ポイント

適用対象: SQL Server Azure SQL DatabaseAzure SQL Managed Instance

SQL Server空間データでは、Point は 1 つの場所を表す 0 次元オブジェクトであり、Z (標高) と M (メジャー) の値を含めることができます。

geography データ型

geography データ型の Point 型は、 Lat が緯度、 Long が経度を表している 1 つの場所を表します。 緯度と経度の値は度数で測定されます。 緯度の値は、常に [-90, 90] の範囲内になります。この範囲外の値が入力されると、例外がスローされます。 経度の値は、常に [-180, 180] の範囲内になります。この範囲外の入力値は、この範囲に収まるように調整されます。 たとえば、経度の値として 190 を入力した場合は、値 -170 に調整されます。 SRID は、返される geography インスタンスの空間参照 ID を表します。

geometry データ型

geometry データ型の Point 型は、 X が生成される Point の X 座標、 Y が生成される Point の Y 座標を表している 1 つの場所を表します。 SRID は、返される geometry インスタンスの空間参照 ID を表します。

例 A.

次の例では、点 (3, 4) を表す geometry の Point インスタンスを作成します。SRID は 0 です。

DECLARE @g geometry;  
SET @g = geometry::STGeomFromText('POINT (3 4)', 0);  

例 B。

次の例では、点 (3, 4) を表す geometry の Point インスタンスを作成します。Z (昇格) 値が 7、M (メジャー) 値が 2.5、既定の SRID は 0 です。

DECLARE @g geometry;  
SET @g = geometry::Parse('POINT(3 4 7 2.5)');  

例 C。

次の例では、geometry の Point インスタンスの X、Y、Z、および M の値が返されます。

SELECT @g.STX;  
SELECT @g.STY;  
SELECT @g.Z;  
SELECT @g.M;  

例 D。

Z と M の値は、次の例のように明示的に NULL として指定することもできます。

DECLARE @g geometry;  
SET @g = geometry::Parse('POINT(3 4 NULL NULL)');  

関連項目

MultiPoint
STX (geometry データ型)
STY (geometry データ型)
空間データ (SQL Server)