Share via


エラー 8000 ~ 8999

エラー

重大度

イベントのログ記録

説明 (メッセージのテキスト)

8001

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。Sql Variant パラメータのメタ情報が無効です。

8002

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 0x%02X (XML) に、無効なデータベースまたはスキーマが指定されています。

8003

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。この RPC 要求に指定されたパラメータが多すぎます。最大数は %d です。

8004

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。RPC 名が無効です。

8005

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d: パラメータ名が無効です。

8006

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d: パラメータ状態フラグが無効です。

8007

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): 型 0x%02X のラージ オブジェクトのパラメータでは、チャンク形式は不適切です。

8008

16

しない

sp_execute に渡されたパラメータ数が、このハンドルを準備したときに使用したパラメータの数と異なります (%1d)。

8009

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 0x%02X が不明です。

8010

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): RPC はメタデータ Unchanged フラグが設定されていますが、データ型 0x%02X は前回送信されたデータ型と異なります。

8011

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 0x%02X (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な長さが指定されています。

8012

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 0x%02X (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な有効桁数または小数点以下桁数が指定されています。

8013

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 0x%02X (sql_variant) に、無効なインスタンス長が指定されています。

8014

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 0x%02X (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な型が指定されています。

8015

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 0x%02X は型指定されていない NULL ですが、出力パラメータとして設定されています。

8016

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 0x%02X に、無効なデータ長またはメタデータ長が指定されています。

8017

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 0x%02X に、無効な有効桁数または小数点以下桁数が指定されています。

8018

16

しない

無効なパラメータ %d ('%.*ls'): データ型 0x%02X は推奨されないラージ オブジェクト (LOB) ですが、出力パラメータとして設定されています。推奨されない型は出力パラメータとしてはサポートされません。代わりに、現在のラージ オブジェクト型を使用してください。

8019

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 "0x%02X" (CLR 型) に無効なユーザー型が指定されています。

8020

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 "0x%02X" (CLR 型) に、シリアル化メタデータには無効な長さが指定されています。

8021

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 "0x%02X" (CLR 型) に無効なデータベースが指定されています。

8022

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): NULL 値が指定されました。データ型 %.*ls を NULL にすることはできません。ソース データに無効な値があるかどうかを確認してください。

8023

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): 指定した値はデータ型 %.*ls の有効なインスタンスではありません。ソース データに無効な値があるかどうかを確認してください。たとえば、小数点以下桁数が有効桁数より大きい数値型のデータは無効です。

8024

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 0x%02X (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な照合順序が指定されています。

8025

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): RPC はメタデータ Unchanged フラグが設定されていますが、データ型 0x%02X の最大長は前回送信されたものと異なります。

8026

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): RPC はメタデータ Unchanged フラグが設定されていますが、データ型 0x%02X の実際の長さは前回送信されたものと異なります。

8027

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): データ型 "0x%02X" (CLR 型) に無効なスキーマが指定されています。

8028

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ %d ("%.*ls"): 指定した長さはデータ型 %.*ls では無効です。長さが無効なソース データがあるかどうかを確認してください。たとえば、nchar 型で奇数バイトのデータ長は無効です。

8029

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) の予期しないトークンが、テーブル値パラメータの処理中に検出されました。

8030

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (XML) に、無効なデータベースまたはスキーマが指定されています。

8031

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X のラージ オブジェクトのパラメータでは、チャンク形式は不適切です。

8032

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X が不明です。

8033

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な長さが指定されています。

8034

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な有効桁数または小数点以下桁数が指定されています。

8035

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (sql_variant) に、無効なインスタンス長が指定されています。

8036

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な型が指定されています。

8037

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X に、無効なデータ長またはメタデータ長が指定されています。

8038

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X に、無効な有効桁数または小数点以下桁数が指定されています。

8039

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (CLR 型) に無効なユーザー型が指定されています。

8040

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (CLR 型) に、シリアル化メタデータには無効な長さが指定されています。

8041

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (CLR 型) に無効なデータベースが指定されています。

8042

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: NULL 値が指定されました。データ型 %.*ls を NULL にすることはできません。ソース データに無効な値があるかどうかを確認してください。

8043

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: 指定した値はデータ型 %.*ls の有効なインスタンスではありません。ソース データに無効な値があるかどうかを確認してください。たとえば、小数点以下桁数が有効桁数より大きい数値型のデータは無効です。

8044

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (sql_variant) に、型固有のメタデータには無効な照合順序が指定されています。

8045

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (CLR 型) に無効なスキーマが指定されています。

8046

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: 指定した長さはデータ型 %.*ls では無効です。長さが無効なソース データがあるかどうかを確認してください。たとえば、nchar 型で奇数バイトのデータ長は無効です。

8047

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) に 0 以外の長さのデータベース名が指定されています。テーブル値パラメータでは、データベース名が許可されていません。スキーマ名と型名だけが有効です。

8048

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) に無効なスキーマが指定されています。

8049

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) に無効な型名が指定されています。

8050

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) に無効な列数が指定されています。

8051

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) に無効な列名が指定されています。

8052

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) のタイムスタンプ列は既定の列にする必要があります。

8053

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) に無効な列フラグが指定されています。

8054

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) に、順序付けと一意性に関する無効なメタデータが指定されています。

8055

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) に、列の順序付けに関する無効なメタデータが指定されています。

8056

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) に指定されているオプションのメタデータ トークンが多すぎます。

8057

16

しない

テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型)。指定された列は、計算列または既定の列ですが、順序付けまたは一意性が設定されています。順序付けおよび一意性は、クライアントが指定したデータを格納する列だけに設定できます。

8058

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ化された文字列へのテーブル値パラメータ %d のテーブル型が定義されていません。

8059

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。パラメータ化された文字列へのテーブル値パラメータ "%.*ls" のテーブル型が定義されていません。

8060

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームが不適切です。テーブル値パラメータ %d ("%.*ls")、行 %I64d、列 %d: データ型 0x%02X (ユーザー定義テーブル型) は NULL ですが、既定値に設定されていません。NULL のテーブル値パラメータは、既定のパラメータとして送信される必要があります。

8061

16

しない

テーブル値パラメータ "%.*ls" のデータがそのパラメータのテーブル型に適合していません。

8062

16

しない

テーブル値パラメータ %d のデータがそのパラメータのテーブル型に適合していません。

8063

16

しない

着信の表形式のデータ ストリーム (TDS) リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコル ストリームによって、長さに制限のない CLR 型が送信されています。パラメータ %d ("%.*ls") が、型 %.*ls として定義されています。この型は、ダウンレベル クライアントではサポートされません。大きな CLR 型をシリアル化したデータを varbinary(max) として送信するか、クライアント ドライバを、制限のない CLR 型をサポートしているバージョンにアップグレードしてください。

8064

16

しない

パラメータ %d ([%.*ls].[%.*ls].[%.*ls]): CLR 型が存在しないか、アクセスする権限がありません。

8101

16

しない

列リストが使用されていて、IDENTITY_INSERT が ON のときに限り、テーブル '%.*ls' の ID 列に明示的な値を指定できます。

8102

16

しない

ID 列 '%.*ls' を更新できません。

8105

16

しない

'%.*ls' はユーザー テーブルではありません。SET 操作は実行できません。

8106

16

しない

テーブル '%.*ls' には ID プロパティがありません。SET 操作は実行できません。

8107

16

しない

IDENTITY_INSERT はテーブル '%.*ls.%.*ls.%.*ls' で既に ON です。テーブル '%.*ls' の SET 操作は実行できません。

8108

16

しない

SELECT INTO ステートメントを使用してテーブル '%.*ls' に ID 列を追加できません。テーブルには ID プロパティを継承する列 '%.*ls' が既に存在します。

8109

16

しない

SELECT INTO ステートメントを使用してテーブル '%.*ls' に複数の ID 列を追加しようとしました。

8110

16

しない

テーブル '%.*ls' に複数の PRIMARY KEY 制約を追加できません。

8111

16

しない

テーブル '%.*ls' の NULL 値が許可される列に PRIMARY KEY 制約を定義できません。

8112

16

しない

テーブル '%.*ls' の制約では複数のクラスタ化インデックスは追加できません。

8113

16

しない

XML データ型メソッド '%.*ls' の使用が不適切です。このコンテキストではミューテータ メソッドを使用してください。

8114

16

しない

データ型 %ls を %ls に変換中にエラーが発生しました。

8115

16

しない

%ls をデータ型 %ls に変換中に、算術オーバーフロー エラーが発生しました。

8116

16

しない

引数のデータ型 %ls は %ls 関数の引数 %d では無効です。

8117

16

しない

オペランドのデータ型 %ls は %ls 演算子では無効です。

8118

16

しない

列 '%.*ls.%.*ls' は選択リスト内では無効です。この列は集計関数に含まれておらず、GROUP BY 句も存在しません。

8119

16

しない

列 '%.*ls.%.*ls' は HAVING 句内では無効です。この列は集計関数に含まれておらず、GROUP BY 句も存在しません。

8120

16

しない

列 '%.*ls.%.*ls' は選択リスト内では無効です。この列は集計関数または GROUP BY 句に含まれていません。

8121

16

しない

列 '%.*ls.%.*ls' は HAVING 句内では無効です。この列は集計関数または GROUP BY 句に含まれていません。

8123

16

しない

相関式は、GROUP BY 句以外では無効です。

8124

16

しない

外部参照を含む集計式で複数の列が指定されました。集計される式が外部参照を含むときは、その外部参照は式内の列参照だけにしてください。

8125

16

しない

外部参照を含む集計式は、選択リストまたはクエリの HAVING 句のサブクエリに含まれている必要があります。このときクエリには、集計される列を含むテーブルが指定された FROM 句が必要です。

