Share via


Global.asax ファイル

Global.asax ファイル (ASP.NET アプリケーション ファイル) は、ASP.NET または HttpModules によって発生したアプリケーション レベルのイベントに応答するためのコードを格納する省略可能なファイルです。Global.asax ファイルは、ASP.NET ベースのアプリケーションのルート ディレクトリに配置されます。実行時には、Global.asax の解析とコンパイルが行われ、HttpApplication 基本クラスから派生した .NET Framework クラスが動的に生成されます。Global.asax ファイル自体の構成によって、Global.asax ファイルへの直接 URL 要求はすべて自動的に拒否されます。外部ユーザーがこのファイル内に記述されたコードをダウンロードまたは表示することはできません。

ASP.NET の Global.asax ファイルは、ASP の Global.asax ファイルと共存できます。Global.asax ファイルは、WYSIWYG デザイナやメモ帳で作成できます。または、コンパイル済みのクラスとして作成し、アプリケーションの \Bin ディレクトリにアセンブリとして配置することもできます。ただし、アセンブリとして配置する場合は、そのアセンブリを参照する Global.asax ファイルも必要になります。

Global.asax ファイルは省略できます。このファイルが定義されていない場合、ASP.NET ページ フレームワークは、アプリケーションやセッション イベント ハンドラがまったく定義されていないものと見なします。

アクティブな Global.asax ファイルに変更を保存すると、そのファイルの変更が ASP.NET ページ フレームワークで検出されます。ASP.NET ページ フレームワークは、アプリケーションに対する現在の要求をすべて完了し、Application_OnEnd イベントをリスナに送信して、アプリケーション ドメインを再起動します。実質的には、これによってアプリケーションが再起動され、すべてのブラウザ セッションが終了し、すべての状態情報がフラッシュされます。ブラウザから次の着信要求を受信すると、ASP.NET ページ フレームワークは Global.asax ファイルを再解析および再コンパイルし、Application_OnStart イベントを発生させます。

アプリケーションで Global.asax ファイルを使用する方法の詳細については、次のトピックを参照してください。

HttpApplication インスタンスの使用

Global.asax ファイルでのモジュールの使用

参照

ASP.NET アプリケーション | HttpApplication クラス | アプリケーション状態