SharePoint Server 2016 の 2016 年 11 月 PU (Feature Pack 1) の新機能

適用対象:no-img-13 2013yes-img-162016 no-img-192019 no-img-seSubscription Edition no-img-sopSharePoint in Microsoft 365

SharePoint Server 2016、SharePoint 2013、および SharePoint 2010 の更新プログラムと関連するサポート情報記事の一覧については、SharePoint 更新プログラム をご覧ください。

機能の概要

次の表は、SharePoint Server 2016 用 2016 年 11 月の一般向け更新プログラム (機能パック 1) リリースに含まれる新機能と拡張機能の概要を示します。

機能 説明 詳細情報
MinRole enhancements
SharePoint Server 2016 の MinRole 機能は、2 つの新しいサーバーの役割と小規模ファーム向けの拡張サポートを含みます。
詳細については、「 SharePoint Server 2016 の MinRole Server ロールの概要」の「Minrole 拡張機能」を参照してください。
SharePoint Custom Tiles
SharePoint 管理者は、SharePoint アプリ起動ツールで SharePoint ワークロードと Microsoft 365 ワークロードをカスタム タイルとして追加できるようになりました。
詳細については、「 SharePoint Server のカスタム タイル」を参照してください。
Hybrid Taxonomy
ハイブリッド分類は、SharePoint Server 2016 ファームと Microsoft 365 テナントの SharePoint の間で共有分類を作成して維持するために使用できる新しいソリューションです。
詳細については、「 SharePoint ハイブリッド分類」を参照してください。
Administrative Actions Logging
管理アクション ログ機能では、SharePoint 管理者がファームへの変更のトラブルシューティングを行うのに役立つ、一般的な SharePoint 管理アクションに関するログ記録が提供されます。
詳細については、「 SharePoint Server 2016 での管理アクション ログの使用 」トピックを参照してください。
オンプレミスおよび Microsoft 365 の SharePoint 用 OneDrive API
OneDrive API は、SharePoint Server 2016 および Microsoft 365 にあるファイルへのアクセスをサポートします。 それを使って OneDrive および SharePoint サイトに保存されたデータを操作します。
詳細については、「 OneDrive API」を参照してください。
SharePoint Hybrid Auditing
SharePoint Server 2016 のこの新機能により、管理者はMicrosoft 365 管理センターのユーザー アクティビティ ログを表示できます。

注: この機能は、SharePoint Enterprise Server 2016 のセキュリティ更新プログラム (2019 年 11 月 12 日) 以降、SharePoint Server 2016 では使用できなくなりました。
詳細については、「 SharePoint ハイブリッド監査 (プレビュー)」を参照してください。
OneDrive モダン エクスペリエンス
OneDrive ユーザー エクスペリエンスは、Microsoft 365 の新機能で更新されました。
OneDrive モダン ユーザー エクスペリエンスでは、有効になっている時点でアクティブなソフトウェア アシュアランス 契約が必要です。
詳細については、「 OneDrive モダン ユーザー エクスペリエンスを構成する」を参照してください。

関連項目

概念

SharePoint 2013 および SharePoint 2016

SharePoint Server 2016 の新機能と強化された機能

その他のリソース

SharePoint Server 2016 の新機能

'''