Outputs - Create Or Replace

出力を作成するか、既存のストリーミング ジョブの下にある既存の出力を置き換えます。

PUT https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourcegroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/{jobName}/outputs/{outputName}?api-version=2020-03-01

URI パラメーター

Name In Required Type Description
jobName
path True
  • string

ストリーミング ジョブの名前。

outputName
path True
  • string

出力の名前。

resourceGroupName
path True
  • string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

Regex pattern: ^[-\w\._\(\)]+$

subscriptionId
path True
  • string

ターゲット サブスクリプションの ID。

api-version
query True
  • string

この操作に使用する API バージョン。

要求ヘッダー

Name Required Type Description
If-Match
  • string

出力の ETag。 常に現在の出力を上書きするには、この値を省略します。 同時変更が誤って上書きされないように、最後に表示された ETag 値を指定します。

If-None-Match
  • string

新しい出力の作成を許可するが、既存の出力を更新できないようにするには、'*' に設定します。 その他の値では、412 の事前条件失敗応答が発生します。

要求本文

Name Type Description
name
  • string

リソース名

properties.datasource OutputDataSource:

出力の書き込み先となるデータ ソースについて説明します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.serialization Serialization:

入力からのデータをシリアル化する方法、または出力に書き込むときにデータをシリアル化する方法について説明します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.sizeWindow
  • number

Stream Analytics の出力を制限するサイズ ウィンドウ。

properties.timeWindow
  • string

Stream Analytics ジョブの出力をフィルター処理するための期間。

応答

Name Type Description
200 OK

出力が正常に作成されたか、置き換えられました。

Headers

  • ETag: string
201 Created

出力が正常に作成されたか、置き換えられました。

Headers

  • ETag: string
Other Status Codes

エラー。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー

Type: oauth2
Flow: implicit
Authorization URL: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

Scopes

Name Description
user_impersonation ユーザー アカウントを偽装する

Create a blob output with CSV serialization
Create a DocumentDB output
Create a Gateway Message Bus output
Create a Power BI output
Create a Service Bus Queue output with Avro serialization
Create a Service Bus Topic output with CSV serialization
Create an Azure Data Lake Store output with JSON serialization
Create an Azure Data Warehouse output
Create an Azure Function output
Create an Azure SQL database output
Create an Azure Table output
Create an Event Hub output with JSON serialization

Create a blob output with CSV serialization

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg5023/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj900/outputs/output1623?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Storage/Blob",
      "properties": {
        "storageAccounts": [
          {
            "accountName": "someAccountName",
            "accountKey": "accountKey=="
          }
        ],
        "container": "state",
        "pathPattern": "{date}/{time}",
        "dateFormat": "yyyy/MM/dd",
        "timeFormat": "HH"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Csv",
      "properties": {
        "fieldDelimiter": ",",
        "encoding": "UTF8"
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: 5433fd97-d133-46e3-8588-5fe1f1599ee0
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg5023/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj900/outputs/output1623",
  "name": "output1623",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Storage/Blob",
      "properties": {
        "storageAccounts": [
          {
            "accountName": "someAccountName"
          }
        ],
        "container": "state",
        "pathPattern": "{date}/{time}",
        "dateFormat": "yyyy/MM/dd",
        "timeFormat": "HH"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Csv",
      "properties": {
        "fieldDelimiter": ",",
        "encoding": "UTF8"
      }
    }
  }
}
ETag: 5433fd97-d133-46e3-8588-5fe1f1599ee0
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg5023/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj900/outputs/output1623",
  "name": "output1623",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Storage/Blob",
      "properties": {
        "storageAccounts": [
          {
            "accountName": "someAccountName"
          }
        ],
        "container": "state",
        "pathPattern": "{date}/{time}",
        "dateFormat": "yyyy/MM/dd",
        "timeFormat": "HH"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Csv",
      "properties": {
        "fieldDelimiter": ",",
        "encoding": "UTF8"
      }
    }
  }
}

Create a DocumentDB output

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg7983/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2331/outputs/output3022?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Storage/DocumentDB",
      "properties": {
        "accountId": "someAccountId",
        "accountKey": "accountKey==",
        "database": "db01",
        "collectionNamePattern": "collection",
        "partitionKey": "key",
        "documentId": "documentId"
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: ccf8b864-259e-43c5-a628-ba10858b2c07
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg7983/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2331/outputs/output3022",
  "name": "output3022",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Storage/DocumentDB",
      "properties": {
        "accountId": "someAccountId",
        "database": "db01",
        "collectionNamePattern": "collection",
        "partitionKey": "key",
        "documentId": "documentId"
      }
    }
  }
}
ETag: ccf8b864-259e-43c5-a628-ba10858b2c07
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg7983/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2331/outputs/output3022",
  "name": "output3022",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Storage/DocumentDB",
      "properties": {
        "accountId": "someAccountId",
        "database": "db01",
        "collectionNamePattern": "collection",
        "partitionKey": "key",
        "documentId": "documentId"
      }
    }
  }
}