8126

16

しない

列 "%.*ls.%.*ls" は ORDER BY 句では無効です。この列は、集計関数に含まれておらず、GROUP BY 句も存在しません。

8127

16

しない

列 ""%.*ls.%.*ls" は ORDER BY 句では無効です。この列は集計関数または GROUP BY 句に含まれていません。

8128

10

する

'%s' バージョン '%s' を使用して拡張ストアド プロシージャ '%s' を実行します。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

8129

16

しない

新しいディスク サイズは必ず %d よりも大きくなります。DBCC SHRINKDB の使用を検討してください。

8131

10

する

拡張ストアド プロシージャ DLL '%s' では、__GetXpVersion() がエクスポートされません。詳細については、マニュアルの「旧バージョンとの互換性の詳細 (レベル 1) - Open Data Services (Backward Compatibility Details (Level 1) - Open Data Services)」を参照してください。

8132

10

する

拡張ストアド プロシージャ DLL '%s' では、DLL のバージョンが %d.%d と報告されています。必要なバージョンは %d.%d です。

8133

16

しない

CASE で指定するすべての結果式は NULL にはできません。

8134

16

しない

0 除算エラーが発生しました。

8135

16

しない

テーブル '%.*ls' のテーブル レベル制約では列リストが指定されていません。

8136

16

しない

テーブル '%.*ls' の %ls 制約キー リストに重複する列が指定されました。

8137

16

しない

XML データ型メソッド '%.*ls' の使用が不適切です。このコンテキストではミューテータ以外のメソッドを使用してください。

8138

16

しない

テーブル '%.*ls' で、外部キー列リストに 17 個以上の列が指定されました。

8139

16

しない

テーブル '%.*ls' で、外部キーの参照先の列数が参照元の列数と一致しません。

8140

16

しない

テーブル '%.*ls' の列レベル %ls 制約で、複数のキーが指定されました。

8141

16

しない

列 '%.*ls' の列 %ls 制約では、他の列 (テーブル '%.*ls') が参照されています。

8143

16

しない

パラメータ '%.*ls' が複数回指定されました。

8144

16

しない

プロシージャまたは関数 %.*ls に指定された引数が多すぎます。

8145

16

しない

%.*ls はプロシージャ %.*ls のパラメータではありません。

8146

16

しない

プロシージャ %.*ls には引数が不要ですが、指定されました。

8147

16

しない

テーブル '%.*ls' で、NULL 値を許可する列 '%.*ls' に IDENTITY 属性を作成できませんでした。

8148

16

しない

テーブル '%.*ls' で、複数の列 %ls 制約が列 '%.*ls' に指定されています。

8149

16

しない

OLE オートメーション オブジェクトはファイバ モードではサポートされません。

8150

16

しない

テーブル '%.*ls' で、複数の NULL 制約が列 '%.*ls' に指定されました。

8151

16

しない

PRIMARY KEY 制約と UNIQUE 制約の両方がテーブル '%.*ls' の列 '%.*ls' で定義されました。許可されるのは 1 つだけです。

8152

16

しない

文字列データまたはバイナリ データが切り捨てられます。

8153

10

しない

警告: NULL 値は集計またはその他の SET 演算で削除されました。

8154

15

しない

テーブル '%.*ls' はあいまいです。

8155

15

しない

'%.*ls' の列 %d に列名が指定されませんでした。

8156

15

しない

列 '%.*ls' が '%.*ls' に複数回指定されました。

8158

15

しない

'%.*ls' には、列リストよりも多くの列が指定されています。

8159

15

しない

'%.*ls' には、列リストよりも少ない列しか指定されていません。

8160

15

しない

GROUPING 関数または GROUPING_ID 関数は、GROUP BY 句がある場合にだけ指定できます。

8161

15

しない

%.*ls 関数の引数 %d が、GROUP BY 句の式と一致しません。

8162

16

しない

仮引数 "%.*ls" は OUTPUT 引数として宣言されませんでしたが、実引数によって要求された出力に渡されました。

8164

16

しない

INSERT EXEC ステートメントは入れ子にはできません。

8165

16

しない

サブコマンド値 %d が無効です。正しい範囲は %d から %d までです。

8166

16

しない

制約名 '%.*ls' は許可されません。制約名を番号記号 (#) で始めることはできません。

8167

16

しない

列 "%.*ls" の型が、UNPIVOT リストで指定されている他の列の型と競合しています。

8168

16

しない

このコンテキストでは、'%.*ls' という名前の制約、列、またはトリガを 2 つ以上作成、削除、有効化、または無効化することができません。重複した名前は許可されていません。

8169

16

しない

文字列から uniqueidentifier に変換中、変換に失敗しました。

8170

16

しない

uniqueidentifier 値を CHAR に変換した結果を格納する領域が不足しています。

8171

16

しない

オブジェクト '%.*ls' のヒント '%ls' が無効です。

8172

16

しない

XML データ型メソッド "%.*ls" の引数 %d は、文字列リテラルにしてください。

8173

15

しない

XML データ型メソッド '%.*ls' の呼び出しに使用された構文が不適切です。

8174

16

しない

ハンドル %d のスキーマ ロックが見つかりません。

8175

10

しない

テーブル %.*ls が見つかりませんでした。後でこのテーブル名の解決を試行します。

8176

16

しない

プロシージャの再同期にはキー '%.*ls' の値が必要ですが、指定されませんでした。

8177

16

しない

集計関数または GROUP BY 句のいずれかに含まれていない列は、%hs 句内で使用できません。

8178

16

しない

パラメータ化クエリ '%.*ls' に必要なパラメータ '%.*ls' が指定されていません。

8179

16

しない

ハンドル %d の準備されたステートメントが見つかりませんでした。

8180

16

しない

ステートメントを準備できませんでした。

8181

16

しない

'%.*ls' のテキストがシステム カタログにありません。このオブジェクトを使用するには、いったん削除し、再作成する必要があります。

8183

16

しない

CHECK 制約、FOREIGN KEY 制約、および NOT NULL 制約で計算列の保存が必要な場合、計算列には UNIQUE 制約または PRIMARY KEY 制約だけを作成できます。

8184

16

しない

バイナリのチェックサムでエラーが発生しました。バイナリのチェックサム入力には比較できる列がありません。

8185

16

しない

"*" の展開エラー: 基になるテーブルまたはビューに比較できない列が見つかりました。

8186

16

しない

関数 '%.*ls' は、ユーザー テーブルおよびシステム テーブルだけで使用できます。

8187

16

する

準備されたハンドル %d は、現在、別のコマンドによって使用されています (エラー状態: %d)。

8188

16

しない

アセンブリ "%.*ls" のアセンブリの型 "%.*ls" には SQL 型が既に存在します。指定されたアセンブリの型には SQL の型を 1 つだけマップできます。CREATE TYPE は失敗します。

8189

16

しない

'%ls' の実行権限がありません。

8190

16

しない

フィルタ選択されるテーブルを定義せずに、レプリケーション フィルタ プロシージャをコンパイルすることはできません。

8191

16

しない

レプリケーション フィルタ プロシージャには、SELECT、GOTO、IF、WHILE、RETURN、および DECLARE ステートメントだけを指定できます。

8192

16

しない

レプリケーション フィルタ プロシージャにはパラメータは指定できません。

8193

16

しない

FOR REPLICATION が指定されたプロシージャは実行できません。

8195

16

しない

"%.*ls" に "%.*ls" を作成できません。Insert トリガ、Update トリガ、および Delete トリガはユーザー テーブルとビューだけに作成できます。

8196

16

しない

ROWGUIDCOL で重複した列が指定されました。

8197

16

しない

オブジェクト '%.*ls' が存在しないか、この操作では無効です。

8199

16

しない

EXECUTE <procname> で、procname にはリテラルまたは CHAR、VARCHAR、NCHAR、NVARCHAR 型の変数だけを指定できます。

8301

10

しない

プロシージャ sp_addextendedproperty、sp_updateextendedproperty、sp_dropextendedproperty、およびテーブル値関数 fn_listextendedproperty で、値 'USER' が設定された level0type を使用することは推奨されません。今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。ユーザーはスキーマのスコープが設定されるようになるので、USER の拡張プロパティには、値 'SCHEMA' が設定された level0type および値 'USER' が設定された level1type を使用してください。

8302

10

しない

CREATE RULE および DROP RULE は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業では CREATE RULE および DROP RULE の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりにチェック制約を使用してください。チェック制約は、CREATE TABLE または ALTER TABLE の CHECK キーワードを使用して作成されます。

8303

10

しない

CREATE DEFAULT および DROP DEFAULT は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業では CREATE DEFAULT および DROP DEFAULT の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、ALTER TABLE または CREATE TABLE の DEFAULT キーワードを使用して作成される既定の定義を使用してください。

8304

10

しない

INDEXKEY_PROPERTY は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、sys.index_columns を使用してください。

