2014 年 2 月の Microsoft セキュリティ情報の概要

公開日: 2014 年 2 月 11 日 |更新日: 2014 年 9 月 24 日

バージョン: 1.3

このセキュリティ情報の概要には、2014 年 2 月にリリースされたセキュリティ情報が一覧表示されます。

2014 年 2 月のセキュリティ情報のリリースに伴い、このセキュリティ情報の概要は、2014 年 2 月 10 日に最初に発行されたセキュリティ情報の事前通知に置き換えられます。 セキュリティ情報の事前通知サービスの詳細については、「 Microsoft セキュリティ情報の事前通知」を参照してください。

Microsoft セキュリティ情報が発行されるたびに自動通知を受け取る方法については、「 Microsoft Technical Security Notifications」を参照してください。

Microsoft は、2014 年 2 月 12 日午前 11 時 (米国 & カナダ) のセキュリティ情報に関するお客様の質問に対処するための Web キャストをホストしています。 2 月のセキュリティ情報 Web キャストに今すぐ登録します。

また、Microsoft では、毎月のセキュリティ更新プログラムと同じ日にリリースされるセキュリティ以外の更新プログラムで、お客様が毎月のセキュリティ更新プログラムの優先順位を付けるのに役立つ情報も提供しています。 「その他の情報」セクションを参照してください。

エグゼクティブサマリー

次の表は、今月のセキュリティ情報を重大度順にまとめたものです。

影響を受けるソフトウェアの詳細については、次のセクション「影響を受けるソフトウェア」を参照してください。

セキュリティ情報 ID セキュリティ情報のタイトルとエグゼクティブの概要 重大度評価と脆弱性への影響の最大値 再起動の要件 影響を受けるソフトウェア
MS14-010 インターネット エクスプローラーの累積的なセキュリティ更新プログラム (2909921)\ \ このセキュリティ更新プログラムは、公開されている 1 つの脆弱性と、インターネット エクスプローラーで非公開で報告された 23 個の脆弱性を解決します。 最も深刻な脆弱性により、ユーザーがインターネット エクスプローラーを使用して特別に細工された Web ページを表示した場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 これらの脆弱性の中で最も深刻な脆弱性を悪用した攻撃者は、現在のユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。 クリティカル \ リモート コード実行 再起動が必要 Microsoft Windows,\ Internet エクスプローラー
MS14-011 VBScript スクリプト エンジンの脆弱性により、リモート でコードが実行される (2928390)\ \ このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の VBScript スクリプト エンジンで非公開で報告された脆弱性を解決します。 この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された Web サイトにアクセスした場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者は、ユーザーに強制的に Web サイトにアクセスさせる方法はありません。 代わりに、通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャーメッセージ内のリンクをクリックさせ、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導することで、ユーザーにアクションを実行させる必要があります。 クリティカル \ リモート コード実行 再起動が必要な場合があります Microsoft Windows
MS14-007 Direct2D の脆弱性により、リモート でコードが実行される (2912390)\ \ このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows で非公開で報告された脆弱性を解決します。 この脆弱性により、ユーザーがインターネット エクスプローラーを使用して特別に細工された Web ページを表示した場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者は、ユーザーに特別に細工されたコンテンツを強制的に表示させる方法はありません。 その代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックさせ、攻撃者の Web サイトに誘導するか、電子メールで送信された添付ファイルを開くようユーザーに誘導する必要があります。 クリティカル \ リモート コード実行 再起動が必要な場合があります Microsoft Windows
MS14-008 Microsoft Forefront Protection for Exchange の脆弱性 リモート コード実行を許可する (2927022)\ \ このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Forefront で非公開で報告された脆弱性を解決します。 この脆弱性により、特別に細工された電子メール メッセージがスキャンされた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 クリティカル \ リモート コード実行 再起動が必要な場合があります Microsoft セキュリティ ソフトウェア
MS14-009 .NET Frameworkの脆弱性により特権の昇格が許可される可能性があります (2916607)\ \ このセキュリティ更新プログラムは、公開された 2 つの脆弱性と、Microsoft .NET Frameworkで非公開で報告された 1 つの脆弱性を解決します。 最も深刻な脆弱性により、ユーザーが特別に細工された Web サイトまたは特別に細工された Web コンテンツを含む Web サイトにアクセスした場合、特権が昇格される可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこのような Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 その代わりに、攻撃者は、通常、攻撃者の Web サイトに移動する電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックするようにユーザーに誘導する必要があります。 重要 \ 特権の昇格 再起動が必要な場合があります Microsoft Windows,\ Microsoft .NET Framework
MS14-005 Microsoft XML Core Services の脆弱性により、情報漏えい (2916036)\ \ このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows に含まれるMicrosoft XML Core Services の公開された脆弱性を解決します。 この脆弱性により、ユーザーがインターネット エクスプローラーを使用して特別に細工された Web ページを表示した場合、情報漏えいが起こる可能性があります。 攻撃者は、ユーザーに特別に細工されたコンテンツを強制的に表示させる方法はありません。 その代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックさせ、攻撃者の Web サイトに誘導するか、電子メールで送信された添付ファイルを開くようユーザーに誘導する必要があります。 重要 \ 情報の開示 再起動が必要な場合があります Microsoft Windows
MS14-006 IPv6 の脆弱性により、サービス拒否 (2904659)\ \ このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows で公開されている脆弱性を解決します。 この脆弱性により、攻撃者が影響を受けるシステムに多数の特別に細工された IPv6 パケットを送信した場合、サービス拒否が発生する可能性があります。 この脆弱性を悪用するには、攻撃者のシステムがターゲット システムと同じサブネットに属している必要があります。 重要 \ サービス拒否 再起動が必要 Microsoft Windows

