Replication Migration Items - Resync

レプリケーションを再同期します。
ASR 移行項目のレプリケーションを再同期する操作。

POST https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.RecoveryServices/vaults/{resourceName}/replicationFabrics/{fabricName}/replicationProtectionContainers/{protectionContainerName}/replicationMigrationItems/{migrationItemName}/resync?api-version=2021-08-01

URI パラメーター

Name In Required Type Description
fabricName
path True
  • string

ファブリック名。

migrationItemName
path True
  • string

移行項目名。

protectionContainerName
path True
  • string

保護コンテナー名。

resourceGroupName
path True
  • string

Recovery Services コンテナーが存在するリソース グループの名前。

resourceName
path True
  • string

Recovery Services コンテナーの名前。

subscriptionId
path True
  • string

サブスクリプション ID。

api-version
query True
  • string

クライアント API のバージョン。

要求本文

Name Required Type Description
properties True

入力プロパティを再同期します。

応答

Name Type Description
200 OK

OK

202 Accepted

承認済み

セキュリティ

azure_auth

OAuth2 FlowをAzure Active Directoryする

Type: oauth2
Flow: implicit
Authorization URL: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

Scopes

Name Description
user_impersonation ユーザー アカウントを偽装します。

Resynchronizes replication.

Sample Request

POST https://management.azure.com/subscriptions/cb53d0c3-bd59-4721-89bc-06916a9147ef/resourceGroups/resourcegroup1/providers/Microsoft.RecoveryServices/vaults/migrationvault/replicationFabrics/vmwarefabric1/replicationProtectionContainers/vmwareContainer1/replicationMigrationItems/virtualmachine1/resync?api-version=2021-08-01

{
  "properties": {
    "providerSpecificDetails": {
      "instanceType": "VMwareCbt",
      "skipCbtReset": "true"
    }
  }
}

Sample Response

{
  "id": "/Subscriptions/cb53d0c3-bd59-4721-89bc-06916a9147ef/resourceGroups/resourcegroup1/providers/Microsoft.RecoveryServices/vaults/migrationvault/replicationFabrics/vmwarefabric1/replicationProtectionContainers/vmwareContainer1/replicationMigrationItems/virtualmachine1",
  "name": "virtualmachine1",
  "type": "Microsoft.RecoveryServices/vaults/replicationFabrics/replicationProtectionContainers/replicationMigrationItems",
  "properties": {
    "machineName": "vm-0520-2",
    "migrationState": "Replicating",
    "migrationStateDescription": "Ready to migrate",
    "testMigrateState": "None",
    "testMigrateStateDescription": "None",
    "policyFriendlyName": "vmwarepolicy1",
    "policyId": "/Subscriptions/cb53d0c3-bd59-4721-89bc-06916a9147ef/resourceGroups/resourcegroup1/providers/Microsoft.RecoveryServices/vaults/migrationvault/replicationPolicies/vmwarepolicy1",
    "allowedOperations": [
      "Migrate",
      "DisableMigration",
      "TestMigrate",
      "TestMigrateCleanup"
    ],
    "currentJob": {
      "jobName": "None",
      "jobId": "/Subscriptions/cb53d0c3-bd59-4721-89bc-06916a9147ef/resourceGroups/resourcegroup1/providers/Microsoft.RecoveryServices/vaults/migrationvault/replicationJobs/None",
      "startTime": "2017-04-26T06:37:50.8082715Z"
    },
    "providerSpecificDetails": {
      "instanceType": "VMwareCbt"
    }
  }
}

定義

CurrentJobDetails

移行項目の現在のジョブの詳細。

DiskAccountType

DiskType。

EthernetAddressType

送信元 IP アドレスの種類。

HealthError

正常性エラー。

HealthErrorCustomerResolvability

正常性エラーが顧客解決可能かどうかを示す値。

InnerHealthError

InnerHealthError クラスを実装します。 HealthError オブジェクトには、子エラーとして InnerHealthErrors の一覧があります。 InnerHealthError は、イドラがコントラクトを自動生成しようとしたときに構造体の無限ループを防ぐので使用されます。 内部の正常性エラーとして関連する正常性エラーが公開されており、すべての API コンシューマーが例外 -> InnerException と同じ方法でこれを利用できます。

MigrationItem

移行項目。

MigrationItemProperties

移行項目のプロパティ。

MigrationState

移行の状態。

ProtectionHealth

正常性。

ResyncInput

入力を再同期します。

ResyncInputProperties

入力プロパティを再同期します。

ResyncState

再同期状態。

TestMigrationState

テスト移行の状態。

VMwareCbtMigrationDetails

VMwareCbt プロバイダー固有の設定。

VMwareCbtNicDetails

VMwareCbt NIC の詳細。

VMwareCbtProtectedDiskDetails

VMwareCbt で保護されたディスクの詳細。

VMwareCbtResyncInput

VMwareCbt 固有の再同期入力。

CurrentJobDetails

移行項目の現在のジョブの詳細。

Name Type Description
jobId
  • string

実行中のジョブの ARM ID。

jobName
  • string

ジョブ名です。

startTime
  • string

ジョブの開始時刻。

DiskAccountType

DiskType。

Name Type Description
Premium_LRS
  • string
StandardSSD_LRS
  • string
Standard_LRS
  • string

