Share via


addRule

addRule addRule *
*前のトピック: addReadRequest
*次のトピック: alert

addRule

解説

styleSheetオブジェクトに新しいスタイルルールを作成し、rulesコレクション中にインデックスを返す。現在無効となっているスタイルシートにもルールを追加できるが、そのスタイルシートを使用するまでドキュメントには影響しない。

構文

integer = object**.addRule(selector,** style [, index])

パラメータ 解説
selector 新しいルールのセレクタを指定する文字列。1つにまとめられたコンテキスト セレクタを指定できる。例えば、"DIV P B"などと指定できる。
style スタイルルールのスタイル配置を指定する文字列。これはインラインスタイルの指定の方法と同じである。例えば、"color:blue"などと指定できる。
index オプション。rulesコレクションの中で新規追加するルールの位置を指定する整数。これを指定しない場合には、新規のルールはrulesコレクションの最後に追加される。

戻り値

戻り値は予約済み。使用してはならない。

注意事項

オブジェクトモデルによってスタイルシートを操作する場合、位置情報を持っていないエレメントに対して"position"に関するスタイルを含んだaddRule()は使うことができない。しかし、オブジェクトに"position:relative"が設定されているとき、"position:absolute"とすることは可能である。この逆も可能。

次の例は、<DIV>、<P>タグの中のボールドのテキストを青色に表示するルールをrulesコレクションの先頭に新たに追加する。

var new_rule;
new_rule = styleSheets[0].addRule("DIV P B", "color:blue", 0);

適用

styleSheet

Up トップに戻る
© 1997 Microsoft Corporation. All rights reserved. Terms of Use.