Share via


SharePoint モダン化スキャナー レポート: Microsoft 365 グループ接続レポート

このモードはメインのサイトおよび Web レポートの作成を担当するため、Microsoft 365 グループ接続 (モードGroupifyOnly) は常に実行されます。

Excel ダッシュボード

Microsoft 365 グループ接続ダッシュボード

ModernizationSiteScanResults.csv ファイルを理解する

このレポートには、次の列が含まれます。

説明
Site Collection Url (サイト コレクション URL) スキャンされたサイト コレクションの URL です。
Site URL スキャンされた Web の URL です。
ReadyForGroupify このサイトを "Microsoft 365 グループに接続" できますか ? 値が FALSE の場合、このサイト コレクションを "Microsoft 365 グループに接続" することはお勧めできません。
GroupifyBlockers 検出されたブロッキングの問題を一覧表示します。SiteHasOffice365Group (サイトは既に "Microsoft 365 グループに接続" 済みです)、PublishingFeatureEnabled (発行機能が有効になっています)、またはIsTenantRootSite (サイトはテナント ルート サイト コレクションです) のいずれかです。
GroupifyWarnings 見つかった警告のリスト: これらは、サイトの "Microsoft 365 グループ接続" に最適ではない条件を示しますが、"Microsoft 365 グループ接続" のブロッカーとは見なされません。 以下は潜在的な警告である可能性があります: PermissionWarnings (1 つ以上のアクセス許可関連の警告があります)、SiteHasSubSites (サブ サイトは最新のサイトでは推奨されていません)、ModernUIIssues (最新の UI 機能の一部が無効になっているか、カスタマイズに互換性がありません) またはDefaultHomePageImpacted ("Microsoft 365 グループ接続" は、使用されている Web テンプレートの既定のホームページとは大きく異なる新しい最新のホーム ページを追加します)。
GroupMode 検出されたセキュリティ設定 (EveryOne クレームが存在) に基づいて提案されたグループモード (プライベート/パブリック)。
PermissionWarnings アクセス許可関連の警告を統合します。 次の値を表示できます: ADGroupWillNotBeExpanded (サイトは Microsoft 365 グループ内で展開されない AD グループを使用します)、SharingDisabledForSiteButGroupWillAllowExternalSharing (外部共有は SharePoint サイトに対して無効にされましたが、Microsoft 365 グループは既定で外部共有を許可します) またはSubSiteWithBrokenPermissionInheritance (サイトには固有のアクセス許可を持つサブ サイトがあります)。
ModernHomePage サイトに最新のホーム ページがあるかどうか: もしもそうでない場合は、"Microsoft 365 グループ接続" は既定の最新のホーム ページを作成します。 このインジケーターを使用して、"Microsoft 365 グループ接続" を実行する前に、どのサイトをカスタマイズされた最新のホームページに指定するかを評価します
ModernUIWarnings これは、最新の UI コンポーネントがオフになっているか、互換性のない機能/カスタマイズが検出されたことを示す警告のコレクションです。 表示が考えられる値は、ModernPageFeatureDisabled (このサイトには最新のページは適用できません)、ModernListsBlockedAtSiteLevel (リストのモダン UI はサイト コレクション レベルで意図的にブロックされています)、ModernListsBlockedAtWebLevel (リストのモダン UI は意図的に Web コレクション レベルでブロックされています)、MasterPageUsed (カスタム マスター ページが使用されています)、AlternateCSSUsed (代替 CSS が定義されています)、UserCustomActionUsed (互換性のないユーザー カスタム アクションが検出されました)、PublishingFeatureEnabled (発行機能が有効になっています) です。
WebTemplate サイトで使用される Web テンプレートです。
Office365GroupId このサイトが既に Microsoft 365 グループに接続されている場合、そのグループの ID が表示されます。
