Share via


SharePoint モダン化スキャナー レポート: リスト レポート

Excel ダッシュボード

リスト ダッシュボード

ModernizationListScanResults.csv ファイルを理解する

このレポートには、次の列が含まれます。

説明
リスト URL スキャンされたオブジェクトの URL (この場合はリスト フォーム ページの URL)。
サイト URL スキャンされたサイトの URL。
サイト コレクション URL スキャンされたサイト コレクションの URL。
リスト タイトル リストのタイトル。
OOB の理由のみによりブロック リストが、ユーザーが顧客として影響を与えることができない、サポートされていないリスト ベース テンプレートが原因でブロックされている、サポートされていないリスト ビュー タイプまたはサポートされていないフィールド タイプが表示されている、という理由でのみブロックされている場合は TRUE。 これらの理由でのみブロックされているロギング リストは、-k (-skiplistsonlyblockedbyoobreaons) パラメーターを使用してスキップできます。
サイト レベルでブロック サイト スコープ機能 (E3540C7D-6BEA-403C-A224-1A12EAFEE4C4) が有効化されたことが原因でリストがブロックされている場合は TRUE。
Web レベルでブロック Web スコープ機能 (52E14B6F-B1BB-4969-B89B-C4FAA56745EF) が有効化されたことが原因でリストがブロックされている場合は TRUE。
リスト レベルでのブロック ユーザーがリスト エクスペリエンスの設定を「クラシック エクスペリエンス」に変更した場合は TRUE。
リスト ページのレンダリングの種類 「組み込みの自動検出が自動的にレンダリングを "クラシック" に切り替えるのはいつですか?」で説明されている PageRenderType プロパティの値。
リスト エクスペリエンス セット リスト エクスペリエンスの設定: 自動 (既定)、モダン、クラシック。
ページが読み込めないためブロック リストの既定のビューに関連付けられたページが読み込めない場合は TRUE。
ページの例外が読み込めないためブロック ページを読み込めなかったときに発生したエラー。
管理されたメタデータ ナビゲーションによりブロック Web スコープのメタデータ ナビゲーション (7201d6a4-a5d3-49a1-8c19-19c4bac6e668) 機能が有効化されたことが原因でリストがブロックされている場合は TRUE。 メモ: Microsoft では、「モダン」リストとライブラリ エクスペリエンスでの管理されたメタデータ ナビゲーションのサポートの展開を開始しました。 詳細については、https://techcommunity.microsoft.com/t5/SharePoint-Blog/SharePoint-filters-pane-updates-filtering-and-metadata/ba-p/74162を参照してください。
ビューの種類によりブロック リストの既定のビューが「モダン」では表示できないビューの種類を使用している場合は TRUE。
ビューの種類 使用されたビューの種類が「モダン」で機能しません。
リスト ベース テンプレートによりブロック 「モダン」では表示できないリストの種類に基づいているため、リストがブロックされている場合は TRUE。
リスト ベース テンプレート リストのベース テンプレート。 このベース テンプレートは「モダン」では表示できません。
Web パーツが存在しない、または複数存在するためにブロック リストの既定のビュー ページに 1 つ以上の Web パーツがある場合は TRUE。
JSLink によりブロック リスト データを表示している XSLT リスト ビュー Web パーツに JSLink プロパティが設定されている場合は TRUE。
JSLink XSLT リスト ビュー Web パーツで設定された JSLink プロパティ。
XslLink によりブロック リスト データを表示している XSLT リスト ビュー Web パーツに XslLink プロパティが設定されている場合は TRUE。
XslLink XSLT リスト ビュー Web パーツで設定された XslLink プロパティ。
Xsl によりブロック リスト データを表示している XSLT リスト ビュー Web パーツに Xsl プロパティが設定されている場合は TRUE。
JSLink フィールドによりブロック リスト ビュー フィールドに JSLink プロパティが設定されている場合は TRUE。
JSLink フィールド JSLink が設定されたフィールドのコレクション。
ビジネス データ フィールドによりブロック リスト ビュー フィールドの種類が「ビジネス データ」の場合は TRUE。
ビジネス データ フィールド 種類が「ビジネス データ」のフィールドのコレクション。
タスクの結果フィールドによりブロック リスト ビュー フィールドの種類が「タスクの結果」の場合は TRUE。
タスクの結果フィールド 種類が「タスクの結果」のフィールドのコレクション。
publishingField によりブロック リスト ビュー フィールドの種類が「公開」の場合は TRUE。
公開フィールド 種類が「公開」のフィールドのコレクション。
地域の場所フィールドによりブロック リスト ビュー フィールドの種類が「地域の場所」の場合は TRUE。
地域の場所フィールド 種類が「地域の場所」のフィールドのコレクション。
リスト カスタム アクションによりブロック リストに互換性のないリスト スコープのユーザー カスタム アクションがある場合は TRUE。 互換性のないユーザー カスタム アクションの場所として、ScriptLink があります。
リスト カスタム アクション 問題のあるリストのカスタム アクション名のコレクション。

