COUNT_BIG (Transact-SQL)

グループ内の項目数を返します。COUNT_BIG は COUNT 関数と同じように動作します。2 つの関数の違いは、戻り値のデータ型だけです。COUNT_BIG は常に bigint 型の値を返します。COUNT は常に int 型の値を返します。後に OVER 句が続く場合があります。

トピック リンク アイコンTransact-SQL 構文表記規則

構文

COUNT_BIG ( { [ ALL | DISTINCT ] expression } | * ) 

引数

  • ALL
    すべての値にこの集計関数を適用します。ALL は既定値です。
  • DISTINCT
    COUNT_BIG で、NULL でない一意な値の数を返します。
  • expression
    任意のデータ型のを指定します。集計関数とサブクエリは使用できません。
  • *
    すべての行をカウントし、テーブル内の行の総数を返します。COUNT_BIG(*) はパラメータをとりません。また、DISTINCT と共に使用することもできません。COUNT_BIG(*) では、この関数の定義上、特定の列についての情報は使用されないため、expression パラメータは必要ありません。COUNT_BIG(*) では、指定されたテーブルの行数が重複行も含めて返されます。各行は 1 行としてカウントされ、これには NULL 値を含む行も含まれます。

戻り値の型

bigint

解説

COUNT_BIG(*) では、グループ内の項目数が返されます。これには NULL 値と重複値も含まれます。

COUNT_BIG(ALL expression) はグループ内の各行に対して expression を評価し、非 NULL 値の数を返します。

COUNT_BIG(DISTINCT expression) はグループ内の各行に対して expression を評価し、一意の非 NULL 値の数を返します。

参照

関連項目

集計関数 (Transact-SQL)
COUNT (Transact-SQL)
int、bigint、smallint、および tinyint (Transact-SQL)
OVER 句 (Transact-SQL)

ヘルプおよび情報

SQL Server 2005 の参考資料の入手