sys.backup_devices (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

sp_addumpdeviceを使用して登録されるか、SQL Server Management Studioで作成された各バックアップ デバイスの行が含まれます。

列名 データ型 説明
name sysname バックアップ デバイスの名前。 セット内で一意です。
type tinyint バックアップ デバイスの種類。

2 = ディスク

3 = Diskette (廃止)

5 = テープ

6 = パイプ (廃止)

7 = 仮想デバイス (サードパーティのバックアップ ベンダーがオプションで使用する場合)

9 = URL

通常は、ディスク (2) と URL (9) のみが使用されます。
type_desc nvarchar(60) バックアップ デバイスの種類の説明。

DISK

DISKETTE (廃止)

TAPE

PIPE (廃止)

VIRTUAL_DEVICE (サード パーティ バックアップ ベンダーがオプションで使用)

URL

通常、DISK と URL のみが使用されます。
physical_name nvarchar(260) バックアップ デバイスの物理ファイル名またはパス。

アクセス許可

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。

参照

カタログ ビュー (Transact-SQL)
BACKUP (Transact-SQL)
バックアップ デバイス (SQL Server)
sp_addumpdevice (Transact-SQL)
データベースとファイルのカタログ ビュー (Transact-SQL)
SQL Server システム カタログに対するクエリに関してよく寄せられる質問