Create a Gateway Message Bus output

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg7983/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2331/outputs/output3022?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "GatewayMessageBus",
      "properties": {
        "topic": "EdgeTopic1"
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: ccf8b864-259e-43c5-a628-ba10858b2c07
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg7983/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2331/outputs/output3022",
  "name": "output3022",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "GatewayMessageBus",
      "properties": {
        "topic": "EdgeTopic1"
      }
    }
  }
}
ETag: ccf8b864-259e-43c5-a628-ba10858b2c07
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg7983/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2331/outputs/output3022",
  "name": "output3022",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "GatewayMessageBus",
      "properties": {
        "topic": "EdgeTopic1"
      }
    }
  }
}

Create a Power BI output

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg7983/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2331/outputs/output3022?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "PowerBI",
      "properties": {
        "dataset": "someDataset",
        "table": "someTable",
        "refreshToken": "someRefreshToken==",
        "tokenUserPrincipalName": "bobsmith@contoso.com",
        "tokenUserDisplayName": "Bob Smith",
        "groupId": "ac40305e-3e8d-43ac-8161-c33799f43e95",
        "groupName": "MyPowerBIGroup"
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: ccf8b864-259e-43c5-a628-ba10858b2c07
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg7983/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2331/outputs/output3022",
  "name": "output3022",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "PowerBI",
      "properties": {
        "dataset": "someDataset",
        "table": "someTable",
        "tokenUserPrincipalName": "bobsmith@contoso.com",
        "tokenUserDisplayName": "Bob Smith",
        "groupId": "ac40305e-3e8d-43ac-8161-c33799f43e95",
        "groupName": "MyPowerBIGroup"
      }
    }
  }
}
ETag: ccf8b864-259e-43c5-a628-ba10858b2c07
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg7983/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2331/outputs/output3022",
  "name": "output3022",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "PowerBI",
      "properties": {
        "dataset": "someDataset",
        "table": "someTable",
        "tokenUserPrincipalName": "bobsmith@contoso.com",
        "tokenUserDisplayName": "Bob Smith",
        "groupId": "ac40305e-3e8d-43ac-8161-c33799f43e95",
        "groupName": "MyPowerBIGroup"
      }
    }
  }
}

Create a Service Bus Queue output with Avro serialization

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg3410/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj5095/outputs/output3456?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.ServiceBus/Queue",
      "properties": {
        "serviceBusNamespace": "sdktest",
        "sharedAccessPolicyName": "RootManageSharedAccessKey",
        "sharedAccessPolicyKey": "sharedAccessPolicyKey=",
        "queueName": "sdkqueue",
        "propertyColumns": [
          "column1",
          "column2"
        ],
        "systemPropertyColumns": {
          "MessageId": "col3",
          "PartitionKey": "col4"
        }
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Avro"
    }
  }
}

Sample Response

ETag: 2f68c1ec-2080-43cb-93ec-4bcd3b7f9dbe
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg3410/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj5095/outputs/output3456",
  "name": "output3456",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.ServiceBus/Queue",
      "properties": {
        "queueName": "sdkqueue",
        "propertyColumns": [
          "column1",
          "column2"
        ],
        "serviceBusNamespace": "sdktest",
        "sharedAccessPolicyName": "RootManageSharedAccessKey"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Avro",
      "properties": {}
    }
  }
}
ETag: 2f68c1ec-2080-43cb-93ec-4bcd3b7f9dbe
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg3410/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj5095/outputs/output3456",
  "name": "output3456",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.ServiceBus/Queue",
      "properties": {
        "queueName": "sdkqueue",
        "propertyColumns": [
          "column1",
          "column2"
        ],
        "serviceBusNamespace": "sdktest",
        "sharedAccessPolicyName": "RootManageSharedAccessKey"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Avro",
      "properties": {}
    }
  }
}

Create a Service Bus Topic output with CSV serialization

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg6450/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj7094/outputs/output7886?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.ServiceBus/Topic",
      "properties": {
        "serviceBusNamespace": "sdktest",
        "sharedAccessPolicyName": "RootManageSharedAccessKey",
        "sharedAccessPolicyKey": "sharedAccessPolicyKey=",
        "topicName": "sdktopic",
        "propertyColumns": [
          "column1",
          "column2"
        ]
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Csv",
      "properties": {
        "fieldDelimiter": ",",
        "encoding": "UTF8"
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: 39259839-e581-4af4-bf68-302e6820e3a0
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg6450/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj7094/outputs/output7886",
  "name": "output7886",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.ServiceBus/Topic",
      "properties": {
        "topicName": "sdktopic",
        "propertyColumns": [
          "column1",
          "column2"
        ],
        "serviceBusNamespace": "sdktest",
        "sharedAccessPolicyName": "RootManageSharedAccessKey"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Csv",
      "properties": {
        "fieldDelimiter": ",",
        "encoding": "UTF8"
      }
    }
  }
}
ETag: 39259839-e581-4af4-bf68-302e6820e3a0
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg6450/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj7094/outputs/output7886",
  "name": "output7886",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.ServiceBus/Topic",
      "properties": {
        "topicName": "sdktopic",
        "propertyColumns": [
          "column1",
          "column2"
        ],
        "serviceBusNamespace": "sdktest",
        "sharedAccessPolicyName": "RootManageSharedAccessKey"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Csv",
      "properties": {
        "fieldDelimiter": ",",
        "encoding": "UTF8"
      }
    }
  }
}