 

悪用可能性インデックス

次の表は、今月対処された各脆弱性の悪用可能性評価を示しています。 脆弱性は、セキュリティ情報 ID、CVE ID の順に一覧表示されます。 セキュリティ情報に含まれているのは、重要度の評価が [重大] または [重要] である脆弱性のみです。

このテーブル操作方法使用しますか?

この表を使用して、インストールが必要になる可能性があるセキュリティ更新プログラムごとに、セキュリティ情報リリースから 30 日以内にコードが実行され、サービス拒否が悪用される可能性について説明します。 特定の構成に従って、以下の各評価を確認して、今月の更新プログラムのデプロイに優先順位を付けます。 これらの評価の意味と決定方法の詳細については、「 Microsoft Exploitability Index」を参照してください。

以下の列では、"最新のソフトウェア リリース" は対象ソフトウェアを指し、"古いソフトウェア リリース" は、セキュリティ情報の 「影響を受けるソフトウェア」および「影響を受けないもののソフトウェア」の表に記載されているように、対象ソフトウェアのサポートされているすべての古いリリースを指します。

セキュリティ情報 ID 脆弱性のタイトル CVE ID 最新のソフトウェア リリースの悪用可能性評価 以前のソフトウェア リリースの悪用可能性評価 サービス拒否の悪用可能性評価 主な注意事項
MS14-005 MSXML 情報漏えいの脆弱性 CVE-2014-0266 3 - コードを悪用する可能性は低い 3 - コードを悪用する可能性は低い 適用なし これは情報漏えいの脆弱性です。\ \ この脆弱性は公開されています。\ \ Microsoft は、この脆弱性を悪用しようとする標的型攻撃を認識しています。
MS14-006 TCP/IP バージョン 6 (IPv6) のサービス拒否の脆弱性 CVE-2014-0254 影響を受けず 3 - コードを悪用する可能性は低い 永続的 これはサービス拒否の脆弱性です。\ \ この脆弱性は一般に公開されています。
MS14-007 Microsoft グラフィックス コンポーネントのメモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0263 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-008 RCE の脆弱性 CVE-2014-0294 影響を受けず 2 - コードを悪用するとビルドが困難になる 適用なし (なし)
MS14-009 POST 要求の DoS の脆弱性 CVE-2014-0253 3 - コードを悪用する可能性は低い 3 - コードを悪用する可能性は低い 永続的 これはサービス拒否の脆弱性です。\ \ この脆弱性は一般に公開されています。
MS14-009 型トラバーサルの脆弱性 CVE-2014-0257 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-009 VSAVB7RT ASLR の脆弱性 CVE-2014-0295 影響を受けず 適用なし 適用なし これはセキュリティ機能バイパスの脆弱性です。\ \ この脆弱性は公開されています。\ \ Microsoft は、この脆弱性を悪用しようとする限定的な標的型攻撃を認識しています。
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0267 1 - コードを悪用する可能性が高い 影響を受けず 適用なし この脆弱性は一般に公開されています。
MS14-010 インターネット エクスプローラー特権の昇格の脆弱性 CVE-2014-0268 3 - コードを悪用する可能性は低い 3 - コードを悪用する可能性は低い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0269 影響を受けず 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0270 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0271 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0272 影響を受けず 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0273 2 - コードを悪用するとビルドが困難になる 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0274 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0275 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0276 影響を受けず 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0277 影響を受けず 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0278 影響を受けず 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0279 影響を受けず 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0280 影響を受けず 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0281 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0283 影響を受けず 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0284 影響を受けず 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0285 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0286 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0287 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0288 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0289 1 - コードを悪用する可能性が高い 影響を受けず 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0290 1 - コードを悪用する可能性が高い 影響を受けず 適用なし (なし)
MS14-010 インターネット エクスプローラークロスドメイン情報漏えいの脆弱性 CVE-2014-0293 3 - コードを悪用する可能性は低い 3 - コードを悪用する可能性は低い 適用なし これは情報漏えいの脆弱性です。
MS14-011 VBScript メモリ破損の脆弱性 CVE-2014-0271 1 - コードを悪用する可能性が高い 1 - コードを悪用する可能性が高い 適用なし (なし)

