Share via


UISpy.exe (UI Spy)

UI Spy ツールを使用すると、開発者とテスターは、アプリケーションのuser interface (UI) 要素を表示したり、これらの要素と対話したりできます。 アプリケーションの UI の階層構造、プロパティ値、および発生したイベントを表示することにより、作成中の UI がスクリーン リーダーなどの支援テクノロジ デバイスにプログラムでアクセスできるかどうかを確認できます。

UI Spyは UI Automation ライブラリを使用します。 UI Automationは、Microsoft Windows の新しいアクセシビリティ フレームワークです。

開発者とテスターは、UI Spy を使用して次の項目を確認することにより、アプリケーションのアクセシビリティ レベルをチェックできます。

  • UI 項目の UI Automationプロパティの値

  • コントロール パターンの実装

  • UI Automationのイベント情報

  • ナビゲーションとキーボード フォーカス

メモメモ

UI Spy は、Microsoft Windows SDK と共にインストールされます。UI Spy は、SDK のインストール パスの \bin フォルダー内に配置されます (uispy.exe)。また、[スタート] メニューからアクセスすることもできます ([スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft Windows SDK]、[ツール] の順にポイントし、[UISpy] をクリック)。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

  • UI Spy の使用
  • UI Spy モード
  • コマンド ライン引数
  • 関連トピック

UI Spy の使用

UI Spy のメイン ウィンドウを次の図に示します。 既定のウィンドウには次のペインが含まれます。

  • [Control View] ペイン。アプリケーションの UI 項目の階層構造が表示されます。 他のビューには、[Custom]、[Content]、および [Raw] があります。 UI Spy を開くと、デスクトップ ノードとその最初のレベルの子ノードが表示されます。

  • [Properties] ペイン。選択した UI 項目のプロパティ値が表示されます。

  • [Output] ペイン。アプリケーションで発生したイベントと UI Automation例外が表示されます。

UI Spy ツールのメイン ウィンドウ

メモメモ

Vista では、UI Spy の起動時に、右クリックして [管理者として実行] をクリックします。UI Spy が上位の特権レベルで実行されているアプリケーションからすべての UI オートメーション項目にアクセスできるようにするには、この操作が必要です。

UI Spy モード

UI Spy では、2 つの方法で UI 項目を選択できます。1 つはフォーカス追跡モードであり、もう 1 つはホバー モードです。 これらのモードは共に AutomationElement を選択します。 項目を選択すると、四角形がその項目の周りに描画されます。 選択した項目が開いた各 [View] ウィンドウに表示され、項目の UI Automationプロパティが [Properties] ウィンドウに表示されます。

フォーカス追跡モード

UI Spy のフォーカス追跡を使用する場合、このツールは、キーボード フォーカスのある UI 項目を追跡します。 フォーカス追跡は、UI 項目をステップ実行して、各項目がキーボード フォーカスを確実に受け取れるようにする場合に、よく使用されます。

ホバー モード

UI Spy のホバー モードを使用する場合は、特定の時間だけ Ctrl キーを押したままにして UI 項目を選択します。 時間を設定するには、[Edit] メニューの [Settings] をクリックします。 ホバー モードは、特定の UI 項目を選択する場合に便利です。

コマンド ライン引数

このツールにはコマンド ライン引数がありません。

参照

概念

UI Spy タスク

UI Spy のキーボード ショートカット

UI オートメーションの概要

UI オートメーション ツリーの概要

UI オートメーション プロパティの概要

UI オートメーション コントロール パターンの概要