Create an Azure Data Lake Store output with JSON serialization

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg6912/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj3310/outputs/output5195?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.DataLake/Accounts",
      "properties": {
        "accountName": "someaccount",
        "tenantId": "cea4e98b-c798-49e7-8c40-4a2b3beb47dd",
        "refreshToken": "someRefreshToken==",
        "tokenUserPrincipalName": "bobsmith@contoso.com",
        "tokenUserDisplayName": "Bob Smith",
        "filePathPrefix": "{date}/{time}",
        "dateFormat": "yyyy/MM/dd",
        "timeFormat": "HH"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Json",
      "properties": {
        "encoding": "UTF8",
        "format": "Array"
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: 5472168f-7317-4241-8b75-0c8d9d0ea804
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg6912/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj3310/outputs/output5195",
  "name": "output5195",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.DataLake/Accounts",
      "properties": {
        "accountName": "someaccount",
        "tenantId": "cea4e98b-c798-49e7-8c40-4a2b3beb47dd",
        "tokenUserPrincipalName": "bobsmith@contoso.com",
        "tokenUserDisplayName": "Bob Smith",
        "filePathPrefix": "{date}/{time}",
        "dateFormat": "yyyy/MM/dd",
        "timeFormat": "HH"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Json",
      "properties": {
        "encoding": "UTF8",
        "format": "Array"
      }
    }
  }
}
ETag: 5472168f-7317-4241-8b75-0c8d9d0ea804
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg6912/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj3310/outputs/output5195",
  "name": "output5195",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.DataLake/Accounts",
      "properties": {
        "accountName": "someaccount",
        "tenantId": "cea4e98b-c798-49e7-8c40-4a2b3beb47dd",
        "tokenUserPrincipalName": "bobsmith@contoso.com",
        "tokenUserDisplayName": "Bob Smith",
        "filePathPrefix": "{date}/{time}",
        "dateFormat": "yyyy/MM/dd",
        "timeFormat": "HH"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Json",
      "properties": {
        "encoding": "UTF8",
        "format": "Array"
      }
    }
  }
}

Create an Azure Data Warehouse output

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sjName/outputs/dwOutput?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Sql/Server/DataWarehouse",
      "properties": {
        "table": "test2",
        "server": "asatestserver",
        "database": "zhayaSQLpool",
        "user": "tolladmin",
        "password": "password123"
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: 731a47c6-ff67-4439-bde6-a2a3da4c1ecf
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sjName/outputs/dwOutput",
  "name": "dwOutput",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Sql/Server/DataWarehouse",
      "properties": {
        "table": "test2",
        "server": "asatestserver",
        "database": "zhayaSQLpool",
        "user": "tolladmin"
      }
    }
  }
}
ETag: 731a47c6-ff67-4439-bde6-a2a3da4c1ecf
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sjName/outputs/dwOutput",
  "name": "dwOutput",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Sql/Server/DataWarehouse",
      "properties": {
        "table": "test2",
        "server": "asatestserver",
        "database": "zhayaSQLpool",
        "user": "tolladmin"
      }
    }
  }
}

Create an Azure Function output

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sjName/outputs/azureFunction1?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.AzureFunction",
      "properties": {
        "functionAppName": "functionappforasaautomation",
        "functionName": "HttpTrigger2",
        "apiKey": null,
        "maxBatchSize": 256,
        "maxBatchCount": 100
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: 731a47c6-ff67-4439-bde6-a2a3da4c1ecf
{
  "id": "/subscriptions/7f31cba8-b597-4129-b158-8f21a7395bd0/resourceGroups/sjrg/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sjName/outputs/azureFunction1",
  "name": "azureFunction1",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.AzureFunction",
      "properties": {
        "functionAppName": "functionappforasaautomation",
        "functionName": "HttpTrigger2",
        "apiKey": null,
        "maxBatchSize": 256,
        "maxBatchCount": 100
      }
    },
    "etag": "7b912929-346d-432e-9495-6972dbd63179"
  }
}
ETag: 731a47c6-ff67-4439-bde6-a2a3da4c1ecf
{
  "id": "/subscriptions/7f31cba8-b597-4129-b158-8f21a7395bd0/resourceGroups/sjrg/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sjName/outputs/azureFunction1",
  "name": "azureFunction1",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.AzureFunction",
      "properties": {
        "functionAppName": "functionappforasaautomation",
        "functionName": "HttpTrigger2",
        "apiKey": null,
        "maxBatchSize": 256,
        "maxBatchCount": 100
      }
    },
    "etag": "7b912929-346d-432e-9495-6972dbd63179"
  }
}

