次の方法で共有


データベース ミラーリング セッションの一時停止または再開 (SQL Server)

適用対象:SQL Server

このトピックでは、SQL Server または SQL Server Management Studio を使用して、Transact-SQL でデータベース ミラーリングを一時停止または再開する方法について説明します。

このトピックの内容

はじめに

データベース ミラーリング セッションをいつでも中断して、ボトルネックの発生中にパフォーマンスを向上させることができます。また、中断したセッションはいつでも再開できます。

注意事項

強制的なサービスの後に、最初のプリンシパル サーバーが再接続されると、ミラーリングが中断します。 この状況でミラーリングを再開すると、元のプリンシパル サーバーのデータが失われる可能性があります。 データ損失の可能性への対処の詳細については、「データベース ミラーリング セッション中の役割の交代 (SQL Server)」を参照してください。

セキュリティ

アクセス許可

データベースに対する ALTER 権限が必要です。

SQL Server Management Studio を使用する

データベース ミラーリング セッションを一時停止または再開するには、 [データベースのプロパティ] の [ミラーリング] ページを使用します。

データベース ミラーリングを一時停止または再開するには

  1. データベース ミラーリング セッション中にプリンシパル サーバー インスタンスに接続します。次に、オブジェクト エクスプローラーで、サーバー名をクリックしてサーバー ツリーを展開します。

  2. [データベース] を展開し、データベースを選択します。

  3. データベースを右クリックして [タスク] を選択し、 [ミラー] をクリックします。 [データベースのプロパティ] ダイアログ ボックスの [ミラーリング] ページが開きます。

  4. セッションを一時停止するには、 [一時停止]をクリックします。

    確認を求めるメッセージが表示されます。 [はい] をクリックすると、セッションが一時停止し、ボタンが [再開] に変わります。

    セッションを一時停止した場合の影響の詳細については、「データベース ミラーリングの一時停止と再開 (SQL Server)」を参照してください。

  5. セッションを再開するには、 [再開] をクリックします。

Transact-SQL の使用

データベース ミラーリングを一時停止するには

  1. いずれかのパートナーの データベース エンジン に接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の Transact-SQL ステートメントを実行します。

    ALTER DATABASE database_name SET PARTNER SUSPEND

    database_name は、セッションを中断しようとしているミラー化データベースです。

    次の例では、 AdventureWorks2022 サンプル データベースを一時停止します。

    ALTER DATABASE AdventureWorks2022 SET PARTNER SUSPEND;  
    
データベース ミラーリングを再開するには
  1. いずれかのパートナーの データベース エンジン に接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の Transact-SQL ステートメントを実行します。

    ALTER DATABASE database_name SET PARTNER RESUME

    database_name は、再開するセッションのミラー化されたデータベースです。

    次の例では、 AdventureWorks2022 サンプル データベースを一時停止します。

    ALTER DATABASE AdventureWorks2022 SET PARTNER RESUME;  
    

補足情報: データベース ミラーリングの一時停止または再開した後

  • データベース ミラーリングを一時停止した後

    プライマリ データベースで、トランザクション ログが満杯にならないように予防策をとります。 詳細については、「トランザクション ログ (SQL Server)」を参照してください。

  • データベース ミラーリングを再開した後

    データベース ミラーリングを再開することで、ミラー データベースを SYNCHRONIZING 状態にします。 安全性レベルが FULL の場合、プリンシパルに対するミラーの遅れが解消され、ミラー データベースが SYNCHRONIZED 状態になります。 この時点で、フェールオーバーが可能になります。 ミラーリング監視サーバーが存在していて、オンになっている場合は、自動フェールオーバーが可能です。 ミラーリング監視サーバーが存在しない場合は、手動フェールオーバーが可能です。

Related Tasks

参照

データベース ミラーリング (SQL Server)