Share via


エラー 5000 ~ 5999

エラー

重大度

イベントのログ記録

説明 (メッセージのテキスト)

5001

16

しない

ユーザーは master データベースに存在する必要があります。

5002

16

しない

データベース '%.*ls' が存在しません。sys.databases でデータベース名を確認し、操作を再試行してください。

5003

16

しない

データベースにオフライン ファイルがある間はデータベース ミラーリングを有効にできません。

5004

16

しない

ALTER DATABASE を使用するには、データベースがチェックポイントを実行できる書き込み可能な状態にしてください。

5006

16

しない

要求された操作を実行するために、%S_MSG '%.*ls' を排他的に使用できません。

5008

16

しない

この ALTER DATABASE ステートメントはサポートされていません。構文を修正し、ステートメントを再実行してください。

5009

16

しない

ステートメントに一覧されている 1 つ以上のファイルが見つからなかったか、初期化できませんでした。

5010

16

しない

ログ ファイル名はロウ デバイスからは生成できません。ログ ファイル名とパスを指定してください。

5011

14

しない

ユーザーにデータベース '%.*ls' を変更する権限がないか、データベースが存在しないか、データベースがアクセス チェックを許可する状態にありません。

5012

16

しない

プライマリ ファイル グループの名前は変更できません。

5013

16

しない

master および model データベースにファイルを追加することはできません。ALTER DATABASE は中止されました。

5014

16

しない

%S_MSG '%.*ls' はデータベース '%.*ls' に存在しません。

5015

16

しない

ALTER DATABASE が失敗しました。合計サイズには、1 MB 以上を指定してください。

5016

16

しない

システム データベース %.*ls の名前を変更できません。

5018

10

しない

システム カタログのファイル "%.*ls" が変更されました。次回データベースを起動するときに、新しいパスが使用されます。

5019

10

しない

sys.master_files でファイル '%.*ls' のエントリが見つかりません。

5020

16

しない

プライマリ データ ファイルまたはプライマリ ログ ファイルをデータベースから削除することはできません。

5021

10

しない

%S_MSG の名前 '%.*ls' が設定されています。

5022

16

しない

このデータベースのログ ファイル '%ls' は既にアクティブです。

5023

16

しない

ログを再構築するにはデータベースを問題ありに設定するか、緊急モードにしてください。

5024

16

しない

sysfiles1 にプライマリ ログ ファイルのエントリが見つかりませんでした。ログを再構築できませんでした。

5025

16

しない

ファイル '%ls' は既に存在します。新しいログ ファイルを作成する場合は、名前を変更するか、削除する必要があります。

5027

16

しない

システム データベース master、model、および tempdb のログは再構築できません。

5028

16

しない

システムはログを再構築するためにデータベースをアクティブにできませんでした。

5029

10

する

警告: データベース '%.*ls' のログが再構築されました。トランザクションの一貫性は失われました。RESTORE チェーンが壊れ、サーバーが以前のログ ファイルのコンテキストを保持しなくなったので、以前のログ ファイルについて把握しておく必要があります。DBCC CHECKDB を実行して物理的な一貫性を検証してください。データベースは dbo 専用モードに設定されました。データベースが使用可能な状態になったら、データベース オプションを再設定し、余分なログ ファイルを削除してください。

5030

16

しない

操作を実行するために、データベースを排他ロックできませんでした。

5031

16

しない

ファイル '%.*ls' を削除できません。このファイルは DEFAULT ファイル グループの唯一のファイルです。

5032

10

しない

このファイルは一括ログ記録されたページを含んでいるので、ログがバックアップされるまでは、ページ %ud 未満に圧縮できません。

5033

16

しない

データベースごとの最大ファイル数 %ld を超えました。

5034

16

しない

ファイル %ls は現在、他のプロセスによって、自動拡張または変更されています。後で操作を再試行してください。

5035

16

しない

ファイル グループ '%.*ls' はこのデータベースに既に存在します。別の名前を指定するか、競合しているファイル グループが空の場合は削除してください。

5036

16

しない

MODIFY FILE に失敗しました。論理名を指定してください。

5038

16

しない

ファイル "%.*ls" の MODIFY FILE に失敗しました。ファイルごとに少なくとも 1 つのプロパティを指定してください。

5039

16

しない

MODIFY FILE に失敗しました。指定されたサイズが現在のサイズ以下になっています。

5040

16

しない

MODIFY FILE に失敗しました。サイズが MAXSIZE よりも大きくなっています。

5041

16

しない

MODIFY FILE に失敗しました。ファイル '%.*ls' が存在しません。

5042

16

しない

%S_MSG '%.*ls' は空ではないので、削除できません。

5043

16

しない

%S_MSG '%.*ls' が %ls に見つかりません。

5044

10

しない

%S_MSG '%.*ls' が削除されました。

5045

16

しない

%S_MSG には既に '%ls' プロパティ セットがあります。

5046

10

しない

%S_MSG プロパティ '%ls' が設定されました。

5047

16

しない

PRIMARY ファイル グループの READONLY プロパティは変更できません。

5048

16

しない

ファイル グループ '%.*ls' にファイルを追加、削除または変更できません。ファイル グループが読み取り専用です。

5050

16

しない

空のファイル グループ '%.*ls' のプロパティを変更できません。ファイル グループには、少なくとも 1 つのファイルが含まれている必要があります。

5051

16

しない

ファイル グループに 'DEFAULT' を名前として付けることはできません。

5052

16

しない

%ls はデータベースが %ls 状態の間は許可されません。

5054

16

しない

ファイル圧縮操作または削除操作を許可するために、作業テーブルの IAM チェーンをクリーンアップできませんでした。tempdb がアイドルのときに再試行してください。