Create an Azure SQL database output

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg2157/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj6458/outputs/output1755?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Sql/Server/Database",
      "properties": {
        "server": "someServer",
        "database": "someDatabase",
        "user": "<user>",
        "password": "somePassword",
        "table": "someTable"
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: 731a47c6-ff67-4439-bde6-a2a3da4c1ecf
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg2157/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj6458/outputs/output1755",
  "name": "output1755",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Sql/Server/Database",
      "properties": {
        "server": "someServer",
        "database": "someDatabase",
        "table": "someTable",
        "user": "someUser"
      }
    }
  }
}
ETag: 731a47c6-ff67-4439-bde6-a2a3da4c1ecf
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg2157/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj6458/outputs/output1755",
  "name": "output1755",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Sql/Server/Database",
      "properties": {
        "server": "someServer",
        "database": "someDatabase",
        "table": "someTable",
        "user": "someUser"
      }
    }
  }
}

Create an Azure Table output

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg5176/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2790/outputs/output958?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Storage/Table",
      "properties": {
        "accountName": "someAccountName",
        "accountKey": "accountKey==",
        "table": "samples",
        "partitionKey": "partitionKey",
        "rowKey": "rowKey",
        "columnsToRemove": [
          "column1",
          "column2"
        ],
        "batchSize": 25
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: 2409b6d1-c99c-405b-9a14-ea7833637038
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg5176/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2790/outputs/output958",
  "name": "output958",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Storage/Table",
      "properties": {
        "accountName": "someAccountName",
        "table": "samples",
        "partitionKey": "partitionKey",
        "rowKey": "rowKey",
        "columnsToRemove": [
          "column1",
          "column2"
        ],
        "batchSize": 25
      }
    }
  }
}
ETag: 2409b6d1-c99c-405b-9a14-ea7833637038
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg5176/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj2790/outputs/output958",
  "name": "output958",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.Storage/Table",
      "properties": {
        "accountName": "someAccountName",
        "table": "samples",
        "partitionKey": "partitionKey",
        "rowKey": "rowKey",
        "columnsToRemove": [
          "column1",
          "column2"
        ],
        "batchSize": 25
      }
    }
  }
}

Create an Event Hub output with JSON serialization

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourcegroups/sjrg6912/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj3310/outputs/output5195?api-version=2020-03-01

{
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.ServiceBus/EventHub",
      "properties": {
        "serviceBusNamespace": "sdktest",
        "sharedAccessPolicyName": "RootManageSharedAccessKey",
        "sharedAccessPolicyKey": "sharedAccessPolicyKey=",
        "eventHubName": "sdkeventhub",
        "partitionKey": "partitionKey"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Json",
      "properties": {
        "encoding": "UTF8",
        "format": "Array"
      }
    }
  }
}

Sample Response

ETag: 5472168f-7317-4241-8b75-0c8d9d0ea804
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg6912/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj3310/outputs/output5195",
  "name": "output5195",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.ServiceBus/EventHub",
      "properties": {
        "eventHubName": "sdkeventhub",
        "partitionKey": "partitionKey",
        "serviceBusNamespace": "sdktest",
        "sharedAccessPolicyName": "RootManageSharedAccessKey"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Json",
      "properties": {
        "encoding": "UTF8",
        "format": "Array"
      }
    }
  }
}
ETag: 5472168f-7317-4241-8b75-0c8d9d0ea804
{
  "id": "/subscriptions/56b5e0a9-b645-407d-99b0-c64f86013e3d/resourceGroups/sjrg6912/providers/Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/sj3310/outputs/output5195",
  "name": "output5195",
  "type": "Microsoft.StreamAnalytics/streamingjobs/outputs",
  "properties": {
    "datasource": {
      "type": "Microsoft.ServiceBus/EventHub",
      "properties": {
        "eventHubName": "sdkeventhub",
        "partitionKey": "partitionKey",
        "serviceBusNamespace": "sdktest",
        "sharedAccessPolicyName": "RootManageSharedAccessKey"
      }
    },
    "serialization": {
      "type": "Json",
      "properties": {
        "encoding": "UTF8",
        "format": "Array"
      }
    }
  }
}

