Share via


ADOX の基礎

データ定義言語とセキュリティの Microsoft ActiveX データ オブジェクト拡張機能 (ADOX) は、ADO オブジェクトとプログラミング モデルの拡張機能です。 ADOX には、スキーマの作成と変更のためのオブジェクトとセキュリティ機能が含まれています。 スキーマ操作に対するオブジェクト ベースのアプローチであるため、ネイティブ構文の違いに関係なく、さまざまなデータ ソースに対して機能するコードを記述できます。

ADOX は、コア ADO オブジェクトのコンパニオン ライブラリです。 テーブルやプロシージャなどのスキーマ オブジェクトを作成、変更、削除するための追加のオブジェクトが提供されます。 また、ユーザーとグループを管理し、オブジェクトに対するアクセス許可を付与および取り消すためのセキュリティ オブジェクトも含まれています。

開発ツールで ADOX を使うには、ADOX タイプ ライブラリへの参照を確立する必要があります。 ADOX ライブラリの説明は "DDL とセキュリティ用の Microsoft ADO 拡張機能" です。ADOX ライブラリのファイル名は Msadox.dll であり、プログラム ID (ProgID) は "ADOX" です。 ライブラリへの参照を確立する方法の詳細については、開発ツールのドキュメントを参照してください。

Microsoft Jet データベース エンジン用の Microsoft OLE DB プロバイダーは、ADOX を完全にサポートしています。 データ プロバイダーによっては、ADOX の一部の機能がサポートされていない場合があります。

このドキュメントでは、Microsoft Visual Basic プログラミング言語の実用的な知識と、ADO の一般的な知識を備えていることを想定しています。 ADO の詳細については、ADO のプログラマ ガイドを参照してください。 ADOX の詳細については、次のトピックを参照してください。

参照

ADOX API リファレンス
ADOX のコード例
ADOX のコレクション
ADOX の列挙定数
ADOX のメソッド
ADOX オブジェクト モデル
ADOX オブジェクト
ADOX のプロパティ
ADO (多次元) (ADO MD)
ADO プログラマー ガイド