このレポートの重要ポイント

ModernListBlocked.csv を Microsoft Excel に読み込み、次に示すフィルターを使用して、受信したデータを分析します。

フィルター 重要ポイント
フィルターなし 既定のビュー ページが「モダン」UI を使用して表示されないリストを、すべて表示します。 すべてのリストが「モダン」ユーザー インターフェイスを使用するように設計されているわけではないため、リストの数は膨大になる可能性があります。 ただし、このデータは今後の「モダン」変更の影響を評価するために役立ちます。たとえば、このレポートでは、機能 y が使用できないために x リストがモダンで表示されないことがわかります。今後機能 y が使用可能になることがわかっている場合は、「モダン」ユーザー インターフェイスを使用して、ユーザーが表示できる追加リストの数を評価できます。
サイトレベルでブロック = TRUE または Web レベルでブロック = TRUE このフィルターを使用すると、「モダン」UI をブロックするサイト/Web スコープ機能が有効になっているサイトをすべて取得できます。 これは、特定のサイトでまだ「モダン」の準備ができていないことが原因の可能性があります。このデータを使用すると、「モダン」UI のブロック機能を再度無効にできます。
リスト レベルでのブロック = TRUE エンド ユーザーには、リストごとに「モダン」エクスペリエンスをオン/オフにするオプションがあります。このフィルターを使用すると、オン/オフが発生した場所を確認できます。 列「リスト エクスペリエンス」には、適用された設定が表示されます。
OOB の理由のみによりブロック = FALSE 影響を受けるため「モダン」でレンダリングされないリストがすべて表示されます。 SharePoint Online リストの「モダン」ユーザー インターフェイスの互換性を改善する場合は、次のリストを使用できます。
OOB の理由のみによりブロック = FALSE および (JSLink によりブロック = TRUE または XslLink によりブロック = TRUE または Xsl によりブロック = TRUE または JSLink フィールドによりブロック = TRUE) これらはすべて、モダンで表示されていないリストです。これらのレンダリングがカスタム JavaScript または XSL の有無に影響されるためです。 これらの JavaScript や XSL ファイルへの参照を削除して、標準方法のリストのレンダリングに戻すことができます。または、列/ビューのフォーマッタを使用したり、カスタムの SharePoint Framework 開発を使用したりすることもできます。
OOB の理由のみによりブロック = FALSE およびリスト カスタム アクションによりブロック = TRUE リストのカスタム アクションに JavaScript が埋め込まれていると、「モダン」ユーザー インターフェイスのレンダリングが阻害されます。 このリストのカスタム アクションを削除できます。または、列/ビューのフォーマッタを使用したり、カスタムの SharePoint Framework 開発を使用したりすることもできます。
ビジネス データ フィールド = true またはタスクの結果フィールドによりブロック = true または地域の場所フィールドによりブロック = true または publishingField によりブロック = true これらのフィールドのレンダリングは修正できませんが、リストの「モダン」レンダリングを修正する、リストの既定のビューからフィールドを削除するオプションがあります。