Share via


SharePoint モダン化スキャナー レポート: ワークフロー レポート

注:

ワークフロー 2013 の使用状況の評価は、Microsoft 365 Assessment ツールを使用して行う必要があります

Excel ダッシュボード

ワークフロー ダッシュボード

ModernizationWorkflowScanResults.csv ファイルを理解する

このレポートには、次の列が含まれています。

説明
Site Collection Url (サイト コレクション URL) スキャンされたサイト コレクションの URL。
SiteUrl スキャンされた Web の URL です。
Definition Name (定義名) ワークフロー定義の名前。
Migration to Flow recommended (Flow への移行を推奨) このワークフローが Microsoft Flow への移行に適しているかどうかを示します。 基準として、そのワークフローが OOB ワークフローではない、そのワークフローにサブスクリプションがあり、かつサブスクリプションが有効になっている、が使用されます。
バージョン ワークフローのバージョン (2010 または 2013)。
スコープ ワークフローが接続されているのは、サイト、リスト、またはコンテンツ タイプのいずれなのか。
Has subscriptions (サブスクリプションの有無) このワークフローは実際に使用されているのか、それとも定義されているだけなのか。
Enabled (有効) ワークフローが有効になっているか。
Is OOB (OOB かどうか) これは、SharePoint Online にある OOB ワークフローのうちの 1 つかどうか。 (OOB ワークフローは分析されません)
リスト タイトル ワークフローの対象がリストである場合、そのリストのタイトルが表示されます。
List Url (リスト URL) ワークフローの対象がリストである場合、そのリストの URL が表示されます。
List Id (リスト ID) ワークフローの対象がリストである場合、そのリストの ID が表示されます。
ContentType Name (ContentType 名) ワークフローの対象がコンテンツ タイプである場合、そのコンテンツ タイプの名前が表示されます。
ContentType ID ワークフローの対象がコンテンツ タイプである場合、そのコンテンツ タイプの ID が表示されます。
Restricted To (次のものに制限) 2013 ワークフローは、この列に示されているリストまたはサイト専用に使用されるように制限できます。
Definition description (定義の説明) ワークフロー定義の説明。
Definition Id (定義 ID) ワークフロー定義の ID。
Subscription Name (サブスクリプション名) このワークフロー用に作成されたサブスクリプションの名前。
Subscription Id (サブスクリプション ID) このワークフロー用に作成されたサブスクリプション ID。
Definition Changed On (定義の変更日時) このワークフロー定義が最後に変更された日時。
Subscription Changed On (サブスクリプションの変更日時) ワークフロー サブスクリプションが最後に変更された日時。 (WorkflowWithDetailsOnly または Full モードで使用されている場合のみ)
Action Count (アクション数) このワークフローで検出されたアクションの数。 (WorkflowWithDetailsOnly または Fullの モードで使用されている場合のみ)
Used Actions (使用されたアクション) このワークフローで使用された固有のアクションのリスト。 (WorkflowWithDetailsOnly または Fullの モードで使用されている場合のみ)
Used Triggers (使用されたトリガー) このワークフローをトリガーするワークフロー トリガーのリスト。 (WorkflowWithDetailsOnly または Fullの モードで使用されている場合のみ)
Flow upgradability (Flow へのアップグレード性) 検出されたアクションの Microsoft Flow へのアップグレード性をパーセントで示します。 (WorkflowWithDetailsOnly または Fullの モードで使用されている場合のみ)
Incompatible Action Count (互換性のないアクションの数) Microsoft Flow と互換性のないアクションの数。 (WorkflowWithDetailsOnly または Fullの モードで使用されている場合のみ)
Incompatible Actions (互換性のないアクション) Microsoft Flow と互換性のない固有のアクションのリスト。 (WorkflowWithDetailsOnly または Fullの モードで使用されている場合のみ)
Change Year 最後にワークフロー定義を変更した年。 (WorkflowWithDetailsOnly または Fullの モードで使用されている場合のみ)
Change Quarter 最後にワークフロー定義を変更した四半期。 (WorkflowWithDetailsOnly または Fullの モードで使用されている場合のみ)
Change Month 最後にワークフロー定義を変更した月。 (WorkflowWithDetailsOnly または Fullの モードで使用されている場合のみ)

このレポートの重要なポイント

ModernizationWorkflowScanResults.csv を Microsoft Excel に読み込み、受信したデータを以下のフィルターを使用して分析します。

フィルター 重要ポイント
フィルターなし 使用されたワークフローについて理解します。
Migration to Flow recommended = TRUE (Flow への移行を推奨 = TRUE) "Migration to Flow recommended (Flowへの移行を推奨)" ワークフローは Microsoft Flow への移行に適しているため、これらのワークフローをフィルタリングします。
今年の変更年 < - 2 これらのワークフローは長期間使用さ使用されていないため、現在も業務で必要かどうかを評価します。
フローのアップグレード可能性 < 100 Microsoft Flow との互換性が 100% ではないアクションを使用しているワークフロー。