8305

10

しない

TEXT IN ROW 機能は今後のバージョンの SQL Server で削除される予定です。新しい開発作業では SP_TABLEOPTION で TEXT IN ROW オプションを使用するのを避け、現在 TEXT IN ROW オプションを使用しているアプリケーションの変更を検討してください。大きなデータを格納するには、varchar(max)、nvarchar(max)、および varbinary(max) データ型を使用することをお勧めします。

8306

10

しない

プロシージャ sp_addextendedproperty、sp_updateextendedproperty、sp_dropextendedproperty、およびテーブル値関数 fn_listextendedproperty で、値 'TYPE' が設定された level0type を使用することは推奨されません。今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。型はスキーマのスコープが設定されるようになるので、TYPE の拡張プロパティには、値 'SCHEMA' が設定された level0type および値 'TYPE' が設定された level1type を使用してください。

8307

10

しない

FILE_ID は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、FILE_IDEX を使用してください。

8308

10

しない

USER_ID は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、DATABASE_PRINCIPAL_ID を使用してください。

8310

16

しない

名前付きファイル マッピング オブジェクト '%ls' を作成する (開く) ことができません。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。

8311

16

しない

ファイル マッピング オブジェクト '%ls' のビューを SQL Server プロセスのアドレス空間にマップできません。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。

8312

16

しない

名前付きミューテックス '%ls' を作成する (開く) ことができません。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。

8313

16

しない

SQL Server のパフォーマンス オブジェクトおよびパフォーマンス カウンタのインデックスをオブジェクト名やカウンタ名にマッピング中に、エラーが発生しました。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。

8314

16

しない

SQL Server パフォーマンス オブジェクト '%ls' がレジストリに見つかりません。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。

8315

16

しない

SQL Server パフォーマンス カウンタ '%ls' がレジストリに見つかりません。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。

8316

16

しない

レジストリ キー 'HKLM\%ls' を開けません。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。

8317

16

しない

レジストリ キー 'HKLM\%ls' に関連付けられている値 '%ls' をクエリできません。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。

8318

16

しない

パフォーマンス カウンタの初期化中に、仮想メモリの割り当てエラーが発生しました。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。

8319

16

しない

Windows カーネル オブジェクト '%ls' は既に存在しています。このオブジェクトは SQL Server サービス アカウントによって所有されていません。SQL Server パフォーマンス カウンタが無効です。

8320

10

しない

@@REMSERVER は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、リンク サーバーとリンク サーバー ストアド プロシージャを使用してください。

8350

10

しない

ステートメント ('%.*ls') の対象のテーブルで、UPDATE ステートメントまたは DELETE ステートメントの FROM 句内に NOLOCK ヒントまたは READUNCOMMITTED ヒントを使用することは推奨されません。これらのヒントをこの位置で使用しても効果はありません。このステートメントからこれらのヒントを削除することをお勧めします。この位置でのこれらのヒントの使用は、今後のバージョンの SQL Server ではサポートされなくなります。

8351

16

する

無効なパラメータを指定してイベントが登録されたので、トレース制御要求を処理できませんでした。パラメータが有効範囲内であることを確認してください。

8352

16

する

要求されたトレース テンプレートが見つかりません。id = %ls。

8353

16

する

Event Tracing for Windows を起動できませんでした。%ls。Event Tracing for Windows を有効にするには、SQL Server を再起動してください。

8354

16

する

Event Tracing for Windows でイベントを送信できませんでした。同じエラー コードの送信エラーは今後報告されない可能性があります。エラー ID: %d、イベント クラス ID: %d、原因: %ls。

8355

16

する

サーバー レベルのイベント通知を配信できません。Service Broker が MSDB で無効になっているか、MSDB を起動できませんでした。他のデータベースのイベント通知も影響を受ける可能性があります。MSDB をオンラインにするか、Service Broker を有効にしてください。

8356

16

する

Event Tracing for Windows (ETW) はイベントを送信できませんでした。サーバーでメモリが不足しています。同じ送信失敗は今後報告されない可能性があります。

8357

16

する

Event Tracing for Windows (ETW) はイベントを送信できませんでした。リソースが不足している可能性があります。同じ送信失敗は今後報告されない可能性があります。

8358

16

する

Event Tracing for Windows (ETW) はイベントを送信できませんでした。イベント メッセージ サイズが制限を超えています。同じ送信失敗は今後報告されない可能性があります。

8359

16

する

SQL トレースはイベント通知を送信できませんでした。サーバーでメモリが不足しています。同じ送信失敗は今後報告されない可能性があります。

8360

16

する

SQL トレースはイベント通知を送信できませんでした。リソースが不足している可能性があります。同じ送信失敗は今後報告されない可能性があります。

8379

10

しない

古い形式の RAISERROR (形式: RAISERROR 整数文字列) は、次のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業では、古い形式の RAISERROR の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションでは、新しい形式の RAISERROR を使用するように変更することを検討してください。

8380

10

しない

SQLOLEDB はサポートされなくなったプロバイダです。リンク サーバー '%.*ls' を使用している SQL Server に接続する場合は、SQL Native Client (SQLNCLI) を使用してください。

8381

10

しない

SQLOLEDB はサポートされなくなったプロバイダです。SQL Server へのアドホック接続には SQL Native Client (SQLNCLI) を使用してください。

8382

10

しない

WITH キーワードを使用せずにテーブル ヒントを指定することは推奨されない機能で、今後のバージョンでは削除される予定です。

8383

10

しない

HOLDLOCK をかっこで囲まずにテーブル ヒントとして指定することは推奨されない機能であり、次のバージョンの SQL Server では削除される予定です。

8384

10

しない

スペースを使用してテーブル ヒントを区切ることは推奨されない機能です。今後のバージョンでは削除される予定です。個別のテーブル ヒントはコンマを使用して区切ってください。

8385

10

しない

集計インデックス付きビューの選択リストには、互換性モードが 90 以上の場合、count_big(*) を含めてください。

8386

10

しない

INSERT の対象になるテーブルでヒント "%.*ls" を使用することは推奨されません。今後のバージョンの SQL Server で削除される可能性があります。INSERT ステートメントを変更して、このヒントを削除してください。

8387

10

しない

ビュー経由で複数ステートメントのテーブル値関数 (TVF) を呼び出す、テーブル ヒントの間接アプリケーションは、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。ビュー "%.*ls" への参照のヒントを削除してください。このビューは、複数ステートメントの TVF を参照しています。

8388

10

しない

トリガから結果を返す機能は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。

8389

10

しない

ALL 権限は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの権限の使用を避け、現在この権限を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。

8390

10

しない

関数呼び出し構文 '::' は、今後のバージョンの SQL Server で削除される予定です。この構文を "sys." に置き換えてください。

8391

10

しない

DROP INDEX で 2 部構成の名前を使用しないでください。DROP INDEX の新しい構文は <1p-name> ON {<3p-table-name> | <3p-view-name>} です。

8393

10

しない

データ型が timestamp の場合に列名を指定しない機能は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。

8394

10

しない

推奨されないインデックス オプションの構文の使用。推奨されないリレーショナル インデックス オプションの構文構造は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの構文構造の使用を避け、現在この構造を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。

8396

10

しない

%ls は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、%ls を使用してください。

8397

10

しない

TEXT、NTEXT、および IMAGE データ型は今後のバージョンの SQL Server で削除される予定です。新しい開発作業ではこれらのデータ型の使用を避け、現在これらのデータ型を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。代わりに、varchar(max)、nvarchar(max)、および varbinary(max) データ型を使用してください。

8398

10

しない

2 つ以上の部分で構成される列名は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。

8399

10

しない

%ls は、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。新しい開発作業ではこの機能の使用を避け、現在この機能を使用しているアプリケーションの変更を検討してください。

8401

16

しない

このメッセージを配信できませんでした。データベース ID %i の ID %i の対象ユーザーには、キュー '%.*ls' から受信する権限がありません。

8402

16

しない

ステートメントの '%S_MSG' のデータ型は %s である必要があります。%s データ型は許可されません。

8403

16

しない

メッセージ型 '%.*ls' は複数回指定されています。重複するメッセージ型を削除してください。

8404

16

しない

サービス コントラクト '%.*ls' は複数回指定されています。重複するサービス コントラクトを削除してください。

8405

16

しない

キューを無効にしているときに、Service Broker キュー ロールバック ハンドラでエラーが発生しました。データベース ID: %d、キュー ID: %d、エラー: %i、状態: %i。

8406

16

しない

ダイアログの有効期間には NULL を指定できません。ダイアログの有効期間に %d ~ %d の有効な値を指定してください。

8407

16

しない

無効なヘッダー フィールドが含まれたメッセージを受信しました。ネットワークに問題があるか、Service Broker のエンドポイントに別のアプリケーションが接続されている可能性があります。

8408

16

しない

対象のサービス '%.*ls' ではコントラクト '%.*ls' がサポートされていません。

8409

16

しない

このメッセージを配信できませんでした。対象となるサービスではサービス コントラクトがサポートされていません。対象となるサービス: '%.*ls'、サービス コントラクト: '%.*ls'。