EthernetAddressType

送信元 IP アドレスの種類。

Name Type Description
Dynamic
  • string
Static
  • string

HealthError

正常性エラー。

Name Type Description
creationTimeUtc
  • string

エラーの作成時刻 (UTC)。

customerResolvability

正常性エラーが顧客解決可能かどうかを示す値。

entityId
  • string

エンティティの ID。

errorCategory
  • string

エラーのカテゴリ。

errorCode
  • string

エラー コード。

errorId
  • string

正常性エラーの一意の ID。

errorLevel
  • string

エラーのレベル。

errorMessage
  • string

エラー メッセージ。

errorSource
  • string

エラーの原因。

errorType
  • string

エラーの種類。

innerHealthErrors

内部正常性エラー。 子エラーとして HealthError の一覧を持つ HealthError は問題があります。 InnerHealthError は、イドラがコントラクトを自動生成しようとしたときに構造体の無限ループを防ぐので使用されます。 内部の正常性エラーとして関連する正常性エラーが公開されており、すべての API コンシューマーが例外 -> InnerException と同じ方法でこれを利用できます。

possibleCauses
  • string

エラーの原因として考えられます。

recommendedAction
  • string

エラーを解決するための推奨されるアクション。

recoveryProviderErrorMessage
  • string

DRA エラー メッセージ。

summaryMessage
  • string

エンティティの概要メッセージ。

HealthErrorCustomerResolvability

正常性エラーが顧客解決可能かどうかを示す値。

Name Type Description
Allowed
  • string
NotAllowed
  • string

InnerHealthError

InnerHealthError クラスを実装します。 HealthError オブジェクトには、子エラーとして InnerHealthErrors の一覧があります。 InnerHealthError は、イドラがコントラクトを自動生成しようとしたときに構造体の無限ループを防ぐので使用されます。 内部の正常性エラーとして関連する正常性エラーが公開されており、すべての API コンシューマーが例外 -> InnerException と同じ方法でこれを利用できます。

Name Type Description
creationTimeUtc
  • string

エラーの作成時刻 (UTC)。

customerResolvability

正常性エラーが顧客解決可能かどうかを示す値。

entityId
  • string

エンティティの ID。

errorCategory
  • string

エラーのカテゴリ。

errorCode
  • string

エラー コード。

errorId
  • string

正常性エラーの一意の ID。

errorLevel
  • string

エラーのレベル。

errorMessage
  • string

エラー メッセージ。

errorSource
  • string

エラーの原因。

errorType
  • string

エラーの種類。

possibleCauses
  • string

エラーの原因として考えられます。

recommendedAction
  • string

エラーを解決するための推奨されるアクション。

recoveryProviderErrorMessage
  • string

DRA エラー メッセージ。

summaryMessage
  • string

エンティティの概要メッセージ。

MigrationItem

移行項目。

Name Type Description
id
  • string

リソース ID

location
  • string

リソースの場所

name
  • string

リソース名

properties

移行項目のプロパティ。

type
  • string

リソースの種類

MigrationItemProperties

移行項目のプロパティ。

Name Type Description
allowedOperations
  • string[]

アイテムの現在の移行状態に基づく移行項目に対して許可される操作。

currentJob

現在のジョブの詳細。

eventCorrelationId
  • string

この移行項目に関連付けられているイベントの関連付け ID。

health

統合された正常性。

healthErrors

正常性エラーの一覧。

lastTestMigrationStatus
  • string

最後のテスト移行の状態。

lastTestMigrationTime
  • string

最後のテスト移行時間。

machineName
  • string

オンプレミスの仮想マシン名。

migrationState

移行の状態。

migrationStateDescription
  • string

移行状態の説明。

policyFriendlyName
  • string

この項目を管理するポリシーの名前。

policyId
  • string

この項目を管理するポリシーの ARM ID。

providerSpecificDetails MigrationProviderSpecificSettings:

移行プロバイダーのカスタム設定。

testMigrateState

テスト移行の状態。

testMigrateStateDescription
  • string

テスト移行状態の説明。

MigrationState

移行の状態。

Name Type Description
DisableMigrationFailed
  • string
DisableMigrationInProgress
  • string
EnableMigrationFailed
  • string
EnableMigrationInProgress
  • string
InitialSeedingFailed
  • string
InitialSeedingInProgress
  • string
MigrationFailed
  • string
MigrationInProgress
  • string
MigrationSucceeded
  • string
None
  • string
Replicating
  • string

ProtectionHealth

正常性。

Name Type Description
Critical
  • string
None
  • string
Normal
  • string
Warning
  • string