影響を受けるソフトウェア

次の表に、主要なソフトウェア カテゴリと重大度の順にセキュリティ情報を示します。

これらのテーブル操作方法使用しますか?

これらのテーブルを使用して、インストールが必要になる可能性があるセキュリティ更新プログラムについて説明します。 一覧表示されている各ソフトウェア プログラムまたはコンポーネントを確認して、インストールに関連するセキュリティ更新プログラムがあるかどうかを確認する必要があります。 ソフトウェア プログラムまたはコンポーネントが一覧表示されている場合は、ソフトウェア更新プログラムの重大度評価も一覧表示されます。

メモ 1 つの脆弱性に対して複数のセキュリティ更新プログラムをインストールする必要がある場合があります。 一覧表示されている各セキュリティ情報識別子の列全体を確認し、システムにインストールしたプログラムまたはコンポーネントに基づいて、インストールする必要がある更新プログラムを確認します。

Windows オペレーティング システムとコンポーネント

Windows XP
セキュリティ情報の識別子 MS14-010 MS14-011 MS14-007 MS14-009 MS14-005 MS14-006
重大度評価の集計 重大 重大 なし 重要 重要 なし
Windows XP Service Pack 3 インターネット エクスプローラー 6 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 7 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重大) VBScript 5.7 (2909212) (Critical) VBScript 5.8 (2909210) (Critical) 適用なし Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 (2904878) (重要) (Media Center Edition 2005 Service Pack 3 および Tablet PC Edition 2005 Service Pack 3 のみ) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2901111) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2898856) (重要) Microsoft .NET Framework4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2898855) (重要) Windows XP Service Pack 3 (2916036) (重要) 適用なし
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 インターネット エクスプローラー 6 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 7 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重大) VBScript 5.6 (2909213) (Critical) VBScript 5.7 (2909212) (Critical) VBScript 5.8 (2909210) (Critical) 適用なし Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2901111) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2898856) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2898855) (重要) Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 (2916036) (重要) 適用なし
Windows Server 2003
セキュリティ情報の識別子 MS14-010 MS14-011 MS14-007 MS14-009 MS14-005 MS14-006
重大度評価の集計 重要 なし 重要 なし
Windows Server 2003 Service Pack 2 インターネット エクスプローラー 6 (2909921) (中) インターネット エクスプローラー 7 (2909921) (中) インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重要) VBScript 5.6 (2909213) (中) VBScript 5.7 (2909212) (中) VBScript 5.8 (2909210) (中) 適用なし Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 (2901115) (重要) Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 (2898860) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2901111) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2898856) (重要) Microsoft.NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2898855) (重要) Windows Server 2003 Service Pack 2 (2916036) (低) 適用なし
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 インターネット エクスプローラー 6 (2909921) (中) インターネット エクスプローラー 7 (2909921) (中) インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重要) VBScript 5.6 (2909213) (中) VBScript 5.7 (2909212) (中) VBScript 5.8 (2909210) (中) 適用なし Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2901111) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2898856) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2898855) (重要) Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 (2916036) (低) 適用なし
Windows Server 2003 と SP2 for Itanium ベースのシステム インターネット エクスプローラー 6 (2909921) (中) インターネット エクスプローラー 7 (2909921) (中) VBScript 5.6 (2909213) (中) VBScript 5.7 (2909212) (中) 適用なし Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2901111) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2898856) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2898855) (重要) Windows Server 2003 と SP2 for Itanium ベースのシステム (2916036) (低) 適用なし
Windows Vista
セキュリティ情報の識別子 MS14-010 MS14-011 MS14-007 MS14-009 MS14-005 MS14-006
重大度評価の集計 重大 重大 なし 重要 重要 なし
Windows Vista Service Pack 2 インターネット エクスプローラー 7 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 9 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 8 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.7 (2909212) (Critical) VBScript 5.8 (Internet エクスプローラー 9 (2909921)[1](Critical) 適用なし Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2901113) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2898858) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2911502) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework4 (2898855) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901118) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898864) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901126) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898869) (重要) Windows Vista Service Pack 2 (2916036) (重要) 適用なし
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 インターネット エクスプローラー 7 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 9 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 8 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.7 (2909212) (Critical) VBScript 5.8 (Internet エクスプローラー 9 (2909921)[1](Critical) 適用なし Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2901113) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2898858) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2911502) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework4 (2898855) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901118) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898864) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901126) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898869) (重要) Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 (2916036) (重要) 適用なし
Windows Server 2008
セキュリティ情報の識別子 MS14-010 MS14-011 MS14-007 MS14-009 MS14-005 MS14-006
重大度評価の集計 重要 なし 重要 なし
Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2 インターネット エクスプローラー 7 (2909921) (中) インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 9 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 8 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.7 (2909212) (中) VBScript 5.8 (インターネット エクスプローラー 9 (2909921)[1](Moderate) 適用なし Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2901113) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2898858) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2911502) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework4 (2898855) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901118) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898864) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901126) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898869) (重要) Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2 (2916036) (低) 適用なし