8410

16

しない

メッセージ交換タイマは、メッセージ交換の有効期間を超えて設定できません。

8411

16

しない

ダイアログの有効期間値 %d は、許容範囲 (%d ~ %d) 内にありません。有効なダイアログ有効期間値を指定してください。

8412

16

しない

サービス名 '%.*ls' の構文が無効です。

8413

16

しない

ブローカ インスタンス '%.*ls' の構文が無効です。指定したブローカ インスタンスが長すぎます。最大サイズは 256 バイトです。

8414

16

しない

このコンテキストでは、メッセージ交換グループ ID '%.*ls' は無効です。別のメッセージ交換グループ ID を指定してください。

8415

16

しない

アクティブなタスクが中止されました。呼び出されたストアド プロシージャ '%ls' が、開始した 1 つ以上のトランザクションで COMMIT または ROLLBACK を発行しませんでした。

8417

16

しない

サービス コントラクト名が NULL です。サービス コントラクト名を指定してください。

8418

16

しない

メッセージ交換ハンドルが存在しません。メッセージ交換ハンドルを指定してください。

8419

16

しない

END CONVERSATION WITH ERROR にはエラー コードと説明の両方を提供してください。どちらの値も NULL にすることはできません。

8420

16

しない

メッセージ交換グループが存在しません。メッセージ交換グループを指定してください。

8421

16

しない

サービス名がありません。サービス名を指定してください。

8422

16

しない

エラーの説明がありません。エラーの説明を指定してください。

8423

16

しない

サービス "%.*ls" が見つかりません。

8424

16

しない

エラー コードとエラーの説明がありません。エラー コードとエラーの説明の両方を指定してください。

8425

16

しない

サービス コントラクト '%.*ls' が見つかりません。

8426

16

しない

メッセージ交換ハンドル "%.*ls" が見つかりません。

8427

16

しない

メッセージ交換のエンドポイントが、END CONVERSATION には有効な状態ではありません。現在のエンドポイントの状態は '%ls' です。

8428

16

しない

メッセージ型 "%.*ls" が見つかりません。

8429

16

しない

メッセージ交換のエンドポイントが、SEND には有効な状態ではありません。現在のエンドポイントの状態は '%ls' です。

8430

16

しない

メッセージ本文は構成された検証に失敗しました。

8431

16

しない

メッセージ型 '%.*ls' はサービス コントラクトの一部ではありません。

8432

16

しない

メッセージを送信できません。メッセージ型 '%.*ls' はコントラクトで SENT BY TARGET に設定されていますが、このサービスは発信側です。

8433

16

しない

メッセージ本文は NULL にできません。長さ 0 の UNICODE またはバイナリ文字列は許可されます。

8434

16

しない

メッセージを送信できません。メッセージ型 '%.*ls' はコントラクトで SENT BY INTITIATOR に設定されていますが、このサービスは送信先です。

8436

16

しない

メッセージ交換グループ "%.*ls" が見つかりません。

8437

16

しない

受信したメッセージは対象のサービスから送信されましたが、メッセージ型 '%.*ls' はコントラクトで SENT BY INITIATOR に設定されています。

8438

16

しない

メッセージ交換のエンドポイントが、MOVE CONVERSATION には有効な状態ではありません。現在のエンドポイントの状態は '%ls' です。

8439

16

しない

対象のメッセージ交換グループ '%.*ls' は無効です。

8440

23

する

メッセージ交換グループは存在しますが、キューが存在しません。データベースが壊れている可能性があります。DBCC CHECKDB を実行してください。

8442

16

しない

データベースにアクティブな Service Broker が存在しません。Service Broker を含むデータベース コンテキストに変更してください。

8443

23

する

ID '%.*ls' のメッセージ交換と発信側: %d は存在しないメッセージ交換グループ '%.*ls' を参照しています。DBCC CHECKDB を実行して、データベースを分析し、修復してください。

8444

23

する

サービス キューの構造に一貫性がありません。データベースが壊れている可能性があります。DBCC CHECKDB を実行してください。

8445

16

しない

メッセージ交換ハンドル '%ls' が無効なメッセージ交換 ID '%ls'、発信側: %d を参照しています。

8447

16

しない

変数に値を代入する RECEIVE ステートメントを、データ取得操作と組み合わせることはできません。

8450

16

しない

RECEIVE プロジェクションでは INTO 句と組み合わせた代入は許可されません。

8457

16

しない

受信したメッセージはメッセージ交換の発信側から送信されましたが、メッセージ型 '%.*ls' はコントラクトで SENT BY TARGET として設定されています。

8458

16

しない

メッセージ交換のエンドポイントが、BEGIN CONVERSATION TIMER には有効な状態ではありません。現在のエンドポイントの状態は '%ls' です。

8459

16

しない

ヘッダー情報を含むメッセージのサイズが、最大許容値 %d を超えています。

8460

16

しない

ID '%ls' のメッセージ交換エンドポイントと is_initiator: %d は無効なメッセージ交換ハンドル '%ls' を参照しています。

8461

23

する

Service Broker の内部エラーが検出されました。データベースが壊れている可能性があります。DBCC CHECKDB を実行してください。

8462

16

しない

メッセージ交換のリモート エンドポイントが、これ以上メッセージを交換できない状態か、または削除されています。

8463

16

しない

メッセージをマーシャリング中にメッセージ本文を読み取れませんでした。このメッセージは、別の問題が発生する可能性があることを意味します。関連するメッセージについて、SQL Server エラー ログおよび Windows イベント ログを確認し、基になる問題を解決してください。問題が解決しない場合は、データベースが壊れている可能性があります。データベースを復旧するには、クリーン バックアップからデータベースを復元してください。クリーン バックアップを使用できない場合は、DBCC CHECKDB の実行を検討してください。DBCC CHECKDB では、データベースの修復のためにデータが削除される場合があることに注意してください。

8468

16

しない

基になるサービスが変更されました。

8469

16

しない

リモート サービスが変更されました。

8470

16

しない

リモート サービスが削除されました。

8471

16

しない

Service Broker/データベース ミラーリング トランスポートの操作中に、SNI 呼び出しが失敗しました。SNI エラー '%ls'。

8472

16

しない

リモート サービスは、無効なヘッダー フィールドを含むメッセージを送信しました。

8475

16

しない

ID '%ls' のメッセージ交換エンドポイントと is_initiator: %d が削除されました。

8477

16

しない

Service Broker の内部エラーが発生しました (エラー = 0x%08x.x)。このエラーは、SQL Server の重大な問題を示しています。SQL Server エラー ログと Windows イベント ログで、ハードウェアに問題がある可能性を示す情報を確認してください。データベースが壊れている可能性があります。データベースを復旧するには、クリーン バックアップからデータベースを復元してください。クリーン バックアップを使用できない場合は、DBCC CHECKDB の実行を検討してください。DBCC CHECKDB では、データベースの修復のためにデータが削除される場合があることに注意してください。

8479

16

しない

フェールポイント シミュレーションのテストで使用されます。

8487

16

しない

リモート サービス コントラクトは削除されました。

8489

16

しない

指定されたダイアログの有効期間が切れました。

8490

16

しない

リモート サービス '%.*ls' が存在しないので、見つけることができません。

8492

16

しない

サービス コントラクト '%.*ls' には、SENT BY INITIATOR または ANY のメッセージが少なくとも 1 つ含まれている必要があります。

8493

16

しない

サービス '%.*ls' の変更により、キューまたは少なくとも 1 つのコントラクトを変更する必要があります。

8494

16

しない

サービス '%.*ls' へのアクセス権限がありません。

8495

16

しない

メッセージ交換では、このサービスの別のインスタンスから既に受信確認を受け取りました。

8498

16

しない

リモート サービスで送信されたメッセージの型 '%.*ls' は、ローカル コントラクトの一部ではありません。

8499

16

しない

リモート サービスで送信されたメッセージ本文の型 '%.*ls' は、メッセージ本文のエンコード形式に一致しません。この現象は、メッセージ交換 ID '%.*ls'、発信側: %d、およびメッセージ シーケンス番号: %I64d のメッセージで発生しました。

8501

16

しない

サーバー '%.*ls' の MSDTC は使用できません。

8502

20

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) から不明なトークン '0x%x' を受け取りました。

8504

20

する

このトランザクションのインポート バッファは有効ではありません。

8506

20

する

トランザクション状態を %hs から %hs に変更できません。要求された変更は有効ではありません。

8508

10

しない

"%ls" の QueryInterface が失敗しました: %ls。

8509

20

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) トランザクションをインポートできませんでした: %ls。

8510

20

する

参加操作に失敗しました: %ls。SQL Server では、このトランザクションのリソース マネージャとして Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) に登録できませんでした。トランザクションは、クライアントまたはリソース マネージャによって停止された可能性があります。

8511

16

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) から不明な分離レベル 0x%x が要求されました。

8512

20

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) COMMIT TRANSACTION を確認できませんでした: %hs。

8513

20

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) END TRANSACTION を確認できませんでした: %hs。

8514

20

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) PREPARE を確認できませんでした: %hs。

8515

20

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) グローバル状態が無効です。

8517

20

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) PREPARE 情報 %ls を取得できませんでした。

8518

16

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) BEGIN TRANSACTION が失敗しました: %ls。

8519

16

しない

リモート クライアントで、現在の Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) トランザクションをコミットする必要があります。

8520

16

する

内部 Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) トランザクションのコミットに失敗しました: %ls。