HasTeamsTeam このサイト コレクションに接続された Microsoft 365 グループ用に作成された Teams のチームはありますか (バージョン 2.7 以降)?
MasterPage カスタム マスター ページが使用されましたか?
AlternateCSS 代替 CSS が定義されていましたか?
UserCustomActions 互換性のないユーザー カスタム アクションが使用されていますか?
SearchCenterUrl サイトのカスタム検索センター URL またはカスタム検索結果ページ (設定されている場合) が含まれます。 両方が設定されている場合、カスタム検索センターの URL がリストされます
SubSites サイトにサブ サイトがありますか?
SubSitesWithBrokenPermissionInheritance サイトに固有の固有のアクセス許可を持つサブ サイトがありますか?
ModernPageWebFeatureDisabled このサイトの最新のページ機能は無効になっていますか?
ModernPageFeatureWasEnabledBySPO SPO によって最新のページ機能が有効になったことはありますか (すべてのサイトで有効になっているわけではありません。これにより、本当にオフになった場所と、そもそも有効になっていない場所を確認することができます)?
ModernListSiteBlockingFeatureEnabled リストの最新の UI は、サイト コレクション レベルで意図的にブロックされていましたか?
ModernListWebBlockingFeatureEnabled リストの最新の UI は意図的に Web レベルでブロックされていましたか?
SitePublishingFeatureEnabled サイト スコープの発行機能は有効になっていますか?
WebPublishingFeatureEnabled Web スコープの発行機能は有効になっていますか?
ViewsRecent このサイトの過去 14 日間の閲覧数です。 -c または skipusageinformation パラメーターが使用されていた場合、この列は常に 0 になります。
ViewsRecentUniqueUsers このサイトの過去 14 日間の重複しない訪問者数です。 -c または skipusageinformation パラメーターが使用されていた場合、この列は常に 0 になります。
ViewsLifeTime このサイトの全期間中の閲覧数です。 -c または skipusageinformation パラメーターが使用されていた場合、この列は常に 0 になります。
ViewsLifeTimeUniqueUsers このサイトの全期間中の重複しない訪問者数です。 -c または skipusageinformation パラメーターが使用されていた場合、この列は常に 0 になります。
Everyone(ExceptExternalUsers)Claim everyone または everyone except external users クレームはサイト レベルで使用されていますか?
UsesADGroups アクセス許可を付与するために使用される AD グループはありますか?
ExternalSharing サイトの外部共有の状態が一覧表示されます。
Admins サイト管理者のコンマ区切りリストです。
AdminContainsEveryone(ExceptExternalUsers)Claim everyoneまたはeveryone except external usersクレームはサイト管理者で使用されていますか?
AdminContainsADGroups AD グループはサイト管理者で使用されていますか?
所有者 サイト所有者のコンマ区切りリストです。
OwnersContainsEveryone(ExceptExternalUsers)Claim everyone または everyone except external users クレームはサイト所有者で使用されていますか?
OwnersContainsADGroups AD グループはサイト所有者で使用されていますか?
メンバー サイト メンバーのコンマ区切りリストです。
MembersContainsEveryone(ExceptExternalUsers)Claim everyone または everyone except external users クレームはサイト メンバーで使用されていますか?
MembersContainsADGroups AD グループはサイト メンバーで使用されていますか?
閲覧者 サイト閲覧者のコンマ区切りリストです。
VisitorsContainsEveryone(ExceptExternalUsers)Claim everyone または everyone except external users クレームはサイト閲覧者で使用されていますか?
VisitorsContainsADGroups AD グループはサイト閲覧者で使用されていますか?

