Share via


Workspaces コマンド

システムのワークスペースに関する情報を表示し、Visual Studio Team Foundation Server を実行するサーバーのユーザー名またはコンピューター名の変更に関するキャッシュ情報を更新します。

必要なアクセス許可

workspaces コマンドを使用するには、[読み取り] のアクセス許可が [許可] に設定されている必要があります。 詳細については、「Team Foundation Server のアクセス許可」を参照してください。

tf workspaces [/owner:ownername] [/computer:computername] 
[/collection:TeamProjectCollectionUrl] [/format:(brief|detailed)] 
[/updateUserName:oldUserName] [/updateComputerName:oldComputerName] 
[workspacename][/login:username,[password]]

tf workspaces /remove:(*|workspace1[,workspace2,...]) 
/collection:(*|TeamProjectCollectionUrl)

パラメーター

引数

説明

ownername

/owner オプションに値を指定します。 すべてのユーザーが作成したワークスペースを対象にする場合は "*" を指定します。

computername

/computer オプションに値を指定します。 すべてのコンピューターのワークスペースを対象にする場合は "*" を指定します。

workspacename

情報を表示するワークスペースの名前を指定します。 workspacename を指定しなければ、サーバーのすべてのワークスペースに関する情報が表示されます。 サーバーのすべてのワークスペースに関する情報を表示するために "*" ワイルドカード文字を使用することもできます。

oldUserName

/updateUserName オプションに古いユーザー名を提供します。

oldComputerName

/updateComputerName オプションに古いコンピューター名を提供します。

TeamProjectCollectionUrl

情報を表示するワークスペースを含むチーム プロジェクト コレクションの URL (http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection など)。

username

/login オプションに値を指定します。 ユーザー名の値は、DOMAIN\UserName または UserName のいずれかとして指定できます。

オプション

説明

/owner

ワークスペースを作成したユーザーの名前を指定します。 所有者を指定しない場合、Team Foundation は、現在のユーザーが所有するワークスペースのみに関する情報を返します。

/computer

サーバーのワークスペースの一覧をフィルター処理するクライアント コンピューターの名前を指定します。 コンピューターを指定しない場合、Team Foundation は、現在のコンピューターのワークスペースのみに関する情報を返します。

/format

ワークスペース情報の形式を指定します。 Brief を指定すると、マッピングを除いたワークスペース情報が返されます。 Detailed を指定すると、ワークスペース情報とマッピングが返されます。 詳細形式は、/collection オプションを指定した場合のみ使用できます。 既定値は、Brief です。

/updateUserName

ネットワーク ユーザー名が変更されたユーザーの Team Foundation サーバーのセキュリティ ID 情報を更新します。 このオプションを指定する場合は、/collection オプションを使用してチーム プロジェクト コレクションも指定する必要があります。

/updateComputerName

クライアント コンピューターの名前の変更を反映するために Team Foundation のテーブルを更新するように指示します。 このオプションを指定する場合は、/collection オプションを使用してチーム プロジェクト コレクションも指定する必要があります。

/remove

クライアントのキャッシュから指定したチーム プロジェクト コレクションの指定したワークスペースのエントリを削除します。

/collection

チーム プロジェクト コレクションを指定します。

/login

Team Foundation Server でユーザーを認証するためのユーザー名とパスワードを指定します。

解説

tf コマンド ライン ユーティリティの workspaces コマンドは、現在のコンピューターのワークスペース、指定したユーザーが所有するワークスペース、または特定の Team Foundation Server に関連付けられたすべてのワークスペースに関する情報を表示します。 Team Foundation は、各ワークスペースの名前、所有者、コメント、およびコンピューター名を表示します。 詳細情報の出力では、ワークスペース マッピングも表示されます。 所有者、コンピューター、ワークスペース名などのフィルターを提供しない場合、Team Foundation は作成したワークスペースに関する情報のみを表示します。

ワークスペースのプロパティを編集する方法の詳細については、「Workspace コマンド」を参照してください。

tf コマンド ライン ユーティリティの使い方の詳細については、「Tf コマンド ライン ユーティリティのコマンド」を参照してください。

次の例は、現在のコンピューターの現在のユーザーのすべてのワークスペースの一覧を表示します。

c:\projects>tf workspaces

次の例は、アドレス http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection の次のチーム プロジェクト コレクションで作成されているすべてのコンピューターにあるすべてのユーザーのすべてのワークスペースの一覧を示します。

c:\projects>tf workspaces /owner:* /computer:* /collection:http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection

次の例は、現在のユーザーがアドレス http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection のチーム プロジェクト コレクションで作成したすべてのワークスペースに関する詳細情報を示します。

c:\projects>tf workspaces /computer:* /format:detailed /collection:http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection

次の例は、現在のユーザーが所有し、現在のコンピューターにある "WS1" というワークスペースに関するワークスペース マッピングの一覧を含む詳細情報を示します。

c:\projects>tf workspaces /format:detailed /collection:http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection WS1

次の例は、アドレス http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection のチーム プロジェクト コレクションのキャッシュからキャッシュされているすべてのワークスペースを削除します。

c:\projects>tf workspaces /remove:* /collection:http://myserver:8080/tfs/DefaultCollection

参照

処理手順

ワークスペースの作成とファイルの取得

参照

コマンド ライン構文 (バージョン管理)

Workspace コマンド

Workfold コマンド

概念

ワークスペースの作成とチーム プロジェクトの操作

その他の技術情報

Tf コマンド ライン ユーティリティのコマンド