定義

AuthenticationMode

認証モード。 有効なモードは ConnectionStringMsi および 'UserToken' です。

AvroSerialization

入力からのデータをシリアル化する方法、または Avro 形式で出力に書き込むときにデータをシリアル化する方法について説明します。

AzureDataLakeStoreOutputDataSource

Azure Data Lake Store の出力データ ソースについて説明します。

AzureFunctionOutputDataSource

AzureFunctionOutputDataSource のメタデータを定義します

AzureSqlDatabaseOutputDataSource

Azure SQL データベース出力データ ソースについて説明します。

AzureSynapseOutputDataSource

Azure Synapse出力データ ソースについて説明します。

AzureTableOutputDataSource

Azure Table の出力データ ソースについて説明します。

BlobOutputDataSource

BLOB 出力データ ソースについて説明します。

CsvSerialization

入力からのデータをシリアル化する方法、または CSV 形式で出力に書き込むときにデータをシリアル化する方法について説明します。

DiagnosticCondition

顧客の注意を引くリソースまたはジョブ全体に適用される条件。

Diagnostics

入力、出力、またはジョブ全体に適用される、顧客の注意を必要とする条件について説明します。

DocumentDbOutputDataSource

DocumentDB 出力データ ソースについて説明します。

Encoding

入力の場合は受信データのエンコード、出力の場合は送信データのエンコードを指定します。

Error

一般的なエラー表現。

EventHubOutputDataSource

Event Hub 出力データ ソースについて説明します。

EventHubV2OutputDataSource

Event Hub 出力データ ソースについて説明します。

EventSerializationType

入力または出力で使用されるシリアル化の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

GatewayMessageBusOutputDataSource

ゲートウェイ メッセージ バス出力データ ソースについて説明します。

JsonOutputSerializationFormat

出力が書き込まれる JSON の形式を指定します。 現在サポートされている値は、出力が新しい行で区切られた各 JSON オブジェクトを使用して書式設定されることを示す 'lineSeparated' と、出力が JSON オブジェクトの配列として書式設定されることを示す 'array' です。

JsonSerialization

入力からのデータをシリアル化する方法、または JSON 形式で出力に書き込むときにデータをシリアル化する方法について説明します。

Output

名前付き出力に関連付けられているすべての情報を含む出力オブジェクト。 すべての出力は、ストリーミング ジョブの下に含まれます。

ParquetSerialization

入力からのデータをシリアル化する方法、または Parquet 形式の出力に書き込むときにデータをシリアル化する方法について説明します。

PowerBIOutputDataSource

Power BI 出力データ ソースについて説明します。

ServiceBusQueueOutputDataSource

Service Bus キューの出力データ ソースについて説明します。

ServiceBusTopicOutputDataSource

Service Bus トピック出力データ ソースについて説明します。

StorageAccount

Azure Storage アカウントに関連付けられているプロパティ

AuthenticationMode

認証モード。 有効なモードは ConnectionStringMsi および 'UserToken' です。

Name Type Description
ConnectionString
  • string
Msi
  • string
UserToken
  • string

AvroSerialization

入力からのデータをシリアル化する方法、または Avro 形式で出力に書き込むときにデータをシリアル化する方法について説明します。

Name Type Description
type string:
  • Avro

入力または出力で使用されるシリアル化の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

AzureDataLakeStoreOutputDataSource

Azure Data Lake Store の出力データ ソースについて説明します。

Name Type Default Value Description
properties.accountName
  • string

Azure Data Lake Store アカウントの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.authenticationMode ConnectionString

認証モード。

properties.dateFormat
  • string

日付の形式。 {date} が filePathPrefix に表示される場所では、代わりにこのプロパティの値が日付形式として使用されます。

properties.filePathPrefix
  • string

出力の書き込み先となるファイルの場所。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.refreshToken
  • string

データ ソースでの認証に使用できる有効なアクセス トークンを取得するために使用できる更新トークン。 有効な更新トークンは現在、Azure Portal 経由でのみ取得できます。 データ ソースを作成するときにダミーの文字列値をここに配置し、Azure Portal に移動して、有効な更新トークンでこのプロパティを更新するデータ ソースを認証することをお勧めします。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.tenantId
  • string

更新トークンの取得に使用したユーザーのテナント ID。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.timeFormat
  • string

時刻の形式。 {time} が filePathPrefix に表示される場合は、このプロパティの値が代わりに時刻形式として使用されます。

properties.tokenUserDisplayName
  • string

更新トークンの取得に使用されたユーザーのユーザー表示名。 このプロパティを使用すると、更新トークンの取得に使用されたユーザーを覚えておくのに役立ちます。

properties.tokenUserPrincipalName
  • string

更新トークンの取得に使用されたユーザーのユーザー プリンシパル名 (UPN)。 このプロパティを使用すると、更新トークンの取得に使用されたユーザーを覚えておくのに役立ちます。

type string:
  • Microsoft.DataLake/Accounts

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

AzureFunctionOutputDataSource

AzureFunctionOutputDataSource のメタデータを定義します

Name Type Description
properties.apiKey
  • string

別のサブスクリプションの Azure Functions を使用するには、ご自分の関数にアクセスするためのキーを指定します。

properties.functionAppName
  • string

Azure Functions アプリの名前です。

properties.functionName
  • string

ご自分の Azure Functions アプリ内にある関数の名前です。

properties.maxBatchCount
  • number

Azure Functions に送信される各バッチのイベントの最大数を指定できるプロパティです。 既定値は 100 です。

properties.maxBatchSize
  • number

ご自分の Azure Functions に送信される各出力バッチの最大サイズを設定できるプロパティです。 入力の単位はバイトです。 既定値は 262,144 バイト (256 KB) です。

type string:
  • Microsoft.AzureFunction

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

AzureSqlDatabaseOutputDataSource

Azure SQL データベース出力データ ソースについて説明します。

Name Type Default Value Description
properties.authenticationMode ConnectionString

