン管理

    アドインのアーキテクチャ可能になります最新既存アドインや新規の開発者経験の影響なしのオブジェクト モデルの新しいバージョンを導入するホストの。

詳細については、「アドインおよび拡張機能」を参照してください。

[共通言語ランタイム]

コレクション クラス

HashSet<T> は、高いパフォーマンスを .NET Framework に操作を設定するを示します。 セットは、重複しない要素を任意の順序で格納したコレクションです。 詳細については、「HashSet コレクション型」を参照してください。

診断

EventSchemaTraceListener クラスは、エンド ツー エンド、スキーマに準拠したイベントのトレース機能を提供します。 スレッド、AppDomain、プロセス、およびコンピューターの境界を越えて異種のコンポーネントが含まれるシステムに対してエンド ツー エンドのトレースを使用できます。 標準化されたイベント スキーマ (イベントの表現にイベント コンシューマ を参照) が定義されてこれらの境界を越えてトレース機能を有効にします。 このスキーマは、Windows Vista の診断ツールであるイベント ビューアーなどさまざまなトレース技術で共有されます。 このスキーマでは、カスタムのスキーマ準拠の要素を追加することもできます。

EventSchemaTraceListener クラスがロックを解放トレース暗黙的なサポート ログのパフォーマンス チューニングが。

I/O およびパイプ

パイプは、同じコンピュータまたはネットワーク内の他の Windows コンピュータを実行して、プロセス間でプロセス間通信を提供します。 .NET Framework はパイプの 2 種類へのアクセスを提供します。匿名パイプと名前付きのパイプします。 パイプの詳細については、「パイプ」を参照してください。

ガベージ コレクション

GCSettings クラスには、時間、ガベージ コレクタは、アプリケーションで intrudes を調整するを参照する新しい LatencyMode プロパティがあります。 新しい GCLatencyMode 列挙体の値のいずれかにこのプロパティを設定します。

GC クラスは、強制的にガベージ コレクションの動作を調整する新しい Collect(Int32, GCCollectionMode) メソッド オーバーロードがあります。 たとえば、このオーバーロードをガベージ コレクタがかを判断現在の時刻オブジェクトを再利用するのに最適なを指定するのに使用できます。 このオーバーロードが新しい GCCollectionMode 列挙体から値を取得します。

リフレクションと Reflection Emit 部分的な信頼で

部分的な信頼で実行するアセンブリがコードを生成し、それを実行できます。 種類とアクセスするメソッドによって要求されたアクセス許可を超えるアクセス許可なしにのみパブリックの型とメソッドのニーズを呼び出すコードを生成します。 新しい DynamicMethod(String, Type, array<Type[]) コンストラクタ簡単にこのようなコードを生成します。

プライベート データにアクセスする出力されたコード必要がある、する場合は、新しい DynamicMethod(String, Type, array<Type[], Boolean) コンストラクタのアクセスを制限ができます。 ホスト与える必要がありますこの機能をどのでコードを出力を有効にする新しい ReflectionPermission フラグと RestrictedMemberAccess の種類と等しいか小さい信頼レベルを持つアセンブリ内のメソッドに対してだけプライベート データにアクセスする機能。 「チュートリアル: 部分的な信頼のシナリオでコードを出力します。」を参照してください。

反射、RestrictedMemberAccess のホストの許可は同様にプライベート プロパティ、プライベート メソッドを呼び出し、およびにアクセスするメソッドが等しいか小さい信頼レベルを持つ対象のアセンブリに対してのみに制限されている使用が許可されます。

スレッド処理

優れたリーダー/ライタ ロック

新規の ReaderWriterLockSlim クラスは ReaderWriterLockより大幅に向上しているパフォーマンスを提供し、 lock ステートメント (Visual Basic でのSyncLock) で比較します。 プログラミングを簡単にしたりするデッドロックの可能性を低減ため、ロックの状態の間の遷移が単純化されました。 新しいクラスは、lock および ReaderWriterLock からの移行を簡単に再帰をサポートします。

ThreadPool のパフォーマンスの拡張機能

作業項目とマネージ スレッド プール内の入出力タスクのディスパッチのスループットが大きく向上しました。 ディスパッチは今すぐ少ないロックとアンマネージ コードへの遷移せず、マネージ コードで処理されます。 ThreadPool の使用は、アプリケーション固有のスレッド プールの実装でお勧めします。

