Microsoft セキュリティ情報 MS15-011 - 重大

グループ ポリシーの脆弱性により、リモート でコードが実行される (3000483)

公開日: 2015 年 2 月 10 日 |更新日: 2015 年 3 月 11 日

バージョン: 1.1

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows で非公開で報告された脆弱性を解決します。 この脆弱性により、攻撃者がドメインで構成されたシステムを持つユーザーを攻撃者が制御するネットワークに接続するようにユーザーに誘導した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムが完全に制御される可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

このセキュリティ更新プログラムは、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8、Windows Server 2012、Windows RT、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、および Windows RT 8.1 でサポートされているすべてのエディションで重要と評価されています。 詳細については、「 影響を受けるソフトウェア 」セクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、構成データを受け入れる前にドメイン構成済みシステムがドメイン コントローラーに接続する方法を改善することで、この脆弱性グループ ポリシー解決します。 この脆弱性の詳細については、「脆弱性 情報 」セクションを参照してください。

このセキュリティ情報に記載されている脆弱性から保護するには、このセキュリティ更新プログラムの展開に加えて、システム管理者による追加の構成が必要です。 この更新プログラムの詳細については、「 Microsoft サポート技術情報の記事3000483」を参照してください。

影響を受けるソフトウェア

次のソフトウェア バージョンまたはエディションが影響を受ける。 一覧にないバージョンまたはエディションは、サポート ライフ サイクルを過ぎているか、影響を受けません。 ソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフ サイクルを確認するには、「Microsoft サポート ライフサイクル」を参照してください。

オペレーティング システム セキュリティへの影響の最大値 重大度評価の集計 更新置換済み
Windows Server 2003
Windows Server 2003 Service Pack 2[1] リモート コード実行 Critical なし
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2[1] リモート コード実行 Critical なし
Windows Server 2003 と SP2 for Itanium ベースのシステム [1] リモート コード実行 Critical なし
Windows Vista
Windows Vista Service Pack 2 (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS13-048 の2839229
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS13-031 の2813170
Windows Server 2008
Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2 (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS13-048 の2839229
Windows Server 2008 for x64 ベースのシステム Service Pack 2 (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS13-031 の2813170
Windows Server 2008 for Itanium ベースのシステム Service Pack 2 (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS13-031 の2813170
Windows 7
Windows 7 for 32 ビット システム Service Pack 1 (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS15-001 の3023266
Windows 7 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS15-001 の3023266
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS15-001 の3023266
Windows Server 2008 R2 for Itanium ベースのシステム Service Pack 1 (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS15-001 の3023266
Windows 8 および Windows 8.1
Windows 8 for 32 ビット システム (3000483) リモート コード実行 Critical MS15-001 の3023266
Windows 8 for x64 ベースのシステム (3000483) リモート コード実行 Critical MS15-001 の3023266
32 ビット システムのWindows 8.1 (3000483) リモート コード実行 Critical なし
x64 ベースのシステムのWindows 8.1 (3000483) リモート コード実行 Critical なし
Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012 (3000483) リモート コード実行 Critical MS15-001 の3023266
Windows Server 2012 R2 (3000483) リモート コード実行 Critical なし
Windows RT および Windows RT 8.1
Windows RT[2](3000483) リモート コード実行 Critical MS15-001 の3023266
Windows RT 8.1[2](3000483) リモート コード実行 Critical なし
Server Core インストール オプション
Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2 (Server Core インストール) (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS13-048 の2839229
Windows Server 2008 for x64 ベースのシステム Service Pack 2 (Server Core インストール) (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS13-031 の2813170
Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (Server Core インストール) (3000483) リモート コード実行 Critical MS11-043 の2536276と MS15-001 の3023266
Windows Server 2012 (Server Core インストール) (3000483) リモート コード実行 Critical MS15-001 の3023266
Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール) (3000483) リモート コード実行 Critical なし

[1]Windows Server 2003 は影響を受けますが、更新プログラムは発行されていません。 詳細については、 更新に 関する FAQ を参照してください。

[2]この更新プログラムは、Windows Updateでのみ使用できます。

 

更新に関する FAQ

この更新プログラムは追加機能をインストールしますか?
はい。 自動更新が有効になっているお客様の場合、この更新プログラムでは 、Microsoft セキュリティ アドバイザリ 3004375で展開されている新しい機能もインストールされます。 Windows コマンド ライン監査プロセス作成ポリシーに関連する新しい機能は、このセキュリティ情報で対処されている脆弱性とは無関係です。 インストールが完了すると、更新プログラムが3000483され、3004375がインストールされている更新プログラムとして一覧表示されます。

大事な 更新プログラムを手動でダウンロードしてインストールするお客様は、任意の順序でインストールできる更新プログラム (3000483と3004375) の両方をインストールする必要があります。