ResyncInput

入力を再同期します。

Name Type Description
properties

入力プロパティを再同期します。

ResyncInputProperties

入力プロパティを再同期します。

Name Type Description
providerSpecificDetails ResyncProviderSpecificInput:

プロバイダー固有の詳細。

ResyncState

再同期状態。

Name Type Description
None
  • string
PreparedForResynchronization
  • string
StartedResynchronization
  • string

TestMigrationState

テスト移行の状態。

Name Type Description
None
  • string
TestMigrationCleanupInProgress
  • string
TestMigrationFailed
  • string
TestMigrationInProgress
  • string
TestMigrationSucceeded
  • string

VMwareCbtMigrationDetails

VMwareCbt プロバイダー固有の設定。

Name Type Description
dataMoverRunAsAccountId
  • string

データムーバーはアカウント ID として実行されます。

firmwareType
  • string

ファームウェアの種類。

initialSeedingProgressPercentage
  • integer

初期シード処理の進行状況の割合。

initialSeedingRetryCount
  • integer

初期シード処理の再試行回数。

instanceType string:
  • VMwareCbt

インスタンスの種類を取得します。

lastRecoveryPointId
  • string

最後の復旧ポイント ID。

lastRecoveryPointReceived
  • string

最後に受信した復旧ポイント。

licenseType
  • string

使用する VM のライセンスの種類。

migrationProgressPercentage
  • integer

移行の進行状況の割合。

migrationRecoveryPointId
  • string

VM の移行先の復旧ポイント ID。

osType
  • string

VM 上の OS の種類。

performAutoResync
  • string

自動再同期を実行するかどうかを示す値。

protectedDisks

保護されたディスクの一覧。

resyncProgressPercentage
  • integer

再同期の進行状況の割合。

resyncRequired
  • string

再同期が必要かどうかを示す値。

resyncRetryCount
  • integer

再同期の再試行回数。

resyncState

再同期状態。

seedDiskTags
  • object

シード ディスクのタグ。

snapshotRunAsAccountId
  • string

スナップショットはアカウント ID として実行されます。

sqlServerLicenseType
  • string

SQL Serverライセンスの種類。

targetAvailabilitySetId
  • string

ターゲット可用性セット ID。

targetAvailabilityZone
  • string

ターゲットの可用性ゾーン。

targetBootDiagnosticsStorageAccountId
  • string

ターゲット ブート診断ストレージ アカウント ARM ID。

targetDiskTags
  • object

ターゲット ディスクのタグ。

targetGeneration
  • string

ターゲットの生成。

targetLocation
  • string

対象となる位置。

targetNetworkId
  • string

ターゲット ネットワーク ID。

targetNicTags
  • object

ターゲット NIC のタグ。

targetProximityPlacementGroupId
  • string

ターゲット近接通信配置グループ ID。

targetResourceGroupId
  • string

ターゲット リソース グループ ID。

targetVmName
  • string

ターゲット VM 名。

targetVmSize
  • string

ターゲット VM のサイズ。

targetVmTags
  • object

ターゲット VM タグ。

vmNics

ネットワークの詳細。

vmwareMachineId
  • string

VMware で検出された VM の ARM ID。

VMwareCbtNicDetails

VMwareCbt NIC の詳細。

Name Type Description
isPrimaryNic
  • string

これがプライマリ NIC であるかどうかを示す値。

isSelectedForMigration
  • string

この NIC が移行用に選択されているかどうかを示す値。

nicId
  • string

NIC ID。

sourceIPAddress
  • string

送信元 IP アドレス

sourceIPAddressType

送信元 IP アドレスの種類。

sourceNetworkId
  • string

ソース ネットワーク ID。

targetIPAddress
  • string

ターゲット IP アドレス。

targetIPAddressType

ターゲット IP アドレスの種類。

targetNicName
  • string

ターゲット NIC 名。

targetSubnetName
  • string

ターゲット サブネット名。

VMwareCbtProtectedDiskDetails

VMwareCbt で保護されたディスクの詳細。

Name Type Description
capacityInBytes
  • integer

ディスク容量 (バイト単位)。

diskEncryptionSetId
  • string

DiskEncryptionSet ARM ID。

diskId
  • string

ディスク ID。

diskName
  • string

ディスク名。

diskPath
  • string

ディスク パス。

diskType

ディスクの種類。

isOSDisk
  • string

ディスクが OS ディスクかどうかを示す値。

logStorageAccountId
  • string

ログ ストレージ アカウントの ARM ID。

logStorageAccountSasSecretName
  • string

ログ ストレージ アカウントのキー コンテナー シークレット名。

seedManagedDiskId
  • string

シード マネージド ディスクの ARM ID。

targetDiskName
  • string

ターゲット マネージド ディスクの名前。

targetManagedDiskId
  • string

ターゲット マネージド ディスクの ARM ID。

VMwareCbtResyncInput

VMwareCbt 固有の再同期入力。

Name Type Description
instanceType string:
  • VMwareCbt

クラス型。

skipCbtReset
  • string

CBT をリセットするかどうかを示す値。