タイム ゾーンの機能強化

2 つの新しい種類、DateTimeOffsetTimeZoneInfo、タイム ゾーンのサポートを強化および日付と時刻を使用するアプリケーションの開発をやすく異なるタイム ゾーン。 どのような状況で特にを使用する型については、「DateTime、DateTimeOffset、および TimeZoneInfo の選択」を参照してください。

TimeZoneInfo

新しい TimeZoneInfo クラスは、大きく、既存の TimeZone クラスを supplants します。 TimeZoneInfo を使用して定義されている、レジストリではなくだけで、ローカル タイム ゾーンおよび世界協定時刻 (UTC) のタイム ゾーンを取得することができます。 クラスを使用できますこのカスタムのタイム ゾーンを定義とをシリアル化およびカスタムのタイム ゾーン データを逆シリアル化にタイム ゾーン間で時刻を変換します。 詳細、TimeZoneInfo クラスを使用するアプリケーションの開発については、「 時刻とタイム ゾーン」を参照してください。

DateTimeOffset

新しい DateTimeOffset 構造は、 DateTime 構造やすく作業時間をタイム ゾーン間で拡張します。 DateTimeOffset 構造は日付保存および UTC 日付と時刻をどれくらいの時間を示すオフセットの値を組み合わせて時刻情報は UTC とは異なます。

暗号

ClickOnce マニフェスト

新しい暗号化クラスの確認を ClickOnce アプリケーションのマニフェストの署名に関する情報の取得があります。 ManifestSignatureInformation クラスは、 VerifySignature メソッドのオーバーロードを使用する場合に、マニフェストの署名に関する情報を取得します。 確認するのにマニフェストを指定するのに ManifestKinds 列挙体を使用できます。 検証の結果は、SignatureVerificationResult 列挙値のいずれかです。 ManifestSignatureInformationCollection は、検証済みの署名の ManifestSignatureInformation オブジェクトの読み取り専用コレクション提供します。 さらに、次のクラスは、特定の署名の情報を提供します。

Suite B のサポート

.NET Framework 3.5 は、Suite B セットによって、国家安全保障局 (NSA) の公開暗号化アルゴリズムをサポートします。 NSA ドキュメント、◇ www.nsa.gov/ia/industry/crypto_suite_b.cfm

次のアルゴリズムは、含まれているとおりです。

  • 高度な Encryption Standard (AES) 暗号化の 128 と 256 ビットのキーのサイズにします。

  • ハッシュのハッシュ アルゴリズム (SHA-1 256 および SHA-1 384) を保護します。

  • elliptic Curve デジタル署名アルゴリズム (ECDSA) の署名を 256 ビットと 384 ビットの素数 moduli の曲線を使用します。 このアルゴリズムは、ECDsaCng クラスによって提供されます。 秘密キーで署名し、公開キーで確認することができます。

  • elliptic Curve Diffie-Hellman (ECDH) キーの交換または秘密協定の 256 および 384 ビットの素数 moduli の曲線を使用します。 このアルゴリズムは、ECDiffieHellmanCng クラスによって提供されます。

マネージ コード ラッパーの連邦情報処理標準 (FIPS) 認定は AES、SHA-256 と SHA-1 384 の実装の実装に、新しいで使用可能な AesCryptoServiceProviderSHA256CryptoServiceProvider、および SHA384CryptoServiceProvider クラスです。

Cryptography Next Generation (CNG) クラスには、ネイティブ Crypto API (CAPI) のマネージ実装を提供します。 このグループに中央は、ストレージと CNG キーの使用を抽象化する CngKey、キー コンテナ クラスです。 このクラスでは、キー ペアを格納できますしたり、公開キーのセキュリティで保護された単純な文字列名を使用して、参照します。 ECDsaCng および ECDiffieHellmanCng クラスには、 CngKey オブジェクトを使用します。

CngKey クラスはさまざまを開いて、作成、削除、およびキーのエクスポートなど、他の操作に使用します。 また、ネイティブ API を直接呼び出すときに使用する基になっているキーのハンドルにアクセスできます。

CNG クラス、CngProviderは、キーのストレージ プロバイダ、 CngAlgorithmCNG のアルゴリズムを保持するを保持するなどのサポートのさまざまながあり、 CngProperty、一般に保持するキーのプロパティを使用します。

