[新しい可用性グループ] ダイアログ ボックスの使用 (SQL Server Management Studio)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このトピックでは、 [新しい可用性グループ] SQL Server Management Studio ダイアログ ボックスを使用して、 SQL Server が有効な Always On 可用性グループのインスタンスに AlwaysOn 可用性グループを作成する方法について説明します。 可用性グループ は、1 つのまとまりとしてフェールオーバーする一連のユーザー データベースと、フェールオーバーをサポートする一連のフェールオーバー パートナー ( 可用性レプリカ) を定義します。

注意

可用性グループの概要については、「Always On 可用性グループとは (SQL Server)」を参照してください。

Note

可用性グループを作成する別の方法については、このトピックの後の「 関連タスク」を参照してください。

前提条件

  • 可用性グループを作成する前に、可用性レプリカをホストする SQL Server のインスタンスが同じ Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) フェールオーバー クラスター内の別の WSFC ノードに存在していることを確認します。 さらに、各サーバー インスタンスで Always On 可用性グループ が有効であり、 Always On 可用性グループ に関するその他の前提条件がすべて満たされていることを確認します。 詳細については、「Always On 可用性グループの前提条件、制限事項、および推奨事項 (SQL Server)」を参照することを強くお勧めします。

  • 可用性グループを作成する前に、可用性レプリカをホストするすべてのサーバー インスタンスでデータベース ミラーリング エンドポイントが完全に機能することを確認します。 詳細については、「データベース ミラーリング エンドポイント (SQL Server)」を参照してください。

  • [新しい可用性グループ] ダイアログ ボックスを使用するには、可用性レプリカをホストするサーバー インスタンスの名前がわかっている必要があります。 さらに、新しい可用性グループに追加するすべてのデータベースの名前がわかっている必要があるほか、これらのデータベースが「AlwaysOn 可用性グループの前提条件、制限事項、および推奨事項 (SQL Server)」で説明されている可用性データベースの前提条件および制限を満たしている必要があります。 無効な値を入力した場合、新しい可用性グループは機能しません。

制限事項

[新しい可用性グループ] ダイアログ ボックスでは、次の操作を実行できません。

  • [可用性グループ リスナーの作成]
  • セカンダリ レプリカの可用性グループへの参加
  • 最初のデータの同期の実行

これらの構成タスクの詳細については、補足情報: 可用性グループを作成した後に関する情報 (このトピックで後述) を参照してください。

アクセス許可

sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップと、CREATE AVAILABILITY GROUP サーバー権限、ALTER ANY AVAILABILITY GROUP 権限、CONTROL SERVER 権限のいずれかが必要です。

[新しい可用性グループ] ダイアログ ボックスの使用 (SQL Server Management Studio)

可用性グループを作成するには

  1. オブジェクト エクスプローラーで、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスに接続し、サーバー名をクリックします。

  2. [AlwaysOn 高可用性] ノードを展開します。

  3. [可用性グループ] ノードを右クリックし、 [新しい可用性グループ] コマンドを選択します。

  4. [新しい可用性グループ] ダイアログ ボックスが開きます。

  5. [全般] ページで、 [可用性グループ名] ボックスに新しい可用性グループの名前を入力します。 この名前は、WSFC クラスター内のすべての可用性グループ間で一意の有効な SQL Server 識別子である必要があります。 可用性グループ名の最大文字数は 128 文字です。

  6. [可用性データベース] グリッドで、 [追加] をクリックし、この可用性グループの所属先のローカル テータベースの名前を入力します。 追加するすべてのデータベースに対してこの手順を繰り返します。 [OK] をクリックすると、指定したデータベースを可用性グループに参加させるための前提条件が満たされているかどうかが確認されます。 これらの前提条件については、「AlwaysOn 可用性グループの前提条件、制限事項、および推奨事項 (SQL Server)」を参照してください。

  7. [可用性データベース] グリッドで、 [追加] をクリックし、セカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンスの名前を入力します。 これらのインスタンスへの接続は試行されません。 無効なサーバー名を指定した場合、セカンダリ レプリカは追加されますが、このレプリカに接続することはできません。

    ヒント

    レプリカを追加した後ホスト サーバー インスタンスに接続できない場合は、このレプリカを削除し、新しいレプリカを追加できます。 詳細については、「可用性グループからのセカンダリ レプリカの削除 (SQL Server)」および「可用性グループへのセカンダリ レプリカの追加 (SQL Server)」を参照してください。

  8. ダイアログ ボックスの [ページの選択] ペインで、 [バックアップの設定] をクリックします。 次に、 [バックアップの設定] ページで、レプリカのロールに基づいてどこでバックアップを実行するかを指定し、この可用性グループの可用性レプリカをホストするそれぞれのサーバー インスタンスにバックアップの優先順位を割り当てます。 詳細については、「可用性グループのプロパティ:新しい可用性グループ ([バックアップの設定] ページ)」を参照してください。

  9. 可用性グループを作成するには、 [OK] をクリックします。 これにより、指定したデータベースが前提条件を満たしているかどうかが確認されます。

    可用性グループを作成しないでダイアログ ボックスを終了するには、 [キャンセル] をクリックします。

補足情報: [新しい可用性グループ] ダイアログ ボックスを使用して可用性グループを作成した後

Related Tasks

可用性グループおよびレプリカのプロパティを構成するには

可用性グループの構成を完了するには

別の方法で可用性グループを作成する

Always On 可用性グループを有効にするには

データベース ミラーリング エンドポイントを構成するには

Always On 可用性グループの構成のトラブルシューティング方法

関連コンテンツ

参照

Always On 可用性グループの概要 (SQL Server)
データベース ミラーリング エンドポイント (SQL Server)
可用性グループ リスナー、クライアント接続、およびアプリケーションのフェールオーバー (SQL Server)
Always On 可用性グループの前提条件、制限事項、推奨事項 (SQL Server)