Microsoft セキュリティ アドバイザリ 2934088

インターネット エクスプローラーの脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性がある

公開日: 2014 年 2 月 19 日 |更新日: 2014 年 3 月 11 日

バージョン: 2.0

一般情報

概要

Microsoft は、この脆弱性に関するパブリック レポートの調査を完了しました。 この問題に対処するために MS14-012 を発行しました。 利用可能なセキュリティ更新プログラムのダウンロード リンクなど、この問題の詳細については、「 MS14-012」を参照してください。 対処される脆弱性は、インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性 - CVE-2014-0322 です

謝辞

Microsoft 、お客様を保護するために Microsoft と協力していただきありがとうございます。

  • FireEye, Inc.インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性に関する Microsoft と協力する場合 (CVE-2014-0322)
  • インターネット エクスプローラー メモリ破損の脆弱性に関する Symantec と連携するための脆弱性 (CVE-2014-0322)

その他の情報

Microsoft Active Protections Program (MAPP)

Microsoft は、お客様のセキュリティ保護を強化するために、毎月のセキュリティ更新プログラムリリースの前に、主要なセキュリティ ソフトウェア プロバイダーに脆弱性情報を提供しています。 セキュリティ ソフトウェア プロバイダーは、この脆弱性情報を使用して、ウイルス対策、ネットワークベースの侵入検出システム、ホストベースの侵入防止システムなどのセキュリティ ソフトウェアまたはデバイスを介して、お客様に最新の保護を提供できます。 セキュリティ ソフトウェア プロバイダーからアクティブな保護を利用できるかどうかを判断するには、 Microsoft Active Protections Program (MAPP) パートナーに記載されているプログラム パートナーによって提供されるアクティブな保護 Web サイトにアクセスしてください。

フィードバック

サポート

免責情報

このアドバイザリで提供される情報は、いかなる種類の保証もなく「現状のまま」提供されます。 Microsoft は、商品性と特定の目的に対する適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、すべての保証を否認します。 Microsoft Corporation またはそのサプライヤーがこのような損害の可能性を通知された場合でも、直接的、間接的、付随的、派生的、事業利益の損失、特別な損害を含むいかなる損害についても、Microsoft Corporation またはそのサプライヤーは一切の責任を負いません。 一部の州では、派生的または付随的損害に対する責任の除外または制限が認められていないため、前述の制限が適用されない場合があります。

リビジョン

  • V1.0 (2014 年 2 月 19 日): アドバイザリが公開されました。
  • V2.0 (2014 年 3 月 11 日): セキュリティ情報の公開を反映するようにアドバイザリが更新されました。

Page generated 2014-05-14 17:51Z-07:00。