ネットワーキング

ピア ツー ピア ネットワーク

ピア ツー ピア ネットワークは複数のネットワーク デバイスにリソースを共有および互いに直接通信を許可する、なしのネットワーク テクノロジです。 System.Net.PeerToPeer 名前空間には、ピア名解決プロトコル (PNRP)、ピア ツー ピアのクラウド内で登録されている PeerName オブジェクトを通じて他のピア ノードの探索を許可するをサポートするクラスの一連が用意されています。 PNRP を IPv6 または IPv4 IP のアドレスにピア名を解決します。

ピア ツー ピア ネットワークを使用して共同作業

System.Net.PeerToPeer.Collaboration 名前空間には、ピア ツー ピア ネットワーク インフラストラクチャを使用して共同作業をサポートするクラスの一連が用意されています。 これらのクラスはアプリケーションことができるプロセスを簡略化します。

  • サーバーのないピア プレゼンスを追跡します。

  • 参加者に招待状を送信します。

  • 同じサブネットや LAN 上のピアを発見します。

  • 連絡先を管理します。

  • ピアと対話します。

Microsoft 内ピア ツー ピア共同作業インフラストラクチャは、共同サーバーレス アクティビティのためのピア ツー ピア ネットワーク ベース フレームワークを提供します。 このフレームワークの使用を使うすると、サブネットやインターネットを通じてコンピュータの集団電源を使用するネットワーク アプリケーションは分散型できます。 この種類のアプリケーションの共同作業、通信、コンテンツの配布、または計画もマルチプレイヤー ゲームの対戦などの作業できます。

ソケットのパフォーマンスの拡張機能

非同期ネットワーク I/O、最高のパフォーマンスを実現する使用するアプリケーションによって、Socket クラスが使用する強化されました。 一連の新しいクラスは、Socket 名前空間拡張機能のセットの一部として追加されました。 これらのクラスは特殊なパフォーマンスの高いソケット アプリケーションで使用できる代替の非同期パターンを提供します。 これらの機能強化、高いパフォーマンスが必要なネットワーク サーバー アプリケーションの設計されました。

Windows Communication Foundation

WCF および WF の統合-ワークフロー サービス

統一し、.NET Framework 3.5 場合、Windows Workflow Foundation (WF) と Windows Communication Foundation (WCF) フレームワーク作成者 WCF サービスする手段として WF を使用やサービスとして、既存の WF ワークフローを公開することができますがようします。 これにより保持されることができますをワークフローとの間でのデータを簡単に転送できますし、アプリケーション レベルのプロトコルを適用できるサービスを作成できます。 コード例については、「Workflow Services Samples」を参照してください。

永続的なサービス

導入されて .NET Framework 3.5 いますサービスの状態情報を保持する、WF 永続化モデルを使用する WCF サービスのサポート。 永続的なサービスは永続化ストアからそのサービスの状態情報ことができます再読み込みは、セッションが破損して、後で再作成されるようにアプリケーション レイヤを上には、状態情報を保持します。

WCF Web プログラミング モデル

WCF Web プログラミング モデル開発者は WCF スタイルの Web サービスを構築することができます。 Web のプログラミング モデルでは、豊富な URI 処理機能、GET を含むすべての HTTP 動詞のサポートされていて、さまざまなメッセージを操作するための単純なプログラミング モデル書式 (XML、JSON、および不透明のバイナリ ストリームを含む) を設定します。 詳細については、「WCF Web Programming Model Overview」を参照してください。

WCF Syndication

WCF には厳密に型指定されたオブジェクト モデル シンジケーション フィード、Atom 1.0 と RSS 2.0 の両方の形式などの処理を今すぐが含まれます。 詳細については、「WCF Syndication」を参照してください。 コード例については、「Syndication Samples」を参照してください。

WCF および Partial を信頼します。

制限の権限を持つ実行アプリケーションは .NET Framework 3.5 で WCF の機能の制限サブセットを使用ことができます。 ASP.NET (中間) のセキュリティ アクセス許可で実行されているサーバー アプリケーションを使用して、WCF サービス モデル基本的な HTTP サービスを作成します。 インターネット ゾーンのアクセス許可 (XAML ブラウザ アプリケーション with ClickOnce 配置される未署名のアプリケーションなど) で実行されているクライアント アプリケーションを使用して、WCF プロキシ HTTP サービスを使用します。 さらに、(AJAX および Syndication をなど)、WCF Web プログラミング モデルの機能は部分的に信頼されたアプリケーションで使用できます。 詳細については、「Partial Trust」を参照してください。

