API 操作のトラブルシューティング

次のセクションでは、API 操作のトラブルシューティングのヒントを示します。

失敗した要求トレース

開発環境では、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 の機能を使用して要求に関する情報をログに記録できます。 この機能は 失敗した要求トレースと呼ばれ、Web ロールの構成内で確立されたフィルターに従って詳細なトレース ログが生成されます。

ログ出力先

Azure では、トレース ログ ファイルは失敗した要求ログの既定の IIS ディレクトリに出力されます。 既定では、このディレクトリは %SystemDrive%\inetpub\logs\FailedReqLogFiles です。

トレースの有効化

各 Web ロールは、プロジェクトの web.config ファイルに配置されたルールを使用してトレースを有効にする必要があります。 トレースを有効にするには、web.configファイルのセクションに system.webServer 次の コード を配置します。

<tracing>  
  <traceFailedRequests>  
    <add path="*">  
      <traceAreas>  
        <add provider="ASP" verbosity="Verbose" />  
        <add provider="ASPNET" areas="Infrastructure,Module,Page,AppServices" verbosity="Verbose" />  
        <add provider="ISAPI Extension" verbosity="Verbose" />  
        <add provider="WWW Server" areas="Authentication,Security,Filter,StaticFile,CGI,Compression,Cache,RequestNotifications,Module" verbosity="Verbose" />  
      </traceAreas>  
      <failureDefinitions statusCodes="400-599" />  
    </add>  
  </traceFailedRequests>  
</tracing>  

トレースを無効にするには、 web.config ファイルからこのセクションを削除します。

x-ms-request-id ヘッダー

Azure Storage に対して行われたすべての要求は、という名前 x-ms-request-idの応答ヘッダーを返します。 このヘッダーには、要求を一意に識別する非透過の値が含まれています。

要求が一貫して失敗し、要求が適切に作成されていることを確認した場合は、この値を使用してエラーを Microsoft に報告できます。 レポートには、次の情報を含めます。

  • x-ms-request-id の値。
  • 要求が行われたおおよその時間。
  • 要求が行われたストレージ サービス。
  • 要求が試行した操作の種類。

関連項目

ストレージ サービス REST