Express Route Circuit Connections - Delete

指定した高速ルート回線から、指定した Express Route 回線接続を削除します。

DELETE https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/{circuitName}/peerings/{peeringName}/connections/{connectionName}?api-version=2022-01-01

URI パラメーター

Name In Required Type Description
circuitName
path True
  • string

高速ルート回線の名前。

connectionName
path True
  • string

高速ルート回線接続の名前。

peeringName
path True
  • string

ピアリングの名前。

resourceGroupName
path True
  • string

リソース グループの名前。

subscriptionId
path True
  • string

Microsoft Azure サブスクリプションを一意に識別するサブスクリプション資格情報。 サブスクリプション ID は、全ての修理依頼についてURI の一部を生じさせます。

api-version
query True
  • string

クライアント API バージョン。

応答

Name Type Description
200 OK

削除が成功しました。

202 Accepted

受け入れられ、操作は非同期的に完了します。

204 No Content

削除が成功しました。

Other Status Codes

操作に失敗した理由を説明するエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

OAuth2 FlowをAzure Active Directoryします。

Type: oauth2
Flow: implicit
Authorization URL: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

Scopes

Name Description
user_impersonation ユーザー アカウントを偽装する

Delete ExpressRouteCircuit

Sample Request

DELETE https://management.azure.com/subscriptions/subid/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.Network/expressRouteCircuits/ExpressRouteARMCircuitA/peerings/AzurePrivatePeering/connections/circuitConnectionUSAUS?api-version=2022-01-01

Sample Response

定義

CloudError

サービスからのエラー応答。

CloudErrorBody

サービスからのエラー応答。

CloudError

サービスからのエラー応答。

Name Type Description
error

クラウド エラー本文。

CloudErrorBody

サービスからのエラー応答。

Name Type Description
code
  • string

エラーの識別子。 コードは不変であり、プログラムによって使用されることを意図しています。

details

エラーに関する追加の詳細の一覧。

message
  • string

ユーザー インターフェイスでの表示に適したエラーを説明するメッセージ。

target
  • string

特定のエラーのターゲット。 たとえば、エラーが発生したプロパティの名前です。