8521

20

する

このアクティブになる状態は有効ではありません: %hs ではスリープ状態で、%hs ではアクティブになります。

8522

20

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) により、このトランザクションが停止されました。

8523

15

しない

PREPARE TRAN ステートメントは MSDTC トランザクションでは許可されません。

8524

16

しない

現在のトランザクションをリモート プロバイダにエクスポートできません。ロールバックされました。

8525

16

しない

分散トランザクションが完了しました。このセッションを新規トランザクションまたは NULL トランザクションのいずれかに参加させます。

8526

16

しない

セッションが、アクティブな savepoint を含む分散トランザクションに参加しているときに、そのセッションをリモートにできません。

8527

16

する

分散トランザクションのエクスポート トークンの作成が、エラー %ls で失敗しました。Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) のシステム管理者に問い合わせてください。

8528

16

しない

カーネル トランザクション マネージャ (KTM) トランザクションのコミットに失敗しました: %d。

8529

16

しない

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) のトランザクション 0x%x から、カーネル トランザクション マネージャ (KTM) のトランザクション ハンドルを抽出できません。

8530

16

する

Windows カーネル トランザクション マネージャを作成できませんでした: 0x%x。

8531

16

する

Windows カーネル トランザクション マネージャで参加を行えませんでした: 0x%08x。

8532

20

しない

カーネル トランザクション マネージャ (KTM) %d からリソース マネージャ通知を読み取り中に、エラーが発生しました。

8533

20

しない

カーネル トランザクション マネージャ (KTM) %d からの通信を待機中に、エラーが発生しました。

8534

21

しない

このデータベースの KTM RM、%ls を起動できませんでした: %d。

8535

16

する

Windows トランザクション ファイル システムでの savepoint 操作に失敗しました: 0x%x。

8536

16

する

FILESTREAM 操作では、1 つの DB の更新だけを実行できます。

8537

16

しない

このトランザクションは、カーネル トランザクション マネージャ (KTM) により中止されました。

8538

16

しない

現在の分離レベルは、FILESTREAM 0x%x でサポートされていません。

8539

10

する

UOW %ls の分散トランザクションは強制コミットされました。MS DTC が一時的に使用できなくなり、トランザクションは帰納的に解決されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

8540

10

する

UOW %ls の分散トランザクションは強制的にロールバックされました。

8541

10

する

システム プロセス ID %d により、作業単位 ID %ls の分散トランザクションの終了が試行されました。このメッセージは、クライアントが分散トランザクションで KILL ステートメントを実行すると表示されます。

8542

10

する

Spid %d は、UOW %ls で分散トランザクションをコミットしようとしました。

8543

10

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) から、準備されたトランザクションをコミットできません。リソース マネージャ (RM) の復旧を開始するために、サーバーをシャットダウンしています。RM 復旧時に、状態が不明なトランザクションの結果がトランザクション マネージャに照会され、それに応じてコミットまたはロールバックが実行されます。

8544

10

する

2 フェーズ コミット トランザクションでコミットの状態が不明です。サーバーをシャットダウンしています。サーバーを再起動して、復旧を完了してください。

8545

10

する

rm_resolve の Reenlist 呼び出しに不明な状態 '%d' があります。

8546

10

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) ライブラリを読み込めません。このエラーは MS DTC がインストールされていないことを示します。続行するには、MS DTC をインストールしてください。

8547

10

する

リソース マネージャの作成に失敗しました: %ls

8548

10

する

DTC は使用できないので、初期化されませんでした

8549

10

する

GetWhereaboutsSize 呼び出しが失敗しました: %ls

8550

10

する

トランザクション マネージャのアドレスが無効なので、MS DTC の初期化に失敗しました。アドレス情報の送信に使用しているプロトコル要素が大きすぎる可能性があります。ネットワーク プロトコル アナライザから原因の詳細情報を入手できる場合があります。ご使用のアプリケーションのご購入元またはマイクロソフト製品サポートに問い合わせてください。

8551

16

しない

CoCreateGuid が失敗しました。%ls。

8552

20

しない

\"%ls\" の RegOpenKeyEx が失敗しました: %ls。

8553

20

しない

\"%hs\" の RegQueryValueEx が失敗しました: %ls。

8554

20

しない

%hs (%ls) の IIDFromString が失敗しました。

8555

10

する

RegCloseKey が失敗しました: %ls

8556

10

する

メモリ不足により、Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) を初期化できませんでした。利用可能なメモリを増やすため、必要に応じてサーバー構成オプションを変更してください。

8557

10

しない

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) サービスにアクセスできませんでした。分散トランザクション機能が必要な場合は、このサービスを開始してください。

8558

20

する

\"%hs\" の RegDeleteValue が失敗しました: %ls。

8560

10

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) に関連する、状態が不明な分散トランザクションを復旧しようとしています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

8561

10

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) に関連する、状態が不明な分散トランザクションの復旧が完了しました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

8562

10

する

Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) との接続が失われました。接続の再確立後に、Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) に関係する、状態が不明な分散トランザクションの復旧が開始されます。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

8563

10

する

RPCSS サービスの状態を確認中にエラーが発生しました。"%ls" の呼び出しにより、%ls が返されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

8565

16

する

SQL Server は DTC トランザクションを準備できませんでした。エラー コード: %d。

8601

17

しない

内部クエリ プロセッサ エラー: クエリ プロセッサは要求されたインターフェイスにアクセスできませんでした。

8602

16

しない

"ヒントで使用されているインデックスは、インデックス チューニング ウィザードにより明示的に含められる必要があります。

8603

16

しない

内部 DBCC REPAIR ステートメントの構文が無効です。

8604

16

しない

ALTER TABLE SWITCH ステートメントが失敗しました。テーブル '%.*ls' の列 '%.*ls' には、セマンティック検証で読み込めない列レベルのチェック制約 '%.*ls' があります

8605

10

しない

インデックス作成操作では、sp_configure 詳細オプション "min memory per query (KB)" で指定されている %ld KB のメモリが使用されます。"index create memory (KB)" オプションで指定されている %lu KB ではありません。これは、前者のオプションの方が後者のオプションよりも使用メモリが小さくなるためです。

8606

17

しない

このインデックス操作に必要なメモリは DOP あたり %I64d KB です。必要なメモリの総計 %I64d KB (%lu の DOP の場合) は、サーバーの詳細構成オプション "index create memory (KB)" に設定された sp_configure 値 %lu KB よりも大きい値になっています。この設定サイズを増やすか、DOP を減らしてから、クエリを再実行してください。

8607

16

しない

オンラインではないファイル グループに 1 つ以上の非クラスタ化インデックスが存在しているので、テーブル '%.*ls' を変更できません。

8608

16

しない

オンラインのインデックス構築操作のためにクエリを完了できませんでした。クエリを再コンパイルする必要があります。

8616

10

しない

テーブル '%.*ls' のインデックス ヒントが無視されました。このテーブルはスター結合のファクト テーブルと見なされました。

8618

16

しない

クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。作業テーブルが必要で、最小行サイズが許容最大値 %d バイトを超えています。通常、クエリに GROUP BY または ORDER BY 句が含まれている場合、作業テーブルが必要になります。クエリに GROUP BY または ORDER BY 句がある場合は、句のフィールドの数を減らすか、サイズを縮小することを検討してください。グループ化または順序付けのプレフィックスに、プレフィックス (LEFT()) またはハッシュ (CHECKSUM()) のフィールドを使用することを検討してください。ただし、これによりクエリの動作が変わることに注意してください。

8619

16

しない

クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。作業テーブルが必要で、最小行サイズが許容最大値 %d バイトを超えています。通常、クエリに GROUP BY または ORDER BY 句が含まれている場合、作業テーブルが必要になります。ROBUST PLAN ヒントを使用せずに、クエリを再実行してください。

8621

16

しない

クエリ プロセッサはクエリ最適化実行中にスタック領域不足になりました。クエリを簡単にしてください。

8622

16

しない

このクエリに定義されたヒントにより、クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。ヒントを何も指定しないで、SET FORCEPLAN を使用しないでクエリを再実行してください。

8623

16

する

クエリ プロセッサの内部リソースの不足により、クエリ プランを作成できません。これはまれなイベントで、非常に複雑なクエリ、または非常に多数のテーブルまたはパーティションを参照するクエリに限り発生します。クエリを簡単にしてください。このメッセージがエラーにより表示されたと考えられる場合、詳細についてはご購入元に問い合わせてください。

8624

16

する

内部クエリ プロセッサ エラー: クエリ プロセッサではクエリ プランを作成できませんでした。詳細については、ご購入元に問い合わせてください。

8625

10

しない

警告: ローカル結合ヒントが使用されたので、結合順序が強制設定されました。

8628

17

する

クエリの最適化を待機中にタイムアウトが発生しました。クエリを再実行してください。

8630

17

しない

内部クエリ プロセッサ エラー: クエリ プロセッサ実行中に予期しないエラーが発生しました。

8631

17

しない

内部エラー: サーバー スタックの制限に達しました。クエリを確認し、入れ子の階層が深い場合は簡素化してください。

8632

17

しない

内部エラー: Expression Service の制限に達しました。クエリを確認し、複雑な式がある場合は簡素化してください。

8633

16

しない

クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。分散クエリでは、リモート ソースの DML クエリで default を使用して途中結果を具体化することはサポートされていません。default ではなく実際の既定値を使用するか、更新を複数のステートメントに分割してください。このとき、1 つのステートメントのみに DEFAULT の割り当てが含まれ、他のステートメントに残りが含まれるようにします。

