Share via


単項演算子

多次元式 (MDX) において、単項演算子は単一のオペランドに対する操作を実行します (たとえば、数値式の負または正の値を返します)。

MDX では、以下の表に示す単項演算子がサポートされます。

演算子 説明
- (負号) 数値式の負の値を返します。
+ (正号) 数値式の正の値を返します。

次の例では、単項演算子を使用してメジャーの負の値を返す方法を示します。

WITH   
   MEMBER [Measures].[NegDiscountAmount] AS  
   -[Measures].[Discount Amount]  
SELECT   
   {[Measures].[Discount Amount],[Measures].[NegDiscountAmount]} on COLUMNS,  
   NON EMPTY [Product].[Product].MEMBERS  ON Rows  
FROM [Adventure Works]  
WHERE [Product].[Category].[Bikes]  

さらに、MDX は特殊な単項演算子を使用して、 RollupChildren 関数によって実行される集計操作を決定します。 これらの特殊な単項演算子の詳細については、「 カスタム集計をディメンションに追加する」を参照してください。

参照

演算子 (MDX 構文)