Windows Server 2008 for x64 ベースのシステム Service Pack 2 インターネット エクスプローラー 7 (2909921) (中) インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 9 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 8 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.7 (2909212) (中) VBScript 5.8 (インターネット エクスプローラー 9 (2909921)[1](Moderate) 適用なし Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2901113) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2898858) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2911502) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework4 (2898855) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901118) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898864) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901126) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898869) (重要) Windows Server 2008 for x64 ベースのシステム Service Pack 2 (2916036) (低) 適用なし
Windows Server 2008 for Itanium ベースのシステム Service Pack 2 インターネット エクスプローラー 7 (2909921) (中) VBScript 5.7 (2909212) (中) 適用なし Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2901113) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2898858) (重要) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (2911502) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework4 (2898855) (重要) Windows Server 2008 for Itanium ベースのシステム Service Pack 2 (2916036) (低) 適用なし
Windows 7
セキュリティ情報の識別子 MS14-010 MS14-011 MS14-007 MS14-009 MS14-005 MS14-006
重大度評価の集計 重大 重大 重大 重要 重要 なし
Windows 7 for 32 ビット システム Service Pack 1 インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 9 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 10 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 11 (2909921) (クリティカル) インターネット エクスプローラー 11 (2909210) (クリティカル) を実行しているシステムに対して、インターネット エクスプローラー 9 (2909921)[1](Critical) VBScript 5.8 を実行しているシステムの場合、インターネット エクスプローラー 8 (2909210) (重大) VBScript 5.8 を実行しているシステムの場合は VBScript 5.8 エクスプローラー 10 (2909210) (重大) VBScript 5.8 Windows 7 for 32 ビット システム Service Pack 1 (2912390) (クリティカル) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2901112) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2898857) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2911501) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2898855) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901118) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898864) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901126) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898869) (重要) Windows 7 for 32 ビット システム Service Pack 1 (2916036) (重要) 適用なし
Windows 7 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 9 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 10 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 11 (2909921) (クリティカル) インターネット エクスプローラー 11 (2909210) (クリティカル) を実行しているシステムに対して、インターネット エクスプローラー 9 (2909921)[1](Critical) VBScript 5.8 を実行しているシステムの場合、インターネット エクスプローラー 8 (2909210) (重大) VBScript 5.8 を実行しているシステムの場合は VBScript 5.8 エクスプローラー 10 (2909210) (重大) VBScript 5.8 Windows 7 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (2912390) (重大) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2901112) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2898857) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2911501) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2898855) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901118) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898864) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901126) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898869) (重要) Windows 7 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (2916036) (重要) 適用なし
Windows Server 2008 R2
セキュリティ情報の識別子 MS14-010 MS14-011 MS14-007 MS14-009 MS14-005 MS14-006
重大度評価の集計 重要 重大 重要 なし
Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 9 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 10 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 11 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 8 (2909210) を実行するシステムの VBScript 5.8 (中) インターネット エクスプローラー 9 (2909921)[1](Moderate) を実行しているシステムの VBScript 5.8) インターネット エクスプローラー 10 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (中) インターネット エクスプローラー 11 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (中) Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (2912390) (重大) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2901112) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2898857) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2911501) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2898855) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901118) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898864) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901126) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898869) (重要) Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (2916036) (低) 適用なし
Windows Server 2008 R2 for Itanium ベースのシステム Service Pack 1 インターネット エクスプローラー 8 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 8 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (中) 適用なし Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2901112) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2898857) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2911501) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2898855) (重要) Windows Server 2008 R2 for Itanium ベースのシステム Service Pack 1 (2916036) (低) 適用なし
Windows 8 および Windows 8.1
セキュリティ情報の識別子 MS14-010 MS14-011 MS14-007 MS14-009 MS14-005 MS14-006
重大度評価の集計 重大 重大 重大 重要 重要 重要
32 ビット システムのWindows 8 インターネット エクスプローラー 10 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 10 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (重大) 32 ビット システム (2912390) のWindows 8 (重大) Microsoft .NET Framework 3.5 (2901120) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5 (2898866) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901119) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898865) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901127) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898870) (重要) 32 ビット システム (2916036) のWindows 8 (重要) 32 ビット システムのWindows 8 (2904659) (重要)