8634

17

しない

クエリ プロセッサは、クラスタ通信層からエラーを受信しました。

8635

16

しない

クエリ プロセッサは空間インデックス ヒントを含むクエリのクエリ プランを作成できませんでした。理由: %S_MSG。インデックス ヒントの削除または SET FORCEPLAN の削除を試行してください。

8636

16

しない

完全外部結合の述語にサブクエリが含まれているため、クエリ プロセッサがクエリ プランを作成できませんでした。これは、分散クエリではサポートされていません。

8637

16

しない

クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。データを変更するクエリに USE PLAN ヒントが使用されているのに対して、変更の対象となるテーブル内のインデックスが現在オンラインで構築されています。オンライン インデックス構築が完了するまで待機してからプランを強制適用するか、統計の更新、別のヒントの使用、手動によるクエリの書き直しなどの他の方法を使用してクエリをチューニングすることを検討してください。

8642

17

しない

クエリ プロセッサは、クエリの並列実行に必要なスレッド リソースを開始できませんでした。

8644

16

しない

内部クエリ プロセッサ エラー: 実行を選択されたプランでは、起動指定した実行ルーチンがサポートされません。

8645

17

する

リソース プール '%ls' (%ld) でクエリ実行のためのメモリ リソースを待機中にタイムアウトが発生しました。クエリを再実行してください。

8646

21

する

データベース '%.*ls' のテーブル %d にあるインデックス ID %d にインデックス エントリが見つかりません。指定したインデックスが壊れているか、現在の更新プランに問題があります。DBCC CHECKDB または DBCC CHECKTABLE を実行してください。問題が解決しない場合は、ご購入元に問い合わせてください。

8648

20

する

ページ サイズよりも大きな行をハッシュ テーブルに挿入できませんでした。ROBUST PLAN 最適化ヒントを使用して、クエリを再実行してください。

8649

17

しない

このクエリの見積コスト (%d) が設定されたしきい値 %d を超えたので、クエリはキャンセルされました。システム管理者に連絡してください。

8651

17

しない

要求されたメモリ許可がリソース プール '%ls' (%ld) では使用できないため、操作を実行できませんでした。クエリの再実行、クエリ負荷の軽減、またはリソース ガバナの構成設定の確認を行ってください。

8653

16

しない

オンラインではないファイル グループにテーブルが存在しているので、クエリ プロセッサはテーブルまたはビュー '%.*ls' のプランを作成できません。

8655

16

しない

インデックス '%.*ls' (テーブルまたはビュー '%.*ls) が無効になっているので、クエリ プロセッサはプランを作成できません。

8656

16

しない

クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。トレース フラグ %d を無効にしてから、クエリを再実行してください。

8657

17

しない

ワークロード グループ '%ls' (%ld) およびリソース プール '%ls' (%ld) の構成の上限を超えているため、%I64d KB のメモリ許可を取得できませんでした。サーバー管理者に問い合わせて、メモリ使用量の制限を増やしてください。

8660

16

しない

ビュー "%.*ls" にクラスタ化インデックス "%.*ls" を作成できません。ビュー定義の選択リストに、GROUP BY 句のすべての列が含まれていません。含まれていない列を選択リストに追加することを検討してください。

8661

16

しない

ビュー "%.*ls" にクラスタ化インデックス "%.*ls" を作成できません。GROUP BY 句に存在しない列がインデックス キーに含まれています。GROUP BY 句に存在しない列をインデックス キーから削除することを検討してください。

8662

16

しない

ビュー "%.*ls" にクラスタ化インデックス "%.*ls" を作成できません。ビューでは不明な値 (NULL 値が許可される式の SUM 集計) が参照されています。SUM では NULL 値が許可されない値のみを参照することを検討してください。この場合、ISNULL() が役に立ちます。

8663

16

しない

ビュー "%.*ls" にクラスタ化インデックス "%.*ls" を作成できません。選択リストに COUNT_BIG(*) が含まれていません。選択リストに COUNT_BIG(*) を追加することを検討してください。

8665

16

しない

ビュー "%.*ls" にクラスタ化インデックス "%.*ls" を作成できません。ビューの定義を満たす行がありません。ビューの定義から矛盾を削除することを検討してください。

8668

16

しない

ビュー '%.*ls' にクラスタ化インデックス '%.*ls' を作成できません。ビューの選択リストに集計関数またはグループ化列の結果の式が含まれています。選択リストから集計関数またはグループ化列の結果の式を削除することを検討してください。

8669

16

しない

インデックス付きビュー "%.*ls" をメンテナンスしようとしましたが、集計結果に式が含まれているか、順位付けまたは集計ウィンドウ関数が含まれているので失敗しました。ビューのクラスタ化インデックスの削除またはビューの定義の変更を検討してください。

8670

16

しない

クエリ オプティマイザが、最適化中に使用できるビューの最大数の内部制限に達しました。

8671

16

しない

インデックス付きビュー "%.*ls" をメンテナンスしようとしましたが、インデックス "%.*ls" の ignore_dup_key オプションが原因で失敗しました。インデックスを削除するか、または ignore_dup_key インデックス オプションを使用しないで再作成してください。

8672

16

しない

MERGE ステートメントで、同じ行に対して UPDATE または DELETE が複数回試行されました。これは、対象の行が基になる複数の行と一致する場合に発生します。MERGE ステートメントでは対象のテーブルの同じ行で複数回 UPDATE/DELETE を実行することはできません。対象の行と一致する基になる行が 1 つだけになるように ON 句を修正するか、GROUP BY 句を使用して基になる行をグループ化してください。

8673

16

しない

参照整合性制約に対して 'ON DELETE SET NULL' アクションと 'ON UPDATE CASCADE' アクション両方が開始される MERGE ステートメントは無効です。MERGE ステートメントで実行されたアクションを変更し、参照整合性制約に対してこれら両方のアクションが開始されないようにしてください。

8680

17

しない

内部クエリ プロセッサ エラー: リモート クエリ フェーズの処理中に、クエリ プロセッサで予期しないエラーが発生しました。

8682

16

しない

カーソルによる SELECT が失敗しました。USE PLAN ヒントに指定された XML プランで、Populate プランと Fetch プランがどちらも指定されていません。少なくともいずれか 1 つが必要です。プランの強制的な適用を正常に実行するには、SQL Server からキャプチャされた XML カーソル プランを変更せずに使用してください。

8683

16

しない

"クエリ プランを強制的に適用できませんでした。USE PLAN ヒントに提供された XML プラン表示に無効なスター結合の指定が含まれています。SQL Server によって作成されたまま変更していない XML プラン表示を含む、USE PLAN ヒントを指定することを検討してください。これにより、プランを強制的に適用できます。

8684

16

しない

クエリ プランが見つかりませんでした。オプティマイザが、USE PLAN ヒントで指定されたプランを検索中に許可された操作の数を超えたためです。まず最初に、USE PLAN ヒントを削除することを検討してください。次に、必要に応じて、(1) 統計の更新、(2) 他のヒント (結合ヒント、インデックス ヒント、OPTIMIZE FOR ヒントなど) の使用、(3) クエリの書き直しまたはクエリを 2 つ以上の個別のクエリに分解、という作業について検討してください。

8685

16

しない

USE PLAN に指定された XML プランに <CursorStmt> 要素がありますが、USE PLAN がカーソル以外のステートメントに適用されたので、クエリをコンパイルできません。SQL Server から取得されたステートメントの XML プランを変更せずに使用することを検討してください。

8686

16

しない

カーソル プランを強制的に適用できませんでした。入力プランに OperationType=%ls の <Operation> ノードが複数あります。SQL Server からキャプチャされた XML カーソル プランを変更せずに使用することを検討してください。

8687

16

しない

カーソル プランが失敗しました。USE PLAN ヒントで FAST_FORWARD または STATIC 以外の型のカーソルのプランを強制的に適用できない可能性があります。クエリ プランの選択に影響を与えるように、USE PLAN ヒントを削除して統計を更新するか、別のヒントを使用することを検討してください。

8688

16

しない

カーソル プランを強制的に適用できませんでした。USE PLAN に指定された XML プランで、<CursorPlan> 要素の下に必須要素 %ls がありません。SQL Server からキャプチャされた XML カーソル プランを変更せずに使用することを検討してください。

8689

16

しない

USE PLAN ヒントで指定されたデータベース '%.*ls' は存在しません。既存のデータベースを指定してください。

8690

16

しない

USE PLAN ヒントがヒント %ls と競合するので、クエリをコンパイルできません。ヒント %ls の削除を検討してください。

8691

16

しない

USE PLAN ヒントが SET %ls ON と競合するので、クエリをコンパイルできません。%ls を OFF に設定することを検討してください。

8693

16

しない

USE PLAN ヒントの XML プラン内の RelOp 要素の下にある LogicalOp = '%ls'、PhysicalOp = '%ls'、および sub_element = '%ls' の組み合わせが有効ではないので、クエリをコンパイルできません。代わりに、認識されている組み合わせを使用してください。自動的に生成される XML プランを変更せずに使用するよう検討してください。

8694

16

しない

クエリを実行できません。USE PLAN ヒントが分散クエリまたはフルテキスト操作で競合して使用されています。USE PLAN ヒントを削除することを検討してください。