5055

16

しない

ファイル '%.*ls' を追加、削除または変更できません。ファイルが読み取り専用です。

5056

16

しない

ファイル グループ '%.*ls' がオンラインではないので、ファイルを追加、削除または変更できません。

5057

16

しない

ファイル '%.*ls' がオフラインなので、追加、削除または変更できません。

5058

16

しない

オプション '%.*ls' をデータベース '%.*ls' に設定できません。

5059

16

しない

データベース '%.*ls' は状態遷移中です。後で ALTER DATABASE ステートメントを実行してください。

5060

10

しない

限定されないトランザクションをロールバック中です。推定ロールバック完了率: %d%%。

5061

16

しない

ALTER DATABASE が失敗しました。データベース '%.*ls' をロックできませんでした。後で再試行してください。

5062

16

しない

オプション "%.*ls" が、要求されている別のオプションと競合しています。これら両方のオプションを同時に要求することはできません。

5063

16

しない

データベース '%.*ls' はウォーム スタンバイ状態です。ウォーム スタンバイ データベースは読み取り専用です。

5064

16

しない

この時点では、データベース '%.*ls' の状態やオプションを変更できません。データベースはシングル ユーザー モードで、現在ユーザーが接続中です。

5065

16

しない

現在、バックグラウンドまたはユーザー プロセスでファイル "%ls" がスキャンされているか、使用されています。後で操作を再試行してください。

5066

16

しない

データベース オプション single user と dbo use only を同時に設定することはできません。

5067

16

しない

データベース オプション TORN_PAGE_DETECTION と PAGE_CHECKSUM オプションは互換性がありません。

5068

10

しない

現在のデータベースを再起動できませんでした。現在のデータベースが master に切り替えられます。

5069

16

しない

ALTER DATABASE ステートメントが失敗しました。

5070

16

しない

他のユーザーがデータベース '%.*ls' を使用しているときに、データベースの状態を変更することはできません

5071

16

しない

ログの再構築に指定できるファイルは 1 つだけです。

5072

16

しない

ALTER DATABASE が失敗しました。データベース '%.*ls' の既定の照合順序を %.*ls に設定できません。

5073

16

しない

データベース '%ls' の照合順序を変更できません。データベースが READONLY、OFFLINE、または SUSPECT になっています。

5074

16

しない

%S_MSG '%.*ls' は %S_MSG '%.*ls' に依存しています。

5075

16

しない

%S_MSG '%.*ls' は %S_MSG に依存しています。スキーマ バインド オブジェクトがデータベース照合順序に依存している場合、データベース照合順序を変更することはできません。データベース照合順序への依存関係を削除し、操作を再試行してください。

5076

10

しない

警告: レプリケーションで使用されるデータベース '%.*ls' の既定の照合順序を変更しています。すべてのレプリケーション データベースで同じ既定の照合順序を使用してください。

5077

16

しない

非データ ファイルまたはプライマリ ファイル グループ内のファイルの状態は変更できません。

5078

16

しない

'%ls' のデータベース オプションを変更できません。データベースが READONLY、OFFLINE、または SUSPECT になっています。

5079

10

しない

データベース "%.*ls" は vardecimal ストレージ形式の %S_MSG です。

5080

16

しない

データベース "%.*ls" では、vardecimal ストレージ形式を無効にできません。このデータベースには単純復旧モデルが適用されていません。データベースの復旧モデルを単純復旧モデルに変更し、コマンドを再実行してください。

5082

16

しない

データベース "%.*ls" のバージョン管理状態を、別のデータベースの状態と一緒に変更することはできません。

5083

16

しない

バージョン管理状態を変更する場合、終了オプションはサポートされません。

5084

10

する

データベース %.*ls のデータベース オプション %ls を %ls に設定しています。

5085

16

しない

SQL Server の起動に使用されたトレース フラグが未登録で、データベースのバージョン管理を有効化/無効化できないため、ALTER DATABASE コマンドが失敗しました。

5086

16

しない

データベース "%.*ls" では、vardecimal ストレージ形式を無効にできません。vardecimal ストレージ形式が有効になっているテーブルが 1 つ以上あります。すべてのテーブルで vardecimal ストレージ形式を無効にしてから、このデータベースの vardecimal ストレージ形式を無効にしてください。

5087

16

しない

ファイルのコンテンツの種類は、ファイル グループのコンテンツの種類と一致しません。

5088

16

しない

変更の追跡はデータベース '%.*ls' で既に有効になっています。

5089

16

しない

変更の追跡はデータベース '%.*ls' で無効になっています。データベースで変更の追跡を有効にして、変更の追跡設定を変更する必要があります。

5090

16

しない

データベース '%.*ls' はシステム データベースです。システム データベースで変更の追跡設定を変更することはできません。

5091

15

しない

ALTER DATABASE の変更の追跡オプション '%ls' が複数回指定されました。各オプションは、それぞれ 1 回しか指定できません。

5092

15

しない

変更追跡オプション '%ls' の値が無効です。%d から %d までの値を指定してください。

5093

16

しない

この操作をデータベース スナップショットに対して実行することはできません。

5094

16

しない

この操作を、データベース スナップショットまたはアクティブな DBCC レプリカを使用してデータベースに対して実行することはできません。

5095

16

しない

ファイルが RESTORE PAGE 操作の対象である場合は、データベースまたはファイル グループを読み取り専用モードに設定できません。ファイル "%ls" に関係する復元シーケンスが完了してから、読み取り専用への移行を試みてください。

5096

16

しない

ファイルが RESTORE PAGE 操作に関係しているときは、復旧モデルを単純に変更できません。ファイル "%ls" に関係する復元シーケンスが完了してから、単純への移行を試みてください。

5097

16

しない

ログ バックアップを必要とする変更が存在するため、コンテナをオフライン状態に設定できません。ログ バックアップを実行してから ALTER DATABASE ステートメントを再試行してください。

5098

16

しない

ログ バックアップを必要とする変更が存在するため、コンテナを削除できません。ログ バックアップを実行してから ALTER DATABASE 操作を再試行してください。

5099

16

しない

ALTER DATABASE が失敗しました。データベースに FILESTREAM ファイル グループが含まれている場合、READ_COMMITTED_SNAPSHOT オプションおよび ALLOW_SNAPSHOT_ISOLATION オプションを ON に設定することはできません。READ_COMMITTED_SNAPSHOT または ALLOW_SNAPSHOT_ISOLATION を ON に設定するには、FILESTREAM ファイル グループをデータベースから削除する必要があります。

5102

22

しない

データベース "%.*ls" で無効な ID %d のファイル グループを開こうとしました。

5103

16

しない

MAXSIZE をファイル '%ls' の SIZE よりも小さくできません。

5104

16

しない

ファイル '%.*ls' は既に使用されています。

5105

16

する

ファイルのアクティブ化エラーが発生しました。物理ファイル名 '%.*ls' が不適切な可能性があります。関連するエラーを診断して修正し、操作を再試行してください。

5108

10

しない

ログ ファイル '%.*ls' がプライマリ ファイルと一致しません。このログ ファイルは別のデータベースまたはログから以前に再構築された可能性があります。

5110

16

しない

ファイル "%.*ls" が存在するネットワーク パスは、データベース ファイルでサポートされません。

5111

10

しない

アクティブ化エラー。物理ファイル名 "%.*ls"が正しくない可能性があります。

5112

10

する

FCB::SetSize dbid %d fileid %d oldSize %d newSize %d。この情報メッセージがエラー ログに表示されないようにするには、DBCC TRACEOFF を使用して、トレース フラグをオフにしてください。

