部分バックアップ (SQL Server)

適用対象:SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

すべての SQL Server 復旧モデルで部分バックアップがサポートされるため、このトピックの内容はすべての SQL Server データベースに適用されます。 ただし、部分バックアップは、1 つ以上の読み取り専用のファイル グループを含む非常に大きなデータベースをバックアップする場合の柔軟性を向上するために、単純復旧モデルで使用することを目的としています。

読み取り専用のファイル グループを除外する場合は、部分バックアップが有効です。 部分バックアップ はデータベースの完全バックアップに似ていますが、部分バックアップには一部のファイル グループが含まれません。 部分バックアップに含まれるデータは、読み取り/書き込み可能なデータベースの場合、プライマリ ファイル グループのデータ、読み取りと書き込みが可能なすべてのファイル グループのデータ、および必要に応じて指定された読み取り専用ファイルのデータです。 読み取り専用データベースの部分バックアップには、プライマリ ファイル グループのみが含まれます。

注意

部分バックアップの後に、読み取り専用のデータベースを読み取り/書き込み可能に変更すると、部分バックアップには含まれない、読み取り/書き込みセカンダリ ファイル グループが存在することになります。 この場合、部分的な差分バックアップの実行を試みると、バックアップに失敗します。 データベースの部分的な差分バックアップを実行する前に、別の部分バックアップを実行する必要があります。 新しい部分バックアップには、すべての読み取り/書き込みセカンダリ ファイル グループが含まれるので、このバックアップを部分的な差分バックアップのベースにすることができます。

読み取り専用ファイル グループのファイル バックアップは、部分バックアップと組み合わせることができます。 ファイル バックアップの詳細については、「完全ファイル バックアップ (SQL Server)」を参照してください。

部分バックアップは、部分的な差分バックアップの 差分ベース として使用できます。 詳細については、「差分バックアップ (SQL Server)」を参照してください。

Related Tasks

注意

部分バックアップは、 SQL Server Management Studio またはメンテナンス プラン ウィザードではサポートされません。

部分バックアップを作成するには

復元シーケンスで部分バックアップを使用するには

参照

Backup Overview (SQL Server)
ファイルの復元 (単純復旧モデル)
段階的な部分復元 (SQL Server)