次の方法で共有


Face Recognition Operations - Verify Face To Face

2 つの顔が同じ人物に属しているかどうかを確認します。

注意

    • 顔の画質が高いほど、識別精度が向上します。 前面、透明、顔サイズは 200 x 200 ピクセル (目の間に 100 ピクセル) 以上の高品質な顔を検討してください。
    • 精度に敏感なシナリオについては、独自の判断を行ってください。
    • 両方の顔に関連付けられている 'recognitionModel' は同じである必要があります。
POST {endpoint}/face/{apiVersion}/verify

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
apiVersion
path True

string

API バージョン

endpoint
path True

string

uri

サポートされている Cognitive Services エンドポイント (プロトコルとホスト名(例: https://{resource-name}.cognitiveservices.azure.com)。

要求本文

名前 必須 説明
faceId1 True

string

1 つの顔の faceId は、"検出" から取得されます。

faceId2 True

string

別の顔の faceId は、"検出" から取得されます。

応答

名前 説明
200 OK

VerificationResult

呼び出しが成功すると、検証結果が返されます。

Other Status Codes

FaceErrorResponse

予期しないエラー応答。

Headers

x-ms-error-code: string

セキュリティ

Ocp-Apim-Subscription-Key

Azure AI Face サブスクリプションの秘密キー。

Type: apiKey
In: header

AADToken

Azure Active Directory OAuth2 フロー

Type: oauth2
Flow: accessCode
Authorization URL: https://api.example.com/oauth2/authorize
Token URL: https://api.example.com/oauth2/token

Scopes

名前 説明
https://cognitiveservices.azure.com/.default

Verify Face to Face

Sample Request

POST {endpoint}/face/v1.1-preview.1/verify

{
  "faceId1": "c5c24a82-6845-4031-9d5d-978df9175426",
  "faceId2": "3aa87e30-b380-48eb-ad9e-1aa54fc52bd3"
}

Sample Response

{
  "isIdentical": true,
  "confidence": 0.8
}

定義

名前 説明
FaceError

error オブジェクト。 Face Service によって返されるエラー コードとメッセージの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/face-error-codes-and-messages

FaceErrorResponse

エラーの詳細を含む応答。

VerificationResult

結果を確認します。

FaceError

error オブジェクト。 Face Service によって返されるエラー コードとメッセージの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/face-error-codes-and-messages

名前 説明
code

string

サーバー定義のエラー コードのセットの 1 つ。

message

string

エラーの人間が判読できる表現。

FaceErrorResponse

エラーの詳細を含む応答。

名前 説明
error

FaceError

error オブジェクト。

VerificationResult

結果を確認します。

名前 説明
confidence

number

数値は、2 つの顔が同じ人物に属しているかどうか、または顔が人物に属しているかどうかの類似性の信頼度を示します。 類似性の信頼度が 0.5 以上の場合、既定では isIdentical は True に設定されます。 これは、上級ユーザーが 'isIdentical' をオーバーライドし、自分のデータで結果を微調整するのに役立ちます。

isIdentical

boolean

True を指定すると、2 つの顔が同じ人物に属している場合、または顔が人物に属している場合は true、それ以外の場合は false。