8695

16

しない

USE PLAN ヒントの XML プランの形式が正しくないので、クエリを実行できません。XML プランがプランの強制適用に適した有効なプランであることを確認してください。詳細については、オンライン ブックを参照してください。

8696

16

しない

USE PLAN ヒントの XML プラン内で、NodeId が %d の親 RelOp を含む Spool 要素の形式が正しくないので、クエリを実行できません。各 Spool 要素の親 RelOp に一意の NodeId 属性が含まれており、各 Spool 要素に 1 つの RelOp サブ要素か PrimaryNodeId 属性のいずれかが含まれていることを確認してください。Spool 要素の PrimaryNodeId は、Spool サブ要素を持つ既存の RelOp の NodeId を参照する必要があります。変更されていない XML プラン表示を USE PLAN ヒントとして使用することを検討してください。

8697

16

しない

クエリを実行できません。USE PLAN に指定された XML プランでは、要素 %ls に %d %ls ノードが子ノードとして含まれている必要がありますが %d しか含まれていません。

8698

16

しない

クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした。クエリに対して有効であるかどうかを確認できなかったプランが USE PLAN ヒントに含まれています。USE PLAN ヒントを削除するか、置き換えてください。プランの強制的な適用を正常に実行するには、USE PLAN ヒントに指定されたプランが、SQL Server によって同じクエリに対して自動的に生成されたものであることを確認してください。

8699

16

しない

クエリに複数の USE PLAN ヒントが含まれているので、クエリを実行できません。USE PLAN ヒントは 1 つだけ使用してください。

8710

16

しない

CUBE、ROLLUP、または GROUPING SET クエリで使用される集計関数は、サブ集計をマージするものである必要があります。この問題を解決するには、集計関数を削除するか、または UNION ALL を GROUP BY 句に使用するクエリを記述してください。

8711

16

しない

同じスコープ内で順序付けされた複数の集計関数には、相互に互換性のない順序が指定されています。

8712

16

しない

USE PLAN ヒントで指定されたインデックス '%.*ls' は存在しません。既存のインデックスを指定するか、指定された名前のインデックスを作成してください。

8720

15

しない

クエリを実行できません。複数の TABLE HINT 句がオブジェクト '%.*ls' に指定されています。このような TABLE HINT 句は、テーブル参照ごとに 1 つまでしか使用できません。

8721

15

しない

クエリを実行できません。OPTION 句内の TABLE HINT により、オブジェクト '%.*ls' の参照があいまいになります。代わりに USE PLAN クエリ ヒントを使用することを検討してください。

8722

15

しない

クエリを実行できません。セマンティクスに影響を与えるヒント '%.*ls' が、オブジェクト '%.*ls' の '%.*ls' 句に含まれていますが、対応する '%.*ls' 句には含まれていません。セマンティクスに影響を与えるヒントが WITH 句と一致するように、OPTION (TABLE HINT...) 句を変更してください。

8723

15

しない

クエリを実行できません。オブジェクト '%.*ls' は TABLE HINT 句で指定されていますが、クエリで使用されていないか、クエリで指定されている別名と一致していません。TABLE HINT 句内のテーブル参照は、WITH 句と一致する必要があります。

8724

15

しない

クエリを実行できません。テーブル値関数または OPENROWSET 関数 '%.*ls' は、TABLE HINT 句では指定できません。

8901

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d に一貫性のないメタデータが含まれています。このエラーは修復できず、このオブジェクトの処理を続行できません。

8902

17

しない

DBCC 処理中にメモリ割り当てエラーが発生しました。

8903

16

しない

データベース ID %d のエクステント %S_PGID が、GAM %S_PGID と SGAM %S_PGID の両方で割り当てられています。

8904

16

しない

データベース ID %d のエクステント %S_PGID が、複数のアロケーション オブジェクトによって割り当てられています。

8905

16

しない

データベース ID %d のエクステント %S_PGID は GAM に割り当てられていると設定されていますが、SGAM または IAM では割り当てられていません。

8906

16

しない

データベース ID %d のページ %S_PGID が SGAM %S_PGID および PFS %S_PGID に割り当てられていますが、IAM には割り当てられていません。PFS フラグ '%hs'。

8907

16

しない

空間インデックス、XML インデックス、またはインデックス付きビュー '%.*ls' (オブジェクト ID %d) には、ビュー定義で生成されなかった行が含まれます。ただしこのことが、このデータベースのデータとの整合性の問題になっているとは限りません。インデックス付きビューで生じる DBCC エラーのトラブルシューティングの詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。

8908

16

しない

空間インデックス、XML インデックス、またはインデックス付きビュー '%.*ls' (オブジェクト ID %d) には、ビュー定義で生成された行の一部が含まれていませんただしこのことが、このデータベースのデータとの整合性の問題になっているとは限りません。空間インデックス、XML インデックス、およびインデックス付きビューの DBCC エラーのトラブルシューティングの詳細については、SQL Server オンライン ブックを参照してください。

8909

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ ID %S_PGID のページ ヘッダー内に無効な PageId が含まれています。ページ ヘッダー内のページ = %S_PGID。

8910

16

しない

データベース ID %d のページ %S_PGID が、オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) と、オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) の両方に割り当てられています。

8911

10

しない

エラーは修復されました。

8912

10

しない

%.*ls により、データベース '%ls' で %d 個のアロケーション エラーと %d 個の一貫性エラーが解決されました。

8913

16

しない

エクステント %S_PGID は、'%ls' と、少なくとも 1 つの他のオブジェクトに割り当てられています。

8914

10

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) のページ %S_PGID の PFS 空き領域情報が不適切です。予想値 %hs、実際の値 %hs。

8915

10

しない

ファイル %d (混合エクステント数 = %I64d、混合ページ数 = %I64d)。

8916

10

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、データ エクステント数 %I64d、ページ数 %I64d、混合エクステント ページ数 %I64d。

8917

10

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、インデックス エクステント数 %I64d、ページ数 %I64d、混合エクステント ページ数 %I64d。

8918

10

しない

このデータベースの (混合エクステント数 = %I64d、混合ページ数 = %I64d)。

8919

16

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls): ヘッダーのレコード数 (%d) が、ページ %S_PGID で見つかったレコード数 (%d) と一致しません。

8920

16

しない

ユーザー トランザクション内では、%ls 操作は実行できません。トランザクションを終了後、ステートメントを再実行してください。

8921

16

しない

確認を終了しました。情報の収集中にエラーが発生しました。tempdb の領域が不足しているか、システム テーブルの一貫性が損なわれている可能性があります。以前に発生したエラーを調べてください。

8922

10

しない

このエラーを修復できませんでした。

8923

10

しない

DBCC ステートメントの修復レベルにより、この修復は行われませんでした。

8924

10

しない

このエラーを修復する前に、他のエラーを修正する必要があります。

8925

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト間のリンケージ。オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) のページ %S_PGID、スロット %d が、オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) のページ %S_PGID、スロット %d を参照しています。

8926

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト間のリンケージ: オブジェクト %d、インデックス %d、パーティション %I64d、AU %I64d (%.*ls) の親ページ %S_PGID、スロット %d と、オブジェクト %d、インデックス %d、パーティション %I64d、AU %I64d (%.*ls) のページ %S_PGID->next が、ページ %S_PGID を参照していますが、これらは同じオブジェクト内には存在しません。

8927

16

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls): ヘッダーの非実体レコード数 (%d) が、ページ %S_PGID で見つかった非実体レコード数 (%d) と一致しません。

8928

16

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls): ページ %S_PGID を処理できませんでした。詳細については、他のエラーを参照してください。

8929

16

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls): %.*ls で識別される %ls レコードが所有する ID %I64d の行以外のデータにエラーが見つかりました。

8930

16

しない

データベース エラー: データベース %d に一貫性のないメタデータが含まれています。このエラーは修復できず、このエラーにより DBCC 処理を続行できません。バックアップから復元してください。

8931

16

しない

テーブル エラー: ページ %S_PGID で、オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %%.*ls) の B-Tree レベルが一致しません。レベル %d が、親 %S_PGID のレベル %d と一致しません。

8932

16

しない

ファイル グループ ID %d が、データベース '%ls' の sys.filegroups に見つかりませんでした。

8933

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID (レベル %d) のキーの最低値が、親 %S_PGID スロット %d のキー値以上ではありません。

8934

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID (レベル %d) のキーの最高値が、次のページ %S_PGID の親 %S_PGID、スロット %d のキーの最低値より大きくなっています。

8935

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID の前ページへのリンク %S_PGID は、親 %S_PGID、スロット %d がこのページに対して想定している前ページ %S_PGID と一致しません。

8936

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。B-Tree チェーン リンケージが一致しません。%S_PGID->next = %S_PGID、%S_PGID->Prev = %S_PGID。

8937

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。B-Tree ページ %S_PGID には、2 つの親ノード %S_PGID、スロット %d と %S_PGID、スロット %d があります。

8938

16

しない

テーブル エラー: ページ %S_PGID、オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。予期しないページ型 %d。

8939

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID。テスト (%hs) が失敗しました。値は %ld と %ld です。

8940

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID。テスト (%hs) が失敗しました。アドレス 0x%x が整列されていません。