認証モード。

properties.database
  • string

Azure SQL データベースの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.maxBatchCount
  • number

Sql データベースへの書き込みの最大バッチ数。既定値は 10,000 です。 PUT 要求では省略可能です。

properties.maxWriterCount
  • number

最大ライター数 (現在は 1 (単一ライター) と 0 (クエリ パーティションに基づく) のみが使用できます。 PUT 要求では省略可能です。

properties.password
  • string

Azure SQL データベースへの接続に使用するパスワード。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.server
  • string

Azure SQL データベースを含む SQL サーバーの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.table
  • string

Azure SQL データベース内のテーブルの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.user
  • string

Azure SQL データベースへの接続に使用するユーザー名。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

type string:
  • Microsoft.Sql/Server/Database

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

AzureSynapseOutputDataSource

Azure Synapse出力データ ソースについて説明します。

Name Type Description
properties.database
  • string

Azure SQL データベースの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.password
  • string

Azure SQL データベースへの接続に使用するパスワード。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.server
  • string

Azure SQL データベースを含む SQL サーバーの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.table
  • string

Azure SQL データベース内のテーブルの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.user
  • string

Azure SQL データベースへの接続に使用するユーザー名。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

type string:
  • Microsoft.Sql/Server/DataWarehouse

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

AzureTableOutputDataSource

Azure Table の出力データ ソースについて説明します。

Name Type Description
properties.accountKey
  • string

Azure Storage アカウントのアカウント キー。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.accountName
  • string

Azure ストレージ アカウントの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.batchSize
  • integer

Azure テーブルに一度に書き込む行数。

properties.columnsToRemove
  • string[]

指定されている場合、配列の各項目は出力イベント エンティティから (存在する場合) 削除される列の名前になります。

properties.partitionKey
  • string

この要素は、Azure Table のパーティション キーとして使用されるクエリの SELECT ステートメントの列の名前を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.rowKey
  • string

この要素は、Azure Table の行キーとして使用されるクエリの SELECT ステートメントの列の名前を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.table
  • string

Azure テーブルの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

type string:
  • Microsoft.Storage/Table

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

BlobOutputDataSource

BLOB 出力データ ソースについて説明します。

Name Type Default Value Description
properties.authenticationMode ConnectionString

認証モード。

properties.blobPathPrefix
  • string

BLOB パス プレフィックス。

properties.container
  • string

関連付けられているストレージ アカウント内のコンテナーの名前。 このコンテナーには、読み取りまたは書き込み対象の BLOB が含まれています。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.dateFormat
  • string

日付の形式。 {date} が pathPattern に表示される場所では、代わりにこのプロパティの値が日付形式として使用されます。

properties.pathPattern
  • string

BLOB パス パターン。 正規表現ではありません。 これは、BLOB 名をジョブへの入力または出力として含めるかどうかを判断するために照合されるパターンを表します。 詳細な説明と例を参照してくださいhttps://docs.microsoft.com/en-us/rest/api/streamanalytics/stream-analytics-inputhttps://docs.microsoft.com/en-us/rest/api/streamanalytics/stream-analytics-output

properties.storageAccounts

1 つ以上の Azure Storage アカウントの一覧。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.timeFormat
  • string

時刻の形式。 {time} が pathPattern に表示される場合は、このプロパティの値が代わりに時刻形式として使用されます。

type string:
  • Microsoft.Storage/Blob

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

CsvSerialization

入力からのデータをシリアル化する方法、または CSV 形式で出力に書き込むときにデータをシリアル化する方法について説明します。

Name Type Description
properties.encoding

入力の場合は受信データのエンコード、出力の場合は送信データのエンコードを指定します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.fieldDelimiter
  • string

コンマ区切り値 (CSV) レコードを区切るために使用する区切り記号を指定します。 サポートされている値の一覧を参照 https://docs.microsoft.com/en-us/rest/api/streamanalytics/stream-analytics-input してください https://docs.microsoft.com/en-us/rest/api/streamanalytics/stream-analytics-output 。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

type string:
  • Csv

入力または出力で使用されるシリアル化の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

DiagnosticCondition

顧客の注意を引くリソースまたはジョブ全体に適用される条件。

Name Type Description
code
  • string

不透明な診断コード。

message
  • string

条件を詳細に説明する人間が判読できるメッセージ。 クライアント要求のAccept-Languageにローカライズされます。

since
  • string

条件が開始されたときの UTC タイムスタンプ。 お客様は、この時点で ops ログで対応するイベントを見つけることができる必要があります。

Diagnostics

入力、出力、またはジョブ全体に適用される、顧客の注意を必要とする条件について説明します。

Name Type Description
conditions

リソースまたはジョブ全体に適用できる、顧客の注意を必要とする 0 個以上の条件のコレクション。

DocumentDbOutputDataSource

DocumentDB 出力データ ソースについて説明します。

Name Type Description
properties.accountId
  • string

DocumentDB アカウント名または ID。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.accountKey
  • string

