Share via


VbStrConv 列挙型

更新 : 2007 年 11 月

StrConv 関数を呼び出すときに実行する変換の種類を示します。

解説

StrConv 関数を呼び出すときに、実際の値の代わりにコード内で次の列挙型のメンバを使用できます。Conversion 引数は、VbStrConv 列挙型のメンバを受け取ります。

メンバ

メンバ

定数

説明

UpperCase

vbUpperCase

文字列を大文字に変換します。

LowerCase

vbLowerCase

文字列を小文字に変換します。

ProperCase

vbProperCase

文字列の各単語の先頭の文字を大文字に変換します。

Wide

vbWide

文字列内の半角文字 (1 バイト) を全角文字 (2 バイト) に変換します。アジア ロケールに適用されます。

Narrow

vbNarrow

文字列内の全角文字 (2 バイト) を半角文字 (1 バイト) に変換します。アジア ロケールに適用されます。

なし

 

変換は行われません。

Katakana

vbKatakana

文字列内のひらがなをカタカナに変換します。ロケールの設定が日本の場合のみ有効です。

Hiragana

vbHiragana

文字列内のカタカナをひらがなに変換します。ロケールの設定が日本の場合のみ有効です。

SimplifiedChinese

vbSimplifiedChinese

中国語の繁体字を簡体字に変換します。

TraditionalChinese

vbTraditionalChinese

中国語の簡体字を繁体字に変換します。

LinguisticCasing

vbLinguisticCasing

大文字小文字の処理規則をファイル システムから文法に変換します。

スマート デバイス開発者のためのメモ

この列挙型はサポートされていません。

必要条件

名前空間 : Microsoft.VisualBasic

アセンブリ : Visual Basic ランタイム ライブラリ (Microsoft.VisualBasic.dll)

参照

処理手順

方法 : 列挙型のメンバを参照する

概念

組み込み定数と組み込み列挙型

列挙型を使用する状況

参照

StrConv 関数

その他の技術情報

Visual Basic の文字列の概要