次の方法で共有


Face Recognition Operations - Identify From Large Person Group

1 対多の ID を使用して、大規模な人物グループから特定のクエリユーザーの顔の最も近い一致を検索します。
faceIds 配列内の各顔について、Face Identify は、クエリの顔と (largePersonGroupId によって指定された) Large Person Group 内のすべての顔の間の類似点を計算し、類似性の信頼度によってランク付けされたその顔の候補人物を返します。 大規模人物グループは、識別の準備ができているようにトレーニングする必要があります。 詳細については、「大きな人グループをトレーニングする」を参照してください。

注意

    • このアルゴリズムを使用すると、同じ要求で複数の顔を個別に識別できますが、顔は 10 個以下です。
    • 各人は複数の顔を持つことができますが、248 以下の顔を持つことができます。
    • 顔の画質が高いほど、識別精度が向上します。 正面、透明、顔のサイズは 200 x 200 ピクセル (目の間に 100 ピクセル) 以上の高品質の顔を検討してください。
    • 返される候補の数は、maxNumOfCandidatesReturned と confidenceThreshold によって制限されます。 人物が特定されない場合、返される候補は空の配列になります。
    • 人物グループ/大人グループの代わりに、顔リスト/大きな顔リストから類似した顔を見つける必要がある場合は、"類似の検索" を試してください。
    • クエリの顔に関連付けられている 'recognitionModel' faceIds は、ターゲットの人物グループまたは大きな人物グループで使用される 'recognitionModel' と同じである必要があります。
POST {endpoint}/face/{apiVersion}/identify

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
apiVersion
path True

string

API バージョン

endpoint
path True

string

uri

サポートされている Cognitive Services エンドポイント (プロトコルとホスト名(例: https://{resource-name}.cognitiveservices.azure.com)。

要求本文

名前 必須 説明
faceIds True

string[]

"Detect" によって作成されたクエリ顔 faceId の配列。 各顔は個別に識別されます。 有効な faceId の数は [1, 10] の間です。

largePersonGroupId True

string

"Create Large Person Group" によって作成された、ターゲットの Large Person Group の largePersonGroupId。 パラメーター personGroupId と largePersonGroupId を同時に指定しないでください。

confidenceThreshold

number

[0, 1] の範囲でカスタマイズされた識別信頼度しきい値。 高度なユーザーは、シナリオ データの精度を向上させるために、この値を調整して既定の内部しきい値をオーバーライドできます。 このしきい値が他のデータで動作し、アルゴリズムの更新後に動作することは保証されていないことに注意してください。

maxNumOfCandidatesReturned

integer

maxNumOfCandidatesReturned の範囲は 1 ~ 100 です。 既定値は 10 です。

応答

名前 説明
200 OK

IdentificationResult[]

呼び出しが成功すると、クエリ顔ごとに識別された候補人物が返されます。

Other Status Codes

FaceErrorResponse

予期しないエラー応答。

Headers

x-ms-error-code: string

セキュリティ

Ocp-Apim-Subscription-Key

Azure AI Face サブスクリプションの秘密鍵。

Type: apiKey
In: header

AADToken

Azure Active Directory OAuth2 フロー

Type: oauth2
Flow: accessCode
Authorization URL: https://api.example.com/oauth2/authorize
Token URL: https://api.example.com/oauth2/token

Scopes

名前 説明
https://cognitiveservices.azure.com/.default

Identify from LargePersonGroup

Sample Request

POST {endpoint}/face/v1.1-preview.1/identify

{
  "faceIds": [
    "c5c24a82-6845-4031-9d5d-978df9175426"
  ],
  "largePersonGroupId": "your_large_person_group_id",
  "maxNumOfCandidatesReturned": 9,
  "confidenceThreshold": 0.7
}

Sample Response

[
  {
    "faceId": "c5c24a82-6845-4031-9d5d-978df9175426",
    "candidates": [
      {
        "personId": "85c0c630-c9c9-40f8-8a4e-f9ae4f926ea5",
        "confidence": 0.8
      }
    ]
  }
]

定義

名前 説明
FaceError

error オブジェクト。 Face Service によって返されるエラー コードとメッセージの包括的な詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/face-error-codes-and-messages

FaceErrorResponse

エラーの詳細を含む応答。

IdentificationCandidate

識別呼び出しの候補。

IdentificationResult

結果を特定します。

FaceError

error オブジェクト。 Face Service によって返されるエラー コードとメッセージの包括的な詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/face-error-codes-and-messages

名前 説明
code

string

サーバー定義のエラー コードのセットの 1 つ。

message

string

エラーの人間が判読できる表現。

FaceErrorResponse

エラーの詳細を含む応答。

名前 説明
error

FaceError

error オブジェクト。

IdentificationCandidate

識別呼び出しの候補。

名前 説明
confidence

number

候補の信頼度値。 信頼度が高いほど、類似度が高くなります。 [0,1] の範囲。

personId

string

候補ユーザーの personId。

IdentificationResult

結果を特定します。

名前 説明
candidates

IdentificationCandidate[]

その顔の特定された人物候補 (信頼度でランク付け)。 配列サイズは入力 maxNumOfCandidatesReturned 以下にする必要があります。 特定された人物がいない場合は、空の配列が返されます。

faceId

string

クエリ顔の faceId。