Share via


System.DirectoryServices とは

Active Directory ドメイン サービスにアクセスするアプリケーションを開発したことがあれば、おそらく ADSI および LDAP API に精通していることと思います。System.DirectoryServices は、Active Directory ドメイン サービスへの .NET Framework を使用したアクセスを提供します。System.DirectoryServices を使用すると、C# や Visual Basic などのプログラミング言語を使ってマネージ コードで Active Directory ドメイン サービスなどのディレクトリ サービスにアクセスするアプリケーションを記述できます。

.NET Framework では、ディレクトリ オブジェクトのクラスとプロパティおよびそれらのオブジェクトにアクセスして操作するために使用されるメソッドは、System.DirectoryServices 名前空間内に含まれています。System.DirectoryServices のクラスは ADSI 機能をラップしますが、名前付けスキームはその ADSI の対応するものに一致しないことがあります。

このガイドを使用するときは、実行するタスクを検索して、どのクラスおよびメソッドを使用するのかを調べてください。このようにすると、System.DirectoryServices で使用されている名前付けスキームを理解することができます。

次の図は、マネージ コード レイヤを含めてさまざまなディレクトリ API がどのようにレイヤ化されているかを示しています。

マネージ コード

関連項目

リファレンス

System.DirectoryServices
System.DirectoryServices.ActiveDirectory
System.DirectoryServices.Protocols

概念

System.DirectoryServices 名前空間の概要
System.DirectoryServices について

その他の技術情報

System.DirectoryServices.ActiveDirectory Namespace Overview
System.DirectoryServices.Protocols Namespace Overview

Send comments about this topic to Microsoft.

Copyright © 2007 by Microsoft Corporation. All rights reserved.