次の方法で共有


仕事仲間の概要

Microsoft Office SharePoint Server 2007 は、友人や仕事仲間のネットワークを自動的に探索する速くて簡単な方法を提供します。 Office SharePoint Server 2007 は Microsoft Windows Messenger (IM) および Microsoft Office Outlook 電子メールから仕事仲間を探索します。Outlook では、Office SharePoint Server 2007 は単にそのユーザーに電子メールを送ったすべてのユーザーをインポートするのではないことに注意してください。その代わりに、ユーザーの最新の電子メールを調査してランク付けアルゴリズムを用い、そのユーザーのものだと思われる連絡先を特定します。その後、リストを表示し、その仕事仲間を承認するか却下するかの入力を求めます。 Office SharePoint Server 2007 は、重要な電子メール スレッドで頻繁に通信するユーザーを、強いつながりがあると見なします。

以下のコード例は、[ユーザー プロファイル] オブジェクト モデルを使用してワークグループ内のユーザーがしていることを表示する方法を示します。

// get all of the user’s colleagues
foreach (Colleague colleague in userProfile.Colleagues.GetItems())
{
  colleagueAccountNames.Add(
(string)colleague.Profile[PropertyConstants.AccountName].Value);
}

// get colleagues' usage information from custom data source
List<UsageData> usageData = GetUsageFromColleagues(colleagueAccountNames);

// determine usage of each URL 
Dictionary<string, int> usageCount = new Dictionary<string, int>();
foreach (UsageData usage in usageData)
{
   if (usageCount.ContainsKey(usage.Url))
      usageCount[usage.Url] += 1;
   else
      usageCount[usage.Url] = 1;
}

// sort the results by most used
// render into HTML

See Also

その他のリソース

Configuring the User Profile Store Using the Object Model

オブジェクト モデルを使用してユーザー プロファイル ストアにアクセスする