DocumentDB アカウントのアカウント キー。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.collectionNamePattern
  • string

使用するコレクションのコレクション名のパターン。 コレクション名の形式は、オプションの {partition} トークンを使用して構成できます。この場合、パーティションは 0 から開始します。 詳細については、DocumentDB の https://docs.microsoft.com/en-us/rest/api/streamanalytics/stream-analytics-output セクションを参照してください。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.database
  • string

DocumentDB データベースの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.documentId
  • string

挿入または更新操作の基準となるプライマリ キーを指定するために使用される、出力イベント内のフィールドの名前。

properties.partitionKey
  • string

コレクション全体で出力をパーティション分割するためのキーを指定するために使用される、出力イベント内のフィールドの名前。 'collectionNamePattern' に {partition} トークンが含まれている場合は、このプロパティを指定する必要があります。

type string:
  • Microsoft.Storage/DocumentDB

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

Encoding

入力の場合は受信データのエンコード、出力の場合は送信データのエンコードを指定します。

Name Type Description
UTF8
  • string

Error

一般的なエラー表現。

Name Type Description
error

エラー定義プロパティ。

EventHubOutputDataSource

Event Hub 出力データ ソースについて説明します。

Name Type Default Value Description
authenticationMode ConnectionString

認証モード。

properties.eventHubName
  • string

イベント ハブの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.partitionKey
  • string

イベント データを送信するパーティションを決定するために使用されるキー/列。

properties.propertyColumns
  • string[]

このイベント ハブ出力に関連付けられているプロパティ。

serviceBusNamespace
  • string

目的のイベント ハブ、Service Bus キュー、Service Bus トピックなどに関連付けられている名前空間。PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

sharedAccessPolicyKey
  • string

指定した共有アクセス ポリシーの共有アクセス ポリシー キー。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

sharedAccessPolicyName
  • string

イベント ハブ、Service Bus キュー、Service Bus トピックなどの共有アクセス ポリシー名。PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

type string:
  • Microsoft.ServiceBus/EventHub

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

EventHubV2OutputDataSource

Event Hub 出力データ ソースについて説明します。

Name Type Default Value Description
authenticationMode ConnectionString

認証モード。

properties.eventHubName
  • string

イベント ハブの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.partitionKey
  • string

イベント データを送信するパーティションを決定するために使用されるキー/列。

properties.propertyColumns
  • string[]

このイベント ハブ出力に関連付けられているプロパティ。

serviceBusNamespace
  • string

目的のイベント ハブ、Service Bus キュー、Service Bus トピックなどに関連付けられている名前空間。PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

sharedAccessPolicyKey
  • string

指定した共有アクセス ポリシーの共有アクセス ポリシー キー。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

sharedAccessPolicyName
  • string

イベント ハブ、Service Bus キュー、Service Bus トピックなどの共有アクセス ポリシー名。PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

type string:
  • Microsoft.EventHub/EventHub

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

EventSerializationType

入力または出力で使用されるシリアル化の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

Name Type Description
Avro
  • string
Csv
  • string
Json
  • string
Parquet
  • string

GatewayMessageBusOutputDataSource

ゲートウェイ メッセージ バス出力データ ソースについて説明します。

Name Type Description
properties.topic
  • string

Service Bus トピックの名前。

type string:
  • GatewayMessageBus

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

JsonOutputSerializationFormat

出力が書き込まれる JSON の形式を指定します。 現在サポートされている値は、出力が新しい行で区切られた各 JSON オブジェクトを使用して書式設定されることを示す 'lineSeparated' と、出力が JSON オブジェクトの配列として書式設定されることを示す 'array' です。

Name Type Description
Array
  • string
LineSeparated
  • string

JsonSerialization

入力からのデータをシリアル化する方法、または JSON 形式で出力に書き込むときにデータをシリアル化する方法について説明します。

Name Type Description
properties.encoding

入力の場合は受信データのエンコード、出力の場合は送信データのエンコードを指定します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.format

このプロパティは、出力の JSON シリアル化にのみ適用されます。 入力には適用されません。 このプロパティは、出力が書き込まれる JSON の形式を指定します。 現在サポートされている値は、出力が新しい行で区切られた各 JSON オブジェクトを使用して書式設定されることを示す 'lineSeparated' と、出力が JSON オブジェクトの配列として書式設定されることを示す 'array' です。 null のままにした場合、既定値は 'lineSeparated' です。

type string:
  • Json

入力または出力で使用されるシリアル化の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

Output

名前付き出力に関連付けられているすべての情報を含む出力オブジェクト。 すべての出力は、ストリーミング ジョブの下に含まれます。

Name Type Description
id
  • string

リソース ID

name
  • string

リソース名

properties.datasource OutputDataSource:

出力の書き込み先となるデータ ソースについて説明します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.diagnostics

