Share via


デバッガー アプリケーション アクティブ化エラーの診断

 

Visual Studio デバッガーで Windows ストア アプリを起動しようとすると、次のいずれかのエラーが発生することがあります。

8061

Unable to activate Windows Store app 'AppName'. The ProcessName process started, but the activation request failed with error 'ErrorNumber'

8062

Unable to activate Windows Store app 'AppName'. The activation request failed with error 'ErrorNumber'

これらのエラーを診断するには

これらのエラーを解決する確実な方法はありません。 次のような方法で問題を診断します。

イベント ビューアーを使用する

  1. イベント ビューアーを開きます (Windows の [スタート] メニューで [イベント ビューアー] を検索します)。イベント ビューアーで、ツリー内の [アプリケーションとサービス ログ\Microsoft\Windows\Apps ] フォルダーに移動します。

  2. ビューにフィルターを適用してイベント ID が 5900 ~ 6000 のビューに絞り込む

  3. ログを調べて、発生した状況を確認します。

ネイティブ デバッガーを使用する

ネイティブ デバッガーで実行するようにプロジェクトを構成します。

Visual Studio で、スタートアップ プロジェクトのプロパティ ページの [デバッグ] (C++ および JavaScript では [デバッグ]) ページで、[デバッガーの種類][ネイティブのみ] に設定します。

出力ウィンドウを表示して、スローされる例外を確認します。 これらの例外がスローされたときに停止するようにデバッガーを構成します。

アプリ ライセンス エラーの修正

「このアプリはライセンスに問題があるため起動できませんでした」というメッセージを含むアクティベーション エラーが発生することがあります。次の回避策を試すことができます。

  • [ビルド] メニューの [ソリューションのクリーン] を選択し、ファイル エクスプローラーでソリューション フォルダーを開き、bin フォルダーおよび obj フォルダーを削除します。 [ビルド][ソリューションのリビルド] の順に選択します。 ソリューションをリビルドすると必要なフォルダーが再作成されます。

  • [スタート] 画面でアプリを選択し、アプリ バーの [アンインストール] を選択します。 ソリューションを消去し、リビルドします。

  • 管理者特権で実行しているコマンド プロンプトから、PowerShell コマンドを使用して、開発用ライセンスを削除し、再インストールします。 ソリューションを消去し、リビルドします。 「Getting a developer license at a command prompt (コマンド プロンプトで開発者ライセンスを取得する)」を参照してください。