次の方法で共有


accessKey

accessKey accessKey *
*前のトピック: プロパティ
*次のトピック: action

accessKey

解説

エレメントに適用できるアクセラレータキーを指定する(以下の“適用”欄を参照すること)。ALTキーと、指定したアクセラレータキーを押すと、あるページにフォーカスを与えることができる。

構文

object**.accessKey**[ = "sAccessKey"]

パラメータ 解説
accessKey キーボードの英数字キーのいずれか。

注意事項

accessKeyプロパティはあるエレメントにフォーカスを与えることができる。さらに、いくつかのコントロールはフォーカスを得た後にアクションをとる。例えば、あるボタンにaccessKeyを使えば、onclickイベントが発生する。ラジオボタンのaccessKeyを押すことによりonclickイベントが発生し、checkedプロパティが切り替わる。視覚的にコントロールを選択したり、選択を解除したりすることができる。

次の例は、テキストボックスにフォーカスを与えるためにLABELエレメントとaccessKeyプロパティを組み合わせて使用している。LABELエレメント内でリッチテキストがサポートされているので、指定したaccessKeyに下線を引くことも可能である。

<LABEL FOR="fp1" ACCESSKEY="1">#<u>1</u>: Press Alt+1 to set focus to textbox</LABEL>
<INPUT TYPE="text" NAME="T1" VALUE="text1" SIZE="20" TABINDEX="1" ID="fp1">

このプロパティは読み書き可能、文字列をとる。

適用

A, APPLET, BUTTON, EMBED, FIELDSET, IFRAME, IMG, INPUT, LABEL, OBJECT, SELECT, TABLE, TEXTAREA

Up トップに戻る
© 1997 Microsoft Corporation. All rights reserved. Terms of Use.