catalog.create_execution (SSISDB データベース)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure Data Factory の SSIS Integration Runtime

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

Integration Services カタログの実行のインスタンスを作成します。

このストアド プロシージャは既定のサーバーのログ レベルを使用します。

構文

catalog.create_execution [ @folder_name = ] folder_name  
     , [ @project_name = ] project_name  
     , [ @package_name = ] package_name  
  [  , [ @reference_id = ] reference_id ]  
  [  , [ @use32bitruntime = ] use32bitruntime ] 
  [  , [ @runinscaleout = ] runinscaleout ]
  [  , [ @useanyworker = ] useanyworker ] 
     , [ @execution_id = ] execution_id OUTPUT  

引数

[@folder_name =] folder_name
実行するパッケージが格納されているフォルダーの名前。 folder_namenvarchar(128) です。

[@project_name =] project_name
実行するパッケージが格納されているプロジェクトの名前。 project_namenvarchar(128) です。

[@package_name =] package_name
実行するパッケージの名前。 package_namenvarchar (260) です。

[@reference_id =] reference_id
環境参照の一意識別子。 このパラメーターは省略可能です。 reference_idbigint です。

[@use32bitruntime =] use32bitruntime
64 ビット オペレーティング システムで 32 ビットのランタイムを使用してパッケージを実行すべきかどうかを示します。 値 1 を使用すると、64 ビット オペレーティング システムで実行しているときに、32 ビット ランタイムでパッケージを実行します。 値 0 を使用すると、64 ビット オペレーティング システムで実行しているときに、64 ビット ランタイムでパッケージを実行します。 このパラメーターは省略可能です。 Use32bitruntimebit です。

[@runinscaleout =] runinscaleout
実行が Scale Out であるかどうかを示します。パッケージを Scale Out で実行するには、値 1 を使用します。Scale Out を使用せずにパッケージを実行するには、値 0 を使用します。このパラメーターは省略可能です。 指定しない場合、その値は [SSISDB].[catalog].[catalog_properties] で DEFAULT_EXECUTION_MODE に設定されます。 runinscaleoutbit です。

[@useanyworker =] useanyworker
任意の Scale Out Worker の実行が許可されるかどうかを示します。

  • 任意の Scale Out Worker を使用してパッケージを実行するには、値 1 を使用します。 @useanyworker を True に設定すると、(Worker 構成ファイルに指定されている) 最大タスク数に到達していない Worker でパッケージを実行できます。 Worker 構成ファイルについては、「Integration Services (SSIS) Scale Out Worker」を参照してください。

  • すべての Scale Out Worker にパッケージの実行を許可しないことを示すには、値 0 を使用します。 @useanyworker を False に設定すると、Scale Out Manager を使用するか、ストアド プロシージャ [catalog].[add_execution_worker] を呼び出し、パッケージの実行が許可される Worker を指定する必要があります。 別のパッケージを既に実行している Worker を指定した場合、その Worker は現在のパッケージの実行を完了してから別の実行を要求します。

このパラメーターは省略可能です。 指定しない場合、その値は 1 に設定されます。 useanyworkerbit です。

[@execution_id =] execution_id
実行のインスタンスの一意識別子を返します。 execution_idbigint です。

注釈

実行は、パッケージの実行の 1 つのインスタンス中にパッケージによって使用されるパラメーター値を指定するために使用されます。

環境参照を指定した場合、reference_id パラメーター、ストアド プロシージャは、プロジェクトおよびパッケージ パラメーターをリテラル値や対応する環境変数から参照される値を設定します。 環境参照が指定されている場合は、パッケージの実行中、既定のパラメーター値が使用されます。 特定の実行のインスタンスに使用される値を正確に判断するには、このストアド プロシージャからの execution_id 出力パラメーター値を使用して、execution_parameter_values ビューをクエリします。

実行で指定できるのは、エントリ ポイントのパッケージとしてマークされたパッケージのみです。 エントリ ポイントではないパッケージを指定すると、実行が失敗します。

次の例では catalog.create_execution を呼び出して、Scale Out ではない、Child1.dtsx パッケージの実行のインスタンスを作成します。integration Services Project1 にはパッケージが含まれています。 例では catalog.set_execution_parameter_value を呼び出して、Parameter1、Parameter2、LOGGING_LEVEL の各パラメーターの値を設定します。 例では catalog.start_execution を呼び出して、実行のインスタンスを起動します。

Declare @execution_id bigint  
EXEC [SSISDB].[catalog].[create_execution] @package_name=N'Child1.dtsx', @execution_id=@execution_id OUTPUT, @folder_name=N'TestDeply4', @project_name=N'Integration Services Project1', @use32bitruntime=False, @reference_id=Null  
Select @execution_id  
DECLARE @var0 sql_variant = N'Child1.dtsx'  
EXEC [SSISDB].[catalog].[set_execution_parameter_value] @execution_id, @object_type=20, @parameter_name=N'Parameter1', @parameter_value=@var0  
DECLARE @var1 sql_variant = N'Child2.dtsx'  
EXEC [SSISDB].[catalog].[set_execution_parameter_value] @execution_id, @object_type=20, @parameter_name=N'Parameter2', @parameter_value=@var1  
DECLARE @var2 smallint = 1  
EXEC [SSISDB].[catalog].[set_execution_parameter_value] @execution_id, @object_type=50, @parameter_name=N'LOGGING_LEVEL', @parameter_value=@var2  
EXEC [SSISDB].[catalog].[start_execution] @execution_id  
GO  

リターン コード値

成功した場合は 0 を返します。

結果セット

なし

アクセス許可

このストアド プロシージャには、次の権限のいずれかが必要です。

  • プロジェクトの READ および EXECUTE 実行権限と、該当する場合は、参照先の環境での READ 権限

  • ssis_admin データベース ロールのメンバーシップ

  • sysadmin サーバー ロールのメンバーシップ

@runinscaleout が 1 の場合、ストアド プロシージャには、次のアクセス許可のいずれかが必要です。

  • ssis_admin データベース ロールのメンバーシップ

  • ssis_cluster_executor データベース ロールのメンバーシップ

  • sysadmin サーバー ロールのメンバーシップ

エラーおよび警告

エラーまたは警告が発生する可能性がある条件を以下に示します。

  • パッケージが存在しない。

  • ユーザーに適切なアクセス許可がない。

  • 環境参照 reference_id が無効である。

  • 指定したパッケージが、エントリ ポイントのパッケージではない。

  • 参照先の環境変数のデータ型が、プロジェクトまたはパッケージ パラメーターのデータ型と異なる。

  • プロジェクトまたはパッケージに、値が必要なパラメーターが含まれているが、値が割り当てられていない。

  • 参照先の環境変数が、環境参照 reference_id が指定する環境に見つかりません。

関連項目

catalog.start_execution (SSISDB データベース)
catalog.set_execution_parameter_value (SSISDB データベース)
catalog.add_execution_worker (SSISDB データベース)