5113

10

しない

データベースのシャットダウン時に開いているトランザクション/ユーザーがあったか、データベースにチェックポイントが発生していないか、またはデータベースが読み取り専用のため、ログを再構築できません。このエラーは、トランザクション ログ ファイルが手動で削除されたか、ハードウェアまたは環境の障害により失われた場合に発生する可能性があります。

5114

16

しない

データベース スナップショットには、ログ ファイル、オフラインのファイル、復元中のファイル、および機能しないファイルを指定しないでください。"%.*ls" は、このデータベース スナップショットに適さないファイルです。

5115

16

しない

データベース スナップショットに指定できるのは、SQL Server データベース ファイルのみです。'%.*ls' は SQL Server データベース ファイルではありません。

5118

16

しない

ファイル "%ls" は圧縮されていますが、読み取り専用のデータベースまたはファイル グループではない場所にあります。ファイルの圧縮を解除してください。

5119

16

しない

ファイル "%.*ls" をスパース ファイルにできません。ファイル システムでスパース ファイルがサポートされていることを確認してください。

5120

16

しない

物理ファイル "%.*ls" を開けません。オペレーティング システム エラー %d: "%ls"。

5121

16

しない

"%.*ls" によって指定されたパスは有効なディレクトリにはありません。

5123

16

しない

物理ファイル '%.*ls' を開くとき、または作成中に CREATE FILE でオペレーティング システム エラー %ls が発生しました。

5124

16

する

'%ls' のファイル ヘッダーがデータベース '%ls' のファイル '%ls' に予期されるコンテンツと一致しません。この不一致は、フルテキスト カタログ ファイルと関連データベースの間で生じている可能性があります。必要であれば、復元を実行してください。

5125

24

しない

ファイル '%ls' がオペレーティング システムによって切り捨てられている可能性があります。必要なサイズは %I64d KB ですが、実際のサイズは %I64d KB です。

5127

16

しない

データベース スナップショットの作成では、すべてのファイルを指定する必要があります。ファイル "%ls" がありません。

5128

17

しない

ディスク領域が不足しているので、スパース ファイル '%ls' に書き込めませんでした。

5129

10

しない

プライマリ ファイルが読み取り専用のときは、ログを再構築できません。

5130

10

しない

データベース ミラーリングが有効になっているときは、ログを再構築できません。

5131

10

しない

複数のログ ファイルがあるので、ログは再構築されませんでした。

5132

16

しない

'%.*ls' によって指定されたパスは未加工デバイスなので、FILESTREAM ファイルに使用することはできません。

5133

16

しない

オペレーティング システム エラー %ls により、ファイル "%ls" のディレクトリ参照に失敗しました。

5134

16

しない

'%.*ls' によって指定されたパスは、サポートされているファイル システム上にないので、FILESTREAM ファイルに使用することはできません。

5135

16

しない

パス '%.*ls' は、FILESTREAM ファイルに使用することはできません。サポートされているパスについては、SQL Server オンライン ブックを参照してください。

5136

16

しない

'%.*ls' によって指定されたパスは別の FILESTREAM コンテナに含まれているので、FILESTREAM コンテナに使用することはできません。

5144

10

する

データベース '%.*ls' のファイル '%.*ls' の自動拡張をユーザーがキャンセルしたか、%d 秒でタイムアウトしました。ALTER DATABASE を使用して、このファイルの FILEGROWTH の値の設定を小さくするか、または新しいファイル サイズを明示的に設定してください。

5145

10

する

データベース '%.*ls' のファイル '%.*ls' の自動拡張に %d ミリ秒かかりました。ALTER DATABASE を使用して、このファイルの FILEGROWTH の設定を小さくすることを検討してください。

5149

16

しない

物理ファイル '%ls' を拡張しようとしたときに、MODIFY FILE でオペレーティング システム エラー %ls が発生しました。

5150

16

しない

1 つのログ ファイルのサイズを 2 TB より大きくすることはできません。

5159

24

しない

%ls の実行中にファイル "%.*ls" でオペレーティング システム エラー %.*ls が発生しました。

5161

16

する

予期しないファイル ID が検出されました。ファイル ID %d が必要でしたが、"%.*ls" から %d が読み取られました。sys.master_files でファイルが正しくマップされていることを確認してください。マッピングを修正するには、ALTER DATABASE を使用できます。

5169

16

しない

FILEGROWTH をファイル '%.*ls' の MAXSIZE よりも大きくすることはできません。

5170

16

する

ファイル '%ls' は既に存在するので作成できません。ファイル パスまたはファイル名を変更してから、操作を再試行してください。

5171

16

しない

%.*ls はプライマリ データベース ファイルではありません。

5172

16

しない

ファイル '%ls' のヘッダーは有効なデータベース ファイル ヘッダーではありません。%ls プロパティが不適切です。

5173

16

する

データベースのプライマリ ファイルと一致しないファイルが 1 つ以上あります。データベースをアタッチする場合は、正しいファイルを使用して操作を再試行してください。これが既存のデータベースの場合は、ファイルが壊れている可能性があるので、バックアップから復元する必要があります。

5174

16

しない

各ファイル サイズは 512 KB 以上で指定してください。

5175

10

する

復旧が成功するようにファイル %.*ls が拡張されています。復旧が完了したら、データベースのファイルのサイズを増やすことができます。詳細についてはシステム管理者に相談してください。

5176

10

する

復旧を成功させるため、ログ ファイル '%.*ls' が最大サイズを超えて拡張されています。復旧が完了したら、データベースのログ ファイルのサイズを増やすか、ログのバックアップ スケジュールの頻度を高く設定してください (完全復旧モデルまたは一括ログ復旧モデルの場合)。

5177

16

する

ファイル '%.*ls' のセクタ サイズを確認中に、予期しないエラーが発生しました。セクタ サイズを取得できるローカル NTFS ボリュームにファイルを移動してください。詳細については、SQL Server のエラー ログを確認してください。

5178

16

する

ファイル '%.*ls' を使用できません。このファイルは最初にセクタ サイズ %d でフォーマットされましたが、現在はセクタ サイズ %d のボリューム上に存在します。元のセクタ サイズ以下のセクタ サイズのボリュームにファイルを移動してください。

5179

16

する

ファイル '%.*ls' を使用できません。このファイルは、セクタ サイズ %d のボリューム上に存在します。SQL Server でサポートされる最大セクタ サイズは 4096 バイトです。互換性のあるセクタ サイズのボリュームにファイルを移動してください。

5180

22

する

データベース '%.*ls' で無効な ID %d のファイル制御ブロック (FCB) を開けませんでした。ファイルの場所を確認してください。DBCC CHECKDB を実行してください。