8941

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID。テスト (%hs) が失敗しました。スロット %d、オフセット 0x%x が無効です。

8942

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID。テスト (%hs) が失敗しました。スロット %d、オフセット 0x%x が前の行と重なり合っています。

8943

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID。テスト (%hs) が失敗しました。スロット %d、行が 0x%x で空き領域まで拡張されています。

8944

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID、行 %d。テスト (%hs) が失敗しました。値は %ld と %ld です。

8945

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d は再構築されます。

8946

16

しない

テーブル エラー: アロケーション ページ %S_PGID に無効な %ls ページ ヘッダー値が含まれています。型は %d です。ページの型、アロケーション ユニット ID、およびページ ID を確認してください。

8947

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) の複数の IAM ページに、アロケーションが同じ間隔で含まれています。IAM ページ %S_PGID と %S_PGID。

8948

16

しない

データベース エラー: ページ %S_PGID が PFS ページ %S_PGID で間違った型として設定されています。PFS の状態は 0x%x で、必要な状態は 0x%x です。

8949

10

しない

%.*ls により、テーブル '%ls' (オブジェクト ID %d) で %d 個のアロケーション エラーと %d 個の一貫性エラーが解決されました。

8950

16

しない

%.*ls により、どの単一のオブジェクトにも関連付けられない %d 個のアロケーション エラーと %d 個の一貫性エラーが解決されました。

8951

16

しない

テーブル エラー: テーブル '%ls' (ID %d)。データ行には、インデックス '%ls' (ID %d) に一致するインデックス行がありません。インデックス行に一致するキーが存在しないか、キーが無効である可能性があります。

8952

16

しない

テーブル エラー: テーブル '%ls' (ID %d)。インデックス '%ls' (ID %d) のインデックス行がどのデータ行とも一致しません。余分なキーまたは無効なキーである可能性があります。

8953

10

しない

修復: ページ %S_PGID、スロット %d の ID %I64d、オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) の行以外のデータ列が削除されました。

8954

10

しない

%.*ls により、どの単一のオブジェクトにも関連付けられない %d 個のアロケーション エラーと %d 個の一貫性エラーが見つかりました。

8955

16

しない

インデックス値 '%ls' の (%ls) で識別されるデータ行 (%d:%d:%d) です。

8956

16

しない

値が (%ls) を含むインデックス行 (%d:%d:%d) が (%ls) で識別されるデータ行を指しています。

8957

10

する

%ls から実行された %lsDBCC %ls (%ls%ls%ls)%ls では、%d 個のエラーが見つかり、%d 個のエラーが修復されました。経過時間: %d 時間 %d 分 %d 秒。%.*ls

8958

10

しない

%ls は DBCC %ls (%ls%ls%ls) で見つかったエラーの最小修復レベルです。

8959

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) の IAM ページ %S_PGID は、ページ %S_PGID によって、オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) の IAM チェーンでリンクされています。

8960

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID、スロット %d、列 %d は有効な複合列ではありません。

8961

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID、スロット %d、テキスト ID%I64d の行以外のデータ ノードが、ページ %S_PGID、スロット %d からの参照と一致しません。

8962

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID、スロット %d、テキスト ID %I64d の行以外のデータ ノードに不適切なノードの種類 %d があります。

8963

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID、スロット %d、テキスト ID %I64d の行以外のデータ ノードに型 %d があります。この型は、型 %d のページには配置できません。

8964

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID、スロット %d、テキスト ID %I64d の行以外のデータ ノードが参照されていません。

8965

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID、スロット %d、テキスト ID %I64d の行以外のデータ ノードが、ページ %S_PGID、スロット %d によって参照されていますが、スキャンでは見つかりませんでした。

8966

22

する

ラッチ型 %ls のページ %S_PGID を読み取ってラッチすることができません。%ls が失敗しました。

8967

16

しない

DBCC で内部エラーが発生しました。処理を続行できません。ご購入元に問い合わせてください。

8968

16

しない

テーブル エラー: %ls ページ %S_PGID (オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)) は、このデータベースの範囲外です。

8969

16

しない

テーブル エラー: IAM チェーン リンケージ エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。IAM ページ %S_PGID の次のページは %S_PGID ですが、ページ %S_PGID の前ページへのリンクは %S_PGID です。

8970

16

しない

行エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ ID %S_PGID、行 ID %d。列 '%.*ls' が NOT NULL を指定して作成されましたが、この行では NULL です。

8971

16

しない

転送された行の不一致: オブジェクト ID %d、パーティション ID %d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID、スロット %d は、転送された行のページ %S_PGID、スロット %d を指しています。転送された行は逆にページ %S_PGID、スロット %d を指しています。

8972

16

しない

転送された行は複数の行によって参照されています。オブジェクト ID %d、パーティション ID %d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID、スロット %d は、転送された行のページ %S_PGID、スロット %d を正しく指していません。転送された行はページ %S_PGID、スロット %d を正しく逆参照しています。

8973

16

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) の CHECKTABLE 処理がページ %S_PGID、スロット %d で 2 回検出されました。

8974

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID、スロット %d、テキスト ID %I64d の行以外のデータ ノードが、ページ %S_PGID、スロット %d とページ %S_PGID、スロット %d によって指されています。

8975

10

しない

オブジェクト '%.*ls' (オブジェクト ID %d) で、内部クエリ エラー %d、重大度 %d、状態 %d により、DBCC による行セット間の確認に失敗しました。このエラーの詳細については、オンライン ブックを参照してください。

8976

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID がスキャンでは見つかりませんでしたが、このページは親ページ %S_PGID と前ページ %S_PGID から参照されています。以前に発生したエラーをすべて確認してください。

8977

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID の親ノードが見つかりませんでした。

8978

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID に前ページ %S_PGID からの参照がありません。チェーン リンケージに問題がある可能性があります。

8979

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。ページ %S_PGID に、親 (不明) ノードと前 (ページ %S_PGID) ノードからの参照がありません。システム カタログのルート エントリが不適切な可能性があります。

8980

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。インデックス ノード ページ %S_PGID、スロット %d が、子ページ %S_PGID と前の子ページ %S_PGID を参照していますが、これらの子ページは見つかりませんでした。

8981

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)。%S_PGID の次のポインタによって、ページ %S_PGID が参照されています。%S_PGID とその親はどちらも見つかりませんでした。チェーン リンケージが不適切な可能性があります。

8982

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト間のリンケージ。オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション %I64d、AU ID %I64d (型 %.*ls) のページ %S_PGID->nex は、オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、AU ID %I64d (型 %.*ls) のページ %S_PGID を参照していますが、同じインデックス内には存在しません。

8983

10

しない

ファイル %d。エクステント数 %I64d、使用ページ数 %I64d、予約ページ数 %I64d、混合エクステント数 %I64d、混合ページ数 %I64d。

8984

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d。行はパーティション番号 %d に存在する必要がありますが、パーティション番号 %d で見つかりました。余分なキーまたは無効なキーである可能性があります。

8985

16

しない

sys.database_files でデータベース '%.*ls' のファイル '%.*ls' が見つかりませんでした。ファイルが存在しないか、削除されています。

8986

16

しない

オブジェクト ID %d に関して見つかったエラーが多すぎます (%d)。すべてのエラー メッセージを表示するには、"WITH ALL_ERRORMSGS" を使用してステートメントを再実行してください。

8987

16

しない

DBCC ステートメント '%.*ls' で使用できるヘルプはありません。

8988

16

しない

行 (%d:%d:%d) が (%ls) で識別されました。

8989

10

しない

%.*ls により、データベース '%ls' に %d 個のアロケーション エラーと %d 個の一貫性エラーが見つかりました。

8990

10

しない

%.*ls により、テーブル '%ls' (オブジェクト ID %d) に %d 個のアロケーション エラーと %d 個の一貫性エラーが見つかりました。

8991

16

しない

0x%p から 0x%p までは、有効なアドレス範囲ではありません。

8992

16

しない

カタログ メッセージ %d の確認、状態 %d: %.*ls

8993

16

しない

オブジェクト ID %d、転送元の行のページ %S_PGID、スロット %d は、ページ %S_PGID、スロット %d を指しています。転送先の行が見つかりません。アロケーション エラーが発生した可能性があります。

8994

16

しない

オブジェクト ID %d、転送先の行のページ %S_PGID、スロット %d は、転送元の行のページ %S_PGID、スロット %d を指す必要があります。転送先の行が見つかりませんでした。アロケーション エラーが発生した可能性があります。

8995

16

しない

システム テーブル '%.*ls' (オブジェクト ID %d、インデックス ID %d) がファイル グループ %d に含まれています。すべてのシステム テーブルがファイル グループ %d に含まれている必要があります。

8996

16

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) の IAM ページ %S_PGID は、ファイル グループ %d のページを制御しています。このページは、正しくはファイル グループ %d に存在する必要があります。

8997

16

しない

Service Broker メッセージ %d、状態 %d: %.*ls

8998

16

しない

GAM、SGAM、または PFS ページのページ エラーによって、データベース ID %d の %S_PGID ~ %S_PGID ページで割り当ての整合性チェックが行われませんでした。原因については他のエラーを参照してください。

8999

10

しない

データベース tempdb でのアロケーション エラーにより、%ls 処理を続行できません。