x64 ベースのシステムのWindows 8 インターネット エクスプローラー 10 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 10 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (重大) x64 ベースのシステム (2912390) のWindows 8 (重大) Microsoft .NET Framework 3.5 (2901120) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5 (2898866) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901119) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898865) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901127) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898870) (重要) x64 ベースのシステムのWindows 8 (2916036) (重要) x64 ベースのシステムのWindows 8 (2904659) (重要)
32 ビット システムのWindows 8.1 インターネット エクスプローラー 11 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 11 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (重大) 32 ビット システム (2912390) のWindows 8.1 (重大) Microsoft .NET Framework 3.5 (2901125) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5 (2898868) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901128) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898871) (重要) 32 ビット システム (2916036) のWindows 8.1 (重要) 適用なし
x64 ベースのシステムのWindows 8.1 インターネット エクスプローラー 11 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 11 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (重大) x64 ベースのシステムのWindows 8.1 (2912390) (重大) Microsoft .NET Framework 3.5 (2901125) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5 (2898868) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901128) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898871) (重要) x64 ベースのシステムのWindows 8.1 (2916036) (重要) 適用なし
Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2
セキュリティ情報の識別子 MS14-010 MS14-011 MS14-007 MS14-009 MS14-005 MS14-006
重大度評価の集計 重要 重大 重要 重要
Windows Server 2012 インターネット エクスプローラー 10 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 10 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (中) Windows Server 2012 (2912390) (重大) Microsoft .NET Framework 3.5 (2901120) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5 (2898866) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901119) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898865) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901127) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898870) (重要) Windows Server 2012 (2916036) (低) Windows Server 2012 (2904659) (重要)
Windows Server 2012 R2 インターネット エクスプローラー 11 (2909921) (重要) インターネット エクスプローラー 11 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (中) Windows Server 2012 R2 (2912390) (重大) Microsoft .NET Framework 3.5 (2901125) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5 (2898868) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901128) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898871) (重要) Windows Server 2012 R2 (2916036) (Low) 適用なし
Windows RT および Windows RT 8.1
セキュリティ情報の識別子 MS14-010 MS14-011 MS14-007 MS14-009 MS14-005 MS14-006
重大度評価の集計 重大 重大 重大 重要 重要 重要
Windows RT インターネット エクスプローラー 10 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 10 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (重大) Windows RT (2912390) (重大) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901119) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898865) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901127) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898870) (重要) Windows RT (2916036) (重要) Windows RT (2904659) (重要)
Windows RT 8.1 インターネット エクスプローラー 11 (2909921) (重大) インターネット エクスプローラー 11 (2909210) を実行しているシステムの VBScript 5.8 (クリティカル) Windows RT 8.1 (2912390) (重大) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901128) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898871) (重要) Windows RT 8.1 (2916036) (重要) 適用なし
Server Core インストール オプション
セキュリティ情報の識別子 MS14-010 MS14-011 MS14-007 MS14-009 MS14-005 MS14-006
重大度評価の集計 なし なし なし 重要 重要
Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2 (Server Core インストール) 適用なし VBScript 5.7 (2909212) (重大度評価なし) 適用なし 適用なし Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2 (Server Core インストール) (2916036) (低) 適用なし
Windows Server 2008 for x64 ベースのシステム Service Pack 2 (Server Core インストール) 適用なし VBScript 5.7 (2909212) (重大度評価なし) 適用なし 適用なし Windows Server 2008 for x64 ベースのシステム Service Pack 2 (Server Core インストール) (2916036) (低) 適用なし
Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (Server Core インストール) 適用なし VBScript 5.8 (2909210) (重大度評価なし) 適用なし Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2901112) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2898857) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5.1 (2911501) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2901110) (重要) Microsoft .NET Framework 4 (2898855) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901118) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898864) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901126) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898869) (重要) Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (Server Core インストール) (2916036) (低) 適用なし
Windows Server 2012 (Server Core のインストール) 適用なし VBScript 5.8 (2909210) (重大度評価なし) 適用なし Microsoft .NET Framework 3.5 (2901120) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5 (2898866) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2901119) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5 (2898865) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901127) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898870) (重要) Windows Server 2012 (Server Core インストール) (2916036) (低) Windows Server 2012 (Server Core インストール) (2904659) (重要)
Windows Server 2012 R2 (Server Core のインストール) 適用なし VBScript 5.8 (2909210) (重大度評価なし) 適用なし Microsoft .NET Framework 3.5 (2901125) (重要) Microsoft .NET Framework 3.5 (2898868) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2901128) (重要) Microsoft .NET Framework 4.5.1 (2898871) (重要) Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール) (2916036) (低) 適用なし