5181

16

しない

データベース "%.*ls" を再起動できませんでした。以前の状態に戻しています。

5182

10

する

新しいログ ファイル '%.*ls' が作成されました。

5183

16

しない

ファイル "%ls" を作成できません。使用可能な物理ファイル名を指定するには、WITH MOVE を使用します。既存のファイルを上書きするには、WITH REPLACE を使用します。

5184

16

しない

クラスタ サーバーにファイル '%.*ls' を使用できません。サーバーのクラスタ リソースが依存関係を持つ、フォーマットされたファイルだけを使用できます。このファイルを含んでいるディスク リソースがクラスタ グループに存在しないか、SQL Server のクラスタ リソースがこのファイルに依存していません。

5185

16

しない

FILESTRAM ファイル '%.*ls' に対応するログ ファイルが見つかりません。

5186

16

しない

トランザクション ファイル システム リソース マネージャ '%.*ls' の起動中に、エラー (NT 状態コード 0x%x) が発生しました。

5188

16

しない

トランザクション ファイル システム リソース マネージャ '%.*ls' のやり直し操作を実行中に、エラー (NT 状態コード 0x%x) が発生しました。

5189

16

しない

トランザクション ファイル システム リソース マネージャ '%.*ls' の元に戻す操作を実行中に、エラー (NT 状態コード 0x%x) が発生しました。

5190

16

しない

トランザクション ファイル システム リソース マネージャ '%.*ls' のチェックポイント処理中に、エラー (NT 状態コード 0x%x) が発生しました。

5194

16

しない

FILESTREAM ログ ファイル '%.*ls' のサイズには、1 MB 以上を指定してください。

5195

16

しない

エラー コード '%s' により、ファイル パスの確認中に Cluster Service 関数呼び出し '%s' が失敗しました。フェールオーバー クラスタが正しく構成されていることを確認してください。

5196

10

しない

ファイル "%ls" の圧縮は解除されました。

5197

16

しない

ファイル "%ls" の圧縮解除中に、エラー (%ls) が発生しました。

5198

16

しない

"%.*ls" によって指定されたパスは UNC パスです。フェールオーバー クラスタ環境では、UNC パスはサポートされていません。

5199

16

しない

"%.*ls" によって指定されたパスはロウ デバイスです。フェールオーバー クラスタ環境では、ロウ デバイスはサポートされていません。

5201

10

しない

DBCC SHRINKDATABASE: データベース ID %d のファイル ID %d がスキップされました。ファイルに再利用する空き領域が不足しています。

5202

10

しない

データベース ID %d の DBCC SHRINKDATABASE が、タイムスタンプ %I64d のスナップショット トランザクション、およびタイムスタンプ %I64d にリンクされた他のスナップショット トランザクションやタイムスタンプが %I64d より古いスナップショット トランザクションが終了するのを待機しています。

5203

10

しない

ファイル ID %d の DBCC SHRINKFILE が、タイムスタンプ %I64d のスナップショット トランザクション、およびタイムスタンプ %I64d にリンクされた他のスナップショット トランザクションやタイムスタンプが %I64d より古いスナップショット トランザクションが終了するのを待機しています。

5204

16

しない

アロケーション ユニット ID %I64d が見つかりませんでした。sys.allocation_units を確認してください。

5205

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d を移動できませんでした。

5206

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、読み取れなかったので移動できませんでした。

5207

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、作業テーブル ページなので移動できませんでした。

5208

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、作業ファイル ページなので移動できませんでした。

5209

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、専用アロケーション ページなので移動できませんでした。

5210

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、無効な型のページなので移動できませんでした。

5211

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、圧縮中に割り当てを解除されたので移動できませんでした。

5212

10

しない

%.*ls: システム テーブル SYSFILES1 ページ %d:%d を他のファイルに移動できませんでした。このシステム テーブルは、データベースのプライマリ ファイルにのみ存在できます。

5213

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、圧縮中に所有権が変更されたので移動できませんでした。

5214

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、圧縮中にページ型が変更されたので移動できませんでした。

5215

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、所属するパーティションが削除されたので移動できませんでした。

5216

10

しない

%.*ls: ヒープ ページ %d:%d を移動できませんでした。このヒープ ページが所属するテーブルが削除されました。

5217

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、リーフ以外のレベルの空のインデックス ページなので移動できませんでした。

5218

10

しない

%.*ls: ヒープ ページ %d:%d を移動できませんでした。テーブル名が見つかりませんでした。

5219

10

しない

%.*ls: ヒープ ページ %d:%d を移動できませんでした。

5220

10

しない

%.*ls: IAM (Index Allocation Map) ページ %d:%d を移動できませんでした。

5221

10

しない

%.*ls: 削除したアロケーション ユニットから IAM (Index Allocation Map) ページ %d:%d を移動できませんでした。

5222

10

しない

%.*ls: 削除したアロケーション ユニットからページ %d:%d の割り当てを解除できませんでした。

5223

10

しない

%.*ls: 空のページ %d:%d の割り当てを解除できませんでした。

5224

10

しない

%.*ls: ラージ オブジェクトの空のページ %d:%d の割り当てを解除できませんでした。

5225

10

しない

%.*ls: ラージ オブジェクトのページ %d:%d の非実体レコードの一部を削除できせんでした。

5226

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d (型 UNLINKED_REORG_PAGE) の割り当てを解除できませんでした。

5227

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d (型 BULK_OPERATION_PAGE) の割り当てを解除できませんでした。

5228

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID、行 %d。DBCC により、オンラインのインデックス構築操作で不完全なクリーンアップが検出されました。(問題のある列の値は %d です)。

5229

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls) は問題のある列を含みますが、非クラスタ化インデックスではありません。

5230

10

しない

チェック ステートメントは中止されました。DBCC CHECKCATALOG は TEMPDB では実行できません。

5231

10

しない

オブジェクト ID %ld (オブジェクト '%.*ls'): このオブジェクトを確認のためにロックしようとして、デッドロックが発生しました。このオブジェクトはスキップされたので、処理されません。

5232

10

しない

DBCC CHECKDB では SQL Server カタログまたは Service Broker の一貫性が確認されません。データベース スナップショットを作成できなかったか、WITH TABLOCK が指定されました。

5233

16

しない

テーブル エラー: アロケーション ユニット ID %I64d、ページ %S_PGID。テスト (%hs) が失敗しました。値は %ld と %ld です。

5234

10

しない

DBCC SHRINKDATABASE: データベース ID %d のファイル ID %d がスキップされました。ファイルに割り当てられた領域を調整できませんでした。

5235

10

しない

エラー状態 %d により、%ls から実行された %lsDBCC %ls (%ls%ls%ls)%ls が異常終了しました。経過時間: %d 時間 %d 分 %d 秒。

