Share via


Get-DistributionGroup

 

適用先: Exchange Server 2007 SP3, Exchange Server 2007 SP2, Exchange Server 2007 SP1

トピックの最終更新日: 2010-04-27

Get-DistributionGroup コマンドレットを使用して、既存の配布グループを照会します。

構文

Get-DistributionGroup [-Identity <DistributionGroupIdParameter>] [-Credential <PSCredential>] [-DomainController <Fqdn>] [-IgnoreDefaultScope <SwitchParameter>] [-ManagedBy <GeneralRecipientIdParameter>] [-OrganizationalUnit <OrganizationalUnitIdParameter>] [-ReadFromDomainController <SwitchParameter>] [-RecipientTypeDetails <RecipientTypeDetails[]>] [-ResultSize <Unlimited>] [-SortBy <String>]

Get-DistributionGroup [-Credential <PSCredential>] [-DomainController <Fqdn>] [-Filter <String>] [-IgnoreDefaultScope <SwitchParameter>] [-ManagedBy <GeneralRecipientIdParameter>] [-OrganizationalUnit <OrganizationalUnitIdParameter>] [-ReadFromDomainController <SwitchParameter>] [-RecipientTypeDetails <RecipientTypeDetails[]>] [-ResultSize <Unlimited>] [-SortBy <String>]

Get-DistributionGroup [-Anr <String>] [-Credential <PSCredential>] [-DomainController <Fqdn>] [-IgnoreDefaultScope <SwitchParameter>] [-ManagedBy <GeneralRecipientIdParameter>] [-OrganizationalUnit <OrganizationalUnitIdParameter>] [-ReadFromDomainController <SwitchParameter>] [-RecipientTypeDetails <RecipientTypeDetails[]>] [-ResultSize <Unlimited>] [-SortBy <String>]

解説

配布グループを使用して電子メール配布リストおよびセキュリティ グループを作成し、共有リソースに対するアクセス許可を割り当てることができます。配布グループは、電子メール アプリケーション (Exchange など) で電子メール メッセージをユーザーの集合に送信するためだけに使用できます。Get-DistributionGroup コマンドレットを使用して、既存の配布グループを照会することができます。

Get-DistributionGroup コマンドレットを実行するには、使用するアカウントに次の役割が委任されている必要があります。

  • Exchange 表示専用管理者の役割

Microsoft Exchange Server 2007 を管理するために必要なアクセス許可、役割の委任、および権限の詳細については、「アクセス許可に関する考慮事項」を参照してください。

パラメータ

パラメータ 必須かどうか 種類 説明

ANR

省略可能

System.String

ANR パラメータは、引数があいまいな名前の解決 (ANR) で解決されることを示します。

Credential

省略可能

System.Management.Automation.PSCredential

Credential パラメータには、Active Directory ディレクトリ サービスの読み取りに使用するアカウントのドメインおよびユーザー名を指定します。

DomainController

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Fqdn

Active Directory からデータを取得するドメイン コントローラの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定するには、コマンドに DomainController パラメータを含めます。

Filter

省略可能

System.String

Filter パラメータには、受信者をフィルタ処理するために使用する OPath フィルタを指定します。

フィルタ可能なプロパティの詳細については、「-Filter パラメータのフィルタ可能なプロパティ」を参照してください。

Identity

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.DistributionGroupIdParameter

配布グループの Identity パラメータは、次のいずれかの形式で指定します。

  • GUID
  • 識別名 (DN)
  • LegacyExchangeDN
  • ドメイン\アカウント名
  • エイリアス

IgnoreDefaultScope

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

IgnoreDefaultScope パラメータを指定すると、Exchange 管理シェルの受信者の範囲の既定の設定が無視され、範囲としてフォレスト全体が使用されます。これにより、コマンドは現在既定の範囲内にない Active Directory オブジェクトにアクセスできます。IgnoreDefaultScope パラメータを使用する場合、以下の制限事項が適用されます。

  • DomainController パラメータは使用できません。このコマンドでは、適切なグローバル カタログ サーバーを自動的に使用します。
  • Identity パラメータの DN しか使用できません。エイリアスや GUID などの他の形式の ID は使用できません。
  • OrganizationalUnit パラメータと Identity パラメータは同時に使用できません。
  • Credential パラメータは使用できません。

ManagedBy

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.GeneralRecipientIdParameter

ManagedBy パラメータには、グループを管理するユーザーまたは連絡先の識別名を指定します。

OrganizationalUnit

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.OrganizationalUnitIdParameter

OrganizationalUnit パラメータは、結果を特定の組織単位コンテナに限定します。

ReadFromDomainController

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

ReadFromDomainController パラメータには、ユーザー情報がユーザーのドメインのドメイン コントローラから読み取られることを指定します。フォレスト内のすべての受信者を含めるように受信者の範囲を設定した場合、このパラメータを使用しないと、情報が古いグローバル カタログからユーザー情報が読み取られる可能性があります。このパラメータを使用する場合は、情報を取得するために読み取りが数回必要になる場合があります。

note注 :
既定では、受信者の範囲は、Exchange サーバーをホストするドメインに設定されています。

RecipientTypeDetails

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Directory.Recipient.RecipientTypeDetails[]

RecipientTypeDetails パラメータには、返される受信者の種類を指定します。Microsoft Exchange Server 2007 の受信者の種類は、受信者の種類とサブタイプに分かれています。各受信者の種類には、すべてのサブタイプに共通するすべてのプロパティが含まれています。たとえば、UserMailbox は、関連付けられたメールボックスを持つ Active Directory のユーザー アカウントを表します。メールボックスには種類が複数あるため、各メールボックスの種類は RecipientTypeDetails パラメータによって識別されます。たとえば、会議室メールボックスは RecipientTypeDetails が ConferenceRoomMailbox に設定され、ユーザー メールボックスは RecipientTypeDetails が UserMailbox に設定されます。

このコマンドで使用できる受信者の種類の詳細を次に示します。

  • MailNonUniversalGroup
  • MailUniversalDistributionGroup
  • MailUniversalSecurityGroup

ResultSize

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

ResultSize パラメータには、返される受信者オブジェクトの最大数を指定します。

SortBy

省略可能

System.String

SortBy 属性は、結果の並べ替えに使用します。

入力の種類

戻り値の種類

エラー

エラー 説明

  

例外

例外 説明

  

次のコードは、Get-DistributionGroup コマンドの使用例です。この例では、Get-DistributionGroup コマンドが Distribution Group1 グループを取得し、このオブジェクトを Format-List コマンドにパイプ処理して、配布グループに関する情報を表示します。

Get-DistributionGroup -Identity "Distribution Group1" | Format-List

参照している情報が最新であることを確認したり、他の Exchange Server 2007 ドキュメントを見つけたりするには、Exchange Server TechCenter を参照してください。