入力、出力、またはジョブ全体に適用される、顧客の注意を必要とする条件について説明します。

properties.etag
  • string

出力の現在のエンティティ タグ。 これは不透明な文字列です。 これを使用して、要求間でリソースが変更されたかどうかを検出できます。 また、オプティミスティック コンカレンシーの書き込み操作に、If-Matchヘッダーまたは If-None-Match ヘッダーで使用することもできます。

properties.serialization Serialization:

入力からのデータをシリアル化する方法、または出力に書き込むときにデータをシリアル化する方法について説明します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.sizeWindow
  • number

Stream Analytics の出力を制限するサイズ ウィンドウ。

properties.timeWindow
  • string

Stream Analytics ジョブの出力をフィルター処理するための期間。

type
  • string

リソースの種類

ParquetSerialization

入力からのデータをシリアル化する方法、または Parquet 形式の出力に書き込むときにデータをシリアル化する方法について説明します。

Name Type Description
type string:
  • Parquet

入力または出力で使用されるシリアル化の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

PowerBIOutputDataSource

Power BI 出力データ ソースについて説明します。

Name Type Default Value Description
properties.authenticationMode ConnectionString

認証モード。

properties.dataset
  • string

Power BI データセットの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.groupId
  • string

Power BI グループの ID。

properties.groupName
  • string

Power BI グループの名前。 このプロパティを使用すると、使用された特定の Power BI グループ ID を覚えておくのに役立ちます。

properties.refreshToken
  • string

データ ソースでの認証に使用できる有効なアクセス トークンを取得するために使用できる更新トークン。 有効な更新トークンは現在、Azure Portal 経由でのみ取得できます。 データ ソースを作成するときにダミーの文字列値をここに配置し、Azure Portal に移動して、有効な更新トークンでこのプロパティを更新するデータ ソースを認証することをお勧めします。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.table
  • string

指定したデータセットの下にある Power BI テーブルの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.tokenUserDisplayName
  • string

更新トークンの取得に使用されたユーザーのユーザー表示名。 このプロパティを使用すると、更新トークンの取得に使用されたユーザーを覚えておくのに役立ちます。

properties.tokenUserPrincipalName
  • string

更新トークンの取得に使用されたユーザーのユーザー プリンシパル名 (UPN)。 このプロパティを使用すると、更新トークンの取得に使用されたユーザーを覚えておくのに役立ちます。

type string:
  • PowerBI

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

ServiceBusQueueOutputDataSource

Service Bus キューの出力データ ソースについて説明します。

Name Type Default Value Description
properties.authenticationMode ConnectionString

認証モード。

properties.propertyColumns
  • string[]

Service Bus メッセージにカスタム プロパティとして添付する出力列の名前の文字列配列。

properties.queueName
  • string

Service Bus キューの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.serviceBusNamespace
  • string

目的のイベント ハブ、Service Bus キュー、Service Bus トピックなどに関連付けられている名前空間。PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.sharedAccessPolicyKey
  • string

指定した共有アクセス ポリシーの共有アクセス ポリシー キー。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.sharedAccessPolicyName
  • string

イベント ハブ、Service Bus キュー、Service Bus トピックなどの共有アクセス ポリシー名。PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.systemPropertyColumns
  • object

Service Bus キューに関連付けられているシステム プロパティ。 次のシステム プロパティがサポートされています: ReplyToSessionId、ContentType、To、Subject、CorrelationId、TimeToLive、PartitionKey、SessionId、ScheduledEnqueueTime、MessageId、ReplyTo、Label、ScheduledEnqueueTimeUtc。

type string:
  • Microsoft.ServiceBus/Queue

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

ServiceBusTopicOutputDataSource

Service Bus トピック出力データ ソースについて説明します。

Name Type Default Value Description
properties.authenticationMode ConnectionString

認証モード。

properties.propertyColumns
  • string[]

Service Bus メッセージにカスタム プロパティとして添付する出力列の名前の文字列配列。

properties.serviceBusNamespace
  • string

目的のイベント ハブ、Service Bus キュー、Service Bus トピックなどに関連付けられている名前空間。PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.sharedAccessPolicyKey
  • string

指定した共有アクセス ポリシーの共有アクセス ポリシー キー。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.sharedAccessPolicyName
  • string

イベント ハブ、Service Bus キュー、Service Bus トピックなどの共有アクセス ポリシー名。PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

properties.systemPropertyColumns
  • object

Service Bus トピック出力に関連付けられているシステム プロパティ。 次のシステム プロパティがサポートされています: ReplyToSessionId、ContentType、To、Subject、CorrelationId、TimeToLive、PartitionKey、SessionId、ScheduledEnqueueTime、MessageId、ReplyTo、Label、ScheduledEnqueueTimeUtc。

properties.topicName
  • string

Service Bus トピックの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

type string:
  • Microsoft.ServiceBus/Topic

書き込まれるデータ ソース出力の種類を示します。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

StorageAccount

Azure Storage アカウントに関連付けられているプロパティ

Name Type Description
accountKey
  • string

Azure Storage アカウントのアカウント キー。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。

accountName
  • string

Azure ストレージ アカウントの名前。 PUT (CreateOrReplace) 要求で必須。