MS14-011 の注意事項

[1]インターネット エクスプローラー 9 を実行しているシステムの場合、この脆弱性は、MS14-010 のインターネット エクスプローラー 9 の2909921累積的な更新プログラムによって解決されます。

 

Microsoft セキュリティ ソフトウェア

Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Server
セキュリティ情報の識別子 MS14-008
重大度評価の集計 重大
Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Server Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Server (2927022) (重大)

 

検出と展開のツールとガイダンス

管理者がセキュリティ更新プログラムを展開するのに役立つリソースがいくつかあります。

  • Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) を使用すると、管理者はローカル システムとリモート システムをスキャンして、不足しているセキュリティ更新プログラムと一般的なセキュリティ構成の誤りを確認できます。
  • Windows Server Update Services (WSUS)、Systems Management Server (SMS)、System Center Configuration Managerは、管理者がセキュリティ更新プログラムを配布するのに役立ちます。
  • アプリケーション互換性ツールキットに含まれる Update Compatibility Evaluator コンポーネントは、インストールされているアプリケーションに対する Windows 更新プログラムのテストと検証を合理化する上で役立ちます。

これらのツールと使用可能なその他のツールの詳細については、 IT 担当者向けのセキュリティ ツールに関するページを参照してください。 

謝辞

Microsoft 、お客様を保護するために Microsoft と協力していただきありがとうございます。

MS14-005

  • FireEye, Inc. MSXML Information Disclosure Vulnerability (CVE-2014-0266)

MS14-007

  • Omair は、MICROSOFT グラフィックス コンポーネントのメモリ破損の脆弱性を報告するために HPゼロ デイ イニシアチブと協力しています (CVE-2014-0263)

