次の方法で共有


プログラムを使用したパッケージ作成

適用対象: SQL Server Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

Package オブジェクトは、SSIS プロジェクトによるソリューションで、他のすべてのオブジェクトの上位に位置するコンテナーです。 パッケージは、トップレベルのコンテナーとして、最初に作成されるオブジェクトです。それ以降のオブジェクトはパッケージに追加され、パッケージのコンテキスト内で実行されます。 パッケージ自体は、データの移動または変換を行いません。 パッケージは、格納しているタスクに依存して作業を実行します。 タスクは、パッケージが実行する作業のほとんどを実行し、パッケージの機能を定義します。 パッケージを作成して実行するには、わずか 3 行のコードを必要とするだけですが、さまざまなタスクおよび ConnectionManager オブジェクトをパッケージに追加して、機能を追加できます。 このセクションでは、プログラムによってパッケージを作成する方法について説明します。 タスクまたは ConnectionManager の作成方法についての説明は行いません。 これらについては、後のセクションで説明します。

Visual Studio IDE を使用してコードを記述するには、Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime に対して using ステートメント (Visual Basic .NET では Imports) を作成するために、Microsoft.SqlServer.ManagedDTS.DLL を参照する必要があります。 次のコード例では、空のパッケージを作成しています。

using System;  
using Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime;  
  
namespace Microsoft.SqlServer.Dts.Samples  
{  
  class Program  
  {  
    static void Main(string[] args)  
    {  
      Package package;  
      package = new Package();  
    }  
  }  
}  
Imports Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime  
  
Module Module1  
  
  Sub Main()  
  
    Dim package As Package  
    package = New Package  
  
  End Sub  
  
End Module  

サンプルをコンパイルして実行するには、Visual Studio で F5 キーを押します。 C# コンパイラ csc.exe を使用してコードを作成し、コマンド プロンプトからコンパイルするには、次のコマンドおよびファイル参照を使用します。<filename> は .cs または .vb ファイルの名前に置き換えて、任意の <outputfilename> を付けます。

csc /target:library /out: <outputfilename>.dll <filename>.cs /r:Microsoft.SqlServer.Managed DTS.dll" /r:System.dll

Visual Basic .NET コンパイラ vbc.exe を使用してコードを作成し、コマンド プロンプトからコンパイルするには、次のコマンドおよびファイル参照を使用します。

vbc /target:library /out: <outputfilename>.dll <filename>.vb /r:Microsoft.SqlServer.Managed DTS.dll" /r:System.dll

また、ディスク上、ファイル システム、または SQL Server に保存されている既存のパッケージを読み込むことにより、パッケージを作成することもできます。 その場合、Application オブジェクトが最初に作成され、そのパッケージ オブジェクトが、オーバーロードされた次のアプリケーションのメソッドのいずれかによって設定される点が異なります。そのメソッドとは、フラット ファイル用の LoadPackage、SQL Server に保存されているパッケージ用の LoadFromSQLServer、またはファイル システムに保存されているパッケージ用の LoadFromDtsServer です。 次の例では、ディスクから既存のパッケージを読み込み、パッケージの複数のプロパティを表示します。

using System;  
using Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime;  
  
namespace Microsoft.SqlServer.Dts.Samples  
{  
  class ApplicationTests  
  {  
    static void Main(string[] args)  
    {  
      // The variable pkg points to the location of the  
      // ExecuteProcess package sample that was installed with  
      // the SSIS samples.  
      string pkg = @"C:\Program Files\Microsoft SQL Server\100\Samples\Integration Services" +  
        @"\Package Samples\ExecuteProcess Sample\ExecuteProcess\UsingExecuteProcess.dtsx";  
  
      Application app = new Application();  
      Package p = app.LoadPackage(pkg, null);  
  
      // Now that the package is loaded, we can query on  
      // its properties.  
      int n = p.Configurations.Count;  
      DtsProperty p2 = p.Properties["VersionGUID"];  
      DTSProtectionLevel pl = p.ProtectionLevel;  
  
      Console.WriteLine("Number of configurations = " + n.ToString());  
      Console.WriteLine("VersionGUID = " + (string)p2.GetValue(p));  
      Console.WriteLine("ProtectionLevel = " + pl.ToString());  
      Console.Read();  
    }  
  }  
}  
Imports Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime  
  
Module ApplicationTests  
  
  Sub Main()  
  
    ' The variable pkg points to the location of the  
    ' ExecuteProcess package sample that was installed with  
    ' the SSIS samples.  
    Dim pkg As String = _  
      "C:\Program Files\Microsoft SQL Server\100\Samples\Integration Services" & _  
      "\Package Samples\ExecuteProcess Sample\ExecuteProcess\UsingExecuteProcess.dtsx"  
  
    Dim app As Application = New Application()  
    Dim p As Package = app.LoadPackage(pkg, Nothing)  
  
    ' Now that the package is loaded, we can query on  
    ' its properties.  
    Dim n As Integer = p.Configurations.Count  
    Dim p2 As DtsProperty = p.Properties("VersionGUID")  
    Dim pl As DTSProtectionLevel = p.ProtectionLevel  
  
    Console.WriteLine("Number of configurations = " & n.ToString())  
    Console.WriteLine("VersionGUID = " & CType(p2.GetValue(p), String))  
    Console.WriteLine("ProtectionLevel = " & pl.ToString())  
    Console.Read()  
  
  End Sub  
  
End Module  

サンプル出力:

Number of configurations = 2

VersionGUID = {09016682-89B8-4406-AAC9-AF1E527FF50F}

ProtectionLevel = DontSaveSensitive

外部リソース

参照

プログラムによるタスクの追加