Share via


XML データの使用

データ ビューを使用すると、XML データを HTML ページや ASP.NET ページに組み込むことができます。データ ビューは、XML ファイルをページにドラッグするだけで簡単に作成できます。

データ ビューは、フィルター、並べ替え、グループ化が可能な、XML データのライブ ビューを提供します。完全な WYSIWYG 環境では、レイアウトの変更、スタイルの適用、条件付き書式の適用も可能です。

また、データ ビューをページに挿入した後、Microsoft Expression Web の WYSIWYG ツールを使用して、列の追加や削除、フォントの書式の変更、色の適用などを行うこともできます。Expression Web に用意されている WYSIWYG ツールを使用してデータ ビューを書式設定すると、外部 .xsl ファイル内に Extensible Stylesheet Language Transformations (XSLT) が自動的に生成されます。この外部ファイルで XSLT を直接編集することもできますが、Expression Web の書式設定ツールを使用すると、XSLT の知識がなくても XSLT をすばやく簡単に適用できます。

関連項目

タスク

データ ビューの追加
データ ビューへの条件付き書式の適用
データ ビューでのデータの並べ替え
データ ビューでの数式列の作成
データ ビューのレイアウトの変更
データ ビュー内の列の変更
データ ビューのデータのフィルター処理
ページへの RSS フィードの追加
データ ビューでのサンプル データの表示

概念

データ ビュー