WCF と ASP.NET AJAX の統合

ASP.NET では、Asynchronous JavaScript と XML (AJAX) 機能で WCF の統合は、WCF サービスを使用できる Web アプリケーションを構築するため、エンド ツー エンド プログラミング モデルを提供します。 AJAX にスタイルの Web アプリケーションで、クライアント (たとえば、Web アプリケーションでブラウザ) 少量のデータ、サーバーと非同期要求を使用して交換します。 ASP.NET AJAX の機能との統合では、ブラウザでクライアント JavaScript を使用してアクセスいる WCF Web サービスを構築する簡単にできます。 詳細については、「ASP.NET AJAX Integration and JSON Support」を参照してください。 コード例については、「AJAX Samples」を参照してください。

Web Services Interoperability (英語)

.NET Framework 3.5 Microsoft の相互運用性をパブリック標準のための取り組みを維持し、サポート、新しいセキュリティで保護された、信頼性、およびトランザクションの Web サービス標準について説明します。

これらのプロトコルの実装は使用可能新しい標準バインド、ws2007HttpBinding およびを使用 ws2007FederationHttpBindingWeb Services Protocols Interoperability Guide に記載されているになります。 コード サンプルを「WS Binding Samples」を参照してください。

Windows Presentation Foundation

.NET Framework 3.5 で Windows Presentation Foundation には変更および強化された多くの領域、バージョン管理、アプリケーション モデル、データ バインド、コントロール、ドキュメント、注釈、およびを含む 3-D の UI 要素が含まれます。

詳細これらの新機能と機能強化については「What's New in Windows Presentation Foundation Version 4 する」を参照してください。

Windows Workflow Foundation

WCF および WF の統合-ワークフロー サービス

統一し、.NET Framework 3.5 場合、Windows Workflow Foundation (WF) および Windows Communication Foundation (WF) フレームワーク作成者 WCF サービスする手段として WF を使用やサービスとして、既存の WF ワークフローを公開することができますがようとします。 これにより保持されることができますをワークフローとの間でのデータを簡単に転送できますし、アプリケーション レベルのプロトコルを適用できるサービスを作成できます。 コード例については、「Workflow Services Samples」を参照してください。

規則

WF ルール エンジンでサポート拡張メソッド、演算子のオーバーロード、および、new 演算子の使用、ルールするようになりました。 詳細については、「Rule Changes in .NET Framework 3.5」を参照してください。 cde サンプル、「Rules and Conditions」を参照してください。

Windows フォーム

ClickOnce の機能強化

いくつかの機能強化が ClickOnce に行われました。 強化には、複数の場所やサード パーティのブランドの配置が含まれます。 詳細については、「再署名を行わない ClickOnce アプリケーションの配置」および「開発者以外が配置する ClickOnce アプリケーションの作成」を参照してください。

ClickOnceを組み合わせて使用される場合があります、Mage.exe ツールは .NET Framework 3.5 に更新されました。 詳細については、「Mage.exe (マニフェスト生成および編集ツール)」を参照してください。

認証、役割、および設定サービス

クライアント アプリケーション サービスが、.NET Framework 3.5 の新しいされ ASP.NET ログイン、ロールとプロファイル サービスに簡単にアクセスするのに Windows ベースのアプリケーション (Windows フォームと Windows Presentation Foundation アプリケーションを含む) を有効にされます。 これらのサービスでは、ユーザーを認証し、共有サーバーからユーザーのロールおよびアプリケーションの設定を取得できます。

クライアント アプリケーションのサービスを指定して、アプリケーション構成ファイルまたは Visual Studio プロジェクト デザイナでは、クライアント サービス プロバイダを構成する有効にできます。 これらのプロバイダは、Web 機能拡張モデルに接続し、既存の .NET Framework ログイン、ロール、および API の設定によって、Web サービスにアクセスします。 クライアント アプリケーション サービスでは、ローカル データ キャッシュにユーザー情報を格納しておき、アプリケーションのオフライン時にはこのキャッシュからユーザー情報を取得することで、たまにしか接続されない環境もサポートされます。