5236

10

しない

オブジェクト '%ls' を処理できません。このオブジェクトは、DBCC コマンドでサポートされていない 4 部構成の名前が付けられています。

5237

10

しない

オブジェクト '%.*ls' (オブジェクト ID %d) で、内部クエリ エラーにより、DBCC による行セット間の確認に失敗しました。

5238

16

しない

オブジェクト ID %ld (オブジェクト '%.*ls') を処理できません。このオブジェクトは、DBCC コマンドでサポートされないストアド プロシージャまたはユーザー定義関数です。

5239

16

しない

オブジェクト ID %ld (オブジェクト '%.*ls') を処理できません。この DBCC コマンドでサポートされない種類のオブジェクトです。

5240

10

しない

データベース ID %d のファイル ID %d を圧縮できません。このファイルは他のプロセスにより圧縮中であるか、ファイルが空です。

5241

10

しない

データベース ID %d のファイル ID %d を圧縮できません。目標とする圧縮サイズ (%I64d KB) が実際のファイル サイズ (%I64d KB) よりも大きくなっています。

5242

16

しない

データベース '%.*ls'(ID:%d) のページ %S_PGID で内部操作中に、一貫性が損なわれていることが検出されました。ご購入元に問い合わせてください。

5243

16

しない

内部操作中に一貫性が損なわれていることが検出されました。ご購入元に問い合わせてください。

5244

16

しない

修復ステートメントは処理されませんでした。データベースの 1 つ以上のファイルが読み取り専用になっています。修復を実行するには、これらのファイルを書き込み可能にしてください。

5245

16

しない

オブジェクト ID %ld (オブジェクト '%.*ls'): DBCC ではこのオブジェクトをロックできませんでした。ロック要求がタイムアウトしました。このオブジェクトはスキップされたので、処理されません。

5246

16

しない

MSSQLSYSTEMRESOURCE データベースで修復操作を実行できません。詳細については、オンライン ブックのトピック「リソース データベース」を参照してください。

5247

16

しない

修復: ベース テーブル行に基づいてセカンダリ インデックス行を挿入します。

5248

10

しない

修復: データベース "%ls" のインデックス "%ls" の %ls 行が正常に修復されました。

5249

10

しない

%.*ls: 圧縮でページ %d:%d をロックできなかったので、このページを移動できませんでした。

5250

16

しない

データベース エラー: データベース '%.*ls' (データベース ID %d) の %ls ページ %S_PGID が無効です。このエラーは修正できません。バックアップから復元してください。

5251

10

しない

%.*ls: ヒープ ページ %d:%d を移動できませんでした。ヒープに関連付けられている NC インデックスを維持できませんでした。

5252

10

しない

ファイル ID %d (データベース ID %d) を適切なサイズに圧縮できません。圧縮操作中に大きなワークロードが同時に存在すると、非常に多くのデッドロックが発生します。ワークロードが低下したときに、圧縮操作を再実行してください。

5253

10

しない

チェック ステートメントは中止されました。DBCC CHECKALLOC は TEMPDB では実行できません。

5254

10

しない

%.*ls: ヒープ ページ %d:%d を移動できませんでした。このヒープ ページが所属するテーブルでは、別のプロセスによってこのヒープが構築されていました。

5255

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、並べ替えページなので移動できませんでした。

5256

16

しない

テーブル エラー: アロケーション ユニット %I64d、ページ %S_PGID で、ページ ヘッダーに不適切なページ ID が含まれています。ページ ヘッダーのページ = %S_PGID。

5257

10

しない

%.*ls: ファイル ID %d (データベース ID %d) がスキップされました。圧縮操作中に、ファイルのサイズが変更されました。

5258

10

しない

%.*ls: ヒープ ページ %d:%d は、計算列式の構築に失敗したため移動できませんでした。

5259

10

しない

%.*ls: ヒープ ページ %d:%d は、計算列式の設定に失敗したため移動できませんでした。

5260

16

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls): ページ %S_PGID の 1 つ以上のレコードにバージョン管理情報が含まれていますが、ページ ヘッダーの VERSION_INFO ビットが設定されていません。

5261

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、フォーマットされていないので移動できませんでした。

5262

16

しない

オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID、行 %d: 行に NULL のバージョン管理タイムスタンプが含まれていますが、そのバージョン チェーン ポインタが NULL ではありません。バージョン チェーンがページ %S_PGID、スロット %d を指しています。

5263

10

しない

テーブル '%.*ls'、インデックス '%.*ls'、パーティション %ld で無効な数が見つかりました。

5264

10

しない

DATA ページ %.*ls: システム テーブルから - %I64d ページ; 実際 - %I64d ページ。

5265

10

しない

USED ページ %.*ls: システム テーブルから - %I64d ページ; 実際 - %I64d ページ。

5266

10

しない

RSVD ページ %.*ls: システム テーブルから - %I64d ページ; 実際 - %I64d ページ。

5267

10

しない

ROWS 数: システム テーブルから - %I64d 行; 実際 - %I64d 行。

5268

10

しない

DBCC %.*ls は、%d インデックスの完全な検査を実行し、不一致がないかどうかを確認中です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザーによる操作は不要です。

5269

16

しない

確認を終了しました。データベース '%.*ls' (データベース ID %d) の一時的なデータベース スナップショットに、I/O 操作エラーによる問題があるとしてマーク付けされています。詳細については、SQL Server エラー ログを参照してください。

5270

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d は、重要なシステム テーブル内の移動できないページであるため移動できませんでした。

5271

10

しない

DBCC %ls は、内部エラーにより、このコマンドの結果を出力できませんでした。詳細については、他のエラーを確認してください。

5272

10

しない

%.*ls: IAM (Index Allocation Map) ページ %d:%d を移動できませんでした。基になるオブジェクトに排他アクセスできませんでした。

5273

10

しない

%.*ls: ページ %d:%d を移動できませんでした。このページは、オンラインで構築済み/構築中のインデックス/ヒープに所属しています。

5274

16

しない

テーブル エラー: オブジェクト ID %d、インデックス ID %d、パーティション ID %I64d、アロケーション ユニット ID %I64d (型 %.*ls)、ページ %S_PGID。%S_MSG は圧縮されたページでは無効なので、次の内部テストに失敗しました: %hs。値は %ld と %ld です。

5275

10

しない

'%.*ls' (データベース ID %d) で不一致がないかどうかの完全な検査が完了しました。検索の合計 %d 個のうち %d 個を処理しました。経過時間: %I64d ミリ秒。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

5276

10

しない

例外 %d、状態 %d により、'%.*ls' (データベース ID %d) で不一致がないかどうかの完全な検査が失敗しました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