Windows Server 2003 は、影響を受ける製品として一覧表示されます。Microsoft が更新プログラムを発行していないのはなぜですか?  Windows Server 2003 は影響を受ける製品ですが、必要な包括的なアーキテクチャの変更によってシステムの安定性が損なわれ、アプリケーションの互換性の問題が発生するため、Microsoft は更新プログラムを発行していません。 Microsoft では、セキュリティに配慮したお客様は、変化するセキュリティ脅威の状況に対応し、後のオペレーティング システムで提供されるより堅牢な保護の恩恵を受けるために、後のオペレーティング システムにアップグレードすることをお勧めします。

重大度評価と脆弱性識別子

次の重大度評価は、脆弱性の潜在的な最大の影響を想定しています。 このセキュリティ情報のリリースから 30 日以内に、重大度の評価とセキュリティへの影響に関連する脆弱性の悪用可能性の可能性については、 2 月のセキュリティ情報の概要にある Exploitability Index を参照してください。

脆弱性の重大度評価と影響を受けるソフトウェアによる最大のセキュリティ影響
影響を受けるソフトウェア グループ ポリシーリモートでコードが実行される脆弱性 - CVE-2015-0008 重大度評価の集計
Windows Server 2003
Windows Server 2003 Service Pack 2 Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2003 と SP2 for Itanium ベースのシステム Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Vista
Windows Vista Service Pack 2 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2008
Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2 (3000483) 重要 リモート コード実行 重大
Windows Server 2008 for x64 ベースのシステム Service Pack 2 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2008 for Itanium ベースのシステム Service Pack 2 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows 7
Windows 7 for 32 ビット システム Service Pack 1 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows 7 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2008 R2 for Itanium ベースのシステム Service Pack 1 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows 8 および Windows 8.1
Windows 8 for 32 ビット システム (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows 8 for x64 ベースのシステム (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
32 ビット システムのWindows 8.1 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
x64 ベースのシステムのWindows 8.1 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2012 R2 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows RT および Windows RT 8.1
Windows RT (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows RT 8.1 (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Server Core インストール オプション
Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2 (Server Core インストール) (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2008 for x64 ベースのシステム Service Pack 2 (Server Core インストール) (3000483) クリティカル \ リモート コード実行 重大
Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (Server Core インストール) (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2012 (Server Core インストール) (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大
Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール) (3000483) Critical\ Remote Code Execution 重大

脆弱性情報

グループ ポリシーリモートでコードが実行される脆弱性 - CVE-2015-0008

リモート コード実行の脆弱性は、ドメインに参加しているシステムがドメイン コントローラーに接続するときに、グループ ポリシーがポリシー データを受信して適用する方法に存在します。 この脆弱性を悪用するには、攻撃者が攻撃者が制御するネットワークに接続するために、ドメインが構成されたシステムで被害者を説得する必要があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御し、プログラムをインストールする可能性があります。データを表示、変更、または削除する。または、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成します。 このセキュリティ更新プログラムは、構成データを受け入れる前にドメイン構成済みシステムがドメイン コントローラーに接続する方法を改善することで、この脆弱性グループ ポリシー解決します。

この脆弱性は公開されていません。 このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

軽減要因

Microsoft は、この脆弱性の 軽減要因を 特定していません。

対処方法

Microsoft は、この脆弱性の 回避策を 特定していません。

セキュリティ更新プログラムの展開

セキュリティ更新プログラムの展開情報については、「エグゼクティブの概要」で参照されている Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

 

謝辞

Microsoft は、Microsoft が連携した脆弱性の開示を通じてお客様を保護するのに役立つセキュリティ コミュニティの人々の取り組みを認識しています。 詳細については、「 受信確認 」を参照してください。

免責情報

Microsoft サポート技術情報で提供される情報は、いかなる種類の保証もなく "現状のまま" 提供されます。 Microsoft は、商品性と特定の目的に対する適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、すべての保証を否認します。 Microsoft Corporation またはそのサプライヤーがこのような損害の可能性を通知された場合でも、直接的、間接的、付随的、派生的、事業利益の損失、特別な損害を含むいかなる損害についても、Microsoft Corporation またはそのサプライヤーは一切の責任を負いません。 一部の州では、派生的または付随的損害に対する責任の除外または制限が認められていないため、前述の制限が適用されない場合があります。

リビジョン

  • V1.0 (2015 年 2 月 10 日): セキュリティ情報が公開されました。
  • V1.1 (2015 年 3 月 11 日): Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2 でサポートされているすべてのエディションで置き換えられた更新プログラムを修正するために、このセキュリティ情報が改訂されました。 これは情報の変更のみです。 更新ファイルに変更はありませんでした。 システムを既に正常に更新しているお客様は、アクションを実行する必要はありません。

Page generated 2015-03-20 14:36Z-07:00.