このレポートの重要なポイント

ModernizationSiteScanResults.csv を Microsoft Excel に読み込み、受信したデータを以下のフィルターを使用して分析します。

フィルター 重要ポイント
フィルターなし テナントのサイト コレクションごとに 1 行を表示します
ReadyForGroupify = TRUE "Microsoft 365 グループ接続" 可能なサイト コレクションをすべて表示します。 確認する警告がまだあるかもしれませんが、ブロッキングの問題は見つかりませんでした
ReadyForGroupify = FALSE AND Office365GroupId = "" Microsoft 365 グループがまだ接続されておらず、"Microsoft 365 グループ接続" ができないすべてのサイトを表示します
ReadyForGroupify = TRUE AND GroupMode = PUBLIC "Microsoft 365 グループ接続" 可能なすべてのサイト コレクションを提供します。これらのサイト コレクションは、既定でパブリック グループになります (サイト メンバーまたはサイト所有者の everyone または everyone except external users の存在に基づいて
HasTeamsTeam = FALSE および WebTemplate = GROUP#0 Microsoft 365 グループ用に作成された Teams のチームがまだない最新のグループ接続のチーム サイト (バージョン 2.7 以降)

ModernizationWebScanResults.csv ファイルを理解する

このレポートには、次の列が含まれます。

説明
Site Collection Url (サイト コレクション URL) スキャンされたサイト コレクションの URL です。
Site URL スキャンされた Web の URL です。
WebTemplate この Web で使用される Web テンプレートです。
BrokenPermissionInheritance このサイトには固有の固有のアクセス許可が定義されていますか?
ModernPageWebFeatureDisabled この Web の最新のページ機能は無効になっていますか?
ModernPageFeatureWasEnabledBySPO SPO によって最新のページ機能が有効になったことはありますか (すべてのサイトで有効になっているわけではありません。これにより、本当にオフになった場所と、そもそも有効になっていない場所を確認することができます)?
WebPublishingFeatureEnabled Web スコープの発行機能は有効になっていますか?
MasterPage カスタマイズされた場合のマスター ページの値
CustomMasterPage カスタマイズされた場合のカスタム マスター ページの値
AlternateCSS 設定されている場合の代替 CSS の値
UserCustomActions この Web で使用されている互換性のないユーザー カスタム アクションはありますか?
SearchCenterUrl Web のカスタム検索センター URL またはカスタム検索結果ページ (設定されている場合) が含まれます。 両方が設定されている場合、カスタム検索センターの URL がリストされます
Everyone(ExceptExternalUsers)Claim everyoneまたはeveryone except external usersクレームは Web レベルで使用されていますか?
UniqueOwners この Web に固有の固有のアクセス許可が定義されている場合、所有者のコンマ区切りリストです。
UniqueMembers この Web に固有の固有のアクセス許可が定義されている場合、メンバーのコンマ区切りリストです。
UniqueVisitors この Web に固有の固有のアクセス許可が定義されている場合、閲覧者のコンマ区切りリストです。

このレポートの重要なポイント

ModernizationWebScanResults.csv を Microsoft Excel に読み込み、受信したデータを以下のフィルターを使用して分析します。

フィルター 重要ポイント
フィルターなし スキャンされた Web ごとに 1 行を表示します
MasterPage <> "" または CustomMasterPage <> "" カスタム マスター ページ セットとそのカスタム マスター ページの名前を持つ Web を表示します
AlternateCSS <> "" 代替 CSS が定義されている Web と、構成済みの代替 CSS ファイルの名前が表示されます

ModernizationUserCustomActionScanResults.csv ファイルを理解する

このレポートには、次の列が含まれます。

説明
Site Collection Url (サイト コレクション URL) スキャンされたサイト コレクションの URL です。
Site URL スキャンされた Web の URL です。
Title ユーザー カスタム アクションのタイトルです。
名前 ユーザー カスタム アクションの名前です。
Location ユーザー カスタム アクションの場所です。
RegistrationType ユーザー カスタム アクションの登録タイプです。
RegistrationId 登録の ID。
理由 このユーザー カスタム アクションが "モダン" で無視される理由です。
ScriptBlock ScriptBlock ユーザー カスタム アクション値の値です。
ScriptSrc ScriptSrc ユーザー カスタム アクション値の値です。

このレポートの重要なポイント

ModernizationUserCustomActionScanResults.csv を Microsoft Excel に読み込み、受信したデータを以下のフィルターを使用して分析します。

フィルター 重要ポイント
フィルターなし 互換性のないユーザー カスタム アクションが見つかるごとに 1 行が表示されます。 これらのユーザー カスタム アクションの重要性を評価する必要があります。ビジネスにとって重要な場合は、代替の SharePoint Framework 拡張機能を構築するか、サイトを "クラシック" に戻すことをお勧めします