詳細については、「クライアント アプリケーション サービス」を参照してください。

Windows Vista のサポート

既存の Windows フォーム アプリケーション シームレスに機能の Windows Vista、あり、可能な限り Windows Vista に特別に記述されたアプリケーションと同じ外観にアップグレードは。 コモン ファイル ダイアログ ボックスが自動的に Windows Vista バージョンに更新されます。 .NET Framework 3.5 では、ユーザー アカウント制御 (UAC) Shield アイコンもサポートされます。 詳細については、「FileDialog クラス」および「Shield」を参照してください。

WPF のサポート

Windows フォーム ホスト Windows Presentation Foundation (WPF) コントロールおよびコンテンツ Windows フォーム コントロールを一緒に使用できます。 Windows フォームから WPF ウィンドウを開くこともできます。 Windows フォームと WPF を使用で 1 つにグループ化する方法について、「Migration and Interoperability」を参照してください。

LINQ

統合言語クエリ (LINQ) は Visual Studio 2008 と .NET Framework 3.5新しい機能です。 LINQ 強力なクエリ機能を拡張を C# と Visual Basic 標準、簡単に学習クエリ パターンの形式での言語の構文です。 このテクノロジは、任意の種類のデータ ストアの可能性をサポートする拡張できます。 .NET Framework 3.5 には、.NET Framework のコレクション、SQL Server データベース、ADO.NET データセット、および XML ドキュメントを照会するため LINQ を使用できるようにする LINQ プロバイダ アセンブリが含まれます。

コンポーネントは、LINQ の .NET Framework 3.5 の一部であります。

  • 名前 System.Linq 空間、標準クエリ演算子および種類および LINQ クエリのインフラストラクチャで使用するインターフェイスのセットが含まれています。 この名前空間は、System.Core.dll アセンブリです。

  • System.Data.Linq を含む名前空間クラスに LINQ to SQL アプリケーションでのリレーショナル データベース サポートやり取りします。

  • System.Data.Linq.Mapping を含む名前空間構造と、リレーショナル データベースの内容を表す、 LINQ to SQL のオブジェクト モデルを生成するために使用できるクラスが。

  • 名前 System.Xml.Linq 空間、 LINQ to XML のクラスが含まれています。 LINQ to XML は、メモリ内 XML プログラミング インターフェイス効率的と簡単に XML ドキュメントを変更することができます。 使用して LINQ to XML ことができます XML を読み込む、XML のシリアル化、XML ツリーを最初から作成、XML ツリーのインメモリを操作し、XSD を使用して検証します。 使用できますこれらの機能の組み合わせを別に 1 つの図形から XML ツリーを変換します。

  • System.Web.UI.WebControls および System.Web.UI.Design.WebControls 名前空間で新しい型。 LinqDataSourceなどのこれらの新しい種類は ASP.NET Web ページをデータ ソース コントロール経由で LINQ の使用をサポートします。

  • ADO.NET の DataRowComparerオブジェクトに対して DataRowExtensionsクエリは、 DataTableExtensionsSystem.Data 、および LINQ 名前空間内の DataSet クラスでサポートします。

クラス ライブラリ、クラスに適用される、LINQ の拡張メソッドが、の内容の ウィンドウおよび、 インデックス ウィンドウ クラスのメンバ ページに表示されます。

式ツリー

式ツリー新機能で、.NET Framework 3.5、ありデータの形式では、レベルのコードを表す手段を提供します。 System.Linq.Expressions 名前空間には式ツリーのビルド ブロック種類が含まれています。 これらの種類をコードの式、たとえば、メソッドの呼び出しや、等値比較の種類を表すできます。

式ツリーは LINQ クエリ対象のリモート データ ソースを SQL データベースなどを幅広く使用されます。 これらのクエリの式ツリー、表されるされ、この表現にはクエリ プロバイダにチェックし、それらをドメイン固有のクエリ言語に変換する有効になります。

System.Linq.Expressions 名前空間は、System.Core.dll アセンブリです。

プログラミング言語

次の 3 つの Microsoft のプログラミング言語は、.NET Framework に明示的に対象です。 これらの言語で新機能および強化された機能については、の次のトピックを参照してください。

Visual C# 2010 を新機能します。

What's New in Visual C++ 2008

What's New in the Visual Basic Language

参照

概念

What's New in ASP.NET and Web Development

.NET Compact Framework Version 3.5 の新機能します。

What's New in Windows Presentation Foundation Version 4

Visual Studio 2010 の新機能