5277

10

しない

内部データベース スナップショット %ls の分岐点 LSN は %08x:%08x:%04x で、最初の LSN は %08x:%08x:%04x です。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

5301

16

しない

一括読み込みに失敗しました。ユーザーにはテーブル '%.*ls' の ALTER TABLE 権限がありません。一括読み込み先テーブルにトリガまたは CHECK 制約が含まれている一方で 'FIRE_TRIGGERS' または 'CHECK_CONSTRAINTS' 一括ヒントが指定されていない場合は、一括読み込み先テーブルに ALTER TABLE 権限が必要です。さらに、ALTER TABLE 権限は、'KEEPIDENTITY' 一括ヒントが指定されている場合にも必要です。

5302

16

しない

'%.*ls' のミューテータ '%.*ls' は NULL 値では呼び出せません。

5303

16

しない

CLR 型 '%.*ls' へのミューテータ '%.*ls' の適用結果は、NULL 値にできません。

5304

16

しない

一括コピーに失敗しました。ユーザーにはテーブル '%.*ls' の ALTER TABLE 権限がありません。テーブルにトリガまたは CHECK 制約が含まれている一方で、一括コピー コマンドのオプションとして 'FIRE_TRIGGERS' または 'CHECK_CONSTRAINTS' 一括ヒントが指定されていない場合は、一括コピー操作のコピー先テーブルに ALTER TABLE 権限が必要です。

5305

16

しない

rowdump 列と lockres 列は、NOEXPAND ヒントが指定されているテーブルおよびインデックス付きビューのみで有効です。

5306

16

しない

カーソル オプションは関数には許可されません。変数 '%.*ls' の型が Cursor です。

5307

16

しない

sp_cursoropen に指定されたパラメータが無効です。

5308

16

しない

ウィンドウ関数では、整数インデックスは ORDER BY 句の式としてサポートされていません。

5309

16

しない

ウィンドウ関数では、定数は ORDER BY 句の式としてサポートされていません。

5310

16

しない

INSERT ステートメントの VALUES リストで、集計は許可されません。

5311

16

しない

引用符文字 '%lc' が無効です。リモート サーバーまたはユーザー コマンドで無効な引用符文字が使用されました。

5312

16

しない

関数 'ntile' への入力をバインドできません。

5313

16

しない

シノニム '%.*ls' が無効なオブジェクトを参照しています。

5315

16

しない

MERGE ステートメントの対象に、リモート テーブル、リモート ビュー、またはリモート テーブルのビューを指定できません。

5316

16

しない

MERGE ステートメントの対象の '%.*ls' では、MERGE ステートメントで指定されたアクションのすべてではなく一部に INSTEAD OF トリガが設定されています。MERGE ステートメントで、対象の任意のアクションに有効な INSTEAD OF トリガが設定されている場合は、すべてのアクションに有効な INSTEAD OF トリガを設定してください。

5317

16

しない

MERGE ステートメントの対象には、パーティション ビューを指定できません。

5318

16

しない

MERGE ステートメントでは、マージ元とマージ先に同じ名前または別名を指定できません。MERGE ステートメント内でマージ元とマージ先の名前が一意になるように、異なる別名を使用してください。

5319

16

しない

MERGE ステートメントの WHEN 句では、集計は許可されません。

5321

16

しない

入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合、%S_MSG 句では '%ls' 関数を使用できません。

5322

16

しない

入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合、%S_MSG 句では集計関数が許可されません。

5323

15

しない

入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合、%S_MSG 句ではサブクエリが許可されません。

5324

15

しない

MERGE ステートメントでは、検索条件が含まれていない '%S_MSG' 句の後には、検索条件が含まれている '%S_MSG' 句を使用できません。

5325

15

しない

データ ファイル内のデータの順序は、BULK 行セット '%.*ls' に指定された ORDER ヒントに適合していません。データの順序は、BULK 行セットに対して ORDER ヒントで指定された順序と一致する必要があります。ORDER ヒントを更新して入力データの並べ替え順序を反映するか、入力データ ファイルを更新して ORDER ヒントで指定された順序に一致させてください。

5326

15

しない

データ ファイル内のデータが BULK 行セット '%.*ls' に指定された UNIQUE ヒントに適合していません。UNIQUE ヒントが BULK 行セットに指定されている場合、データ ファイル内のデータは一意である必要があります。UNIQUE ヒントを削除するか、データが一意になるように入力データ ファイルを更新してください。

5327

15

しない

列 '%.*ls' のデータ ソース '%.*ls' に指定された ORDER ヒントのデータ型が有効ではありません。BULK 行セットまたは CLR TVF に対する ORDER ヒントでは、text、ntext、image、xml、varchar(max)、nvarchar(max)、および varbinary(max) データ型を使用できません。

5328

15

しない

入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合は、INSERT ステートメントの対象のテーブル '%.*ls' の ID 列 '%.*ls' に明示的な値を挿入できません。

5329

15

しない

入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合、%S_MSG 句ではウィンドウ関数が許可されません。

5330

16

しない

OUTPUT 句にはフルテキスト述語を含めることはできません。

5331

16

しない

入れ子になった INSERT、UPDATE、DELETE、または MERGE ステートメントが FROM 句に含まれている場合、%S_MSG 句にはフルテキスト述語を含めることはできません。

5332

15

しない

ストリーム内のデータの順序は、CLR TVF '%.*ls' に指定された ORDER ヒントに適合していません。データの順序は、CLR TVF に対して ORDER ヒントで指定された順序と一致する必要があります。ORDER ヒントを更新して入力データの並べ替え順序を反映するか、CLR TVF を更新して ORDER ヒントで指定された順序に一致させてください。

5333

16

しない

識別子 '%.*ls' はバインドできません。MERGE ステートメントの 'WHEN NOT MATCHED' 句では、ソース列のみが許可されます。

5334

16

しない

識別子 '%.*ls' はバインドできません。MERGE ステートメントの 'WHEN NOT MATCHED BY SOURCE' 句では、ターゲット列のみが許可されます。

