Share via


データベースの使用

Microsoft Expression Web では、ASP.NET コントロールを使用して .aspx ファイルにデータベースのデータを表示できます。HTML ファイルには XML データを組み込むことはできますが、データベース データを組み込むことはできません。したがって、データベース データの表示、行の更新、行の編集、データベースへの新規行の追加が必要な場合は、.aspx ファイルと ASP.NET コントロールを使用します。

Web ページにデータベース データを表示するために必要な ASP.NET コントロールには、データ ソース コントロールとデータ バインドされたコントロールという 2 つの種類があります。

データ ソース コントロール

データ ソース コントロールは、データ ソースに接続してデータを読み取りおよび書き込みするタスクを管理する ASP.NET コントロールです。データ ソース コントロールはユーザー インターフェイスを表示せず、代わりに特定のデータ ストア (データベースや XML ファイルなど) と ASP.NET Web ページ上のその他のコントロールとの間を仲介します。データ ソース コントロールは、クエリ、並べ替え、ページング、フィルター処理、更新、削除、挿入など、データの取得および変更のための豊富な機能を提供します。ASP.NET データ ソース コントロールの詳細については、MSDN ライブラリの「データ ソース Web サーバー コントロール Cc295278.xtlink_newWindow(ja-jp,Expression.40).png」を参照してください。

Expression Web には、次のデータ ソース コントロールが含まれています。

データ ソース コントロール 説明

SqlDataSource コントロール

Microsoft SQL Server、OLE DB、ODBC、または Oracle データベースへのアクセスを提供する ADO.NET マネージ データ プロバイダーを使用できます。

AccessDataSourceControl

Microsoft Access データベースを使用できます。

XmlDataSource コントロール

XML ファイルを使用できます。XML ファイルは TreeView コントロールや Menu コントロールなどの階層的な ASP.NET サーバー コントロールで特に有効です。

SiteMapDataSource コントロール

ASP.NET サイト ナビゲーションで使用します。

データ ソース コントロールは .aspx ファイルに明示的に追加する必要はありません。ページ上のデータ バインドされたコントロールに対してデータ ソースを選択すると、Expression Web によって適切なデータ ソース コントロールがページに追加されます。

データ バインドされたコントロール

データ バインドされたコントロールは、要求元のブラウザーにデータをマークアップとして表示します。データ バインドされたコントロールはデータ ソース コントロールにバインドでき、ページ要求ライフサイクルの適切なタイミングで自動的にデータを取得できます。データ バインドされたコントロールでは、並べ替え、ページング、キャッシュ、フィルター処理、更新、削除、挿入などのデータ ソース コントロールが提供する機能を使用できます。データ バインドされたコントロールは、DataSourceID プロパティを使用してデータ ソース コントロールに接続します。ASP.NET データ バインド コントロールの詳細については、MSDN ライブラリの「データ Web サーバー (ASP.NET) コントロール Cc295278.xtlink_newWindow(ja-jp,Expression.40).png」を参照してください。

Expression Web には次のデータ バインドされたコントロールがあります。

データ バインドされたコントロール 説明

List コントロール

各種のリスト形式でデータを表示します。List コントロールには、BulletedList、CheckBoxList、DropDownList、ListBox、RadioButtonList の各コントロールがあります。

AdRotator コントロール

ページ上の広告をイメージとして表示します。ユーザーは、このイメージをクリックして広告に関連付けられている URL に移動できます。

DataList コントロール

テーブルのデータを表示します。各項目は、各自が定義する項目テンプレートを使用して表示されます。

DetailsView コントロール

表形式のレイアウトにレコードを一度に 1 つずつ表示し、レコードを編集、削除、および挿入できるようにします。また、複数のレコード間を移動することもできます。

FormView コントロール

DetailsView コントロールに似ていますが、各レコードに自由な形式のレイアウトを定義できます。FormView コントロールは、DataList コントロールを単一のレコードに使用するようなものです。

GridView コントロール

テーブルにデータを表示し、コードを記述せずにデータの編集、更新、並べ替え、およびページングを行えます。

Menu コントロール

データを階層的な動的メニューで表示します。サブメニューも指定できます。

Repeater コントロール

データを一覧に表示します。各項目は、各自が定義する項目テンプレートを使用して表示されます。

TreeView コントロール

データを展開可能なノードを含む階層ツリーに表示します。

関連項目

概念

データの作業
データ ビュー