SQL Server Native Client (OLE DB)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance Azure Synapse Analytics Analytics Platform System (PDW)

重要

SQL Server Native Client (多くの場合、SNAC) は、SQL Server 2022 (16.x) および SQL Server Management Studio 19 (SSMS) から削除されました。 SQL Server Native Client OLE DB プロバイダー (SQLNCLI または SQLNCLI11) と従来の Microsoft OLE DB Provider for SQL Server (SQLOLEDB) は、新しい開発にはお勧めしません。 今後SQL Server、新しい Microsoft OLE DB Driver (MSOLEDBSQL) に切り替えます。

SQL Server Native Client OLE DB プロバイダー (SQLNCLI) は、データへのアクセスに使用される低レベルの COM API です。 SQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、高パフォーマンスを必要とするツール、ユーティリティ、または低レベルのコンポーネントを開発するために推奨されます。 SQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、SQL Server表形式データ ストリーム (TDS) プロトコルに直接アクセスするネイティブのハイ パフォーマンス プロバイダーです。

SQL Server Native Clientは、SQL Serverに接続するアプリケーションに OLE DB のサポートを提供します。

SQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、OLE DB バージョン 2.0 準拠のプロバイダーです。

重要

SQL Server Native Client OLE DB (SQLNCLI) は非推奨のままであり、新しい開発作業に使用することはお勧めしません。 代わりに、新しい Microsoft OLE DB Driver for SQL Server (MSOLEDBSQL) を使用します。これは、最新のサーバー機能で更新されます。

このセクションの内容

参照

SQL Server Native Client プログラミング