5501

16

しない

テーブルの作成前に、FILESTREAM ファイル グループが削除されました。

5502

16

しない

FILESTREAM コンテナにアクセスできません。

5503

10

しない

sys.database_files に FILESTREAM ファイル '%.*ls' のエントリが見つかりません。

5504

15

しない

FILESTREAM ログ ファイル グループに対して 'PRIMARY' を指定できるのは、'CONTAINS' 句内だけです。

5505

16

しない

FILESTREAM 列を含むテーブルには、NULL でない一意な ROWGUID 列が必要です。

5506

15

しない

FILESTREAM データ ファイルまたはログ ファイルの名前を 'DEFAULT' にすることはできません。

5507

15

しない

FILESTREAM ログ ファイル グループ '%.*ls' には、DEFAULT を指定できません。

5508

15

しない

FILESTREAM は VARBINARY 列だけで宣言できます。

5509

15

しない

FILESTREAM データ ファイル '%.*ls' には、SIZE、MAXSIZE、または FILEGROWTH の各プロパティを指定できません。

5510

15

しない

LOG ON は、FILESTREAM ではないファイル グループ '%.*ls' には使用できません。

5511

23

しない

'%.*ls' ログ フォルダにある FILESTREAM のファイル システム ログ レコード '%.*ls' が壊れています。

5512

16

する

ディレクトリ '%.*ls' の切り捨て中にエラー 0x%x (%ls) が発生しました。

5513

16

しない

FILESTREAM ファイル グループ '%.*ls' の関連ログ ファイル グループに対して指定されている名前が無効です。

5514

16

しない

トランザクション レプリケーションまたは Change Data Capture を続行できません。'%.*ls' でトランザクション ファイル システム リソース マネージャが起動されていません。

5515

20

しない

FILESTREAM ファイルのコンテナ ディレクトリ '%.*ls' を開くことができません。オペレーティング システムから Windows 状態コード 0x%x が返されました。

5516

16

しない

FILESTREAM ログ ファイル グループ '%.*ls' は、複数の FILESTREAM データ ファイル グループからは参照できません。

5517

16

しない

FILESTREAM(LOG) ファイル グループ '%.*ls' に指定されたファイルが多すぎるか少なすぎます。

5518

16

しない

FILESTREAM パス '%.*ls' が長すぎます。

5519

16

しない

データベースに他の FILESTREAM ファイル グループを含めるには、データベースにプライマリ FILESTREAM ログ ファイル グループとログ ファイルが必要です。

5520

16

しない

FILESTREAM ファイル '%.*ls' を追加できません。追加先のファイル グループには複数のファイルを含めることができません。

5521

16

しない

SQL Server が '%.*ls' にあるトランザクション ファイル システム リソース マネージャから '%.*ls' を取得中に、エラー 0x%x (NT 状態コード) が発生しました。

5522

16

しない

FILESTREAM データ ファイルを削除できません。このデータ ファイルのログ ファイルがバックアップされていません。

5523

16

しない

空の FILESTREAM ログ ファイル グループを参照するために、FILESTREAM データ ファイル グループを追加することはできません。

5524

16

しない

既定の FILESTREAM データ ファイル グループは、残りのデータ ファイル グループが他にない場合は削除できません。

5525

16

しない

FILESTREAM ログ ファイル グループでは、READ_ONLY、READ_WRITE、および ONLINE/OFFLINE の各プロパティを変更できません。

5526

16

しない

FILESTREAM ログ ファイル '%.*ls' を削除できません。このログ ファイルは、FILESTREAM データ ファイル グループで参照されています。

5527

16

しない

他の FILESTREAM ファイル グループが存在するので、プライマリ FILESTREAM ログ ファイルを削除できません。

5528

16

しない

データベースには、プライマリ FILESTREAM ログ ファイル グループとログ ファイルを 1 つしか含めることはできません。

5531

16

しない

SQL Server が、'%.*ls'' にあるトランザクション ファイル システム リソース マネージャのログ モードを '%.*ls' から '%.*ls' に変更中に、エラー 0x%x (NT 状態コード) が発生しました。

5532

16

しない

SQL Server は、カーネル トランザクション マネージャのトランザクション コンテキストを取得してファイル システム操作を実行できません。

5533

23

しない

LSN '%d:%d:%d' を持つ FILESTREAM のファイル システム ログ レコードがありません。ログ フォルダ '%.*ls' が壊れています。バックアップからデータベースを復元してください。

5534

23

しない

データベース '%.*ls' の LSN '%d:%d:%d' で SQL ログ レコードが壊れています。データベースを復旧できません。

5535

23

しない

FILESTREAM データ コンテナ '%.*ls' が壊れています。データベースを復旧できません。

5536

23

しない

FILESTREAM の削除済みフォルダ '%.*ls' が壊れています。データベースを復旧できません。

5537

16

しない

関数 %ls は、FILESTREAM 属性を持つ列に対してのみ有効です。

5538

16

しない

FILESTREAM をソースとして持つ列に対しては、部分的な更新がサポートされていません。

5539

16

しない

メソッド %ls が呼び出された場合、使用中の FILESTREAM に関連付けられた ROWGUIDCOL 列は表示されません。

5540

16

しない

ベース テーブルの関連付けられた ROWGUIDCOL に NULL が許容されているか一意制約がないため、メソッド %ls でこの FILESTREAM 列は使用できません。

5541

16

しない

FILESTREAM 列をファイルとして開く場合は open モードを使用してください。

5542

16

しない

FILESTREAM ファイル グループ '%.*ls' には、割り当てられたファイルがありません。ファイルが追加されるまで、このファイル グループには、FILESTREAM データは作成できません。

5552

16

しない

FILESTREAM データ ファイル ID 0x%x に所属する GUID '%.*ls' で名前が付けられた FILESTREAM ファイルが存在しないか、開けません。

5553

16

しない

SQL Server 内部エラー。FILESTREAM マネージャでは現在のコマンドを続行できません。

5554

16

しない

単一ファイルのバージョン総数が、ファイル システムで設定されている上限に達しました。

5555

16

しない

FILESTREAM データの名前を変更できないので、この操作に失敗しました。

5570

16

しない

FILESTREAM はガベージ コレクション テーブルを見つけることができませんでした。

5571

23

しない

内部 FILESTREAM エラー: ガベージ コレクション テーブルにアクセスできませんでした。

5572

23

しない

内部 FILESTREAM エラー: 破損の可能性があるためファイル システム操作を実行できませんでした。

5573

10

しない

内部 FILESTREAM エラー: HRESULT 0x%x で廃棄テーブルへのアクセスに失敗しました。

5574

16

しない

データベースで FILESTREAM ストレージとデータベース ミラーリングの両方を有効にすることはできません。

5575

10

しない

sp_filestream_configure の実行中に、ファイル '%hs' の行 %d で、操作 '%ls' が HRESULT %ls で失敗しました。

5578

16

しない

FILESTREAM 構成の変更中または適用中にエラーが発生しました。詳細については、SQL Server エラー ログを参照してください。

5579

10

しない

FILESTREAM: 有効なレベル = %d、構成されたレベル = %d、ファイル ストリーム アクセスの共有名 = '%.*ls'。

5580

16

しない

FILESTREAM の InstanceGuid が NULL です。レジストリ設定が壊れている可能性があります。

5581

10

しない

FILESTREAM 機能が無効になっています。設定を完全に有効にするには、SQL Server インスタンスを再起動してください。FILESTREAM 列にデータがある場合、SQL Server インスタンスの再起動後は、このデータにアクセスできません。

