最小構成での SQL Server の起動

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

構成の問題があるためにサーバーを起動できない場合は、最小構成起動オプションを使用して Microsoft SQL Server のインスタンスを起動できます。 これが起動オプション -fです。 最小構成で SQL Server のインスタンスを起動すると、サーバーが自動的にシングル ユーザー モードに設定されます。

最小構成モードで SQL Server のインスタンスを起動する場合は、次の点に注意してください。

  • 1 人のユーザーのみが接続でき、CHECKPOINT プロセスは実行されません。

  • リモート アクセスと先行読み取りは無効になります。

  • 起動ストアド プロシージャは実行されません。

  • tempdb は、最小サイズで構成されます。

  • 監査は無効になりますが、監査 DDL を発行することはできます。 実際には、SQL Serve の監査の再構成を必要とするほとんどの場合、 -m で十分です。 監査構成でのセキュリティの詳細については、「SQL Server での監査」を参照してください。

最小構成でサーバーを起動後、適切なサーバー オプションの値を変更し、サーバーを停止してから再起動してください。

重要

sqlcmd ユーティリティと専用管理者接続 (DAC) を使用して、 SQL Serverに接続します。 一般的な接続を使用する場合は、最小構成モードで SQL Server のインスタンスに接続する前に SQL Server エージェント サービスを停止します。 停止しないと、SQL Server エージェント サービスが接続を使用するため、接続がブロックされます。

参照

SQL Server エージェント サービスの開始、停止、または一時停止
データベース管理者用の診断接続
sqlcmd Utility
サーバー構成オプション (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL)
データベース エンジン サービスのスタートアップ オプション