SuggestedTagAndRegionQuery クラス

次のクエリのセッション ID と継続 ID を含む結果イメージとトークンの配列。

変数はサーバーによってのみ設定され、要求の送信時には無視されます。

継承
SuggestedTagAndRegionQuery

コンストラクター

SuggestedTagAndRegionQuery(*, token=None, **kwargs)

パラメーター

token
SuggestedTagAndRegionQueryToken
必須

推奨されるタグをフェッチする必要があるプロパティが含まれています。

変数

results
list[StoredSuggestedTagAndRegion]

タグなしイメージの推奨タグとリージョン要求の結果。

メソッド

as_dict

json.dump を使用して JSONify できる dict を返します。

高度な使用法では、必要に応じてコールバックをパラメーターとして使用できます。

キーは、Python で使用される属性名です。 Attr_descはメタデータのディクテーションです。 現在、msrest 型の 'type' と RestAPI でエンコードされたキーを持つ 'key' が含まれています。 値は、このオブジェクトの現在の値です。

返される文字列は、キーのシリアル化に使用されます。 戻り値の型がリストの場合、これは階層的な結果のディクトと見なされます。

このファイルの 3 つの例を参照してください。

  • attribute_transformer

  • full_restapi_key_transformer

  • last_restapi_key_transformer

XML シリアル化が必要な場合は、kwargs is_xml=True を渡すことができます。

deserialize

RestAPI 構文を使用して str を解析し、モデルを返します。

enable_additional_properties_sending
from_dict

指定されたキー抽出器を使用してディクテーションを解析し、モデルを返します。

既定では、キー抽出器 (rest_key_case_insensitive_extractor、attribute_key_case_insensitive_extractor、last_rest_key_case_insensitive_extractor) を検討してください

is_xml_model
serialize

このモデルから Azure に送信される JSON を返します。

これは、 as_dict(full_restapi_key_transformer、keep_readonly=False) のエイリアスです

XML シリアル化が必要な場合は、kwargs is_xml=True を渡すことができます。

validate

このモデルを再帰的に検証し、ValidationError の一覧を返します。

as_dict

json.dump を使用して JSONify できる dict を返します。

高度な使用法では、必要に応じてコールバックをパラメーターとして使用できます。

キーは、Python で使用される属性名です。 Attr_descはメタデータのディクテーションです。 現在、msrest 型の 'type' と RestAPI でエンコードされたキーを持つ 'key' が含まれています。 値は、このオブジェクトの現在の値です。

返される文字列は、キーのシリアル化に使用されます。 戻り値の型がリストの場合、これは階層的な結果のディクトと見なされます。

このファイルの 3 つの例を参照してください。

  • attribute_transformer

  • full_restapi_key_transformer

  • last_restapi_key_transformer

XML シリアル化が必要な場合は、kwargs is_xml=True を渡すことができます。

as_dict(keep_readonly=True, key_transformer=<function attribute_transformer>, **kwargs)

パラメーター

key_transformer
<xref:function>

キー トランスフォーマー関数。

keep_readonly
既定値: True

戻り値

dict JSON 互換オブジェクト

の戻り値の型 :

deserialize

RestAPI 構文を使用して str を解析し、モデルを返します。

deserialize(data, content_type=None)

パラメーター

data
str
必須

RestAPI 構造体を使用する str。 既定では JSON。

content_type
str
既定値: None

JSON は既定で、application/xml if XML を設定します。

戻り値

このモデルのインスタンス

例外

DeserializationError if something went wrong

enable_additional_properties_sending

enable_additional_properties_sending()

from_dict

指定されたキー抽出器を使用してディクテーションを解析し、モデルを返します。

既定では、キー抽出器 (rest_key_case_insensitive_extractor、attribute_key_case_insensitive_extractor、last_rest_key_case_insensitive_extractor) を検討してください

from_dict(data, key_extractors=None, content_type=None)

パラメーター

data
dict
必須

RestAPI 構造体を使用したディクテーション

content_type
str
既定値: None

JSON は既定で、application/xml if XML を設定します。

key_extractors
既定値: None

戻り値

このモデルのインスタンス

例外

DeserializationError if something went wrong

is_xml_model

is_xml_model()

serialize

このモデルから Azure に送信される JSON を返します。

これは、 as_dict(full_restapi_key_transformer、keep_readonly=False) のエイリアスです

XML シリアル化が必要な場合は、kwargs is_xml=True を渡すことができます。

serialize(keep_readonly=False, **kwargs)

パラメーター

keep_readonly
bool
既定値: False

readonly 属性をシリアル化する場合

戻り値

dict JSON 互換オブジェクト

の戻り値の型 :

validate

このモデルを再帰的に検証し、ValidationError の一覧を返します。

validate()

戻り値

検証エラーの一覧

の戻り値の型 :