次の方法で共有


コマンド ライン管理ツール: SqlLocalDB.exe

適用対象:SQL Server

SqlLocalDB.exe は、コマンド ラインから LocalDB インスタンスを簡単に管理できるシンプルなツールです。 LocalDB インスタンスの API の単純なラッパーとして実装されています。 SQLCMD などの多くの SQL Server ツールの場合と同様、パラメーターはコマンド ライン引数として SqlLocalDB に渡され、出力はコンソールに送られます。

SqlLocalDB では、開発者が LocalDB を使用できます。API を呼び出すコードを記述したり、他のツールを使用したりする必要はありません。

SqlLocalDB オプション

SqlLocalDB では、次のオプションがサポートされています。

オプション 実行内容
-? ヘルプ テキストを出力します。
create\|c "instance name" [version-number] [-s] 指定された名前とバージョンで LocalDB インスタンスを新規作成します。

[version-number] パラメーターを省略した場合、既定で SqlLocalDB ビルド バージョンになります。

-s は、LocalDB インスタンスの新規作成後に、そのインスタンスを起動します。
delete\|d "instance name" 指定した名前の LocalDB インスタンスを削除します。
start\|s "instance name" 指定した名前の LocalDB インスタンスを起動します。
stop\|p "instance name" [-i\|-k] 現在のクエリの実行が終了した後、指定した名前の LocalDB インスタンスを停止します。

-i は、NOWAIT オプション付きで LocalDB インスタンスのシャットダウンを要求します。

-k は、LocalDB インスタンス プロセスに通知することなく、そのプロセスを停止します。
share\|h ["owner SID or account"] "private name" "shared name" 指定された共有名を使用して、指定されたプライベート インスタンスを共有します。 ユーザー SID またはアカウント名を省略した場合、既定で現在のユーザーになります。
unshare\|u "shared name" 指定された共有 LocalDB インスタンスの共有を解除します。
info\|i 現在のユーザーが所有している既存のすべての LocalDB インスタンス、および共有されているすべての LocalDB インスタンスを一覧表示します。
info\|i "instance name" 指定された LocalDB インスタンスに関する情報を出力します。
versions\|v コンピューターにインストールされているすべての LocalDB バージョンを一覧表示します。
trace\|t on\|off トレースのオンとオフを切り替えます。

SqlLocalDB では、スペースを区切り文字として扱います。スペースと特殊文字が含まれるインスタンス名は、引用符で囲む必要があります。 次に例を示します。

SqlLocalDB create "My instance name with spaces"