MS14-009

MS14-010

  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性に関する Microsoft と協力するための、KeenTeam の Liang Chen (@K33nTeam) (CVE-2014-0267)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性に関する Microsoft と連携するための VulnHunt のコード監査ラボ (CVE-2014-0267)
  • インターネット エクスプローラー特権の昇格の脆弱性を報告するためのコンテキスト情報セキュリティの James Forshaw (CVE-2014-0268)
  • Simon Zuckerbraun、HP のゼロ デイ イニシアチブと協力して、インターネット エクスプローラーメモリ破損の脆弱性を報告 (CVE-2014-0269)
  • Yenteasy の Jose A. Vazquez - インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するために HP のゼロ デイ イニシアチブと協力するセキュリティ リサーチ (CVE-2014-0270)
  • Yenteasy の Jose A. Vazquez - インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するために VeriSign iDefense Labs と協力するセキュリティ リサーチ (CVE-2014-0270)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するための Palo Alto Networks の Bo Qu (CVE-2014-0272)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するための Palo Alto Networks の Bo Qu (CVE-2014-0273)
  • Arthur Gerkis、HP のゼロ デイ イニシアチブと協力して、インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告する (CVE-2014-0274)
  • lokihardt@ASRT、HP のゼロ デイ イニシアチブを使用して、インターネット エクスプローラーメモリ破損の脆弱性を報告します (CVE-2014-0274)
  • Simon Zuckerbraun、HP のゼロ デイ イニシアチブと協力して、インターネット エクスプローラーメモリ破損の脆弱性を報告 (CVE-2014-0275)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するための Security-Assessment.com の Scott Bell (CVE-2014-0276)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するための Security-Assessment.com の Scott Bell (CVE-2014-0277)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するための Palo Alto Networks の Bo Qu (CVE-2014-0278)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するために HPゼロ デイ イニシアチブを使用する匿名の研究者 (CVE-2014-0278)
  • Scott Bell of Security-Assessment.com for reporting the Internet エクスプローラー Memory Corruption Vulnerability (CVE-2014-0279)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するための Palo Alto Networks の Bo Qu (CVE-2014-0279)
  • Scott Bell of Security-Assessment.com for reporting the Internet エクスプローラー Memory Corruption Vulnerability (CVE-2014-0280)
  • cons0ul と suto、HP のゼロ デイ イニシアチブを使用して、インターネット エクスプローラーメモリ破損の脆弱性を報告する (CVE-2014-0281)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するための Sachin Shinde (CVE-2014-0283)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するための Sachin Shinde (CVE-2014-0284)
  • Simon Zuckerbraun、HP のZero Day Initiative と協力して、インターネット エクスプローラーメモリ破損の脆弱性を報告する (CVE-2014-0285)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するために HPゼロ デイ イニシアチブを使用する匿名の研究者 (CVE-2014-0285)
  • Simon Zuckerbraun、HP のZero Day Initiative と協力して、インターネットエクスプローラーメモリ破損の脆弱性を報告する (CVE-2014-0286)
  • Peter 'corelanc0d3r' Van Eeckhoutte of Corelan, working with HP'ZeroDay Initiative, for reporting the Internet エクスプローラー Memory Corruption Vulnerability (CVE-2014-0287)
  • Arthur Gerkis、HP のゼロ デイ イニシアチブを使用して、インターネット エクスプローラーメモリ破損の脆弱性を報告する (CVE-2014-0288)
  • lokihardt@ASRT、HP のゼロ デイ イニシアチブを使用して、インターネット エクスプローラーメモリ破損の脆弱性を報告します (CVE-2014-0289)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するための Palo Alto Networks の Bo Qu (CVE-2014-0290)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するための Qihoo の Zhibin Hu (CVE-2014-0290)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性を報告するために HP のゼロ デイ イニシアチブと協力する Trend Micro の Chen 由紀 (CVE-2014-0290)
  • Dieyu dieu deus deva divine dio theos dievas dewa ilu Diyin Ayóo Átʼéii atua tiānzhŭ Yahweh Zeus Odin El for reporting the Internet エクスプローラー Cross-domain Information Disclosure Vulnerability (CVE-2014-0293)