5582

10

しない

FILESTREAM 機能の設定を有効にするには、コンピュータの再起動が必要です。

5583

16

しない

sp_filestream_configure ストアド プロシージャの enable_level パラメータに指定された値が無効です。この値は、0、1、2、または 3 である必要があります。

5584

16

しない

別のセッションで sp_filestream_configure ストアド プロシージャを実行しています。更新された構成設定を確認し、必要に応じて操作を再試行してください。

5586

10

しない

FILESTREAM 機能は、指定されたレベルに既に構成されています。変更は行われていません。

5588

16

しない

スナップショット分離レベルでは、FILESTREAM データへのアクセスがサポートされていません。

5589

16

しない

行のバージョン管理に基づいた READ COMMITTED スナップショット分離 (RCSI) では、FILESTREAM データへのアクセスがサポートされていません。

5590

16

しない

このプラットフォームでは、FILESTREAM 操作がサポートされません。

5591

16

しない

FILESTREAM 機能が無効になっています。

5592

16

しない

FILESTREAM 機能では、ファイル システムへのアクセスが有効になっていません。

5593

16

しない

FILESTREAM 機能は WoW64 ではサポートされていません。この機能は無効です。

5594

16

しない

.PathName () 関数の computer_name_format パラメータに指定された値が無効です。

5595

16

しない

.PhysicalPathName が無効です。

5596

10

しない

FILESTREAM 機能の構成の一貫性が損なわれている可能性があります。sp_filestream_configure ストアド プロシージャを使用して、構成をリセットしてください。

5597

16

しない

FILESTREAM 機能を初期化できませんでした。sp_configure を使用して FILESTREAM を有効にする前に、Windows の管理者が構成マネージャを使用してこのインスタンスで FILESTREAM を有効にする必要があります。

5598

16

しない

ユーザー インスタンスでは、FILESTREAM 機能はサポートされていません。

5600

16

しない

指定されたデータベースの指定された値には、データベース間のチェーン オプションを設定できません。

5601

16

しない

-F スタートアップ オプションで要求されましたが、サービス マスタ キーを強制的に再生成できませんでした。エラー番号は %ld です。

5602

16

しない

サービス マスタ キーが正常に再生成されました。

5603

16

しない

-K スタートアップ オプションで要求されましたが、SA のパスワードを強制的に再生成できませんでした。エラー番号は %ld です。

5604

16

しない

SA のパスワードの再生成に成功しました。

5701

10

しない

データベース コンテキストが '%.*ls' に変更されました。

5702

10

しない

SQL Server により、このプロセスを終了しています。

5703

10

しない

言語設定が %.*ls に変更されました。

5803

10

しない

sys.configurations に不明な構成 (ID = %d) が見つかりました。

5804

16

する

サーバー レベルで、文字セット、並べ替え順、または照合順序を変更できません。1 つ以上のデータベースが書き込み可能ではありません。そのデータベースを書き込み可能にしてから、操作を再試行してください。

5805

16

しない

指定されたロックが少なすぎます。最小 = %d。

5807

16

しない

%d 分以上の復旧間隔は推奨しません。RECONFIGURE WITH OVERRIDE ステートメントを使用して、この構成を強制的に変更してください。

5808

16

しない

システム カタログへのアドホック更新はサポートされていません。

5810

16

しない

FILLFACTOR の有効な値は 0 ~ 100 です。

5812

14

しない

RECONFIGURE ステートメントの実行権限がありません。

5828

16

しない

ユーザー接続数は %d に制限されています。

5829

16

しない

指定したユーザー オプション値は無効です。

5831

16

しない

サーバーの最小メモリ値 (%d) は、最大値 (%d) 以下に設定してください。

5832

16

しない

指定された関係マスクは、このシステムの CPU マスクと一致しません。

5833

16

しない

指定された関係マスクは、このエディションの SQL Server でサポートされている CPU 数またはライセンスが許可されている CPU 数を超えています。

5834

16

しない

指定された関係マスクが、指定された IO 関係マスクと競合します。オーバーライド オプションを使用して、この構成を設定してください。

5835

16

しない

システムの CPU をマスク 0x%lx を指定して起動できませんでした。

5836

16

しない

簡易プーリングは、このプラットフォームまたはこのエディションの SQL Server ではサポートされません。

5837

16

しない

Service Broker のリッスン ポートは動的にできません。有効なポートの値は 1024 ~ 32767 です。

5838

16

しない

Service Broker の接続認証値が無効です。

5839

16

しない

Service Broker のメッセージ転送ストアのサイズは 0 に設定できません。

5840

16

しない

Service Broker のメッセージ転送モードは無効です。

5841

16

しない

既定のフルテキスト言語がフルテキスト検索コンポーネントでサポートされていません。

5842

16

しない

指定されたワーカー スレッドが少なすぎます。最小 = %d。

5843

16

しない

このエディションの SQL Server では、AWE (Address Windowing Extensions) はサポートされません。

5844

16

しない

このエディションの SQL Server ではユーザー インスタンスはサポートされません。

5845

16

しない

Address Windowing Extensions (AWE) では、プロセスのアクセス トークンに現在存在しない 'lock pages in memory' 特権が必要です。

5846

16

しない

簡易プーリングでは、共通言語ランタイム (CLR) の実行はサポートされていません。"clr enabled" オプションまたは "lightweight pooling" オプションのいずれかを無効にしてください。

5848

10

する

物理 CPU ID %u が論理 CPU ID %u としてノード ID %u にホット追加されました。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。

5849

10

する

オンラインでの CPU の追加は、SQL Server の現在のエディションではサポートされていません。

5850

10

する

CPU リソースのオンラインでの追加を完了できません。ソフト NUMA (software non-uniform memory access) 構成で、CPU リソースのオンラインでの追加を許可しないことが SQL Server の起動時に指定されました。追加の CPU リソースを使用するには、ソフト NUMA 構成に新しい CPU を追加して SQL Server を再起動するか、ソフト NUMA 構成を削除して SQL Server を再起動してください。

5851

10

しない

AccessCheckResult クォータはバケット数以上である必要があります。

5852

10

しない

AccessCheckResult バケットは %d 未満である必要があります。

5854

10

しない

AccessCheckResult バケットは %d 未満である必要があります。

5904

17

する

チェックポイント処理を実行できません。使用できるロックが不足しています。ロックが使用できるようになるまでバックグラウンドのチェックポイント処理が中断されます。ロックを解放するには、トランザクションとそのロックの一覧を表示し、最もロックの数が多いトランザクションを終了してください。