その他の情報

Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール

毎月第 2 火曜日に発生するセキュリティ情報リリースについて、Microsoft は、Windows Update、Microsoft Update、Windows Server Update Services、ダウンロード センターで更新されたバージョンの Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツールをリリースしました。 帯域外セキュリティ情報リリースでは、Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツールの更新バージョンは利用できません。

MU、WU、WSUS でのセキュリティ以外の更新

Windows Updateおよび Microsoft Update のセキュリティ以外のリリースの詳細については、次を参照してください。

Microsoft Active Protections Program (MAPP)

お客様のセキュリティ保護を強化するために、Microsoft は、毎月のセキュリティ更新プログラムのリリースの前に、主要なセキュリティ ソフトウェア プロバイダーに脆弱性情報を提供します。 セキュリティ ソフトウェア プロバイダーは、この脆弱性情報を使用して、ウイルス対策、ネットワークベースの侵入検出システム、ホストベースの侵入防止システムなどのセキュリティ ソフトウェアまたはデバイスを介して、お客様に最新の保護を提供できます。 セキュリティ ソフトウェア プロバイダーからアクティブな保護を利用できるかどうかを判断するには、 Microsoft Active Protections Program (MAPP) パートナーに記載されているプログラム パートナーによって提供されるアクティブな保護 Web サイトにアクセスしてください。

セキュリティ戦略とコミュニティ

更新管理戦略

Update Management のセキュリティ ガイダンス では、セキュリティ更新プログラムを適用するための Microsoft のベスト プラクティスに関する推奨事項に関する追加情報が提供されます。

その他のセキュリティ 更新の取得

その他のセキュリティの問題の更新は、次の場所から入手できます。

  • セキュリティ更新プログラムは、 Microsoft ダウンロード センターから入手できます。 それらを最も簡単に見つけるには、キーワード (keyword)検索して "セキュリティ更新プログラム" を検索します。
  • コンシューマー プラットフォームの更新は、Microsoft Update から入手できます。
  • 今月提供されるセキュリティ更新プログラムは、Windows Updateのセキュリティおよび重要なリリース ISO CD イメージ ファイルのダウンロード センターから入手できます。 詳細については、 Microsoft サポート技術情報の記事913086を参照してください。

IT Pro セキュリティ コミュニティ

セキュリティを向上させ、IT インフラストラクチャを最適化し、 IT Pro Security Community のセキュリティ トピックに関する他の IT 担当者と参加する方法について説明します。

サポート

免責情報

Microsoft サポート技術情報で提供される情報は、いかなる種類の保証もなく "現状有姿" で提供されます。 Microsoft は、商品性と特定の目的に対する適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、すべての保証を否認します。 Microsoft Corporation またはそのサプライヤーがこのような損害の可能性について通知された場合でも、直接、間接、付随的、派生的、事業利益の損失、特別な損害を含むいかなる損害に対しても、Microsoft Corporation またはそのサプライヤーは一切の責任を負いません。 一部の州では、派生的損害または付随的損害に対する責任の除外または制限が認められていないため、前述の制限が適用されない場合があります。

リビジョン

  • V1.0 (2014 年 2 月 11 日): セキュリティ情報の概要が公開されました。
  • V1.1 (2014 年 2 月 12 日): MS14-008 の場合、CVE-2014-0294 の悪用可能性インデックスの古いソフトウェア リリースの悪用可能性評価が改訂されました。
  • V1.2 (2014 年 2 月 13 日): MS14-011 の場合、CVE-2014-0271 の悪用可能性インデックスの「最新のソフトウェア リリースの悪用可能性評価」を改訂しました。
  • V1.3 (2014 年 9 月 24 日): MS14-009 の場合、Windows Server 2008 R2 for x64 ベースの Systems Service Pack 1 (2898855) にインストールすると、Microsoft .NET Framework 4 の影響を受けるソフトウェア テーブルに不足している Server Core エントリが追加されました。 これは情報の変更のみです。 2898855更新プログラムを既に適用している Server Core インストールでこの影響を受けるソフトウェアを実行しているお客様は、何も行う必要はありません。 更新プログラムをまだインストールしていない Server Core インストールでこの影響を受けるソフトウェアを実行しているお客様は、MS14-009 で対処された脆弱性から保護する必要があります。 ダウンロード リンクについては、セキュリティ情報を参照してください。

Page generated 2014-09-23 14:39Z-07:00。